PeachJoy」は、全ての女性の心と体が開放され、気持ちよくセックスを楽しめる環境を作り、
充実したセクシャルライフを送っていただくために、動画、書籍、特集記事、グッズのご紹介など様々な情報をご用意し、お役にたてるサイトを目指しています。
無料のアダルト動画サイトには危険もありますが、当サイト「PeachJoy」では、女性が運営している安心な動画配信サイトです。
人気のAV男優 一徹君 男優 ムーミン、月野帯人君の作品もタップリ!他、素敵な男優さんたちがご出演している作品も多数ご用意!どうぞお楽しみ下さい。

本Blogの内容を営利、非営利を問わず無断で使用することを禁止します。本Blogに 記載されている画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

オトコは見た目でしょ?~ゲイ・YOSA-PUエッセイ

#20 オトコは見た目でしょ?


PJ_banner


見た目のカワイイ女性がモテる。
目が大きくて、肌が白くて、若くて、キレイで、スタイルが良くて、良い香りがして。
世の男子の大半が“オンナは見た目でオトコは中身”なんて思っている。

僕が思うに、それはオトコの“性”ってヤツだ。

『若くて可愛いコが好き♪』

オトコの性欲を高めてくれるルックス。
若ければ若い程、子孫の繁栄に役立つ。
などなど、多分、自分でも気付かない内にそういう生理が働いている。

だけど、それは女子が結婚を意識した時に“オトコの見た目”をあまり気にしないで相手選びをするから、ますますオトコが図に乗るんだとも思う。

過去に3回、ノンケ同士の合コンに付き合ったことがある。

とにかくキレイでオシャレにしている女子達と、自分なりにキメている男子と、なんのオシャレもしていない見窄らしい男子。
そのパターンが大半だ。
僕にしてみたら、見窄らしい男子に勝ち目はないだろうと思う。
それでも恋愛には参戦してくる見窄らしい男子。

「あのコ、オレ、イケるかな~?w」

“コイツ、本気だったんだ~…”と内心思いながら見ていると、大体は自分と見合わないような1番人気を狙っている。

『勝ち目なんてあるワケない!』

無精髭でダサくて、それでも恋愛って…、もう滑稽しかない。

それがここ近年のイケメンブーム。
世の男子は“肌が荒れるから”を理由にタバコをやめ、スキンケアに髪型研究。
ファッションも随分オシャレになり、自分を素敵男子に魅せることを重要視するようになった。

『人間は見た目◎』

僕はまずそう思っている。

“人間は中身でしょ?”

それ、健全な正論。
当然、見た目ですべて決まるなんてことはない。
しかも、最終的には中身が重要。

だけど僕は結局、『人間は見た目』だと思う。
何も持っていない見た目が良い人と、何も持っていない見た目が悪い人だったら、何も持っていない見た目が良い人の方がチャンスが多い。
そして中身が顔にも反映されている。
たまにとんでもない“見た目だけ”の人がいるけど、そんなのは稀。
結局、世の中、何を言ったって、何を思ったって、最初はグッドルッキングが良いに決まっている。

特に『オトコは見た目☆』

ちょっとしか会わない佐○急便のお兄ちゃんも、コンビニのバイトくんも、ファミレスのウエイターくんも、汗臭くて汚らしかったら近づかないで欲しいけど、素敵男子だったら優しくしたくなるし、多少のことは許してしまうw

だってちょっとしか触れ合わないのであれば、できるだけ爽やかな空気を吸いたいし、春が欲しい(笑)

それは僕がゲイだからw

ゲイって“性”も結局“オトコ”だから、漏れなく最初は見た目で相手を選ぶ。

オトコは爽やかで、カッコ良くて、若くて、キレイで、スタイルが良くて、良い香りがして。

でも多分、世の女性も本心はそう思っているに違いない。

良い顔の淫らな格好や喘ぎ声は商品になるけど、不細工な顔の淫らな格好や喘ぎ声は特定のマニアにしか受け入れられない。

電車で向かいに座っている素敵男子の喘ぎ声を聞いてみたい。
河原でマラソンをしている素敵男子の乱れたエロスを感じてみたい。
コンビニで立ち読みしている素敵男子の興奮している顔を見てみたい。

それが素直な感情。

だから僕は“オトコは見た目でオンナは中身”なんて思っている。

可愛くて若い女子なんて、女性としては未熟すぎる。
男子は何才になってもガキだから、だったら若くてカッコカワイイ方が良い。
だけど女子は違う。
年をとる毎に成長する。
だから良い年のとり方をした女性はとっても素敵でキュートに見える。
僕は『オトコは30才まで、オンナは30才から』だと思っている。

