宇佐市石田:柴犬が迷子です!

宇佐市内で迷子の犬がいます!
目撃情報や些細な情報でも構いません。
ぜひご連絡下さい! 

写真は4年前のもの。
もう少し老いてます。

musashi1
 
 ◆7/23・日曜、宇佐市石田より行方不明
 
・柴犬、オス、15才 (名前はムサシです)

・特徴は小太り、毛の色は茶
 *加齢のため目の周りが黒くなっています
首輪は赤鑑札が付いています
 *リードが付いたままだと思います

musashi2

警察や保健所、動物病院へは届け済です。

情報はこちらへ  peanuts119@gmail.com

または北部保健所までお願い致します! 
 Tel l0979-22- 2210(代表)  


**************************

今朝、宇佐市高家の海の傍でも老犬が歩いていたと情報が入りました。
白地に黒茶の中型犬、両目白内障、古いハーネス付。


お家に戻れますように。



豪雨災害:避難所レポート

レポートに続き、本日も動物関連のレポートです。
 
現地被災動物救護対策本部では、同行避難している犬や猫についても調査していましたのでその様子もうかがいました。
そこで、同行避難している飼い主さんが気がかりでしたので西部保健所に避難所を訪ねる旨を伝え、早速行ってみました。


 
◆避難所について
(先週の様子です。現地では毎日変化しています)
 
今回日田市内では同行避難が少なかった様です。
たとえ同行したとしても館内に入れないので車内で過ごされた方もいたかもしれません。
一緒に過ごせないならと避難することをためらった方もいたかもしれません。
一方で、被害がなく自宅に残ったご近所さんが飼い主さんに代わって犬の面倒を見ていた方もいました。
このような時は、共助ですね。 
常日頃、地域の方との関わりってとても大切だと感じました。
 
 さらに、動物病院に預かっていただいた飼い主さんもいましたので、こちらもいざという時の頼みの綱。
かかりつけの動物病院・・・信頼できる獣医さんの存在は大きいです。
*今回、日田市内の獣医師の先生方は受け入れ態勢万全でした。


そして避難所へ。
市内の中心にある避難所には犬が1頭、猫が1匹同行避難していました。
猫はきちんとクレートに入っており、広めのケージを西部保健所が貸し出しておりました。
直接飼い主さんにお会いできませんでしたが、フード等必要なものをきちんと整理し、猫も温和に過ごしている印象でした。

こちらは犬です。シニアの女の子。

ah1

実は大きな災害に遭って避難されたのは2回めだというお話でした。
今回は外出先の避難情報で家に帰れないことを知り、家でお留守番していたこの子を無我夢中でお迎えに帰ったとのこと。
大変危険な状況の中、家に辿り着き、常に備えていた避難常備袋(人と犬用)を担いで逃げたそうです。
犬と一緒に避難所へ入ることも難しく車中泊されたご家族でした。
今は避難所で生活されています。

ご自身も体調が思わしくない奥さまが何度も口にし、私たちに訴えた言葉。
それは
「どうか災害時にペットとスムーズに同行避難できるようにして下さい!
どの避難所も「犬はダメ!」って・・・悲し過ぎます。
1か所でもペットと避難できる場所の確保、その情報を誰もが知れるようになってほしいです・・
今回は本当に本当に大変でした。」

シニアの女の子も体調に不安が。
前日の被災動物救護対策本部会議の内容を思い出した私たち。
すぐに行政とかかりつけの獣医師の先生が対応して下さり、診察を受けることになりました。

「推進員さんなの?私のお話を聞いてくれただけでも本当に心が救われました」と言って沢山笑って下さった奥さま。
私たちの方こそ大変な時に突然お邪魔してしまって申し訳ないです。
まだ家に帰れる目途は無いそうです。



どの避難方法にしても飼い主さんと動物とは一定の距離を置くことになります。
家の生活の様にはいきません。 
平常の生活のなかでも、ケージやクレートを使うなど、お留守番のあり方も見直す必要があるのかなと思いました。
(今年の春、視察させていただいた九重の救済センターでもスタッフさんから同じ話を聞きました。
こちらは改めて記事にしますね)
 
