食べて笑って猫なでて

まんざらでもない日々をつらつらと。

空さんのこと

2011年10月22日午前10時過ぎ。
空さんが息を引き取りました。

便秘で1年ぶりに病院へ連れて行ったのが8月のこと。
私のスケジュールの都合で入院させられず、日帰りで処置してもらったのに無理があったのか、空さんはその後急速に体調を崩しました。
失禁するようになり、足腰が立たなくなり、
食欲もみるみる落ちて、少しの水を口にするだけ。
あとは数日置きの点滴(皮下輸液)で寝たきりとなってからほぼひと月。
ついに水すら器からは全く口にしてくれなくなって3日目、
『このままでは死んでしまう!』と焦った私は、シリンジで水やミルクを口に流し込んでみることにしました。
ほんの数mlずつを繰り返し繰り返し。
何十分もかけてやっと小さなシリンジ2本分ぐらいだったけど、
ぐったりした空さんはおとなしく飲んでくれて、それが本当に嬉しくて。
それが、21日の夜でした。

22日朝。
この日はライブ現場で名古屋へ行くことになっていました。
本当は点滴してもらった方がいいんだけど、そうすると数時間後からオシッコが大量に出るはずで、濡れたままのペットシーツを空さんはとても嫌がるため、病院はもう1日延ばして名古屋から帰った朝に連れて行こうと決めていました。

留守にする前にせめて少しでも水を飲んでもらおうと、またシリンジで与えようとすると、いくらか生気を取り戻した空さんは今度は必死に抵抗し…

突然、ひどく苦しみはじめ

数分後には動かなくなりました。


その間、私はただただ恐ろしくて
大きく見開かれた目を見つめ返すこともできず
痙攣する体を抱きかかえながら名前を呼び続けるだけでした。


恐らく、直接の原因は誤嚥です。
空さんを自分の手で死なせてしまった。
しかもあんなに苦しませて。

何もしなくてもその時は遠からず来たであろうし、
その場合はきっと『見殺しにした』と思っただろうから
いずれにしても『自分が死なせた』ことに変わりはないのだけれど
だったら何もしない方が、空さんは静かに逝けたかもしれないのに。
私が余計なことをしたばかりに、あんな苦しい思いをさせてしまった。


死んでしまった後で
空さんの口の中に大きな口内炎のようなものがあるのに気付きました。
食べられなくなったのも、シリンジを嫌がったのも
これが原因だったんだね。
やけに多く出る目やにだと思っていたのも、これに因るものだったのかもしれない。

毎日見ていたのに
あんなに頻繁に病院にも連れて行っていたのに
どうして気付いてやれなかったんだろう。

ごめんね空さん。
本当にごめんね。

ごめんね。

ごめんね。

ごめんね。

ごめん。


昨日23日、お骨にしてもらいました。
ずいぶん小さくなっちゃったね、空さん。
それでも猫にしては大きい壺かもしれないけど。(^_^;)

空さん、14年以上も一緒にいてくれてありがとう。
ごめんね。
本当にごめんね。


空さんの事をご心配くださった皆様に、心から御礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。

kuu070503_1

復活の日

2010.8.20 渋谷O-WEST。
本番前に楽屋に入った瞬間、思わず
「わあ♪」と声が出た。

久し振りに、本当に久し振りに目にする
ステージ仕様の潤さん。
(4月は素のままでしたからね)

曰く、
「髪をどうやるんだったか、最初思い出せなかったよ(笑)」
なんでもアイメイクをする手も震えたとか(笑)。

大歓声を受けてステージに帰ってきた潤さん。
プレイ中に見せる穏やかな笑顔は前とちっとも変わらない。
ただ、カメラを向けていてふと
今までは見られなかった表情が時折覗くことに気付く。

“ステージに帰ってくること”を目指して
どれだけ苦しい思いを乗り越えてきたのか。
もちろんそれは私なんかには計り知れないことだけれど
復帰に賭けるこれまでの激しい執念を
ファインダー越しに垣間見たような気がした。

おかえりなさい、潤さん。
今はただ、こう言える事が何より嬉しい。

祈り

我が家に2体だけあるぬいぐるみのうちの一つは
掌に乗るサイズの青いウサギ。

6年前に突然逝ってしまった友人が
生前、私の誕生日にプレゼントしてくれたものだ。
当時から“乙女モード”など皆無の私は大層意表を突かれたけれど
すぐに気に入り、それ以来いつも目の届く場所に置いていた。

彼女には形の有るもの・無いもの取り混ぜて
私にたくさんプレゼントをしてくれた。


なのに私は結局、何ひとつ返せなかった。


あれから6年。
いつしかウサギの全身に付いてしまった猫毛を掃い
これ以上陽に焼けないよう、戸棚に移動させることにした。

ねえ、晶さん。
あなたがいつも手首に赤い布を巻いて突き上げた拳を
私は今もはっきりと覚えてるよ。
きっと今も私には見えないだけで
いつもの場所で観てくれてるよね。

SNC00154

外伝TOUR、始まる。

横道坊主TOUR初日、千葉LOOK。
1/31の新聞会員イベントの時もベースは正樹さんだったけど
まだあの時は事態をよく理解していなかったんだな、と今にして思う。

