2017年08月29日

これからの役割5

先日、病院歯科勤務で、口腔ケアに関して素晴らしいお考えをお持ちで実践もされておられる国立長寿医療センター 歯科口腔先進医療センター センター長 角保徳先生の話を聞く機会に恵まれました。開業前の若い先生への話で、これからの超高齢化社会が見えている中で、何を身に着けておくべきかという話でしたが、とても参考になりました。 虫歯の洪水時代だった人たちが壮年〜老年期を迎えている今、インプラントを含めた歯の喪失に対する機能回復は大きな役割の一つです。一方で、12歳で平均虫歯が1本に満たない今の若い人たちが壮年〜老年期になった30〜60年後は、今みたいな大掛かりな噛むためのリハビリテーション的な治療や義歯の治療は激減するでしょう。その代りインプラントを含めたたくさんの歯のケアをどうするのか、在宅で身体的にご不自由になった方、痴呆の入った方、誰かが対応をしないと、お口のプロ軍団の歯科医師たちの気持ちを問われる時代になるでしょう。  大学での歯科教育も、いまだに虫歯や、虫歯や歯周病で歯を失って咀嚼回復が必要な方への手技手法がメインになっています。しかし時代は、健康寿命を保つための口腔ケアが主になってきているように思います。教育が現実についてきていないところもあるように感じました。  私は自分の能力、できる時間とかを自覚して、個人としての社会貢献も意識しつつも、想いを実現するのに限界を感じつつ、パール歯科チームとしての社会貢献を強く考えるようになっています。それで言えば、角先生から大きなアドバイスをいただいたような気がしています。  名刺交換をしてお話をさせていただきました。私の名刺に書いてある自分勝手な肩書、「スーパー口福クリエーター」という言葉に、角先生がとても共感してくださいました。本当にテーマ口福だねよって。

pearl_sasaki at 22:03|PermalinkComments(0)clip!コラム 

2017年07月12日

この所のマスコミ報道5

 二度目の大々的なキャンペーン報道。歯科医院の患者事のグローブの交換と、歯を削るタービン等の滅菌消毒が不十分な歯科医院が半数ぐらいあるとのことが、マスコミで一斉に報道されていますね。。何でこんなに歯科を目の敵にするかというぐらい、一斉に報道しています。
 報道する方は勝手だけど、歯科医院側からすれば、この診療報酬でどこまでできるのか、本当に苦しい実情があり、やりたいことは解っていても、機材への投資と、消耗品の経費を考えると、ギリギリの対応しかできていない歯科医院もあるのかもしれません。

言い訳をしたらきりが無いことかと思います。感染の確率がほとんど無いと言っても、ゼロでは無いから対応すべきだと言えばそうなのだと思います。でも同じレベルで言えば、食べ物屋さんの食器等は、絶対感染しないレベルで洗えているの?医科の先生方は手袋をして、患者事に替えているの? 介護の現場だって、感染の危険性が、できる範囲の消毒をしている歯科医院より遙かに高いところがあるんじゃないの? たくさん思いつきます。
 それなのに歯科だけをバッシングするかのごとく報道するのは、なんだか恣意的な意図が感じられるのは私だけでしょうか。おそらく歯科の関係者はそう感じていると思います。世論をかき立てる政治的な意図があるのではないかと疑わざるを得ません。

 また週刊誌では、医師による無駄な薬剤投与と、歯科治療の危ない実態がシリーズで報道されています。歯科の実態から見ると、読んでいてがっかりする内容です。またそれが受けるからシリーズでどんどん書く。コメントしている歯科関係者は、とても一般的な、常識的な感じでは無いんじゃないかと感じるし、たまたまその歯科医の経営方針で得になる感じて得られたコメントを載せているだけのように感じています。

