2018年11月

第52回平和教育シンポジウム案内

 52回目を迎える平和教育シンポジウムを下記の要項で行います。
平和教育に関心を持つ方々の参加を呼びかけます。

日時  12月9日(日)午後2時〜

会場  
甲府市朝気 山梨平和ミュージアム

内容  テーマ 地域と世界をつなぐ平和教育

  報告1 我孫子功実さん
(北杜市立長坂小教諭)

       今、子どもたちに伝えたいことーフォトジャーナリスト
       の特別授業と修学旅行での戦争遺跡見学

  報告2 渡辺功資さん
(都留市立都留2中教諭)

       中学校での平和学習と石橋湛山平和賞への取り組み

  報告3 飯島唯さん
(山梨県立都留興譲館高校教諭)

       戦争体験の継承、戦争の記憶を繋ぎとめるために
          ―大学の卒論と高校の平和学習ー

   質疑・意見交換

   資料代
(入館料) 300円

  主催  平和教育シンポジウム実行委員会
(代表 浅川 保)

第7回石橋湛山平和賞発表

    第7回石橋湛山平和賞の受賞者は下記の通りです。

一般の部
 最優秀賞 佐々木健悦  白井市 消される記憶遺産
                    ーモンゴル抑留吉村隊「暁に祈る」事件

  優秀賞  吉田 均  甲府市  国際パートナーシップ提携による
                      地方自治体での平和主義外交の再考

  佳 作  山田幸夫  阪南市  父の戦場ー反差別から国際平和へ
        佐生綾子  世田谷区 軍備の撤廃は夢物語なのか

中高校生の部
 最優秀賞  幡野純平  甲陵中  私たちに託された未来

  優秀賞  市川栞凪  甲府一高 リーダーとしてのあるべき姿

  佳 作   坂本理仁  駿台甲府中  自分にとっての平和とは
         小口碩大  都留2中  明るい未来を創るには
         樋川 岳  甲府一高  湛山と平和、そして未来
         依田妃成子 山梨英和高  被爆者の思いを未来へ

  なお、表彰式は、12月23日(日)午後2時〜
           甲府市朝気 ぴゅあ総合で行います。

鈴木安蔵と日本国憲法を学ぶ

 今年は、日本国憲法公布72周年であると同時に、日本国憲法制定に影響を与えた
憲法学者・鈴木安蔵の没後35周年に当たります。安倍首相による改憲策動が続き、
日本国憲法の価値・立憲主義が改めて見直される中、鈴木安蔵の直弟子にあたる、
憲法学者・金子勝先生を講師に、鈴木安蔵と日本国憲法を深く学びたいと企画しました。
どうぞ、お誘い合わせご参加ください。


日 時  11月18日(日)午後2時〜

会 場  甲府市朝気 山梨平和ミュージアム

テーマ  鈴木安蔵と日本国憲法を学ぶ

講 演  金子勝さん
(立正大学名誉教授)

      鈴木安蔵の生涯と日本国憲法

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