支援ねこ No.24~29(対象地区他)

主に中津市、その近郊の猫たちが多いです。
平成28年4月以降に不妊手術を終えた外で暮す猫たちです。

 unnamed (2)

unnamed (3)

unnamed (4)

unnamed-(1)

unnamed-(5)

unnamed


ご支援へのご協力に感謝致します!


peanuts000hu1


支援ねこ No.9~23(対象地区他)

主に中津市、その近郊の猫たちが多いです。
平成28年1月から3月下旬まで不妊手術を終えた外で暮す猫たちです。

6c657079-8abc-4b1f-a482-facbbab62132

8c32bba8-793c-48e3-aa90-862ce3062aa9

9fa70c24-2946-419e-abcd-008b5e225e6b

47f20460-1876-4305-a0a8-3847dcd465c9

92a78487-a0db-4d32-83b5-23c45beda237

664bebd9-17fc-4bd3-a602-492094935b41

4779cbe3-f7c1-4e76-9d06-9a210241d054

95742de3-5d3d-4d11-bb3f-fb178d9128c1

aeccbb1a-a45e-469f-82d2-fd04b2e92046

b9cdd759-0076-427b-81b2-d2e1c16ddea8

rr


e0012246-42b4-4518-b42d-da5d338dca4f

rrrr

(*1匹写真を撮りなおしている猫がいます)




ご支援へのご協力に感謝致します!


peanuts000hu1


*2015年度 猫基金のご報告*

2015年度(2015.09.01~2015.12.31)猫基金のご報告を申し上げます。


【基金収入】 46,000円
  *上記には猫部部員会費等は含まれておりません。

【支出】 24,000
 助成金として8匹分 

  *その他医療費 5.184円(スプレー式のフロントライン2つ購入)


猫基金は初めての試みでしたが、まだまだ周知されず利用数は少ないです。
しかしながら、家族の居ない猫8匹が不妊手術を受けたことで多くの捨てられる命を減らす結果となりました。

地域猫と言えど、お世話をする人(ボランティアも含む)、行政、そして何よりも地域の方々との結びつきができてこその地域猫です。
今年度は猫基金を通して、地域とどう折り合いながら野良猫と共生できるのかを考え行動する一年にしたいです。
棲みついた(その場所に棲みつくしかなかった)猫たちが一代限り猫らしく生きていけるように今年度も細やかながら支援を続けていきます。
沢山の基金へのご協力を本当にありがとうございました。
引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。


ホームピーナッツ猫部一同


 

支援ねこ No.7、8(中津市)

中津市内で暮らす猫たちです。

9d63f84b-2691-4181-a099-f4ba1a60604b

cbf26e91-f538-4f1f-a59c-5bee644f4bac

姉妹です。

 
ご支援へのご協力に感謝致します!


peanuts000hu1

 

支援ねこ No.4,5,6(中津市)

中津市内で暮らす猫たちです。

999

9999


l
茶トラ風の猫は獣医さんの判断で耳カットしていません。
感染病の疑いがありました。
総合的に猫の今後を考えてカットはしていませんが
特例として助成させて頂きました。
ありがとうございました!

ご支援へのご協力に感謝致します!


peanuts000hu1


支援ねこ No.2とNo.3(中津市)

中津市で暮らしている親子猫です。

36c844ba-c15e-40b0-9080-4dc4d375ce09

682310e4-ce14-4e3d-b3e7-0f97782b3eb4

助成を申し出て下さった方も、少しでも避妊手術が安い病院を必死で探されたようです。
行政からの助成を望む気持ちは同じです。
今後もこの親子の見守りをしていかれるそうです。

ご支援へのご協力に感謝致します!


peanuts000hu1

 

支援ねこ No.1(中津市)


中津市内で暮らしている猫です。

pn1

助成を申し出て下さった方は数名で地域の猫をこつこつと手術し、
近隣の方への理解を求めています。

ご支援へのご協力に感謝致します!


peanuts000hu1

 

ピーナッツ猫部、スタートしました!