 以上は仲間内とも話をしている一般的な私の感想です。ただ忘れて欲しくないことは。本当にちゃんとやっているところは沢山あります。
 パール歯科も消毒に関して、どのぐらい投資したか。経営者のソロバン勘定だけにならず、スタッフがどこまでやるべきと感じるかというのを、許す限り追求し投資してきました。手洗いよりも格段に優れた予備洗浄器、高規格に対応した滅菌消毒機、急ぎの時に短時間で滅菌消毒出来る機器、消毒のローテーションのために必要なタービンや機材の数的な整備、温度に耐えられないものの消毒のためのガスによる滅菌消毒機器、一度使ったら交換するグローブやエプロンやコップ等々。本当に投資もランニングコストもすごくかかります。それをやっている自負は十分に持っています。それが保険点数として収入に反映するのは、ごく僅かで、経営のことから言えば、やればやるだけ損な感じです。大事なのはそれでもやる志なのでは無いでしょうか。そこまでやっていると言うことは、スタッフの気持ちにも違うと思います。親族や知人は、うちのスタッフはうちを勧めるのがほとんどです。そういう医院で働いているスタッフのモチベーションにも繋がります。

患者さんにもそういう気持ちが解ってもらえると信じています。



pearl_sasaki at 23:53|PermalinkComments(0)clip!コラム 

2017年07月06日

心のよりどころ

自分一人で考えすぎて、時々深みに入ってしまっている所があるかもしれません。本を読んでいて気持ちの整理がつきつつあります。
今僕にとっての一番の心のバイブルは、フランクリー・コヴィーの「7つの習慣」だと思いました。自己啓発本の一つして呼んだ時には感じなかったのですが、今の経験を踏まえて読んでみると本当に奥が深いと感じました。一冊の本が、その時の状況や環境、心境で変わるのかと思った瞬間でした。有り難い経験です。

コヴィー博士の「7つの習慣」「7つの習慣 最優先事項」「第8の習慣」は、僕の生きている上でのバイブルであると自分に確信することができました。

仏教をもとにしたメンタリング講座で学びました。自分が宇宙の中でぽつんとした存在を想像してみて、5感で感じることは、全て相手の影響を感じて始めて成り立つことであり、感情ですら、相手の反応で起こることであることを自覚すべきことを学びました。何もリアクションの無い状況が「空」であり、何かしらの反応があることが「色」なのだと思います。色即是空、空即是色という大きな考え方が仏教の根源にあるのだと思います。

ポジティブ心理学を学びました。相手をポジティブにする関わり方、言動、本当に大切に感じました。その中で手法じゃ無くて、己の芯がどれだけ大切が一番であり、その後で手法があるのではと感じています。

人との関わりの中で考える中、コネクション・プラクティスというプログラムも学びました。人との関わりの中で、争いにならない手法と、答えは自分の気持ちと、絶対的な真理の中にあり、脳とハートをシンクロさせる方法としてのテクニック、コヒーランスを大切にしているプログラムです。私として後者に「アハ」体験を感じられなかったのが残念でした。感じたと言ったら、「はだかの王様」の聴衆の一人になってしまいそうな自分に対して、心理的な抵抗感を覚えました。ただ答えの求め方の違いであり、コヒーランスにもとめるのか ,自分の考え方に求めるのか、そのあたりの手法の違いであり、目指すところ同じなんかなんかじゃないことの、私個人は感じています。7つの習慣では、絶対的に決まった方向性「真北の法則」というのを大切にしています。それを導き出すのにコヒーランスの力を借りるかどうかと言うところかなと感じています。
倫理法人会の教えの中には感じるものが沢山ありました。倫理というのを難しく考えずに、正しいことをしていれば誰もが良い方向性に向かう「絶対倫理」を大切にしています。これもやはり「真北の法則」のように感じます。

いろいろなプログラムを極めようとしている方々にとって、私の学びは浅いのは承知しています。それぞれの学びで考えたことは本当に貴重なことだと感じます。いろいろ経験した上での心のよりどころは必要なような気がしています。
これからは仕事、プライベート共に大事に、自分の中のやりたいこと、やるべき事=ミッションを大切にしたいと思います。その気持ちを方向性のコンパス(方位磁針)にして、行くべき方向性をプランし、実行し、結果を真摯に評価して次のプラニングをすることに重きを置きたいと思っています。そしてこんな私でも公的に社会に社会に貢献し続けること、私個人だけじゃ無く、パール歯科としてのチームで地域のお役にたることができるように、私達のチームが育って行ってくれたら良いなと思います。



pearl_sasaki at 23:30|PermalinkComments(0)clip!コラム 

2017年03月18日

成功って?

