日本の菩提を弔う

古き良き民主国家日本の滅亡を嘆き弔うブログ

小説

SF小説 「わたしたちのアツいアイコク活動!『アイカツ』、終わりますっ!」





警告
WARNING

以下の小説はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。

The following novel is absolutely pure-fictional.
 All characters appearing in this work are fictitious.
Any resemblance to real persons, living or dead, is purely coincidental.
Viewer discretion is adviced. 

登場キャラクター解説:

安倍シンジ  (ひ)  
大日本帝国内閣総理大臣。極右だがアメリカ様に睨まれると同意見の仲間を見捨てすぐにハウスする。幽霊が嫌いで神社の参拝も怖いという怖がりさん。
 
辛抱サブロー   (・∀・)
人気コメンテーター。他人には自決を強要する激辛トークで世間の喝采を浴びるが、自分には激甘。21世紀の腐った大和魂を体現する男。
 
まもる (^+^)   
情弱で、煽られやすい。自分を信じてくれるのは母親だけ。
愛国活動に励むネトウヨで、主人公。
 
カーチャン  J( 'ー`)し  
まもるの母。自民党支持者で、数年前までは韓流に没頭していた。事ここに至ってもまもるが改心して正社員になり結婚して家庭を持つ未来を信じるという、すでに正気を失った面もある。
 


20XX年。自民党に支配された暗黒無法地帯・日本。

ネトウヨのまもるは今日も上機嫌でネット三昧し、愛国活動(「わたしたちのアツいアイコク活動!」、略して「アイカツ!」)に邁進していた・・・・
そんな時・・・


 
 (^+^)  「ん・・・?ツイッターのトレンドに安倍さんと辛抱と福島第一、そして報道特別番組が?何が起きているんだ?テレビを付けてみよう」


報道特別番組 「政府特別放送・福島第一の現状について」


(ひ) 「国民の皆さん!!無責任なミンス党政権と違い、私はここに真実を語らねばなりません・・・福一はもう人海戦術でしか解決することは不可能です!」
 
(ひ) 「最早事ここに至っては一億の帝国臣民が一丸となり総掛かりで対処せざるを得ず。
 
よってやむを得ず徴兵制を復活させ作業員として投入します!!」

(^+^)  「やった!これは安倍さんGJ!
これは上手い!
こう来たら放射脳のブサヨ共もぐぅの音も出ないだろwww
これで誇らしい日本軍が復活だ!wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
今までずっと何年間も自民党に入れてきた甲斐があったわwwwww
思い知れブサヨ共!チョン共ぉぉぉぉっ!!wwww」


(ひ) 「しかし社会的混乱を避けるため、まずは正規雇用のない第二新卒以降の20代後半〜60代半ばまでの成人男性を優先的に徴用します。これは失業対策・雇用対策でもあるのです。
さらに、これで新帝国憲法に定められた国民の労働の責務を果たすことができるようになり、彼らの違憲状態を是正・救済できるわけです。」
 
 (・∀・) 「さすが安倍総理、これがアベノミクス第四の矢でしたか」

(^+^;) 「・・・・・・」


(ひ) 「徴兵制は戦争だけのものではございません。原子力同様平和にも利用できるものなのです。
ま、頭の悪い左翼には無理な発想でしょうけどね (爆笑)
当政権ではこれを名付けて

ふくいちハッピーワーク

と呼称致します」



(^+^;)  (ハッピー・・・・・・)

(ひ) 「放射線はところにより5000mSvを超える程に激烈ですが、数十万の作業員で分担して作業を行う事で、個人個人はごく短時間で作業を終えるため健康面にただちに影響を及ぼすようなことはありません。
むしろより健康になるのではないでしょうか 笑
彼らの多くは普段家にこもりがちで運動もしていない。給料も貰えて運動もでき微量放射線で健康になれるなんて、私が行きたいぐらいですよ 笑笑」

(ひ) 「また、 作業員の福利厚生の為に慰安所も併設する予定です。これには閣外から維新の橋下代表にも協力していただく予定になっております。
韓国出身の美少女が作業員の皆様の碁・将棋・オセロなどのお相手をする手筈となっております。」

(ひ) 「一方、危険な作業に怯えて任務を拒絶した者や仮病による懈怠をした者は、軍法会議で即日執行となります。もっとも、日本人ともあろう者がこの救国の崇高な任務を拒否することはあり得ませんが (笑
そんな者が居たらそれは日本人ではなく左翼であり、そもそも行き場所は福島第一ではなく刑務所ですね (爆笑」



(^+^;)   (・・・てかもう刑務所のほうが良くねぇか?)