昨日の夜、ロクシタンのシアミルキーバブルバスで入れた湯船に暖まりながら色んなことを思っていた。

中身のない男子も女子も増えたけど、それでも世界は回っているし、素敵男子は増えているし、この先もわからないけれど、僕はゲイだし、結婚もしないし、子供もできないけど、素敵男子は増えているし、カッコいいノンケは簡単にGV(ゲイビデオ)に出演して喘いでいるし、舐めているし、縛られているし、それでもやっぱり素敵男子は増えているし、世界は回っているから、僕の恋愛も世界も大丈夫かもしれない。

ってことで、YOSA-PU、初エッセイおわらせていただきます☆

あっさり“つまらない!”と決めつけず、全20回を読んでくださった方、有難うございましたm(_ _)m。

またどこかで♪


20のコピー


【YOSA-PU(よさぷ) プロフィール】
大学時代、写真による創作活動をスタート。
何故かオトコ以外は撮りたくならず、自分がゲイであることを認識。
現在はモノ作りワークを生業にしている。


PJ_banner

#19 SMと健全と。


PJ_banner


僕はギュッと抱きしめられるのが大好き。

普通に優しいセックスをして、普通に楽しい恋愛をして。

そういうのにずっと憧れている。


だけどそれとは別の部分で、僕は結局、SMが好き♪

イケてるメンズが縛られて自由がなくなっているカンジが好き♪

成すがままに翻弄されて喘いでいる顔・声・しなる肉体が好き♪

以前、出会った僕のジャージSMフレンドは、アレから5回、SMをやらせてくれた☆
その内、2回はホームビデオで撮影し、僕のオカズに♪

最初にビデオを撮る時、『顔は極力、カメラを向いて♪』とお願いしていた。
それから縛り、カメラの録画ボタンを押し、自分が極力映らないようにしながらSMを楽しむ。
結果、彼のカメラに向ける表情、カラダ、ジャージの写り込み方、そして喘ぎ声は本当に素晴らしいモノになった◎

彼が喘ぎ声をあげながらフィニッシュした後、僕たちは2人でそのビデオをチェックする。

僕が『ココの声! サイコーだよね♪』と言うと、彼は「それは考えて出してるんぢゃなくて勝手に出ちゃった声だからw」
と言ったw
そんな会話をしながらビデオを8mmからVHSへダビングし、僕は家に帰ってからそのビデオで楽しむ♪

サイコーだったw


だからGV(ゲイビデオ)もやっぱりSMモノをよく見てしまう。

最初の内は単純にイケメンが苦しんで喘いでいる顔や声がたまらなく、その箇所を繰り返し見て興奮していた僕だけど、最近の見方はちょっと違う。

普通のノンケ男子がお金の為にSMすることを承諾し、最初は普通にしているんだけど、縛られだして、“え? ちょっと、コレ大丈夫??”と苦笑いし、いざ、本番が始まると、その苦笑い顔が一変、あまりの痛さや熱さに“コレ、マジでヤバい!”って本気で苦しみだす。
その、イケメンが本気で“ヤバい!”って顔になって喘ぎだした瞬間がまずエロいw

続いて、「アーアー」喘いでいればすぐに終わると思って最初の内は耐えていたノンケ男子が、どんどん激しく攻められ、次第に耐えきれなくなり、小声で「まだですか? もう無理…」と言ったり、磔にされた十字架に腕を回し、“もうヤラれるしかない!”と覚悟を決めた瞬間が再びエロいw

そしてイキそうになる度に寸止めされ、もう精神が崩壊しそうになるノンケ男子の乱れっぷりがコレまたエロいw


そもそもGVのように“映像としてずっと残るモノ”に出演してしまうノンケ男子ってちょっと不思議。

多分、最近話題になっているAV男優たちの比ぢゃない程に、若くてキレイなイケメンだったり、爽やかでカッコいいスポーツマンだったり、ジャニーズ顔負けのラブリー男子やフツーのオシャレな素敵男子たちがGVモデルをやり、脱がされ、オトコにアナルを突かれたり、乳首をこねくり回されたり、アソコをクワエさせられたりして嘔吐き、喘いでいる。

そしてオトコとのセックスにアソコもずっと興奮し、エロ声を出しているノンケ男子たち。

彼らはお金の為にヤッているんだろうけど、“それで本当にいいのか?! ”と思いつつ、“ありがとう♪”と思ってしまう僕w


そんな僕の“SM好き”っていうドSな性癖だけど、コレが恋愛とイコールにならない。
恋愛の時には“ドS”ではなく、逆に甘えて、抱きしめられて、ヨシヨシしてもらいたい。
優しく腕枕をされて、キスをされて、温もりを感じながら眠りたいと思ってしまう。

コレって矛盾?