 
人の命に係わる緊急事態。
いつも動物のことが後回しにされるのは仕方のない部分もあるかも知れません。
そんな災害時に一番必要とされるのは獣医師だけど、素人のボランティアでも不安な気持ちの飼い主さんや動物に寄り添うことができるのではないかな。
そこを強く感じた1日となりました。  
 
そして、飼い主さんの備えも大切ですが、わたしたちボランティアもなるべく初動で動けるよう、
知識を蓄え備えることで手助けできることが広がってくると思います。

現地で動き、見て、聞いて、感じたこと。
(現状は一刻と変わっていきますが)
それを今後活かすことが大事だと考えています。


今回は以上です。



 

支援物資の御礼

この度は九州北部豪雨で日田市の中でも被害が大きかった大鶴地区の皆さまへご縁があり、
こちらのブログで支援物資をお願いしたところ、予想以上に沢山のお気持ちが集まりました。

地区の方々、今回ご実家が被害に遭われたご家族から皆さまへ(言葉にならない程の)感謝の言葉を預かっております。
少しずつですが各自の復興へ向けて歩き出したそうです。



以下、先週の金曜日(7/14)の様子です。
大鶴地区へ再び。


通行止めだった山林の道路も解除されましたが・・・この通り。

ah3

目を疑う様な殺伐とした景色が続いていました。

ah2

大鶴地区でも深刻な被害に遭ったお宅はまだまだ泥出し作業に追われていました。

ah4

全国からボランティアさんたちが集まっています。
(お昼休憩の写真です)
体中、泥だらけです。

ah7

そして、支援物資もさらに沢山届いていました。

ah8

ah11

ah9

 ご高齢のお姑さんの寝間着や下着、衛生用品等を持ち帰った方からもお礼の言葉を頂きました。

小さな子どもさんを抱えたお母さんからも「皆さんのおかげでとっても助かります!」と。
こんな時こそ母親同士で団結。
普段のご近所付き合いが一番大事だそうです。

ah10

ah13

物資を置いている公民館の外は陥没した田んぼが。
エアコンの室外機も流れました。

こちらで呼びかけてすぐにご支援頂いた扇風機が活躍しておりました。

ah5

 灼熱の暑さ。
さらに登場、なんと冷凍庫もご支援頂きました!

ah6
 
「日田の皆さんは暑いやろぅ・・・
取りに来るのを待っちょれんよ!
私が運びますよ!」 (さすが卒業っこのご家族〜)
と、次の物資便の出発に間に合うように夜、宇佐入りした冷凍庫。

ガンガン冷えますのでペットボトルの水を凍らせて、それをそれぞれ発砲箱に入れると強力な冷蔵庫が沢山できるわけです。
本当に助かっています。


ah12

こちらは衣類です。


今のところ、 当初に比べて支援物資も落ち着き、
地域の皆さんは次のステップへ。
ホームピーナッツを介しての支援物資は月曜の便ですべて送りました。

今後も引き続き私たちにできることを探しながら、
また必要なものがあればご支援させて頂きたいと考えております。

改めましてこの度は本当に有難うございました。
メンバー一同深く御礼を申し上げます。



次回はレポートです。


 

真夏の猫やしき。

ド暑い週末でした。
皆さま、お変わりありませんか。

ちょっとバタバタしていて、保護猫たちの新しいご縁探しも夏休み・・・の
つもりでしたが、ささっと頑張らねば。


クロダ丸も呑気に卒猫家で涼んでおります。

maru3

昨日はあずきちゃん母とうちへやって来ましたよ♪
猫だけに猫かぶり。
家ではわんぱくなのに・・・
えっらいことお利口な御曹司風。
あずき母「このっ、猫かぶり丸!」とな。
御曹司は去勢済。スバラシイ☆

 maru4

毛もふわふわ、ピカピカ。
トイレもばっちり。お留守番もおりこうさん。
夜も静かに眠ります〜♪
ちっこい子猫よりも飼いやすい大きさです。^^
手がかかりません。^^
どうしてご縁が無いのかしらー

何故か、、酔っぱらったご高齢の男性から問い合わせの電話が多い。笑
くれー、くれー、ねーこーくれー

明るいご家族、絶賛ぼしゅうちゅう!


