支援ねこ No.30~32(対象地区)

中津市、宇佐市です

nekobu2017-30

nekobu2017-31

 nekobu2017-32

nekobu2017-32a


平成29年度の春に猫部の助成でTNRした子たちです

 
*現在、子猫シーズンで保健所からの子猫保護に追われております。


 

2017年度の猫部です!

大分県北限定ですが、
2017年5月より猫部は2つの取り組みを始めます!

まずは、今までは外で暮す猫の不妊手術の助成が3.000円でしたが
今月より5.000円になりました。
ぜひ多くの猫に使ってあげてほしいです。
詳しくはこちらをご覧下さい

そして、TNR活動を始めました。
センターができれば「N」の部分を行政が担うかもしれない・・・
県北の行政が猫問題へ着手するかもしれない・・・
しかし、、、
期待しているだけでは猫は減りません。
誰かがやってくれ・・・ません。
ではやりたい私たちがやっていきます。
詳しくはこちらをご覧下さい

しかしながら猫部は肝心なお金がありません。
寄付をお願いすることは心苦しいのですが、
ぜひぜひお力を貸して下さい!

nekobupeanuts


猫基金のご報告、および活動はこちらのブログで更新していきます。
お問い合わせ等はメールでお願い致します。

peanuts.nekobu@gmail.com



猫基金にご協力下さい!

◆集まった猫基金の用途は2つです

★飼い主のいない猫への不妊・去勢手術支援

★私たちが皆さんとTNRを実施します 

 

*平成29年5月に一部内容を変更しております

nekobupeanuts


「一代限りのいのちへご協力ください」

大分県北部地域でも猫の苦情は絶えず、その結果殺処分が多い為に何ができるだろうと検討してきました。
(平成26年度の猫の殺処分数は2500匹であり、そのほとんどが子猫)
北部の特定した観光地や海沿いでも野良猫は増え続けている中、「保健所へ持ち込まれることや飢えて死んでいく姿に社会の責任を感じる」と、不妊去勢をして餌やりや糞尿の片づけを実践しようとしている人からの相談が保健所だけでなく私たちボランティアにもとても多いです。
特に行政からの手術費用の支援を熱望する声もあり、「きりが無い」と諦めていた人達も最近は希望を持って猫問題への関心が高い傾向にあります。


まずは捨てられる(処分される)命を増やさないことを目的に
猫基金を設立しました。 
そして今は猫基金に多くの方が賛同して下さり、
支援猫の数も増えていきました。
しかしながら未だ猫の処分数が多い北部地区・・・
2年前に30匹までに増えた中津城の猫に猫部メンバーがTNRをしたところ、
2017年には5匹足らずに減りました。
猫を殺さずに減らす方法はTNRしかありません。
そして、その命を見守る方々の存在も不可欠なのです。

猫の数が減れば、糞尿の苦情も鳴き声の苦情も、
餌を与える人も減ります。
TNRは猫を殺さずに減らす唯一の方法です。

あいにく北部地区の行政は猫対策が全く進んでいません。
もうこれ以上待てません。
まずは民間発信します。
どうぞ猫基金へご理解と賛同をお願い致します!
 


◆ 猫基金にご協力下さい!

「HOME PEANUTS 猫部の目的、
活動等に賛同いただけましたら1口1,000円の寄付をお願いいたします」


ホームピーナッツ猫部が基金を募り、基金の管理をします。
主に外でお世話されている猫への避妊去勢の費用、
TNR活動(県北限定)に使います。
*基金の一部は必要に応じて、治療費、活動費の一部に充てられる事もあります

基金の状況を猫部のブログにてお知らせします。
毎月、基金の詳細をご報告致します。


振込先:
【ゆうちょからお振込の場合】
記号  17270
番号  22852861
なまえ  ホームピーナッツ ネコブ

【他金融機関からの場合】
店名  七二八(ななにはち)
店番  728
種目  普通預金
口座番号  2285286
なまえ  ホームピーナッツ ネコブ



集まった寄付で・・・ ↓


「外で暮す猫~
オス・メスとも、1匹につき5,000円の支援を行います」


「殺さずに猫を減らす方法TNRを実施します」 

 


n1






私たちが皆さんとTNRを実施します

私たちが皆さんとTNRを実施します

 

TNR先行型地域猫活動を始めます!

