文化部出身のおっぺけ主婦が ランニング始めました。

運動経験は『体育の授業のみ』でしたが、突如走り始めました。

だいぶ遅くなってしまいましたが~
11月4日(日)今シーズン初ハーフである調布ロードレースを走ってきました。
味の素スタジアムとその外周を、4周するコースになっています。
折り返しが1周につき4回あるので、減速と加速を繰り返す必要がありますが、スタジアムの出入口以外はフラットで、この日は風も弱く、14~15℃と絶好のPB更新日和
ハーフを走るのは3月の立川シティハーフ以来、8か月振りです。
その間ずっと10kmばかり参加していました。
その影響でしょうかね…
走り方を忘れてしまいまして
前半の5km、走りながら『まるで10kmの大会みたいだな』と思ったのですよ。
ペースとか疲労度合いとか。
それで良いわけがなくて。
もつわけもなくて。
設定より速いと気づいたらペースを落とさないといけないのに、何故か自然に落ち着くのを待ってしまって。
結果、ラスト5km大幅に失速(´Д`)ハァ…
反省も込めてタイムがこちら
Screenshot_2018-11-07-00-31-47
Screenshot_2018-11-07-00-31-53
ネット:1時間38分14秒(平均4分39秒)

タイムだけなら一応セカンドベストです。
ベストは2018年の府中多摩川の1時間38分10秒です。
1時間37分台はまだまだ遠いなぁ。
目標タイムには近いですが、17kmの所で4分54秒まで落ちているのですよね。

1周ごとのラップ(平均ペース)
1周目 23分37秒(4分28秒)
2周目 24分28秒(4分38秒)
3周目 24分56秒(4分43秒)
4周目 25分14秒(4分47秒)
なんじゃこりゃ


レースを振り返りますと…
スタート前の集合は30分前。
男子はゼッケンのプラカードのところへ、女子は一まとめに集合。
すると係の方が来て、ゼッケン順に並ぶよう指示されました。
どうやら、ゼッケン番号は申告タイム順になっているようです。
そして世間話的に一言『毎年だいたいゼッケンに近い順でゴールするのですよ~(ニッコリ)』
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
来年以降エントリーされる方、タイム盛り盛りにしないようお気をつけ下さいね

そこから数分前にゾロゾロとスタートラインまで移動します。
女子は右側3列に並びます。

号砲と同時にスタート。
スタジアムを出る坂が長くはないけど、やや急。
こ、これは…後半上れなくなる予感しかない

道幅は狭めなので、最初は少し混雑していますが、流れに乗れているので問題なし。
BlogPaint
ずっと後ろの黄色Tシャツの男性と一緒に走っていました。
ほぼずっと自分が前で。
でも存在をすぐ近くで感じていました。
抜くほどではなく、たぶんちょうど良いペースだったのだと思う。
『私が引っ張ってあげますよ(`・ω・´)』頼まれてないのに、そんな気持ち。(謎の男気 笑)

そう、ずっと一緒だったの。
これからもずっと一緒だと思った。
2周目までは……。
3周目に入って競技場を出た辺りで、男性が前に
お?ペースアップか
よーし、ここからはこの男性に引っ張ってもらおう
しかし次第にその背中が離れていく…。
ま、待ってー
次のラップを見てわかりました。
男性がペースアップしたのではなく、自分がペースダウンしているのだ
『男性に見捨てられたのだ。見限られたー
その後、女性にも抜かれ、ついて行きたかったけど、その方ものすごく元気。
イーブンペースだったのかな?見本のようなペースメイクだと思いました。綺麗にレースをまとめている。
4周目に入ると、別周回の人も現れ、目標になる人がわからない。
でも自分の中では、ラスト5kmは駅伝のつもりで、気持ちと走りを切り替えました
アラームが鳴りラップを確認すると、4分54秒ウソだ~
前半5kmのタイムの貯金を吐き出しまくる。
落ちて行くペースを止められず、もがいている時、夫の声が聞こえてきました。
『まだベスト狙えるよ、粘って
そうなの?こんなに落ちてるのに?上げていければってことかな。
躍動感なく、ものすごくペタペタとした走りだけど、ピッチも上げられないけど、そんなに悪くはないのかもと気づきました。
競技場に入る下り坂がきつくてきつくて
コントロールできないままバタバタ下り、競技場内の小さな折り返しで後ろを確認。
『女性来てない(´▽`) ホッ』
あとはゴールまで半周を残すのみ。
ヘロヘロのままゴールのアーチを見つめ、あとは出し尽くすだけー
残り30m…
スーッと右から人影が現れ、抜かれたのでチラッと見ると
『女性だっ』何でどこから現れたのいつから
ペタペタのアシモな自分とはかけ離れた、颯爽とした走り
追うこともできず、やっとこさゴール。。。