 日常としてNHKの朝ドラを見ています。今日の「べっぴんさん」を見て感じました。

 ヒロインのスミレのことば。

「成功って何を言うんやろね? お金を持つことかな?何かをやってきたこという証を、世間に見せつけることかな・・? それがもし成功なのなら、私は成功しなくても良いと思う。 なんかな・・・・・ 望むことは、誰かの笑顔を想像しながら、日々過ごすことかな。」

 僕の思いはまさにこれかな。本当に想いの数分の一しかできていない私だけど、そういう想いは沢山ある。ただもどかしいのは、想いに能力的についていけないと思っている自分。
 そんな自分に対して、パール歯科に対して、世の中には、その想いに大いにか、多少の共感かの違いはあるけど、感じて下さっている方々が沢山おられる。

 その方々に何ができるのか、真摯に向き合う自分でありたいって思っています。



pearl_sasaki at 00:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月30日

ある決意

本当は心から喜べる仕事がしたい。NHKのプロフェッショナルを見ながら、心からそう思います

でもいつもすっきりしていない。精一杯やっていることは確かなことです。それでも、自分の能力の限界と、診療体制整備の限界で、本当にやりたいことが追求し切れていない感じがある。頑張っても頑張っても、何か報われていない感じもある。中途半場な感じもする。スタッフからも個別のケースで中途半端さを指摘され、何故こうせざるを得ないのか、全体を考えた中での判断と、個々に気がついた判断では、違いが出てきてしまうことを、患者さんにもスタッフにもきちんと説明できていないかも知れないのが一番の問題なのです。ことあるごとに、言い訳だと自分を責めて、また落ち込んでしまう。こんな繰り返しです。

そんな中で一つやろうと決心したことがあります。とにかく患者さんに、当院の状況や想い、できることの限界について正直に話をしよう。その中で患者さんに、ヾ擬埃臚海粘望部分だけの治療をするのか、当院の状況をふまえた上で全体的な治療をするのか、N省納得でいないので他院で治療をする、を決めてもらうことが、今のパール歯科にとって一番大切なことだと考えました。

そこでその事をきちんと説明する文書を作り、患者さんにご納得頂けるなら、ご署名を頂くことを考えています。いわゆる治療契約です。そのことでを選ばれる方が出てきても、それはそれで仕方ないことなのでは無いでしょうか。結局はその選択が、お互いにとって幸せなのだと思います。

納得頂いた方には、お口の中の情報を共有して、こちらもより責任を持った技術や知識の提供をしますし、患者さんにも自己責任でのリスクも理解して頂きたいと思います。こちら任せでは限界はあります。

時間はかかるかも知れないけど、当院と関わる患者さん全てと、この治療契約が結べたら、私の長年のストレスも解放されるかも知れません。



pearl_sasaki at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月10日

働き方改革

 本年よりパール歯科は診療終了時間を切り上げ、診療時間を少なくしました。
 

 目的はスタッフの働き方改革です。患者さんには一部ご不自由をおかけすることになりますが、それを押しても今手を打つべきと考えたからです。
 

 昨年は働く環境整備にかなりの時間を費やし、私自身もいろいろなことを考えました。

島根県は少子高齢化、労働者不足の最先端を行っているいると思います。コンサルタントからは、労働者不足で経営を縮小しないといけない現実がすぐそこに迫ってきているといいうことを学びました。確かにそうなのだと実感しています。

 行政は男女共同参画、働き方改革を強く訴えます。それに対する支援もしていると言います。考え方、総論は間違っていないのだと思います。しかし、私達のような中小の事業所で、育休からの復帰支援、介護休暇をきちんと制度化することは、並大抵のことではありません。過剰人員を抱える経営状態でも無く、ましてや人員さえ見つかりがたい現況は、大企業の枠組みから考えた論理では成り立ちがたいような気がします。
 

 結局スタッフが働きやすい環境整備に、経営の一部のリスクを負っても、それを将来への投資としてやるべきだと判断して、思い切った働き方改革を行いました。
 

 昨年はスタッフともいろいろ議論してここに至りましたので、スタッフはその決断について評価をしてくれています。診療時間が少なくなっても、出来るだけ収入が落ちないように努力をしてくれようとしています。