昨年から構想するも、なかなか進まなかった猫部の発信。
やっとスタートです。

県内でも処分数が多い北部地区、
もちろん市役所や保健所、ボランティアである私たちにも苦情や相談が多いのが猫問題です。

子猫が生まれたので引き取って欲しい、
拾ったから保護して欲しい、
猫が増えて悪戯をする、
糞尿や鳴き声で大変困っているなど。

正直・・・きりが無いのが現状です。 
私たちのキャパは小さい。

それでも「殺処分ゼロよりも捨てられる命ゼロへ」を担げて、
 「増やさない為の実践と啓発」に特化してスタートしました。

とにかく増えない為にできること。
実は私たちだけでなく、この地域に住む猫が好きな方、
逆に猫が苦手な方や日々野良猫に頭を悩ませている方も「どうにかならないか」と思う気持ちは同じです。
生捕って保健所へ、または山や海に捨てるという選択しか無い人も含めて、
「一代限りの命を尊い、これ以上増やさない」対策が広まることでほんの少し歩み寄れる部分があるかもしれません。
年に数頭だけしか不妊手術ができなかったとしても、何もやらないよりはうんと良い!そう信じています。
1匹のメスが生んだ子猫、孫猫は・・・なんと1年に70匹も増えるのですから。
まだまだスタートしたばかりですが、どうぞよろしくお願い致します。


◆猫部とは?

peanuts000hu1



HOME PEANUTS 猫部メンバー一同

 
n2
 
 
 

猫部について


ピーナッツ猫部は
「増やさない為の実践と啓発」
に取り組みます!


◆ 猫部とは?
HOME PEANUTSが立ち上げた猫に特化した活動です。
猫の適正飼育、管理及び地域に根差した啓発と具体的な対策を助言しながら
飼い主のいない猫(外でお世話されている猫)が殺処分されるのではなくその命を全うできるよう、関心があり行動できる仲間や地域の方々とつながりを持ちながら取り組み行動することを目的としています。


 ◆ 主な活動は?

推進する動物愛護に関する啓発や情報発信の実施です。
他には

・飼い主のいない猫の不妊・去勢手術支援「ねこ基金」の実施 

・TNRなど猫対策を推進するボランティア及び行政、警察に対する支援、協力

・その他、本部会の目的達成に必要な事業に挑戦します。

n9


かたちとして確立されていない部分が多いですが(猫対策はムズカシイ)
しかしながら、
家族のいない猫へ何かしてあげたい、
保護した猫の命をつなぎたい、など
ご自身で(ボランティアで)頑張っている方々へ
ほんの少しでも何かお役に立てたらという思いです。
その都度できることに責任を持って関わっていきます。



kll



◆ 猫部に入るには?
現段階では猫部員はピーナッツメンバーと、北部猫に関わって活動している2名のみ。
今は募集はしていません。

n7


◆ 保護活動について
依頼された猫の引取は一切致しません。
捨てられている猫を助けたいと行動する方への(求められれば)助言やお手伝いはさせて頂きます!

n8


【猫基金について】

飼い主のいない猫への不妊・去勢手術支援です

 

◆猫基金の目的  

「一代限りのいのちへご協力ください」

大分県北部地域でも猫の苦情は絶えず、その結果殺処分が多い為に何ができるだろうと検討してきました。
(平成26年度の猫の殺処分数は2500匹であり、そのほとんどが子猫)
北部の特定した観光地や海沿いでも野良猫は増え続けている中、「保健所へ持ち込まれることや飢えて死んでいく姿に社会の責任を感じる」と、不妊去勢をして餌やりや糞尿の片づけを実践しようとしている人からの相談が保健所だけでなく私たちボランティアにもとても多いです。
特に行政からの手術費用の支援を熱望する声もあり、「きりが無い」と諦めていた人達も最近は希望を持って猫問題への関心が高い傾向にあります。