そして、ちゃとら3兄妹たちも募集開始です。

d2

かごめ。

d1

文太。

d5

うずら。


今週末は女子だけ連れだって卒猫のヤギ丸家にお泊りに行きましたよ。
(常にあつかましい子猫担当者)
ウキャウキャ楽しく遊んでるそうです♪

控えめ文太はおるすばん。
いつも大きい猫にくっついて真似っこしてますが・・・大きい猫たち寝てばっか。
仕方無いから一緒に寝てばっか。

濁音3兄妹、どうぞよろしくお願いいたします!



ほんと我が家は真夏の猫やしき。
掃除機&拭き掃除&消毒と、猫の数が増えれば特に猫スペースは手を抜けません。
うん、、保護っこたちが居なくなったら手を抜き始めるのですが。

そして今宵はスペシャルゲストが。

t5

猫やしきにカムバック!

t2

まさかの・・・とっく里、カムバック!

t4

 Hi !!

正式譲渡決定後でしたが〜理由あってお迎えに行きました。
(優しいご家族&チョコちゃん、お世話になりました)

また仕切り直してがんばります。

とっく里、まるで何も無かったかのように、うちに帰ってトイレに行き、
お水を飲んで、ベッドにごろん。
うちの猫たちも普通に横にごろん。
・・・・・・・・。

そんなこんなでピーナッツには5匹もの子猫が居ます。
ねこ屋敷館長、深々と頭を下げております。

なにとぞ、何卒よろしくお願いいたしまーす!!


 

豪雨災害◆Ю症保健所レポート

本日は動物に関するレポートです。

今回の九州北部豪雨により、7月6日より大分県被災動物救護対策本部を設置しており、日田市でも現地被災動物救護対策本部が設置されています。
13日には、西部保健所で大分県と獣医師会日田支部、ボランティアとの会議がありました。
レポート,猟未蝓⊃容算抉腓覇田市に入っていたことは県にお伝えして、何か協力できればと思っていたところでしたので会議に参加させていただくことになりました。

発災後、ピーナッツにも被災動物の状況についてお問い合わせは少なからずあるものの、
なにせ一般人がおいそれと避難所や被災状況を見て回ることはできませんので、動物たちがどのような状況下に置かれているのか、県ではどのような動きをしているのかなど全貌がほとんど見えてきませんでした。
それは、日田市内の獣医師の先生方も強く感じていたようでした。

もちろん初めの3日間は混乱していることは容易に想像できますが、
初動対応の情報収集の吸上げや伝達の情報共有がなされてなかったように思えます。
行政は、ペットの避難や救護とともに「大分県被災動物救護対策指針」にもあるように大分県獣医師会や動物愛護推進員への協力要請が必要だったのではないでしょうか。

しかしながら、誰もが何もしなかったわけではありません。
大分県では、被災・避難状況の収集、避難所の巡回、備蓄品の要望調査、ケージ設置等の対応をし、動物関係の被災状況の調査をしていました。
孤立状態の地区に取り残された動物たちの安否確認、健康状態の調査も行い、犬や猫、カメ、鳥類などの無事の確認もしています。
餌やお水を補い、姿を消した猫たちがいつでも餌を食べられるようにとの配慮も行っていました。
写真で見る限り、取り残された犬たちも元気そうでした。
さらに西部保健所ではすでに一時預かりの犬も来ていました。

獣医師会日田支部でも早々に協議し、かかりつけ病院での犬猫の預かりの受入れをされていました。
被災された飼い主さんに寄り添った積極的な対応で嬉しくなりました。
熊本等の震災へ関わった先生も居て、活発で貴重なご意見ばかりでした。
今回、日田の先生方と意見交換ができたことは大きな収穫でした。
(素晴らしい先生方でした!)