ゴールして2時間後、もうすぐ家に帰りつけると思った時、やはり吐き気に襲われました。
ウルソ~
血糖値スパイクを疑ってみたりして。
甘い飲み物(スポドリ含む)や炭水化物は急激に血糖値を上げてしまうようなので、それを抑えるためには、野菜ファーストが良いらしい。
大会後の甘いホットミルクティが唯一の楽しみだったけど…。
一度無糖のお茶にしてみて、やっぱり気持ち悪くなったけども。(その時スポドリも飲んだかもしれない)
今度のハーフで試してみようと思います。(買い忘れなければ
何の野菜にしようかな。
ミニトマトが持ち運び的にも味的にもご褒美に良いと思ったのですが、意外と糖質が多いと判明
色々検討した結果ー
《キュウリ+塩》にしてみようかと思います。。。(虚しい)
内臓が疲労しているからよくよく噛んでね。
吐いたら辛いから。

大会の走り方は最低だし、吐き気に襲われてブルーだし、失敗レースの後は体のダメージも大きくてしんどいし。
数日間『もうやめたい』と、そんなことばかり考えてレポ放置。
次こそやったるでーとまではまだいきませんが、エントリー済みのものはしっかりこなしたいと思います。
( ´Д`)フゥ

四の五の言わずに走れ!のポチを頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
(*´ω`*)むふ~ ありがとうございました

昨年、台風で中止になってしまった横浜マラソン。
今年開催できて本当に良かったです

前日の10月27日(土)エキスポに行ってきました。
金曜日に行った方のレポを読んでいましたが、皆さんが仰る通り今年は昨年よりブースが多く、賑わっていたように思います。
着いて少し経った頃、ステージで選手説明会が始まりました。
MCの方が登場し、まずは会場を温めます。
『昨年は台風で中止になってしまったけれど、昨年エントリーして、今年もエントリーした人ー!』

『ヾ(*´∀`*)ノ ハーイ!』

( ゚д゚)ハッ! しまった、私応援だ。しかも昨年も応援だ
挙げた手をゆっくり下すのも恥ずかしいので、そのままランナーのふりをしてやりすごしました
BlogPaint
大盛況でベンチはいっぱいだったので、私は立ち見です。
(肝心の夫はフラフラどこかへ
遠いですが、柏原竜二さんと24時間テレビでお馴染みの坂本コーチのお話が聞けました。
この説明会では、コース攻略のカギとか、レース前の食事とか、アクシデントが起こりそうな時の対処法とか、為になる話をしてくれました。
画面を撮影したり、スマホにメモをとったり。
それはそれは熱心に聞いてきましたよー(ランナーじゃないのに)
高速道路の三渓園付近のカーブは、7%の傾斜(バンク)になっているそうです。
走っている時よりも、高速下りてから違和感があるかも~とか仰っていました。
KIMG1891
これは横浜マラソンに限らず、困った時に使えるポイントですね♪
KIMG1895
走っている時とイメージしている時は、脳の活動がほぼ一緒
道理でYouTubeで大会の動画見てたら疲労するわけだ(笑)

まだまだ続く説明会。
一人聞き入っていると、夫から着信が『そろそろ帰らない?』
(・д・)チッ まだ続いているのに。
でもランナーズファーストですよね。
脚を使わせたら悪いので、しぶしぶステージから離れました。



