映画をみたら

I am so irresponsible!

新感染 ファイナル・エクスプレス

47DD0D06-5E53-45E2-874E-9252297A58F6

あの街もゾンビ、この街もゾンビ、友達もゾンビ!

ロバート秋山に惚れ、危機の連続に開いた口が塞がらず、終盤は大いに泣いた。韓国映画絶対おもしろいやーん!
ハネムーンに向かう車の缶カンよろしく鈴なりになったゾンビ、狭い客車の中でショットガン状に襲ってくるゾンビがすごかった。

ゾンビ映画は数本しか経験がないが、どれも同じような課題が出てきて同じような方法で解決する気がするけど、そういうもんなのか。ゾンビにびっくりはするけど怖がれないのは国民性か。
土葬の文化圏はゾンビにリアリティを感じながら鑑賞出来るのか、それともそもそもゾンビ映画は恐怖よりアトラクション感覚が大事なのか?

ラストシーンもキメキメで最高。トンネルであの時のあれがー!
おもしろかった。 重低音ウーハー上映にて。
 

ダンケルク

IMG_2955

塚口サンサン劇場 特別音響上映にて。

何も探らなくても、音に完全に支配されながら乗っかれるのが良い。
カチカチいう時計の音と不穏な音楽に緊迫させられっぱなしで、プツッと音が途切れた時や、ぶわーっと壮大な音楽になるときに、嫌が応にも自分の感情が映画と同化する感覚があった。
音の演出だけでもう映画になってる気さえして凄いけど、どうせIMAXで観たら画と相まって更に凄いから絶対IMAXで観るべきとか言われるんでしょう。ノーラン好きに。

陸海空の異なる時系列を混ぜるのはそんなうまくいってなかったような気もする。
でもこれしか方法がないような気もする。数学的で面白かったような気もする。

英国男子及び英国のおじさまの生き様が集約されていて、シンプルにとてもいい!


観客も劇場も画面サイズに右往左往させられるという、配給どうなっとんねん問題が表出したが、そもそも本国が作成した普通のデジタル上映用のデータをシネスコで左右黒帯にしとけばこんな混乱は招かなかったはず。それかビスタサイズで上下をトリミングしたほうが縦横比ではIMAX70mmに近づこうものなのに、普通のデジタル上映の映画館に額縁上映をさせたのは、嫌がらせと捉える他ない。
させたというか、していただいても構いませんスタンスというか、なんというかだけど。

その点塚口は上下に黒が入らないシネスコに近いサイズで上映していて、今なら砲撃音がダイレクトに伝わるサブウーハー増し増し上映がある為、関西圏でIMAX料金を払いたくない人は塚口に行くと良いと思います。

ラストシーン見終わって、むっちゃいい映画だったわと思って、エキスポのIMAX行こかなと考えたが、エンドロール中にやっぱやめとくことにした。むっちゃいい映画だったわ。

オン・ザ・ミルキー・ロード

IMG_2947

はじめてのクストリッツァ作品。生き物がいっぱい!
寓話だと最初に言ってくれてよかった。いきなり戦場なのにコミカルで、耳取れても縫ったら繋がるし大時計が悪さするしどうしようかと思った。
戦争も、実際の社会情勢みたいなものを感じさせない寓話的な戦争だった。

ハヤブサとロバと左右に下げた牛乳缶と傘、という主人公まわりの造形が最高!
感情よりも事象で映画が進んでいくのが好き。どこまでも名シーンの連続!
音楽が傑作感増してる。クストリッツァはミュージシャンでもあるのね。

なんでかわからんけどピーター・グリーナウェイのZOO思い出した。
動物のせいか、感情があんま出ないからか、音楽が似てたんか。いずれにしてもやっぱ寓話が良い。寓話どんどん欲しい。

アナザー・カントリー

IMG_2935

1984年、コリン・ファース24歳、映画デビュー作。
全寮制パブリックスクールの美しい男の子たちのうつろい。
男子校ボーイズラブの規範になるべき映画!

コリン・ファースはこの映画では2番目の役でゲイではないけど、映画の前にやっていた同じ話の舞台では主役をやっていたそう。つまり最初からゲイ役!
映画俳優として最初から主役級で、インテリで紳士的、ため息が出るほどハンサムで、男も女も悩ませる男コリン・ファース。
キャリアの最初を見ても基本的な振る舞いは全然変わってなくて感動した。

第10弾の今作でコリン・ファース祭りは一旦休止。 
最近俳優と演出のワークショップに参加したこともあって、今回の祭りは、俳優の演技の見方が変わるきっかけになった。ありがとうコリン・ファース。

 