“実際、僕はどうしたいのか?”

SMをやりたいけど、健全な恋愛もしたい!

だけど最近、恋すらしていない事実。

理由は簡単。

『ノンケにハマらないようにしているから』

僕は今まで、ノンケばかりを好きになってきた。
ノンケはやっぱりノンケなだけあって魅力的な男子が多い。
だけどそれはあくまでも“ノンケ”。

「ノンケに恋しても時間のムダ」とゲイ友は言う。

僕も報われたいから“ノンケに恋はしない”と決めた。
だから多分、恋ができないでいる。

街を歩いている素敵男子。
電車で向かいに座っている素敵男子。
カフェで接客してくれる素敵男子。
僕と関わってくれた素敵男子。
みんなを多分好きになれるし、その中には僕が本気でハマってしまい、簡単に恋へと落としてくれる素敵男子が何人もいると思う。
だけれども、それってやっぱり意味がない。
だって彼等との恋愛が成立する確率はやっぱりとっても低いから。
そして“不毛”。
だから“ノンケに恋はしない”と思っている。

結果、恋ができない僕。


最近はよく新宿2丁目にも行くようになった。
リアルな出会いを求めて。

それが“健全”で“普通”のこと。

ノンケに恋をするのは“不健全”。

アタマでは解るけど、2丁目に行って解ることは、この街では“なかなか恋ができない”ってこと。

“健全”で“普通”のカタチだけど、僕の心に従うならば、やっぱりゲイよりノンケの方が魅力的。

僕はダメなゲイですw

“ノンケに魅力を感じる”のが僕の“性”だから仕方ないけど。



そしてひとつ言えることは、

やっぱり!

行きずりは!

普通のセックスよりも!

SMの方が楽しい♪♪♪

と僕は思う◎

ということw



19_2



【YOSA-PU(よさぷ) プロフィール】
大学時代、写真による創作活動をスタート。
何故かオトコ以外は撮りたくならず、自分がゲイであることを認識。
現在はモノ作りワークを生業にしている。



PJ_banner

#18 恋愛と病気


PJ_banner


僕は爽やかなコが好き。
スポーツマンとか、図書館にいそうな知的風とか。
だけどちょっとワルい感じも好き。
ヤンチャな空気を漂わせているコとか、少しヤンキーっぽかったりとか。
でもやっぱりカワイイのも好き。
肌がキレイで、笑顔が可愛くて、人懐っこいコとか、少年っぽくて、甘い顔のコとか。

それだけ様々なタイプが好き。

だけど3番目のオトコは僕のどのタイプとも少しズレていた。

ワイルド風でカッコ良くて絶対に女子から持てるエロい空気を醸し出しているオトコ。

それが3番目のオトコ。

性格は問題なくいいヤツ。
おしゃべりな僕の話をずっと聞いていてくれる。
僕のことを“カワイイ”と言ってくれる。
ぎゅっと力強く抱きしめてくれる。
僕は安心して甘えられる。

“僕は彼のことが好きなのかな?”