各地域の動物愛護推進員の方々も色々な方面からのお問い合わせに対応したのではないでしょうか。
日田に近い方は、犬猫被災情報もいち早く入っていたようですから。
しかしながら、「何かしたい、でも今何が求められているのか」と、混乱されていたようです。

避難指示も段々と解かれ、避難所も閉設していく中、物資などは足りている様子ですが、
家などの片づけや再建に追われ、公営住宅への入居や仮住まいを余儀なくされる生活が始まる方も多くいらっしゃるようです。
今後は動物の長期預かりの要望が出てくると想定しています。
皆様もご存じの「九州災害時動物救護センター」で預かってもらえないのかというお声はピーナッツにも沢山届いております。
私たちも県にいち早く回答を頂きました。
九州災害時動物救護センターは施設の整備中ですが、何らかの支援のための準備を進めているようです。
こちらの「九州災害時動物救護センターFacebook」で確認をお願いします。
https://www.facebook.com/2016pet.shelter/?hc_ref=ARTpfh2niTbOAoqaoozngEnRFaj-BsxPd0bdghHLrjRHa6twGRm2xT4r_stoKQR7zFk&fref=nf


また、
被災した動物や飼い主さんの救護活動に直接使う寄付金の募集も始まるそうです。
詳しい内容が届きましたらこちらでもお知らせしたいと思います。

ピーナッツでも引き続き、日田の皆様に何らかのご支援ができるよう努めたいと考えております。



**********************************

そして翌日、物資や迷子札等を持って再び日田へ。
この会議に参加させて頂いたからこそ、お役に立てたできごともありました。

また次回です。




豪雨災害 日田大鶴地区レポート

今回ご縁があって、皆様の心温まる支援物資2便とともに同行させていただきました。
 
日田市内では市街の方は比較的被害は少ないのかなという印象ですが、
少し山手に入ると流木が散乱していて凄まじい光景です。

h5

h10

h12

h11

h4

伺った避難所の皆様は、命からがら助かったという感じですが、
のところは元気にしていらっしゃるのが救いです。
何よりも被害に遭ってる方でも「自分のことは後回し」で、自らが地域の方々を支えているリーダーシップぶりにはもう脱帽です!
指定外の小さな避難所で公的支援が届きにくいのですが、その方の人脈で物資がどんどん集まってきます。
これぞ「自助」「共助」の防災力、地域力かと、またまた面喰いました。
わたくしなんぞは、何のお役にも立ちませんので足を引っ張らないよう隅っこで仕分け作業をさせていただきました。

h8

h6

そんな中で被害の様子や飼っていた犬のことなど、お話を聞くことができました。
あっという間に土砂、流木が流れ込んできて自分の身を守るのが精一杯だったようです。
家に残してご近所さんが面倒みてくれている犬がいるけど、暑さや高齢だということもあり体調がよくないとか。

大分県でも現地に入り、避難勧告地域に取り残された動物の調査を始めています。
そんな動物たちへの支援もできればよいのですが。

徐々に避難勧告が解除され、一旦家に帰れる方もいるでしょうし、家が流され帰れない方もいっらしゃいますので、今後は生活するのに細やかな物も必要となってきます。
 
小さな力ではありますが、時にはボランティアの支えも必要とされるかな。
いつも飛んでは行けません、見守ることの方が多いけど、
ボランティアのことを知っているピーナッツでは、ボランティアに対するサポートもできたらと感じています。

日田はとにかく暑い!それだけで体力を消耗します。
引き続き、できることを探しながらご支援できたらと思います。

また、第何便で行けるかな〜!!


岡田


******************************* 

こちらで呼びかけてすぐに扇風機が3台!
それと皆さまからのさらなる物資も乗せて先ほど宇佐から軽トラ出発したそうです。
ありがとうございます。

******************************* 

本日は仕事が終わり次第、北部保健所へ行って来ます! 

