2005年07月01日

忘れていたロマン

7月になりました。

7月は「ふみづき」ともいいますが、中国では古くから7月7日に
書物の虫干しをする行事があり、わが国に入ってきて「文開く月」
となり、それが「ふみづき」になったといわれています。

7月といえば「七夕」
願いごとを一杯かきこんだ短冊を笹に飾っては、無邪気に喜んでいた
子供の頃、七夕の星の伝説”おりひめ”と”ひこぼし”の悲恋物語を
知ってはいましたが、遠い世界の悲恋どうこうより、身近な楽しい
イベントのひとつとして七夕の日を過ごしていたような気がします。

あれから時が流れ・・・
悲恋がそんなに遠い出来事とは思えなくなった今
今年の七夕は、夜空にたゆたう「天の川」を思いを馳せて
忘れかけていたロマンを求めてみようかななどと考えています。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