2017年07月06日

心のよりどころ

自分一人で考えすぎて、時々深みに入ってしまっている所があるかもしれません。本を読んでいて気持ちの整理がつきつつあります。
今僕にとっての一番の心のバイブルは、フランクリー・コヴィーの「7つの習慣」だと思いました。自己啓発本の一つして呼んだ時には感じなかったのですが、今の経験を踏まえて読んでみると本当に奥が深いと感じました。一冊の本が、その時の状況や環境、心境で変わるのかと思った瞬間でした。有り難い経験です。

コヴィー博士の「7つの習慣」「7つの習慣 最優先事項」「第8の習慣」は、僕の生きている上でのバイブルであると自分に確信することができました。

仏教をもとにしたメンタリング講座で学びました。自分が宇宙の中でぽつんとした存在を想像してみて、5感で感じることは、全て相手の影響を感じて始めて成り立つことであり、感情ですら、相手の反応で起こることであることを自覚すべきことを学びました。何もリアクションの無い状況が「空」であり、何かしらの反応があることが「色」なのだと思います。色即是空、空即是色という大きな考え方が仏教の根源にあるのだと思います。

ポジティブ心理学を学びました。相手をポジティブにする関わり方、言動、本当に大切に感じました。その中で手法じゃ無くて、己の芯がどれだけ大切が一番であり、その後で手法があるのではと感じています。

人との関わりの中で考える中、コネクション・プラクティスというプログラムも学びました。人との関わりの中で、争いにならない手法と、答えは自分の気持ちと、絶対的な真理の中にあり、脳とハートをシンクロさせる方法としてのテクニック、コヒーランスを大切にしているプログラムです。私として後者に「アハ」体験を感じられなかったのが残念でした。感じたと言ったら、「はだかの王様」の聴衆の一人になってしまいそうな自分に対して、心理的な抵抗感を覚えました。ただ答えの求め方の違いであり、コヒーランスにもとめるのか ,自分の考え方に求めるのか、そのあたりの手法の違いであり、目指すところ同じなんかなんかじゃないことの、私個人は感じています。7つの習慣では、絶対的に決まった方向性「真北の法則」というのを大切にしています。それを導き出すのにコヒーランスの力を借りるかどうかと言うところかなと感じています。
倫理法人会の教えの中には感じるものが沢山ありました。倫理というのを難しく考えずに、正しいことをしていれば誰もが良い方向性に向かう「絶対倫理」を大切にしています。これもやはり「真北の法則」のように感じます。

いろいろなプログラムを極めようとしている方々にとって、私の学びは浅いのは承知しています。それぞれの学びで考えたことは本当に貴重なことだと感じます。いろいろ経験した上での心のよりどころは必要なような気がしています。
これからは仕事、プライベート共に大事に、自分の中のやりたいこと、やるべき事=ミッションを大切にしたいと思います。その気持ちを方向性のコンパス(方位磁針)にして、行くべき方向性をプランし、実行し、結果を真摯に評価して次のプラニングをすることに重きを置きたいと思っています。そしてこんな私でも公的に社会に社会に貢献し続けること、私個人だけじゃ無く、パール歯科としてのチームで地域のお役にたることができるように、私達のチームが育って行ってくれたら良いなと思います。



pearl_sasaki at 23:30│Comments(0)clip!コラム 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