 

ひとまずのご報告

昨日、大鶴地区へ物資を届けさせていただきました。
(1便はすでに前日出発、昨日は2便です)

こちらのブログで物資を限定しましたが〜
皆さん、あれやこれやと集めて下さり本当に助かりました。
大鶴地区のまとめ役をされている方からもお礼の言葉をお預かりしました。

h1

h2

日田入りしたうちのメンバーからも改めて報告を書かせて頂きますが、
ひとまず心より御礼を申し上げます。

しかしながら、、、やはり状況も必要な物資も日々変化しております。

再度〜今後必要な物資があります。
下記のものも至急必要です。

この地域は特に暑い地域です。
冷たい飲み物はクーラーBOXの保冷剤に頼っている状況です。
後片付けで怪我をされた方が居たそうですが消毒薬等が無かったそうです。
無理のない程度で構いません、引き続きお願いできればと思います。

・扇風機(動作確認できるものをお願いします)
・冷凍庫や冷蔵庫(動作確認できるものをお願いします)
・救急用品多数(消毒液や絆創膏、湿布、冷えピタなど)


他には
・食品(調味料や素麺やめんつゆなど)
・文房等(マジックやペン、紙、布テープなど)
・デッキブラシやバケツ等のお掃除用品


卒犬卒猫のご家族は担当者へお電話でもOKです。
その他の方はお電話番号明記の上、まずはメールでお問い合わせ下さい。

peanuts119@gmail.com

よろしくお願いいたします!

*尚、飲料水等は現地のボランティアさんにも提供させて頂く場合があります。
ご理解をお願い致します。




******************************* 

ピーナッツごとのお知らせです。

 とっく里に新しい家族ができました!
新しい名前はモカちゃん。
また写真をUPしますね。
ご家族のみなさん、チョコちゃん、ありがとうございました♪


 濁音トリオ、募集開始です。
詳細は後日です。

h7

左から、文太、かごめ、うずら。


 クロダ丸、引き続きキョロキョロご縁を探しております。
何卒!

h9

前を向きなさい。



******************************* 

濁音丸、4匹がんばれーっ!っと
先輩たちからエールが届いてますよ☆

ちょっと卒業っ猫っこ便りです。


サクくんとこむぎちゃんですよ。(チュウ太&ミミ花)

unnamed (1)

エアコンのお部屋でおひるね。
どーこーにいるのーでしょーか♪

お留守番も2匹ならへっちゃら!
とってもおりこうさんですって。^^
開眼前のあなたたちに出会ったのは3月だったよね〜♪



甘えんぼの墨ちゃんですよー☆ (墨々)

ma

墨ちゃん母さんも物資を山盛り積んで遠方よりぶっ飛ばして来てくれました〜
デッキブラシ等、現地ですぐに必要なものばかりでした。
ありがとうございました。

墨ちゃん、また会いに行くね〜

mmm

↑ 大サービス



ラナくんですよっ。(タケシ)

ra
 
ほほぅ。貫禄ある男前になりましたね〜 
優しい優しい性格はそのまんま。
うちの家族も写真を見て「ほほぅ♪」

ラナくんのお兄ちゃんの小学校へ授業で行くかもよ☆


******************************* 

連日お願いごとばかりで恐縮です。
よろしくお願いたします。


 

どんどん集まっています

物資のお願いをした直後から沢山の声が届き、
おかげ様でどんどん集まっております。
ありがとうございます!
(今回は人間の物資です)

昨夜も卒業っこのご家族が仕事終わって直ぐに遠方より駆けつけてくれたりと、
・・凄い量。まるで夜逃げ状態の車の中でした。 
今朝もまた沢山の物資が届きました。
全ての物資に思いやりある気持ちが込められていて、 
細やかな配慮に感激です。
被災されたご家族から感謝の気持ちが届いています。

明日、 うちのメンバー1名も同行して搬入して来ます。

改めて「今、必要なもの」をお願いすることもあるかと思いますが
無理のない程度でぜひご支援頂けたらと思っています。



尚、西部保健所も未だ混乱しており、飼い犬や猫のお問い合わせが推進員まで届いております。
今後は飼い主の居る犬や猫は九重の救済センターを利用できればと思いますし、
情報収集しながらできる所探っていきたいです。


改めまして今後ともよろしくお願い致します!