その後早めの夕食をとろうと、お好み焼き屋さんに入りました。
昨年と同じお店。席も同じだったねなんて和やかなムードだったのですが、急に夫の顔が曇った。
いつにない硬い表情に不安を覚える。どうしたの?
『ガーミンの充電が10%しかない…』
えーーーΣ(゚∀゚ノ)ノ
だって昨日充電したばかりじゃない。
何故そんなことが…。
ここに来て、GPS時計に不具合が発生
私は街用のアナログ時計しかしてきていない。
食事を終え、まずは電気店へ→時計関係のものを扱っていない。
スポーツショップへ→充電ケーブル単体では売っていない。
元々ガーミンには充電用のケーブルがセットになっているから、単体でそうそう販売していないですよね。
大会に参加する友人に別の時計を借りることも考えましたが、辿り着いた答えは、『GPSも心拍数も切って、純粋な時計として使う』というものでした。
ラップさえとれたら良い。最初から手動で押すつもりだったし。
電源を落として残り10%で何とかゴールまでもってくれるのを祈るばかりでした。

さて、何故こんなことになってしまったのか…。
話せば長くなります。ええ。でも結論から申し上げると
ガーミンの不具合
夫が充電し始めたばかりだったのに、朝から充電しっぱなしだったと勘違いした私がコンセントを抜いたから(∀`*ゞ)テヘッ
いや~びっくりびっくり。思い込みって怖いですね~。
いつも抜く時は100%になってるか確認しているのですよ。
この大事な時に何故確認せずに抜いたのか?
それとも10%と100%を見間違えたのか!?

横浜マラソン中はまだガーミンの不具合を疑ってまして、購入して半年も経たないのに修理の依頼か~それなら早く頼まないと本命レースがこの先目白押しなのだよな~と気を揉んでいたのですが、翌日にフル充電してみたら、一日使っても数%しか減っていませんでした( *´艸`)
(夫は最初から私を疑っていましたが

足を引っ張るヤツは身内にいる(`・ω・´)


10月28日(日)大会当日。
横浜スタジアム→新杉田→39km付近かな? と移動しながら応援しました。
BlogPaint
夫、しっかりピンクリボン運動

この週末、あちこちで大会がありましたが、走られた皆様お疲れ様でした。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
(*´ω`*)むふ~ ありがとうございました

10月累計距離 243.2km

前回、タイムと観光だけだったので、大会当日のことなど。

10月21日当日の朝は快晴
前回は台風で中止。前々回はランネットの大会レポを読むと大雨でかなり苦労した話を目にしました。
だからでしょうか、前々回は参加者数が約7000人でしたが今回は5000人ほどでした。
今回こんな気持ちの良い秋晴れの中走れるなんて、恵まれたなぁと思います(*´ω`*)20℃くらいあって10kmは日陰ゾーンがほぼ記憶になくて、ちょっと暑かったですが。

会場にはトイレがたくさんあり、私はプールのところを使いましたが、一度も並びませんでした。男性もほぼ列はなかったような?そちらお勧めです他のところも空いていたのかな?

河川敷には屋台もたくさん出ていて、まるでお祭りのような賑わい。
みかん詰め放題500円したかった~車なら…
ピンクリボン活動みやざきさんのブースがあり、そこでTシャツに貼るシールとリストバンドを頂きました。
KIMG1864
これ~シールは早速貼り、リストバンドも装着して走りました
ただ普段暑い時期にリストバンドをしたことがないので(専ら防寒目的)どうしたものかと思いましたが、濡らして着けると『まぁ涼しいこと』。今後、練習や大会でも使っていきたいと思います。
ちょうど今日(日付変わって昨日か)、乳がん検診の結果を聞きに行き、問題なしの結果を頂いてきました。今後、受診もですが、自分で異変に気づけるようちょくちょく触って行きたいと思います


ハーフと10kmのスタートは会場から少し離れた場所にあり、仮設橋を渡って進みます。
BlogPaint
小田爪橋を越えた先にあるスタート場所。
30分前集合だったので40分前くらいに会場から移動し始めました。
スタート地点に着くと、5kmの部のランナーがやってきて、路肩で応援しながら待つことができるので退屈しません
5kmのランナーが通過し終え、いよいよ道路に下りました。
おもむろに掲げられたプラカードを見ると、【30~35分】【35~40分】【40~45分】…
そんなに細かく分けてくれるの
ビックリしました。今まで参加した大会で30~35分なんて見たことがなかったもので(後方で見えなかった可能性もありますが)。
ネットタイムはありませんが、速いランナーは安心して前を確保できます
因みに40分未満はガラガラでした。