そう思って彼に話してみた。

『僕のこと、どう思ってる?』

「え? YOSA-PUこそどう思っているの?w」

『僕? …僕は、多分、好きなんだと思う…』

「多分ってw」

『だってさ、遊んだことないぢゃん! ちょっとセックスぢゃなくて1回外でデートしてみない?』

「…それはちょっと。。」

『なんで?』

「やっぱ、人目が気になるから…」

『別に男同士で遊んでたって可笑しくないぢゃん!』

「そりゃそうだけど…、やっぱ…、ね。。」

『ってか、僕のこと、どう思ってるの?』

「そりゃ、もう、最初に会った時から好き…だと思うよw」

『思うってw まぁ、今度、1回、ご飯だけでもいいから遊ぼうよ!』

「…うん、考えとくw」

僕は“彼と付き合うかもしれない”と思った。
ううん、“付き合うに決まっている”。
そう思っていた。



それから何日かが過ぎて彼と電話で話していた時のこと。

『ねぇ、今までヤッてきた人達とはいっつもアナルしてた?』

「してたw」

『やっぱ、アナルってしたいものなの?』

「オレはしたいけど、YOSA-PUはイヤでしょ?」

『…うん、僕はあんま興味ない。。』

「だよね、別にやらなくても大丈夫だよ!」

『アナルの時ってコンドームするでしょ?』

「え? オレ、したことないw」

『え?! したことないの??!』

「うん…、女子とヤル時もコンドームしたことないよw」

『え??! だって病気とか…、AIDSとか気になるでしょ?!』

「えー、なっちゃったら仕方ないぢゃん! ってカンジw」

『ぇえー!! そんなんダメだよ!! コンドーム着ければいいぢゃん!!』

「ヤダよ! 気持ちよくないもん!!」

『…だって、もう、なっちゃってるかもだよ?!』

「そういうYOSA-PUはどうなの?」

『いや、僕はあまり経験がないから大丈夫だよ!』

「そんなのワカンナイぢゃん!」

僕は不安になった。
彼の精子を口にふくんだあの時を思い出していた。

『ぢゃさ、2人でAIDS検査に行こうよ!』

「えー! イヤだよ!」

『なんで? 行ってなんでもなければそれでいいぢゃん!』

「えー…、オレはいいよ。。」



彼が検査を嫌がるから、結局、僕は1人で検査に行った。
担当の先生は女医だった。

『AIDS検査をしたいんですが…』

「思い当たることがあるの?」

『…僕、ゲイなんですけど、最近やっていた彼はバイで、今までオトコとオンナ、どちらとヤル時もコンドーム着けたことないって言うんで不安になって…、って言っても口でしかやったことないんですけど。。』

「そっか、ぢゃ、ひとまず調べましょう!」

数日後、検査結果が出て、僕は陰性だった。

「あなたは大丈夫だったけど、その彼はもうなってても可笑しくないわね。」

『…ですよね、でも本人が検査したくないって。。』

「自業自得。彼はセックスを楽しみでしている快楽主義者ね。だったらもうやらない方がいいわよ。危険だから。」

『ですよね…、僕、もう一回説得してみます。』



その夜、彼に電話をした。

『僕、大丈夫だったよ!』

「そう…、良かったね。。」

『だからさ、やっぱ検査しようよ!』

「…イヤ、オレはやらない。。」

『検査結果が怖いんでしょ?』

「…怖い。。」

『怖いんだったらさ、僕が一緒に行くから!』

「イヤだ、現実を知るのが怖いから! もしAIDSだったらイヤだもん。。」

『だって、、』

「いいよ、もうやめよう…」

彼とはコレで終わった。



僕は残念だった。
もしかしたら恋人になっていたかもしれない彼だった。
すごく優しくて、僕の欲しいモノをくれそうな彼だった。
けれど、結局、彼は最後の最後に誠実ではなかった。
多分、誠実にしたいけれど、それよりも“AIDSかもしれない”という不安の方が大きかったんだ。
そして僕も。
だから会うのをやめた。
もうそれっきりだった。
楽しかったお風呂でのセックスも、押し倒されたあの夜も、強く抱きしめてくれた腕も、カラダも。
本当は欲しかった。
楽しくデートもしたかった。

恋愛がしたかった。

でもね、やっぱりAIDS問題は切実でいてリアル。
僕は初めてリアルにAIDSを感じた。

HIVとはもともとが感染しにくいウイルスだとういうことが大前提。
感染方法は輸血や性行為。
粘膜と粘膜が直接ふれあうと感染する確率が高くなる。
逆に言うと粘膜同士が直接ふれあわない限り感染の確率は低い。
そもそもHIVとは空気に触れただけで死滅する極めて感染力の弱いウイルス。
だから唾液や精液を少し飲んだだけでは感染しないと言っても良い。
ただし口の中に傷等がある場合には感染する可能性もある。

彼はいま、元気なのだろうか?


18のコピー


【YOSA-PU(よさぷ) プロフィール】
大学時代、写真による創作活動をスタート。
何故かオトコ以外は撮りたくならず、自分がゲイであることを認識。
現在はモノ作りワークを生業にしている。



PJ_banner
プロフィール

浅野こうめ

女性のセクシャルライフを応援する、女性向けアダルト動画配信サイト「PeachJoy」スタッフ浅野こうめのブログです。

ギャラリー
  • 非現実的エッチ 縛られ編
  • 非現実的エッチ 縛られ編
  • 非現実的エッチ 縛られ編
  • 非現実的エッチ 縛られ編
  • 非現実的エッチ 縛られ編
  • 非現実的エッチ 縛られ編
女性用アダルト動画配信サイト

名称未設定 4のコピー


安心・安全!全て女性スタッフが厳選!!
女性向けアダルト動画配信サイトと言えば、もちろんPeachJoy
女の子向けアダルトグッズの通販サイト

131220_300_250_02b


女の子向けアダルトグッズの通販サイトなら、ピーチジョイセレクトにまかせ!種類も豊富であなたのお気に入りがきっと見つかるはず☆


blog_banner


ピーチジョイセレクトスタッフ小豆のブログ♡

QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