アップが遅れてしまったけど日本女子のリオ五輪の余韻が残る中、

リザーブ選手だった平野美宇選手がワールドカップで初優勝の快挙!
準々決勝では伊藤美誠選手を破り、

準決勝ではシンガポールのフォン・ティアン・ウェイを対しての決勝進出。



決勝ではチャイニーズ・タイペイのチェン・イー・チンをストレートで撃破して

日本女子初のワールドカップ優勝を決めました!

しかも、最年少記録のおまけ付き。

これまで中国選手しか優勝しなかったワールドカップでの快進撃で、

中国選手不在の今大会に誰もが狙っていた優勝を搔っ攫ったのが平野選手。

リオでの献身ぶりも関係者の間では評価が高かっただけに、

今後の活躍が期待できますね。

また、日本女子の東京五輪に向けた競争にまずはスタートダッシュできたと同時に

本人の自信につながる大会になったことが大きな収穫ですね。