まずは不妊手術を先行させて問題解決を図る対策、それがTNR先行型地域猫活動です。
地域猫にこだわりすぎず、まずは増やさないことを目的とします。
要件に沿った希望地域があれば私たちが出向いてTNR致します。
その地域の猫を一番よく知っている餌やりさんの協力無くしては実施できません。
人と人との繋がりが大切な活動です。
一緒にお手伝い下さる方、大歓迎です。


<TNRの要件>

 ・原則として、HOME PEANUTS 猫部の活動拠点である大分県北部地域の方で飼い主のいない猫(所有権の無い猫)に限ります。
 
*ルールを守れる人が居る場所。
猫の餌の後片付けやトイレの設置、清掃等の管理ができる人が居ること。

*事前の打ち合わせが可能で、捕獲の手伝い等、またTNR後の見守り等ができる人が居ること。

*必ず耳カットをします。

*手術の実施にあたり命へのリスクがあることをご理解下さい。

 


まずはメールでお問い合わせ下さい。
*必ず住所・氏名・電話番号、猫の数や現在の状況を明記して下さい。

 問い合わせ先: peanuts.nekobu@gmail.com






**** この活動に必要なこと ****

外で暮す猫を殺処分という手段で殺すのではなく、
数を減らす為には不妊手術しかないのです


猫問題は原因は無責任な遺棄です。
不妊手術をしていないから増え続けます。

猫を処分せずに猫問題にはTNRしかありません。
TNRは野良猫を助長する取り組みではありません。
減らす為の取り組みです。


猫の数が減れば苦情も減ります。
殺処分数や遺棄、虐待も減ります。

そして猫問題は人・環境の問題です。

009

ではTNRを実践するにあたり、どのような人の協力が必要なのでしょうか。

・まずは獣医師
所有者の居ない猫(TNRの為にボランティアが運んだ猫)へ不妊手術をしてくれる獣医師が必要です。
しかし、事前の検査やワクチンが必要、抜糸で再来院、耳カットはしない方針・・・
そんな動物病院が多いのが現状です。

・餌やりさん(地域の猫をお世話している人)
その地域の猫のことをよく知っている方が捕獲やリリース後の見守りをして頂くのがベストです。
特に捕獲は餌やりさんの協力が必要です。
*不妊したら鳴き声やオスのマーキングが減ること、増えないこと、必ず数は減ることを地域の方へお話して下さることも大切です。

・警察
遺棄されるから増えるのです。
動物虐待や遺棄は犯罪です。見かけたら必ず通報を。
虐待や遺棄現場へ駆けつけてくれること、現場を検証してくれること、証拠である動物を把握した上で保健所等と連携し、保護することもお願いしています。
そして、TNRした場所は猫が多い場所。つまり捨てられる可能性が高い場所です。
私たちの場合は事前にTNRの場所を警察(と保健所)へ連絡し、パトロールをお願いしています。

・外で暮す猫~地域から疎まれている猫をどうかしてあげたいと思う方!
その気持ちが一番必要です。
どんな小さなお手伝いでも嬉しいです。
病院への送迎(片道でもOK)、捕獲器の設置や管理など・・
ぜひ猫部へご連絡下さい。


・行政
各市役所は猫問題への対策にしっかり取り組んで下さい。
保健所はTNRした猫(耳カットした猫)が持ち込まれた場合は、元の場所へ戻す指導を徹底して下さい。


009a

希望を言えば、
獣医師会も各地域に根差した不妊手術事業を展開して欲しい。

どうぶつ基金さんのさくら猫制度も大きな希望です。

そして、中津市・宇佐市も看板の設置や広報など、
できるところから努力していただきたいです。


009b

邪魔だから捕えて殺す時代は終わりです。
きりが無いと諦めることももう終わりです。

外で暮す猫は過酷な状況で生きています。
長生きしません。
猫問題へ一緒に考え、行動し、悩み、解決していきませんか。
そんな大人の姿こそ未来を担う子供たちに見せるべきではないでしょうか。
命を大切にというのなら、、、
命を繋ぐべき姿を、地域で起こっている問題への取り組みを今こそ大人が見せるべきです。


009c

このページの写真は私たちの住む町に生き、
2016年度に人間の身勝手で持ち込まれた外で暮す猫たちの最後の姿です。
これが私たちの地域で日々繰り返されていることです。

誰かがやってくれる・・・
それでは解決しません。
殺される命も減りません。





猫の不妊手術を助成します

「外で暮す猫~オス・メスとも、

1匹につき5,000円の支援を行います」
 

猫基金を利用したい方からの申し込み内容が支援目的に沿えているか、
手術後の猫の管理(TNR、または譲渡など)はどうかなどを判断し、
問題無ければ手術後に基金をお渡しします。

(野良猫に手術をしてあげたいけどお金が・・という相談を沢山受けます。
大きな金額ではありませんがぜひお役立て下さい!)