空白で不在を感じた訳じゃなくて、むしろ逆。

あの曲ではあのベースのフレーズが私の耳にはハッキリと聴こえたし
別の曲のあの場面ではポーズをキメる潤さんの姿がありありと見えた。

潤さんの音が聴こえ
潤さんの姿が見える曲ほど
“そこに潤さんがいない”という事実を突き付けられる。

でもそれは同時に、ステージ上に確かに潤さんの存在を感じる事でもあって。
凄く矛盾するんだけど
「いないけど、いる」感覚。

そしてこの非常事態は
正樹さんでなければ決して対応出来なかっただろう、と改めて思う。
他の人ではきっと、気持ちが受け入れられなかったに違いないから。


そして今日は横浜。初めてのBAYSIS。
セッティングが完了したステージ横には、今日も潤さんベースが見えます。

もうすぐ開場です。

ご馳走

両親が北海道の温泉旅行から帰ってきたと電話があった。

母「良かったわー!ゆっくり出来て。美味しいものも食べれたし」

私「へぇ、何食べたの?」

母「回転寿司!」

回ってるのか。
そりゃ確かにこっちで食べるのとネタは違うだろうけど。
何も北海道まで行って回らんでも。

…と娘は思うのだが…
まあいいか。

twitter

始めてみました。
https://twitter.com/peace_song

お約束で鳩山さんをフォローしてみたり(笑)。
でも全然つまんないの。
あれなら「何食べた」とかのが面白いのに。
でもそんなんじゃ国会で真っ先に怒られちゃうか。

まだやり方を殆ど把握していないので
何が面白いのかもさっぱり判らんちんですが(苦笑)。
ブログより気がラク、といえばラクかな?
ネタもオチもなくぽつぽつ書いてみようかと。

どなたか詳しい方、いろいろ教えてください(笑)。

今、想うこと

潤さんの病名が横道坊主オフィシャルサイトで正式発表されました。

何日も憑かれたようにネットで調べてまわり、とりあえず確信が持てた事は

●同じ癌でも個人差がかなりあること

●癌治療は日進月歩の勢いで進化していること

あっさり本人に告知されるのも、昔と違って治らない病気ではないから。
手強いけれど勝てない相手ではないのです。

闘う潤さんにありったけのエールを!
想いと言葉がきっと力になると信じて。

靴下

靴下に穴が空いたので捨てようと思いつつ惰性で洗濯カゴに放り込み、そのまま洗濯したのでとりあえず干して取り込んで、せっかく洗ったからとまた履いて更に穴が大きくなり、いよいよ捨てようと思いつつ惰性で洗濯カゴに放り込み、そのまま洗濯したのでとりあえず干して取り込んで、せっかく洗ったからとまた履いて……また履いて…
昨日ようやく捨てました。

思い出せない

高校の時の友達から、同窓会のお知らせメールが転送されてきた。
出席希望者は連絡フォームに記入して幹事にメールするとの事。

その連絡フォームの必須事項が
1. 卒業時の名前
2. 3年の時のクラス
とあるのですが

…私、何組だっけ?
(-_-;)

いくら考えても跡形も無く忘れてしまいました(汗)。

挙げ句、メールをくれた友達(部活の友達なのでクラスは別)に自分が何組かを訊く始末。
さすがに彼女も20年以上昔の事は覚えていませんでした。(当たり前)

クラスメイトの名前も特に男子は殆んど忘れてるし。
出席するなら実家に置いてある卒業アルバムを持ってこなくては(苦笑)。


余談ですが
校歌も高校のは何も思い出せません(汗)。
小学校のは今でもフルコーラス歌えるのに。
あれは頭の柔らかい時期に、6年間みっちり歌わされるからなんだろうなあ。

縮む猫

29a8bf73.jpgふと気付くと、花が小さくなっていました。

隙あらば勝手に飛び乗ってくる天キチと違い、空花は「重いから」と普段抱き上げる事もあまりなく。

実際、空さんは今でも10kg超えの巨体をキープ。
たまに獣医へ抱えていく時は大変な重さです。

一方、花が医者にかかったのは7〜8年程前の子宮膿腫の手術が最後。
その時は獣医さんに
「いやー、お腹の脂肪が邪魔して大変でしたよ!」
と言われたものです。
以来、私の頭には“花=デブ”の図式が刻み込まれたままでした。

それが、最近になってふと抱き上げた花の軽い事といったら!!
いやもうびっくりですよ。
抱っこして体重計に乗ると、私の分を差し引いて3kgの計算ですが、感覚としては2kgぐらい?
塩の袋2個より重いとはとても思えません。

激ヤセの結果、身のこなしは軽くなったようです。
以前は椅子に座る私の膝に飛び乗るつもりが、失敗して落ちたりしてましたからね(苦笑)。

空花も今月でもう12歳。
このまま花は
“体は小さいけど気が強くて文句の多いお婆ちゃん”になるんだろうなあ。

ま、元気でさえいてくれればそれもまた良し、です。
自己紹介
いのうえ
歳とると人間まるくなると思っていたのに、逆にだんだんガマンができなくなっている四十歳。

【好きなもの・こと】
●美味しいご飯(と酒)
●面白い読み物
●カッチョいい音楽
●猫達とぬくぬく昼寝

【ウチの猫たち】
●空(くう)…12歳♂ 10kg
●花(はな)…12歳♀ 3kg
●天(てん)…3歳♂ 3.5kg

【mixiはこちらから】
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=22540495

コメントありがとう
  • ライブドアブログ