2007年06月10日

鹿児島に行ってきました!

桜島←鹿児島で、足湯に浸かった僕です!
 最近ちょっと太り気味なので、小さく登場です。

 

ここのところ、いろいろと考えているうちに
ブログもかなりのご無沙汰になってしまいました。

どうもすみません。

そこで・・・



久々なので、母の日の感謝のご報告とお詫びです。

おかげさまで、母の日は、過去最高の大盛況でした!
本当に、みなさまのおかげです!
ありがとうございました!

そして、お詫びなのですが、あまりの大盛況ぶりに、
早々と、ご注文を打ち切らせていただきました。

本当にすみませんでした。

毎年毎年、とことんギリギリまで、ご注文をお受けしているのですが、
今年は、どうしてもこれ以上受けることが出来ませんでした。

前もって準備をしていて、更に徹夜作業で、製作を開始したのですが、
どう考えても、これ以上は、こなせないというところに
早々と来てしまいました。

毎年毎年ご注文いただく方や、日ごろサイトを見て
気に入っていただいていた方もいらっしゃると思います。

僕もかなり気合を入れていただけに、
お役に立てなくて、本当に残念な気持ちでいっぱいです。

さらなる飛躍のために、大きくステップアップしなければならない、
そんな時期に来ている気がします。

 

そんなこともあり、最近いろいろと、引きこもりがちに考えていたのですが、
そんなある日、いつも良くしていただいている鹿児島の方に
「ウチに泊まりにきませんか?」
と、誘われました。

「あまり引きこもっていてもなぁ〜〜」
と、いうことで、同じく誘われた、
最近巷で有名な、凄腕若手社長(僕よりも年下で、しかも男前!)
といっしょに、お邪魔してきました!

以前から、知覧の特攻平和会館には、とても興味があったので
今回、初めて訪問したことが、大きな収穫のひとつでした。
(凄腕男前社長のスケールの違うお話も大きな収穫でしたが・・・)

と、いうのも、以前、知人に教えてもらった、ネット上の動画で
「フィリピンの神風特攻隊」のお話を見たことがあるのですが、
自分の想像していたものとは、大きく違う
神風特攻隊の方の覚悟、考え方に、
大きな衝撃を受けたからです。

小さなことでウジウジ悩んでいる自分とは、
あまりにもスケールの違う、その覚悟、考え方に
今の時代で、のうのうと生活している自分を
恥ずかしく思いました。

彼らは、数百年後の日本の将来のことを考えて、
特攻して行ったのです。

自分のこと、家族のこと、知人のこと、お客様のこと・・・

その範囲のことでいっぱいいっぱいになっている自分は、
数百年後の日本のことなど、考えたこともありません。

今回、知覧に行ったことで、更にリアルに、
当時の若い方たちの気持ちを感じることが出来ました。

家族への愛情。

生まれてきた意味。

愛する人への想い。

時代への警告。

もっともっと、更に、自分を成長させて、
多くの人々のお役に立てるように、進んで生きたいと思います。

今回のブログで、ちょっとでも特攻隊に興味をもたれた方、
今、何か壁にぶつかって、人生に悩んでいる方、
是非、この動画を見てください。

http://nandakorea.sakura.ne.jp/media/sinjituwadokoni.swf

有名なので、見たことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

大切なことを教えていただきました。
ありがとうございます。

そして、最後に、特攻隊でなくなられた方々の
ご冥福をお祈りするとともに、感謝の気持ちを送ります。

皆さんのおかげで、今の日本があります。

ありがとうございました。

PS : ビデオを見られた方、コメントをいただけると嬉しいです。
    僕の未熟な意見では、伝わらなかった方々に
    そのコメントが、更に多くの方に、興味をひきつけてくれると思います。

オレンジ プリ

ホワイト アレンジ

 

 

 

 

 



peace41212 at 23:03│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ロカ岬   2007年06月14日 10:03
町野さん

鹿児島の旅、喜んでもらえて嬉しいです。

家族全員に綺麗なお花、本当にありがとうございました!!

ドンピシャのタイミングで梅雨の晴れ間に桜島の噴火。

ツイてますね。

またゆっくり来て下さい。
2. Posted by 店主   2007年06月19日 15:19
ロカ岬 さん!

先日は、何から何まで、ありがとうございました!

素敵なご家族と、素敵なお宅と、可愛らしいワンちゃんに、
幸せな人生を感じさせていただきました。

ツキにまで、恵まれた、本当に素敵な旅行でした!

ありがとうございます!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