今日はビックリするほどの寒さでしたね。
先週末の陽気が嘘のよう…。
こういう日は引きこもるに限るんだけど、
何やらぺこの様子がおかしい。

食欲あり、吐き気なし、💩状態良し。
でも様子がおかしい。
お腹がギュルギュルとすごい派手な音で鳴りっぱなし。
いつもより背中を丸くしてうずくまる。
ううーんと伸びをするも伸び切らずにやめてしまう。
そして人から離れない。
「たぶんどこかが痛いんだと思う」
こういう時の飼い主の勘は信じるのが吉。

寒いから?
ということで病院へ。
病院嫌いだけど普段よりも抵抗少なめ。

先生の見立てでは
急な気温変化でお腹を壊しちゃったんじゃないかとのこと。
注射して整腸剤もらって帰ってきました。

寒いから?
ぺこちゃん疲れたの…。
痛いし、病院イヤだったし、疲れたし…と言った所かな。
帰宅後はしばらく「イヤだったの…」と愚痴をこぼします。

寒いから?
しばらく放置したら諦めて寝てくれました。
思えば朝はこのホイホイにも潜れなかったんだよね。
とりあえず夕んぽは中止で様子見です。

その後。
普段なら散歩ナシだと運動足りないと訴えてくるのですが、それもなく静かに1日寝てました
しかし夜ご飯の催促は忘れない。さすがです。
相変わらず食欲旺盛。
…というか適当に小さく割って乗せた薬もペロリと完食。
服薬の苦労知らずは飼い主孝行なのか…(;^_^A

うん、元気だな。きっと大丈夫。
まだお腹はギュルっと鳴ってますが、じき良くなるでしょう。

胆泥症と診断されてから小さな変化に大きく動揺してしまいます。
朝の様子は急変とは思わなかったんだけどねー。
何もなければ結果オーライってもんですよ。
明日は元気に散歩ができますように。
ポチッと応援よろしくお願いします。→   にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