2017年03月16日

Tさんのこと

よもぎだんごあぶくたったあさがお雨ニモマケズ
<よもぎだんご>

  作:さとうわきこ
  出版:福音館


<あぶくたった>
構成・絵:さいとうしのぶ
出版:ひさかたチャイルド


<あさがお>
作・絵:荒井真紀
出版:金の星社


<雨ニモマケズ>
作:宮沢賢治
絵:柚木沙弥郎
出版:三起商行


数年前から「おはなしかご」という会で、語りの勉強をさせてもらっている。そこで出会ったTさん。何と70歳の時から14年間勉強を続けていると聞いて驚いた。最近は足が少し不自由になったため、あまり勉強会には出て来られなくなったが、月に一度、お年寄りを対象にしたおはなし会に、お仲間と一緒に出かけて行き、絵本を読むのだという。

そんなTさんから、そこで読む絵本をほしいと電話をいただき、絵本を持ってお宅にお邪魔した。上記に紹介した絵本は、Tさんが選んだうちの4冊だ。とても張りのあるきれいな声で語られる様子が想像できて、私も楽しくなった。
「本当にこの会に入れていただいて感謝しているの。私、楽しくて楽しくて・・・。」とニコニコしながら語るTさん。たとえ足が不自由であっても、一人暮らしであっても、精神的に自立したステキなTさんの生き方に只々感動したのだった。

peekaboo_ehon at 13:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)つぶやき | 絵本紹介

2017年03月12日

ライブを楽しむ

IMG_0160ライブ






シタールIMG_2912













シタール、ギター、ドラム、そしてペイント。
三人の女性たちの強さとしなやかさがミックスしたような感じが良かった〜!

peekaboo_ehon at 20:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)つぶやき | イベント

2017年03月08日

だるまちゃん50周年

だるまちゃん
数年前に「ぐりとぐら」が50周年を迎えましたが、かこさとしさんの「だるまちゃんとてんぐちゃん」も今年50周年を迎えました。子どもらしさにあふれた素敵な絵本です。てんぐちゃんのぬいぐるみも加わり、このコーナーが楽しくなりました。


かこさんは、幅広い分野の絵本を出していて、何と600冊以上にのぼるそうです。
すごいですね!
「ならの大仏さま」や「万里の長城」なども大作だと思います。

peekaboo_ehon at 10:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お知らせ | 絵本紹介

2017年02月26日

聞き手の力

おはなし会おはなし会












今回のおはなし会のテーマは「かみさま」。
素話が四つ、絵本が二つだった。
二年生の女の子がお母さんと一緒に聞きに来てくれた。彼女は「シニガミさん」の時にはケラケラと声を立てて笑い、「めっきらもっきらどおんどん」のときには楽器の演奏を食い入るように見つめていて、素直ですばらしい聞き手だった。素話もよく聞いていた。実は、語る側にとってやり易いやりにくいというのがすごくある。彼女におおいに気持ちを盛り上げてもらった今回のおはなし会。私自身も素直な聞き手になりたいなあと思ったおはなし会だった。

peekaboo_ehon at 19:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)つぶやき 

2017年02月24日

そうちゃんのお気に入り

IMG_7265
「ごぶごぶ ごぼごぼ」
作:駒形克己
出版社:福音館









そうちゃん
娘から時々そうちゃんの写真が送られてくる。
いつの間にかこんなに大きくなっている。

今、そうちゃんは「ごぶごぶ ごぼごぼ」の絵本に夢中なのだそうだ。いろんな大きさやいろんな色の丸が出てくるのだが、丸く空いた穴に指を入れたり、指でひたすら丸をつまもうとしたりして、この絵本でずいぶん長いこと遊んでいるらしい。

子どもにとっても親にとっても、今この時が宝物なのだと思う。

peekaboo_ehon at 06:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)つぶやき | 絵本

2017年02月23日

もうすぐおはなし会

今日も「春の嵐」となりそうですね。
みなさん、お元気ですか?

あさって2月25日(土)は、ぴぃかぁぶぅ一座の「大人のためのおはなし会」です。
夜7時からです。
未熟な私たちですが、みなさんと楽しい時間を共有したくて、それぞれが練習してきました。是非、遊びに来てくださいね。



peekaboo_ehon at 05:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お知らせ 

2017年02月11日

保育園ノート

ノート
押入れの片づけをしたときに見つかった保育園ノート。
娘が5歳のときに、先生と親とでやり取りしていたノートだ。処分しようかどうしようかと迷いながらページをめくると、娘と私とのこんなやり取りが目に止まった。



保育園に向かう車の中での会話
さ(娘)「お母さん、車って役に立ってるねえ。」
母「そう?」
さ「だって、こうやって走って遠くへ行けるもん。」
さ「時計って役に立ってるねえ。」
母「どうして?」
さ「だって時間がわかる。」
母「お母さんって役に立ってる?」
さ「立ってる。赤ちゃんにおっぱい飲ませる。」
母「じゃあ、さとみは役に立ってる?」
さ「大きくなって赤ちゃん産むじゃん。」
さ「戦争って役に立ってる?」
母「さとみはどう思う?」
さ「立ってない。」 

全く覚えていないが、確かにこんな会話してたんだなあ。
やっぱりこのノートは処分できないなあ。
ちなみに、今娘はお母さんになって、子育てに奮闘中。
まさに「役に立ってる」のだ。

peekaboo_ehon at 14:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)つぶやき | 子育て

2017年02月09日

春の風物詩

メジロ今朝、仕事に出かけようと庭の河津桜の横を早足で通り掛ったとき、メジロが来ているのに気がついた。思わず足を止める。
メジロは、私にはお構いなしに盛んに花の蜜を吸っている。私にとっては、このメジロがまさに春の風物詩なのだ。子どもの頃に、よく我が家に来ていたのを懐かしく思い出す。

peekaboo_ehon at 14:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)つぶやき 

2017年01月30日

カラフル・スパイス・ツアー

minakumariminakumari
素敵なフライヤーが出来上がりました。

女性3名によるライブ。シタールと打楽器とライブペイントです。
 
みなさん、一緒に楽しみませんか?

peekaboo_ehon at 08:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)イベント | お知らせ

2017年01月19日

今日の絵本

わすれられないおくりもの「わすれられないおくりもの」
 作/スーザン・バーレイ
 訳/小川仁央
 出版社/評論社





20年来の友人が亡くなった。
毎年、元旦に富士山の写真をfacebookにアップしてくれていたのだが、今年はなかった。
いつでも会えると思っているのは勘違い。別れは突然に来るものだ。
今日は、この絵本を読んでみようと思う。一緒にログハウスを作ったり、ご飯を食べたりした大切な時を思い出しながら。






peekaboo_ehon at 15:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)つぶやき | 絵本紹介