 顧客満足(CS)はもちろん大切。それにもまして従業員満足(ES)があっての大前提なんじゃ無いかなって考えます。


pearl_sasaki at 06:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月05日

人材の確保

 スタッフのステップアップのための退職と、産休スタッフが二人と、体調管理のための時間確保の一人が重なって、スタッフが一杯一杯になっています。

 求人を試みてかなり衝撃。スタッフを探すのに苦労する状況になっているんですね。歯科衛生士はもともと超人材不足で、なかなか確保が難しいのは解っていたけれど、以前は受付や歯科助手はかなりの応募があるイメージでいました。
 所が今回募集してみてビックリ。求職者が本当に少ない。スタッフ探しに凄く苦労しました。幸い先の目途は立ちましたが、来年前半はかなり厳しい感じです。

 でも考えてみれば、産休の二人も、体調待ちの一人も、復帰する気持ちを明確にしてくれています。本当にありがたいことだと思います。彼女たちが戻ってこれるように、残ったスタッフ頑張る覚悟もできていそうに思います。

 労働力不足は今だけのことじゃないんですよね。少子化の影響で、労働人口がどんどん少なくなっている中、どれだけ魅力的な職場になるのか。ここに意識を置いておかないと、スタッフ不足で事業規模を保てなくなる環境になる企業が出てくるのが大いに予想されます。

 今スタッフの働き環境の整備をしています。いろいろ情報収集をしてみると、時代にそってタイムリーなことなんだなって思います。
 
 改めて素晴らしいスタッフに感謝!
  

pearl_sasaki at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月04日

恩師を偲んで

 私が卒業してすぐにお世話になり、4年半にわたってご指導いただいた戸渡孝一郎先生が今年亡くなり、今日ゆかりのものが集って宝塚にある墓地に、墓参りに行ってきました。現役OB含めた歯科医師と技工士20名弱が集い、改めて故人にたくさんの想いを共有しました。
 研修医制度が無く、倫理的な問題で学生実習の実施訓練が非常に限られた中、私たちの世代はほとんど何もできない状態で歯科医師になりました。そういう私を一から育ててくださったのが戸渡院長でした。当時は歯科医師が7、8名おり、その当時の先生方、先輩後輩、今日も集って本当の同志のようでもありますし、歯科医としての私が形成された原点のようにも思います。
 当時の私は、今もかもしれませんが頭が固く、扱いにくい勤務医だったんじゃないかと思います。当時は30名ぐらいのスタッフがいたと思いますが、スタッフ仲が良く、皆で若狭に海水浴に行ったり、飲みに行ったり、ホームパーティーをしたり、楽しかった思いが蘇ります。でも院長抜きの時は、院長を話の出汁にして盛り上がっていたように思います。自分が院長になってみて、同じようにスタッフと仲良くなれたかったことをショックに感じました。院長という立場を思い知ったのは開業してからです。
 戸渡院長は九州の出身ですが、府立医大で研修したこともあって京都府長岡京市で開業されました。今日も奥様が言っておられましたが、元が九州で酒屋を手広くやっておられた家の出で、人を使っての商売には才があったのだと思います。常に先を見て前向きな考えをお持ちでした。5年ほど前に古希のお祝いをした時も、まだ面白い研究をしていると目を輝かかして熱弁されていたのを懐かしく思います。
 お世話になった歯科医は30名ぐらいかな。私は決して出来の良い弟子ではありませんでしたが、もしかしたらある意味戸渡先生の生き方を最も継いでいるかもしれません。青年会議所やロータリーの活動を通じて、歯科医以外の人間関係も大切にし、多くの学びを得て、その中で自分を見つめている。経営的は常に先のことを考えて、何か次の一手を考えておかないと気が済まない。それは経営戦略のようにもあるし、実はそうしないと先でなにか悪い方向に行くのではないかと思う臆病な気持ちもある。おそらくそういう気持ちは、戸渡院長から私に最も受け継がれているように感じています。
 亡くなった前妻は、戸渡歯科の当時の主任衛生士でした。私たちは戸渡夫婦に媒酌をしていただいた、おそらく唯一の夫婦だと思います。私の人生において、大きな影響を与えてくださった大切な人でした。
 亡くなるまで仕事には関わっておられました。何歳になったらきれいさっぱりリタイアしようという考えもよく聞きます。それはそれでライフプラニングとして本人の意思でいいのだと思います。私は歯科医としての活動あっての私だと思っています。やはり戸渡先生のように、生涯何かしらで歯科を通して皆さんのお役に立てれそうなことを考えて行きたいと、今日改めて感じました。