秘密のかけら

IMG_2933

コリン・ファース祭り第9弾
アトム・エゴヤン監督作品

今回の祭りの中で、シングルマンの次に良すぎた。
コメディショウの裏の美しいバスタブの死体、というとっかかりから最後までむっちゃおもしろい映画。

これまで観たコリン・ファースの出演作の中で、これが一番多様なお芝居を観られる。
紳士的な振る舞いはもとより、下衆いのから情けないのから、涙、暴力、セックスシーンまで…。
衣装もショウマンらしいパリッとしたスーツから、普段着、ガウンに、すっぽんぽんまで…。
一本でこんなに見させていただいてよろしいのでしょうか。ありがとうございます。
カマ掘るのを拒まれて激高された時のあの表情すごいよ…。
若い女にパートナーを寝取られたとわかった時の嫉妬が滲んだ眼差しも。
非常に複雑な人間を演じる中でコリン・ファースの魅力が死ぬほど放出されている!

隅々見直して堪能し尽くしたいところだが、またの機会にする。
 

真珠の耳飾りの少女

IMG_2930

やたらボディタッチの多いセクシャルイケメンフェルメール。
カメラオブスクラや顔料について教えてくれる彼は魔術師のようにミステリアス、かつ色気むんむん。
視線の合わせ方も外し方も目が離せなくなるコリン・ファースやばい。しかも長髪。

大奥様が真珠の耳飾りを少女に渡すときの、あの得も言われぬいかがわしさはなんだ!
性行為の対象として差し出すくらいに残酷でゾクゾクした。

映画の最後で実際の絵画を見返すと、かわいすぎるな。
あれは描かざるをえないし、奥様が嫉妬と悲しみに狂って激高するのもすごいわかる。
ああいう形で美を求める画家とは絶対結婚したくない。

コリン・ファース祭り第8弾にしてこんなことしてる場合かと思い始めた。
でもあと2本借りてるから観ないと…
 

モネ・ゲーム

IMG_2921

コリン・ファース祭り第7弾、1966年「泥棒貴族」のリメイク、脚本がコーエン兄弟のコメディ。

アニメで始まってびっくり。
計画が万事うまくいったバージョンを最後まで見てから映画が始まるから、現実ではうまくいかな過ぎなコリン・ファースがもどかしくて笑える。紳士的な物腰は変わらないのに、コメディの演技は何が違うんだろう。
最後は痛快でハッピー。上品なホテルマン二人が最高だった。

イギリス人の映画を集中的に観ていると、スネイプ先生はじめ同じ役者をしょっちゅう見るなと思ったら、イギリスの人口は日本の半分だった。

原題 GAMBIT

ベイビー・ドライバー

IMG_2920

エドガー・ライトの新作

これでもかー!と音楽にタイミングを合わせたシーンがいっぱい。
歩いている道の周囲の全てが音楽にハマるのは感動したが、アクションシーンはそっちに気が行っちゃってハマらなかった。

右耳だけイヤホンで音楽を聴いているベイビーに合わせて音楽をRに振るの、あれ変。
アングルを逆向きに切り返したときに音楽だけそのままの位置ですごい気になった。
あれやるならゼログラビティ式に切り替えないでやったほうがいい気がする

大期待作だったけど、思ったより人いっぱい死んでびびっちゃった。
車を鮮やかに盗む様が、ベイビーの両親を失ってからの人生を物語っていて悲しくなった。

でも里親との関係性がよかったし、ベイビーもかわいかった。
音声が録音できるスライド式のカード、子供のときに公文かなんかで使ってた気がする。むっちゃ懐かしい。

レイルウェイ 運命の旅路

IMG_2907

コリン・ファース祭り第6弾

第二次世界大戦中のシンガポールで日本軍から受けた拷問により、終戦後もトラウマを抱えるコリン・ファースの話。
最初は心地よいラブロマンスだけど、戦時中の体験のフラッシュバックによって段々辛くなっていく。
日本兵への憎しみを原動力にしているあたり、コリン・ファースにうつつ抜かせない映画だったが、弱ってベッドでうつ伏せになっている様は美しかった…。
共に戦争を経験した友人が死んじゃうところはあまりにも急で嘘だろと思ったけど、実話だからどうしようもないわ…。
最後はこれまた嘘だろと思う展開で憎しみが浄化されて、事実の強みに圧倒された。

ニンフォマニアックのゲスじじいがまた女性の話聞く役で嫌な予感がしたが大丈夫だった。

裏切りのサーカス

IMG_2172

コリン・ファース祭りだけど人が多くて難しいぞ!解説探す!
エンドロールの見事な錯視!

livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 新感染 ファイナル・エクスプレス
  • ダンケルク
  • オン・ザ・ミルキー・ロード
  • アナザー・カントリー
  • アナザー・カントリー
  • 秘密のかけら
記事検索
QRコード
QRコード