 (・∀・) 「しかしこれほどの好条件となると、ハッピーワークに選ばれなかった求職者と選ばれた者の間での格差、差別という話になるかと思うのですが」

(ひ) 「確かにその点、求職者の皆様の中から誰が福一に行けるかどうかという所では、申し訳ありませんが結局運という事になってしまいます。
しかしこれだけはお約束しましょう。我らが自民党政権・安倍内閣は、
病気や体力・体格・年齢と言った理由で、皆様を福一ハッピーワークの選考から除外することはない、と。
むしろそういった方々を優先的に選考致します。
というのも、先程申し上げたとおり、この「ハッピーワーク」は失業・雇用対策でもあるからなのです。
・・・ただし左翼は別であります。テロリストやテロ国家と関係している疑いがありますので核施設に入れるわけには参りません。そして何より、ハッピーワークに選ばれる事は帝国臣民の栄誉であり特別な権利なのです。
なお、不幸にも今後、作業中の事故で亡くなった方については、帝国軍人の身分で靖国神社に祀るという栄誉が与えられます。」


(^+^;)   (・・・てか俺らはアイカツに忙しいんだ。除外して欲しいんだが?殺す気かよ?

( ・ + ・ ;)   (ハッ)

( ・ + ・ ;)   (・・・ニート・・・生活保護削減・・・年金問題・・・医療費増大・・・
60代後半まで・・・コロ助・・・(察し))

 (・∀・)「ところで総理、人事の件ですが・・・担当大臣はどの派閥から・・・」

(ひ) 「もはや、派閥政治をやっている場合ではありません。福島第一石棺担当大臣には、新たな自民党の新たな活力を象徴する、新人議員の渡邊美樹さんを抜擢します。」

( ・ + ・ ;)「わ・・・ワタミ・・・!?」

(ひ) 「彼は民間企業で多数の人材を活用し、効率的な経営を行ってきた前科・・・じゃなかった豊富な経験があり、必ずや福島第一の石棺化の陣頭指揮でも、短期間で実現していただけるものと期待しております」


(・∀・)  「しかし、担当大臣自ら福島で陣頭指揮を取るというのは、国会の日程等でも問題が多いのではないですか?」

(ひ) 「そこでニッポンのギジュツリョクの出番です。ニポンの優れたアイテー技術を活用し、渡邊担当大臣には東京からネットを使ったテレイグジスタンスにより指揮を取って頂きます。超先進国ヌッポンならではの世界一の技術力の賜物であり、中国や韓国では逆立ちしても真似は無理でしょう 笑」

(  ゜ +  ゜ ;)  (・・・ならもう全員テレイグジスタンスにしろよ!!)

(ひ)  「すでに第一陣には召集令状を送付しております。もはや一刻の猶予もなりません。帝国臣民一丸となってニッポンをトリモロス覚悟で一億火の玉となって前進しなければならないのです!」

(  ゜ +  ゜ ;) 「・・・・・・」

J( 'ー`)し 「まもる〜? あなたに手紙が届いたわよ〜。珍しいわね」
J( 'ー`)し 「赤い封筒なんてカワイイわね。もしかしてガールフレンド?w」

(^+^;) 「 ・・・・・・カーチャン・・・これ・・・」



(完)
(色々な意味で) 



アイカツ! EDをお楽しみ下さい

憲法九条のない世界を想像してみた。

つぅか実は、以下、以前書こうと思っていたディストピア小説の展開なのだが、少し書いてみたもののいろいろ話が発散してしまって意味不明なものとなり、やはり小説を書くというのは難しいものだと身をもって思い知った。

話は極右的言辞を振りまく老人政治家の石川なる男が愚かな国民を扇動し総理大臣になる所から始まる。

その世界は、このように展開するというのが俺の想像なのである。

石川、総理大臣就任

裏で米国債購入などの密約を交わし、公約である横田基地撤退を懇願。

「横田から出て行けぃ!!」

在日米軍基地総撤退。石川支持率80%超え→(ここまでがプロレス)

ところが約束と違い日米関係は悪化の一途→石川(・・・あれ?)

止まらない景気悪化。止まらない失態の数々。新幹線大事故(by スタクスネット)。支持率が大幅に下降し始める。

石川、失態を誤魔化すために中国に喧嘩を売る→石川(ま、いざとなればアメリカが助けてくれるから大丈夫だろw密約もあるしな)

しかしアメリカは中国を力強く支援→石川(え・・・?)

メンツを潰されて石川激怒。憲法の停止を宣言し、同時に再軍備・核武装を宣言。硫黄島にて核実験。

アメリカを含む国連安保理の日本制裁が可決。ここに至り媚米日本人が今更になって反石川のデモを開始する。

石川発狂。デモを武力鎮圧(日比谷大虐殺事件)。天皇家国外逃亡

アメリカ・中国・ロシアが中心となった国連軍が国連憲章107条を根拠に日本侵攻。全ての都市が完全に破壊され、日本滅亡。日本は連合国の分割統治となる。

100年ほど経過

EJR(East Japan Republic)の大攻勢により、南日本人民共和国の首都東安(旧名・福岡)が陥落。陳国斎書記長はウラル共和国に逃亡。
ウラル共和国の首都サポロベツスク(旧名・札幌)では、ウラジミール・ヤマダ大統領がEJRの侵略行為を非難。
一方、EJRの事実上の支配者である、アルベルト・ホセ・スズキ将軍は、EJR北端最大の都市ニューボストン(旧名・仙台)近郊に兵力を集結。彼は天皇家の末裔を自称し、日本統一と同時に皇帝として即位するつもりなのだ。今、日本再統一を賭けた最期の戦いが始まろうとしていた・・・!!
記事検索
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