pearl_sasaki at 01:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!コラム 

2016年03月16日

自分の役割は・・・!5

本当に久々の更新で恐縮です。

今私は、島根県歯科医師会の医療管理委員会の副委員長をさせて頂いています。
その仕事の一つで、歯科医師の高齢化等についてレポートを作ろうとしています。確かに島根県は全国的に見ても歯科医師の高齢化がトップクラスです。

しかしいろいろ学んでいると、ちょっと過疎地ならではの問題は別にあると感じます。

歯科医師は現時点ではワーキングプアだといわれるほどの厳しい環境にあるほど過剰状態にあるといわれています。 でも過疎地では歯科医療経営が成り立たず、医療過疎になりつつある地域が確実に増えつつあるのが解りました。

私は浜田の市街地で精一杯やっているつもりでしたが、副院長との歯科医師複数体制を組めているのは、とても贅沢な事だと思っています。当院なりに精一杯やっているのだから、無理をしすぎない体制を作って質を保とうと仕組み作りをしています。

しかし浜田市の中山間地では、はっきり医療過疎の所がありながら、特に困った声も聞こえてこないから、浜田市街地に通うことで事足りているのかなっていう感じを持っていました。

でも同じ医療管理委員会のメンバーで、市街地から外れたところで努力しているしている先生方から、歯科医療を受けられなくて悲惨な状態になっている患者さんがたくさんおられるはずだし、自分の体がもう一つあればその地域にも行きたいって言われて、私の甘い考えをハンマーで叩かれたような感じがしました。

考えようによっては、当院のようないろいろと恵まれている医院にも、役割と責任があるのかもしれません。
今の体制で過疎地のお手伝いをするのはとても無理ですが、たとえばそれをふまえて歯科医師を新たに雇用して、システムを作るって無いのだろうかって感じました。自院の経営のためというより、地域のためにそれもあるのではないかって感じました。
もちろんそれを地域の先生達が快く認めて下さるのが大前提です。

今の自分にできる事を、自分の役割をいろいろ考える事の多いこの頃です。 

pearl_sasaki at 00:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年12月11日

自分探しの旅 続き

この十年間、大事な人の予想外の病気と別れ、歯科医院環境の思わぬ苦境と、それを新築移転という形で決断しての医院の新たな展開、一人でもがいていたなから得られた新しいかけがえのない人、3人の子供達が社会人として歩み始めたこと、これら全てがもう一度自分というものを見つめ直しなさいということなんだって思えてきました。

子供はいずれ社会人になっていたとしても、そのこと以外が、何事も無く当たり前のように続いていたら、おそらく自分は何も気づかなかったんだと思います。 自分はこれで良いんだって、他人の言うことに心底耳を傾けていなかったんじゃ無いかと感じます。

環境が変わって驚くようなストローク(自分の言動に対する反応)を頂いて、激しく自分がたじろいだり、自分を見失ったりしたこともありました。

その中で感じたことは、大切なことは自分自身の「軸」、考え方の原理原則、 生き様なんだろということです。

自分生き様に遠慮することは無い! 自分本位にならずに、自分のやり方で相手を最大限に尊重して行動する。それで良いんじゃ無いかって、ここしばらくいろいろ考えた中で思えてきました。

そんな想いの中で、私を気遣って下さっている周りの人全てに、 今の環境に、本当に感謝することから始めようと思っています。本当に私は恵まれていると思います。特に妻には本当に感謝です。

超!重たい文章でしたが、思いの丈二部作を終わります。自分発散、マスターベーションのコメントで恐縮です。

pearl_sasaki at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!