 

豪雨被害〜支援物資のお願いです

豪雨で被災された方々へ心からお見舞いを申し上げます。


昨夜からまた激しい雨が降り続き、
止んではまた降る・・を繰り返しています。
さらに大雨警報や土砂災害への厳重な警戒が必要です。


今回の豪雨被害へ対し、みなさんへ支援物資のお願いです

いつも沢山の方に支えて頂いているピーナッツですが、
ご支援下さる方々の中に、豪雨でご実家が全壊し流されてしまった方がいることを聞きました。
孤立した集落で、物資が届かず困っているとのことです。
(ライフラインは確保できています)

そこで、日田市大鶴地区周辺の小さな避難所の皆さんへ物資を届けたいと考えています。
月曜日に宇佐から車が出るので、下記のものが支援できる方は7/9の日曜日に宇佐市内のピーナッツメンバー宅にも持ち込んで頂けたら助かります

*「今」だけではなく「今後」の長い支援を視野に入れています。
日々一刻と必要なものも変わるので、パイプになっているご家族と交流しながら支援したいです。
メンバーに防災士も居ますので、「必要とされている範囲内で私たちにできること」を考え、行動できたらと思います。


今回お願いしたいリスト(追記の可能性アリ)

・栄養補助食品(常温で長期保存可能なもの)*ウィダーインゼリーなども重宝するそうです。
・飲料類(ケース単位でお願いします)
・タオル(新品のもの、使い捨て用)*清潔なものをお願いします。
・夏物のタオルケットなど*清潔なものをお願いします。
・軍手、長靴(サイズなんでも)*新品でお願いします。


卒犬卒猫のご家族は担当者へお電話でもOKです。
その他の方はお電話番号明記の上、まずはメールでお問い合わせ下さい。

peanuts119@gmail.com


どうぞよろしくお願い致します!


ピーナッツメンバー一同

 

大雨特別警報中

卒犬猫のご家族からお電話やメールを頂いております。
県北でも山側や河川付近では避難している状態です。
防災無線や携帯はどんどん避難勧告を発令中です。 
が、宇佐市内メンバー宅付近はそれぞれ無事に過ごせています。
濁音たちも特に変わりなく過ごしています。

でも雷は相変わらず・・・
雷に反応して脱走した犬が家に帰れなくなるパターンが頭をよぎります。
どうか外へ係留している飼い犬の安全確認をお願い致します。
首輪に鑑札や済票、迷子札が付いているか再確認を!!
こんな時間ですが、、どうかどうか声かけをお願いします!

 
ob

卒犬オボンくんからのお願いでした!



被害が拡がりませんように、
命が奪われることがありませんように。
引き続き警戒したいと思います。



愛護相談会のお知らせです

次回は6/3です!
おはなし会をやってます♪

次回は未定です
コメントをありがとうございます
Link☆
「犬を飼うってステキです−か?」
動物について学ぼう!
ペットショップにいくまえに
HOME PEANUTS

ホームピーナッツのメインブログです。
ピーナッツの保護犬情報を発信中!
お問い合わせはメインブログから!

ピーナッツ広場

皆さんが保護した犬や猫の新しい家族を捜すお手伝いのページです!
HOME PEANUTS★猫部


「一代限りの命を護るために」殺処分数の多い大分県北部の野良猫を増やさない為に不妊手術の助成制度を始めました!
大分県内の収容犬情報
pd13333

*迷子犬すべてが掲載されているわけではありません。
電話だけでなく保健所に足を運んで早急に丁寧に探してあげて下さい。収容期限が過ぎれば一部譲渡も可能です。
迷子札をつけようよ!

PEANUTS GALLERY1
  • 宇佐市石田:柴犬が迷子です!
  • 宇佐市石田:柴犬が迷子です!
  • 豪雨災害:避難所レポート
  • 支援物資の御礼
  • 支援物資の御礼
  • 支援物資の御礼
日記の過去記事検索
ピーナッツのつぶやき。
ピーナッツバナー

お天気情報
© HOME PEANUTS
Copyright©HOME PEANUTS All Rights Reserved.
  • ライブドアブログ