スタート前、一緒に並んでいた大先輩に設定タイムを聞いたところキロ4分30秒と言うので、『これは良いついて行こう』と決めていました。
しかし、20秒前…
『もう少し後ろからスタートしようかな』と列を離れていく大先輩待って下さーいヽ(TдT)ノ
自力で頑張るしかない。動揺してる場合じゃない。気持ちを切り替えて号砲を待ちます。

スタート

直後は速めですが、うまく流れに乗れている気がする。
最初の1kmは4分17秒
下りか?追い風か?と思うほど体が軽かったので、突っ込んで苦しい感じではなく、そのうち自分のペースが落ち着くだろうとそのまま走り続けました。
2km 4分34秒
あれ?(;・∀・) もう目標の4分30秒をあっさり超えちゃったの
最初の折り返しの直前、後ろからスタートしたはずの大先輩にあっさり抜かれました。
ついて行ければ…と背中を追いましたが、少しずつ差が開いていきます。
3km 4分35秒
ズルズル落ちるラップ。道理で離れて行くはずだ
4km 4分27秒
5km 4分33秒
河川敷に突入。ちょっと寂しい部分でしたが、男性一人だったり、ご夫婦だったり、応援してくれる方もいらしてありがたかったです。
6km 4分22秒
ハーフのランナーと合流しましたが、全然ペースが違くて驚きます。
たかだか6kmvs.既に17km なのにスピードも完敗
7km 4分30秒
8km 4分29秒
最後(2度目)の給水ポイント。一口飲んで、残りは暑いので首から被ります。
すると大会の係の人(?)に紙を手渡されました。
Effect_20181022_114840
こ…これは【ふれあい賞】じゃないかーヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
実はこの存在、知っていました(大会要項にも書いてありますが)。
走ってる最中に渡してもらえると、ゴール後賞品と引き換えられる券なのです(今回は400名分用意されていました)。
首から掛けられるように紐が付いていますが、私はポケットに入れて走りました。
9km 4分29秒
後半上り基調なのかな?追い風だったので途中までは順調だったのですが、次第に坂が堪えるように…。
左折すると正面に山が見えてきました。
もしかしたらあれは会場から見えた山では?その手前は土手っぽくないか?するとあそこは川?
だとしたらもうすぐ最初に見た小田爪橋ではー
上っているので先がどうなってるのかよく見えませんでしたが、進むにつれてその期待は確信に
10km 4分31秒
橋まで帰ってきたーアップでジョグしたので知っている。この橋を越えて左折したら会場はもうすぐ。
道路から敷地内へ入る前、時計を確認すると43分台。
あと1分で走り切れたら44分台だ
BlogPaint
あとちょっとが長い
走りながら吐きそうになりましたガチユル2本目のよう~
トラックを横切るこの手前もずっと芝生でしてね。
着けそうで着けなかったのです。
結局45分08秒でゴールしました。


さてさて、ふれあい賞はどんな物が頂けるのかな~
テントへ向かい、引き換えた賞品がこちら
KIMG1859
綾町の特産品たち~

因みに参加賞は
KIMG1861
マフラータオル今年もデザインが可愛い。
セブンイレブンのお弁当とお茶もありました(写真なし)。

最後に高低差はこんな感じです
Screenshot_2018-10-25-01-09-30
ガーミン調べなので参考程度ですが。
自分が知りたくて検索してもなかなかなかったもので。
所々急坂っぽく見えますが、縦軸をご覧頂くとわかる通り厳しい坂ではありません。
フラットとは言いませんが、走りやすいコースだと思います

沿道では椅子を出してきて応援して下さる方も多く、温かい雰囲気の中走ることができ、綾町をはじめ近隣の皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
どうもありがとうございました
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
(*´ω`*)むふ~ ありがとうございました

このページのトップヘ