*平成29年度5月より助成額が3,000円から5,000円になりました


<支援の要件>

 ・原則として、HOME PEANUTS 猫部の活動拠点である大分県北部地域の方で飼い主のいない猫に限ります。
基金を使える範囲内であるかはその都度の状況で判断しますので不明な点などはどうぞお問い合わせ下さい。
 
・手術した猫の片方の耳先をカットし、手術済みであることの判別ができるようにしてください。

 
・手術後に新しい飼い主探しをして譲渡するか、TNR*など地域で見守り住民の方に迷惑をかけない努力をお願いします。
 
*TNRとは、Trap(安全な捕獲)、Neuter(不妊手術)、Return(元の場所に戻す)
TNRの場合、手術をして無責任に放すだけでは何の解決にもなりません。
猫も生きていけません。
TNRのその先に地域猫とまでいかなくても人のあたたかさという受け皿があればと思います。

・手術の実施に当たり、これに関してHOME PEANUTS 猫部に迷惑をかけないことをお約束ください。


以上の要件を満たした方は、メールで申請をしてください。
*必ず住所・氏名・電話番号を明記して下さい。

 問い合わせ先: peanuts.nekobu@gmail.com


n3


 <支援の交付>

・手術に係る領収書(手術を実施したことがわかる領収書・明細書原本)を提出してください。

 

・耳のV字カット後の猫の写真をお願いします。

 

以上を提出いただき交付決定の通知をし、提出書類確認後にご指定の口座へ振り込みます。
(できる限りゆうちょ銀行へお願いします)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このねこ基金を利用した方々へ私たちが啓発し、
さらにその方が地域やまわりに啓発して下さることが一番の理想です。



n10

猫部について


ピーナッツ猫部は
「増やさない為の実践と啓発」
に取り組みます!

*平成29年5月に一部内容を変更しております


◆ 猫部とは?
HOME PEANUTSが立ち上げた猫に特化した活動です。
猫の適正飼育、管理及び地域に根差した啓発と具体的な対策を助言しながら
飼い主のいない猫(外でお世話されている猫)が殺処分されるのではなく、
その命を全うできるよう、
関心があり行動できる仲間や地域の方々とつながりを持ちながら取り組み行動することを目的としています。


 ◆ 主な活動は?

推進する動物愛護に関する啓発や情報発信の実施です。
他には

・飼い主のいない猫の不妊・去勢手術支援「ねこ基金」の実施 
・大分県北限定のTNR活動(またはTNRのコーディネート) 

・TNRなど猫対策を推進するボランティア及び行政、警察に対する支援、協力

・その他、本部会の目的達成に必要な事業に挑戦します。

n9


かたちとして確立されていない部分が多いですが(猫対策はムズカシイ)
しかしながら、
家族のいない猫へ何かしてあげたい、
保護した猫の命をつなぎたい、など
ご自身で(ボランティアで)頑張っている方々へ
ほんの少しでも何かお役に立てたらという思いです。
その都度できることに責任を持って関わっていきます。



kll



◆ 猫部に入るには?
現段階では猫部員はピーナッツメンバーと、北部猫に関わって活動している2名のみです。

メンバーではなくても猫の為にできることは沢山あります。
TNR時の病院への搬入(片道でも大歓迎)等、その都度お手伝いして頂きたい旨をブログへ載せますのでお問い合わせ頂ければ嬉しいです。

n7


◆ 保護活動について
依頼された猫の引取は一切致しません。
捨てられている猫を助けたいと行動する方への(求められれば)助言やお手伝いはさせて頂きます!

猫部での保護はしていませんが、HOME PEANUTS猫部のねこ母さんは保護活動中です。

n8

◆ どのように考え、北部地区で活動しているかを知って頂くために
愛護検討会の記事をお読み下さい。

H29 北部地区愛護検討会2回目へ意見書 、 、 



nekobupeanuts

*2016年度 猫基金のご報告*

2016年度(2016.01.01~2016.12.31)猫基金のご報告を申し上げます。


【基金収入】 110,400円
  *上記には猫部部員会費等は含まれておりません。

【支出】 63,000
 助成金として21匹分 

  *その他医療費等 (
19,230円 TNR用の捕獲器×2)

 

