2015年12月11日

自分探しの旅 続き

この十年間、大事な人の予想外の病気と別れ、歯科医院環境の思わぬ苦境と、それを新築移転という形で決断しての医院の新たな展開、一人でもがいていたなから得られた新しいかけがえのない人、3人の子供達が社会人として歩み始めたこと、これら全てがもう一度自分というものを見つめ直しなさいということなんだって思えてきました。

子供はいずれ社会人になっていたとしても、そのこと以外が、何事も無く当たり前のように続いていたら、おそらく自分は何も気づかなかったんだと思います。 自分はこれで良いんだって、他人の言うことに心底耳を傾けていなかったんじゃ無いかと感じます。

環境が変わって驚くようなストローク(自分の言動に対する反応)を頂いて、激しく自分がたじろいだり、自分を見失ったりしたこともありました。

その中で感じたことは、大切なことは自分自身の「軸」、考え方の原理原則、 生き様なんだろということです。

自分生き様に遠慮することは無い! 自分本位にならずに、自分のやり方で相手を最大限に尊重して行動する。それで良いんじゃ無いかって、ここしばらくいろいろ考えた中で思えてきました。

そんな想いの中で、私を気遣って下さっている周りの人全てに、 今の環境に、本当に感謝することから始めようと思っています。本当に私は恵まれていると思います。特に妻には本当に感謝です。

超!重たい文章でしたが、思いの丈二部作を終わります。自分発散、マスターベーションのコメントで恐縮です。

pearl_sasaki at 23:26│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