2017年08月29日

これからの役割5

先日、病院歯科勤務で、口腔ケアに関して素晴らしいお考えをお持ちで実践もされておられる国立長寿医療センター 歯科口腔先進医療センター センター長 角保徳先生の話を聞く機会に恵まれました。開業前の若い先生への話で、これからの超高齢化社会が見えている中で、何を身に着けておくべきかという話でしたが、とても参考になりました。 虫歯の洪水時代だった人たちが壮年〜老年期を迎えている今、インプラントを含めた歯の喪失に対する機能回復は大きな役割の一つです。一方で、12歳で平均虫歯が1本に満たない今の若い人たちが壮年〜老年期になった30〜60年後は、今みたいな大掛かりな噛むためのリハビリテーション的な治療や義歯の治療は激減するでしょう。その代りインプラントを含めたたくさんの歯のケアをどうするのか、在宅で身体的にご不自由になった方、痴呆の入った方、誰かが対応をしないと、お口のプロ軍団の歯科医師たちの気持ちを問われる時代になるでしょう。  大学での歯科教育も、いまだに虫歯や、虫歯や歯周病で歯を失って咀嚼回復が必要な方への手技手法がメインになっています。しかし時代は、健康寿命を保つための口腔ケアが主になってきているように思います。教育が現実についてきていないところもあるように感じました。  私は自分の能力、できる時間とかを自覚して、個人としての社会貢献も意識しつつも、想いを実現するのに限界を感じつつ、パール歯科チームとしての社会貢献を強く考えるようになっています。それで言えば、角先生から大きなアドバイスをいただいたような気がしています。  名刺交換をしてお話をさせていただきました。私の名刺に書いてある自分勝手な肩書、「スーパー口福クリエーター」という言葉に、角先生がとても共感してくださいました。本当にテーマ口福だねよって。

pearl_sasaki at 22:03│Comments(2)clip!コラム 

この記事へのコメント

1. Posted by てん   2018年07月02日 22:08
患者とのコミュニケーションを もっと きちんと とって下さい 丁寧な説明がないのに 患者側の質問も真摯に受け止めない というか きく時間もない…パール歯科さんなら!と思って通院し この先の歯の健康を一緒に考えてくださると思っていたのにショックです… インプラントをしない患者は どうでもいいのでしょうか……
2. Posted by ぱーる   2018年07月09日 15:12
コミュニケーションがきちんととれなかったとお感じなのですね。できるだけ時間を取るようにしているつもりなのですが、十分でなかったのなら、そのことに関して謝罪いたします。
インプラント治療以外の選択肢は何もありませんでしたか?少なくとも歯や粘膜に広く噛む力を分散させる義歯の提案はさせていただいていると思うのですがいかがでしょう。
この先の健康の事を考えて、機能をどう回復するのか、あるいは長持ちさせるのか。そういう観点でお話をさせていただいているつもりです。義歯による方法でも、機能をある程度回復させることはできることが多いです。
ただし、インプラント治療をするのとしないとで明らか結果に違いが出そうな場合は、お話をするようにしています。
あくまで患者様の今を含めてこれからの健康を考えて提案をしてるつもりで、当院の利益のためにインプラント治療を無理強いすることは100%ありません。
もう一つ将来患者さんのお口の中の状況を悪化させるような中途半端な義歯もお勧めしません。患者様の将来のためです。
インプラント治療としっかりした義歯を両方否定されたら、当院として何も手が打てません。そういう説明ではありませんでしたか?当院の治療の方向性は、決まっております。
もし可能なら再度説明の時間を取らさせていただきます。もう当院には来たくないお気持ちでしたら、このコメントをもとにセカンドオピニオンを受けられることをお勧めします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