遅くなりましたがご報告申し上げます。
まだまだ周知されていませんが、21匹の猫たちから生まれたであろう子猫たちの数を考えると
TNRの取り組みの重さをひしひしと感じています。
(上記数以外にも猫部メンバーが個人的にTNRをやっております)

中津城の猫が2年あまりで30匹から5匹程度に減った事はTNRとともに、
見守りの人たち、餌やりの人たちの存在もありました。
餌やりを禁じてもこの様な結果にはならなかったのではないでしょうか。
猫の命を大事に思う人の気もちありきの取り組みです。
北部地区の行政の猫問題の政策をいくら待っていても進展がありませんので、
今年度は猫部から、さらにTNRへ特化した取り組み、
助成金の内容を再考したいと考えております。

最後になりましたが、
沢山の方々のお気持ちを地域の猫たちへ還元できたことへ感謝申し上げます。
記帳させて頂く度に有難い気持ちでいっぱいです。
皆さまの大切なお金を猫の命へと繋げていきます。
引き続きよろしくお願い致します。


ホームピーナッツ猫部メンバー一同


支援ねこ No.24~29(対象地区他)

主に中津市、その近郊の猫たちが多いです。
平成28年4月以降に不妊手術を終えた外で暮す猫たちです。

 unnamed (2)

unnamed (3)

unnamed (4)

unnamed-(1)

unnamed-(5)

unnamed


ご支援へのご協力に感謝致します!


nekobupeanuts



支援ねこ No.9~23(対象地区他)

主に中津市、その近郊の猫たちが多いです。
平成28年1月から3月下旬まで不妊手術を終えた外で暮す猫たちです。

6c657079-8abc-4b1f-a482-facbbab62132

8c32bba8-793c-48e3-aa90-862ce3062aa9

9fa70c24-2946-419e-abcd-008b5e225e6b

47f20460-1876-4305-a0a8-3847dcd465c9

92a78487-a0db-4d32-83b5-23c45beda237

664bebd9-17fc-4bd3-a602-492094935b41

4779cbe3-f7c1-4e76-9d06-9a210241d054

95742de3-5d3d-4d11-bb3f-fb178d9128c1

aeccbb1a-a45e-469f-82d2-fd04b2e92046

b9cdd759-0076-427b-81b2-d2e1c16ddea8

rr

n

c

e0012246-42b4-4518-b42d-da5d338dca4f

rrrr

(*1匹写真を撮りなおしている猫がいます)




ご支援へのご協力に感謝致します!


nekobupeanuts



*2015年度 猫基金のご報告*

2015年度(2015.09.01~2015.12.31)猫基金のご報告を申し上げます。


【基金収入】 46,000円
  *上記には猫部部員会費等は含まれておりません。

【支出】 24,000
 助成金として8匹分 

  *その他医療費 5.184円(スプレー式のフロントライン2つ購入)


猫基金は初めての試みでしたが、まだまだ周知されず利用数は少ないです。
しかしながら、家族の居ない猫8匹が不妊手術を受けたことで多くの捨てられる命を減らす結果となりました。

地域猫と言えど、お世話をする人(ボランティアも含む)、行政、そして何よりも地域の方々との結びつきができてこその地域猫です。
今年度は猫基金を通して、地域とどう折り合いながら野良猫と共生できるのかを考え行動する一年にしたいです。
棲みついた(その場所に棲みつくしかなかった)猫たちが一代限り猫らしく生きていけるように今年度も細やかながら支援を続けていきます。
沢山の基金へのご協力を本当にありがとうございました。
引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。


ホームピーナッツ猫部一同


 
HOME PEANUTS★猫部
「一代限りの命を護るために」

殺処分数の多い大分県北部の外で暮す猫を増やさない為に不妊手術の助成、TNR活動を実施しています。

さらに活動へ賛同して下さった方々や助成を利用して下さった方々が地域の猫の命に携わりながら共に啓発を広げて頂けることを目的とし、地道に活動しています。

メールはこちらへ

peanuts.nekobu@gmail.com





HOME PEANUTS
ホームピーナッツのメインブログです。 ピーナッツの保護犬情報を発信中! お問い合わせはメインブログから!
ギャラリー
  • 支援ねこ No.30~32(対象地区)
  • 支援ねこ No.30~32(対象地区)
  • 支援ねこ No.30~32(対象地区)
  • 支援ねこ No.30~32(対象地区)
  • 2017年度の猫部です!
  • 猫基金にご協力下さい!
  • 猫基金にご協力下さい!
  • 私たちが皆さんとTNRを実施します
  • 私たちが皆さんとTNRを実施します