きままな毎日pecopeco流 season2

韓国大好きなpecopecoが日々の雑感やドラマ、映画の感想を綴っています。

韓国映画

怪しい彼女を観て来ました。

久々シネコンでの上映!! 韓国で大人気だった映画 「怪しい彼女」を観ました。 image
お話は70才をこえたハルモニがある写真館で写真を撮ったところ50才若返り生活が一変するというお話…夢だった歌手になり恋をし、最後まで笑いあり涙ありでとても楽しめました。 めちゃおすすめの映画です。 20才のオ・ドゥリ役のシム・ウンギョンちゃんは「サニー」や「王になった男」にも出演して重要な役どころを演じています。 今回は歌手役ってことで自慢の喉を披露してくれました。歌もとてもお上手でした。

韓国映画「チスル」観て来ました。

前から観たかった映画・・・・地元では一週間限りの上映

韓国済州島で本当にあった大虐殺事件!!

許されざる慟哭の歴史が、劇映画をして恥じえて完成


「チスル」を観て来ました。
チスルとはチェジュの方言でじゃがいものことだそうです。

image

済州島4.3事件(概要)

第二次世界大戦で日本が連合国に降伏すると、アメリカ軍とソビエト連邦軍が朝鮮半島を北緯38度線で南北に分割し占領した。アメリカ主導で進められていた南だけの単独選挙が国の南北分断を決定的にするとして、
1948年4月3日。選挙に反対する済州島民が武装蜂起。それが発端となり、米軍が作戦統治を行っていた韓国軍と警察は、海岸線5kmより内陸にいる人間を暴徒と見なし、鎮圧の名の下、無差別に虐殺する。事態は熾烈を極め、7年もの間に3万人が犠牲となったが、その大半は政治やイデオロギーとは無縁な人々だった。日本に逃れた島民も多く、事件前に28万人いた人口は激減した。「済州島4.3事件」は時の体制に”アカの島”で起きた”共産暴動”と烙印を押され、近年まで語ることさえタブーとされてきた。

歴史から抹殺された韓国現代史最大のタブー

済州島出身のオールスタッフ・キャストが渾身の映画化

映画を観ていて殺す方も殺される方も訳も分からず殺戮シーンは怖かったです。
お年寄り、女、こども・・・・
なんの危険な思想も持たない人々を”アカ”と決めつけ銃口を向けるシーンはつらかった。

ほんとに・・・こんなバカなことがあったというのが信じられない

せめて作り話であって欲しかったという感想です。
鑑賞後身体が重くなりました。

韓国映画「結婚前夜」観て来ました。

本日初日なので行って来ました。

昨日映画に行ったときに勢いで買った前売り券・・・
クリアじゃないクリアファイル付でした。
image

前売り券は切り方汚くておじさんが謝ってくれたけど
けっこう汚いレベル
image

映画館はけっこう人が入ってました。
いつもは数人なのに

映画は3組のカップルの結婚前のマリッジブルーをおもしろおかしく
台本が書かれてました。

元プロ野球選手と女医
新鋭の若手料理家とネイリスト
泌尿器科の課長とウェディングプランナーの彼女
花屋の社長とロシア人の女性

それぞれのストーリーが面白くて楽しかったです。

最後はどうなるのか?ネタバレなるので書きません。

韓国映画は日本の映画と違って普通は拒否する演技も女優さんが平気で
演じるところが魅力のひとつでもあります。

ユ・ジテ氏の奥様キム・ヒョジンとキム・ガンウのカップルが面白かった。
彼女のスカートに顔を突っ込むガンウ氏のシーンがツボでした。

花屋のゴヌ(マ・ドンソク)が友達そっくりでかぶってしまって困った。
彼にも結婚相手が見つかるといいな~(そっちかよ)

ネイリストのソミ役のイ・ヨニが2PMのテギョンとチュ・ジフンを二又かけるの
もてキャラ健在でした。

観て損しない映画ですよ。

韓国映画「結界の男」観ました。

パク・シニャンの最新作…
と言っても2013年韓国で公開された映画です。
image

 「結界の男」をDVDで観ました。

私の中では彼の作品に外れなしです。

 この映画の主人公ガンフォはやくざの幹部…
 ドタバタのやーさん満開シーンで幕を開けます。
image

血生臭さたっぷり~

その彼に神が降臨して死人が見えるようになります。

この世に未練のある魂が出てきて彼に注文をします。

 霊媒師デビューです。

パク・シニャンの霊媒師メイクも圧巻です。
image

大笑いと最後は号泣のとても面白い映画でした。
image

大きなスクリーンで是非とも観たいと思いました。

GW 3日~7日まで韓国行ってました。5/4②映画舞台挨拶大邱

時間の都合で買った映画のチケット・・・
CGV大邱スタジアム
movie
↑このスマホに送られた画面が入場券です。
(韓国人しか買えません。)

それがワールドカップで使われたスタジアムだそうで
行き方がわからずチングに調べてもらったら・・・
「時間が無いのでタクシーに乗れ。」と指示が
タクシーのアジョッシもスタジアムに映画館?があるのも知らず
電話したりで調べてくれました。
2014 05 04_7908s

2014 05 04_7896s
やっと着きました。
映画「標的」の舞台挨拶です。
2014 05 04_7377s
お目当てのユ・ジュンサンはいなかったけど・・・
イ・ジヌクとリュ・スンリョンには会えました。
2014 05 04_7376s

とても愛想が良くて「写真を撮る人は前に来てきれいに撮ってください。」
と言ってくれました。

舞台挨拶に参加出来る機会も少ないので無理して言って良かったです。
映画の内容は後日アップします。
2014 05 04_7909s

2014 05 04_7912s

映画終わって急いでタクシーで東大邱駅へ
ソウルまで戻りました。

つづく
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Subscribe with livedoor Reader
メンバーリスト
bears
QRコード
QRコード
最新コメント
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