まずは捨てられる(処分される)命を増やさないことを目的に
猫基金を設立しました。 


n1


◆ 猫基金の内容

「HOME PEANUTS 猫部の目的、
活動等に賛同いただけましたら1口1,000円の寄付をお願いいたします」


ホームピーナッツ猫部が基金を募り、基金の管理をします。
主に外でお世話されている猫への避妊去勢の費用に使います。
(基金の一部は必要に応じて、治療費、活動費の一部に充てられる事もあります)

2015年9月より寄付をお願いし、まずは今年度10匹の猫に手術することを目標にします。
基金の状況を猫部のブログにてお知らせします。
半期に一度、基金の詳細をまとめてご報告致します。


振込先:
【ゆうちょからお振込の場合】
記号  17270
番号  22852861
なまえ  ホームピーナッツ ネコブ

【他金融機関からの場合】
店名  七二八(ななにはち)
店番  728
種目  普通預金
口座番号  2285286
なまえ  ホームピーナッツ ネコブ



集まった寄付で・・・ ↓


 

「オス・メスとも、1匹につき3,000円の支援を行います」
 

猫基金を利用したい方からの申し込み内容が支援目的に沿えているか、
手術後の猫の管理(TNR、または譲渡など)はどうかなどを判断し、
問題無ければ手術後に基金をお渡しします。

(野良猫に手術をしてあげたいけどお金が・・という相談を沢山受けます。
大きな金額ではありませんがぜひお役立て下さい!)



<支援の要件>

 
・原則として、HOME PEANUTS 猫部の活動拠点である大分県北部地域の方で飼い主のいない猫に限ります。
基金を使える範囲内であるかはその都度の状況で判断しますので不明な点などはどうぞお問い合わせ下さい。
 
・手術した猫の片方の耳先をカットし、手術済みであることの判別ができるようにしてください。

 
・手術後に新しい飼い主探しをして譲渡するか、TNR*など地域で見守り住民の方に迷惑をかけない努力をお願いします。
 
*TNRとは、Trap(安全な捕獲)、Neuter(不妊手術)、Return(元の場所に戻す)
TNRの場合、手術をして無責任に放すだけでは何の解決にもなりません。
猫も生きていけません。
TNRのその先に地域猫とまでいかなくても人のあたたかさという受け皿があればと思います。


・手術の実施に当たり、これに関してHOME PEANUTS 猫部に迷惑をかけないことをお約束ください。
 

 

以上の要件を満たした方は、メールで申請をしてください。
*必ず住所・氏名・電話番号を明記して下さい。

 問い合わせ先: peanuts.nekobu@gmail.com


n3


 <支援の交付>

・手術に係る領収書(手術を実施したことがわかる領収書・明細書原本)を提出してください。

 

・耳のV字カット後の猫の写真をお願いします。

 

以上を提出いただき交付決定の通知をし、提出書類確認後にご指定の口座へ振り込みます。
(できる限りゆうちょ銀行へお願いします)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このねこ基金を利用した方々へ私たちが啓発し、
さらにその方が地域やまわりに啓発して下さることが一番の理想です。



n10


 
 

HOME PEANUTS★猫部
「一代限りの命を護るために」

殺処分数の多い大分県北部の野良猫を増やさない為に不妊手術の助成制度を始めます。

さらに活動へ賛同して下さった方々や助成を利用して下さった方々が地域の猫の命に携わりながら共に啓発を広げて頂けることを目的とし、地道に活動しています。

メールはこちらへ

peanuts.nekobu@gmail.com

HOME PEANUTS
ホームピーナッツのメインブログです。 ピーナッツの保護犬情報を発信中! お問い合わせはメインブログから!
ギャラリー
  • 支援ねこ No.24~29(対象地区他)
  • 支援ねこ No.24~29(対象地区他)
  • 支援ねこ No.24~29(対象地区他)
  • 支援ねこ No.24~29(対象地区他)
  • 支援ねこ No.24~29(対象地区他)
  • 支援ねこ No.24~29(対象地区他)
  • 支援ねこ No.24~29(対象地区他)
  • 支援ねこ No.9~23(対象地区他)
  • 支援ねこ No.9~23(対象地区他)