2016年05月26日

6月のパステル講座

パステル講座
6月もやりますよ〜!
みなさんの参加をお待ちしています。

peekaboo_ehon at 17:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お知らせ 

2016年05月25日

みんなであなたをまっていた

絵本「みんなであなたをまっていた」

文/ジリアン・シールズ  絵/アンナ・カリー
訳/松居るり子
出版/ほるぷ出版


みんなで あなたを まって いたとき くうきは すんで かがやいて いました

こんな文章で始まり、最後まで静かに赤ちゃんに語りかける。地味だけれど、やさしさが伝わって来る。

peekaboo_ehon at 06:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)絵本紹介 

2016年05月24日

おへそのあな

おへそのあな
おへそのあな

作/長谷川義史
出版/BL出版







みえるみえる。おへそのあなから、お兄ちゃんが、お姉ちゃんが、そしてお父さんが。
み〜んな赤ちゃんが生まれるのを待っている。
「あしたうまれていくからね」・・・


赤ちゃんのしあわせそうな顔。そして赤ちゃんを心待ちにしている家族のあたたかさが、長谷川さんの絵にあふれている。

peekaboo_ehon at 06:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)つぶやき 

2016年05月23日

娘の出産

颯介颯介くん5月19日、娘の出産に娘の夫と共に立ち会った。
「お母さんと赤ちゃんは命がけ」とは助産師さんの言葉だが、正に命がけの出産だった。


後方後頭位という出産時の回旋異常らしいが、自然分娩はむずかしく、普通は鉗子分娩または吸引分娩、さらには帝王切開という選択に進んで行くそうだ。しかし、娘に体力があり赤ちゃんが元気だったことと、助産師さんが娘と共に渾身の力を込めてお産を進めてくださったおかげで、自然分娩が成功した。私は思わず拍手。思ってもみない事態だったが、だからこそ出産後はよりみんなの喜びが大きかったように思う。
「赤ちゃんはこれから一人立ちするんだよ。やってみる?」と聞かれ、新米のお父さんは力強く「やります!」と言って、へその緒を切った。

祝い膳
今日は、退院前日。夕食は、このような祝い膳だったそうだ。何もかもが、丁寧で温かい。

peekaboo_ehon at 19:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)つぶやき 

2016年05月17日

ファミリーコンサート

渋谷コンサートあべ弘士さんのおはなしと新沢さん・山野さんのファミリーコンサートに行って来た。

あべさんは、旭山動物園で飼育係をやっていたときの経験をもとに、いろいろな動物のはなしをしてくれたり、北極に行ってシロクマに出会ったときに描いたラフ、そして出来上がった絵本を紹介するなどしてくれた。

ファミリーコンサートは、文字どおり赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんまで、幅広い年齢層の人たちが来ていた。参加型で、みんなで一緒に歌ったり踊ったりするのだけれど、シンガーソングライターの山田りいこさんや体操インストラクターの森麻美さんも登場していて、この方たちは若くて元気いっぱいなので、踊りについて行くのがもう大変!
でも、大人だけで来ているおじさんやおばさんたちも(私も含めて)、みんな一緒に参加して楽しんでいるのが、このコンサートのすごいところだと思う。

peekaboo_ehon at 20:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)つぶやき 

2016年05月15日

おはなし会のこと

おはなし会26回目のおはなし会は、『おばけの話』だった。小学生の姉弟も両親と一緒に来てくれた。そこで、長新太さんの絵本『おばけじま』もおまけでプログラムに追加。
小学生は大人と違って、すぐに反応するので面白い。とっても楽しんでいるのがよくわかる。でも、その反応に気を取られると、こちらの語りが間違いそうになってしまう。まだまだだなあ・・・。

終了後、「また来たいねえ。」という子どもの声が外から聞こえて来て、私たちもうれしくなった。

peekaboo_ehon at 19:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)おはなし | つぶやき

2016年05月09日

母の日に

クレマチスミモザカブゴミ箱釣り
母の日に夫や子供達からプレゼントが。
クレマチスの花、柿渋染めのコーヒーフィルターにミモザの花をあしらったリース、それに何と玉ねぎ!!玉ねぎは何やら貴重なものらしいです。車用のダストボックスまであります。
そして、極めつけはから揚げ。朝早くに、夫と臨月の娘とカイちゃんが用宗で釣ってきたものです。夕食時にイワシとサッパとハゼの唐揚げを私のお皿に盛ってくれました。ハゼはカイちゃんの収獲です。美味しかったー!心がほっこりしました。


peekaboo_ehon at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)つぶやき 

2016年05月07日

5月のパステル講座

パステル講座
パステル講座、来週です!
今回は“朝顔”と・・・あと1枚描きますが、秘密だそうです。さて、何でしょう?


peekaboo_ehon at 16:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お知らせ 

2016年05月06日

大人のためのおはなし会

おはなし会おはなし会のお知らせです。
次回は、5月14日(土)です。あと一週間ほどに迫ってしまいました。お知らせが遅くなりすみません。
是非是非いらしてください。
今回は、お化けの話ですよ〜!!









バーベキューちなみに、この写真は、先月のおはなし会の会合のあと、バーベキューをしたときのものです。
青空のもと、みんなでいっぱい食べていっぱい笑って、より結束が強まった気がします。

peekaboo_ehon at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お知らせ 

2016年05月05日

東京タワーとこいのぼり2

東京タワーぼくらが東京タワーに憧れたころ
作・絵/毛利フジオ
出版/岩崎書店

ポップアップ絵本です。東京タワーと共にある昭和30年代の人々の暮らしが描かれています。


音声モジュールが付いていて、「月光仮面は誰でしょう」「チロリン村とくるみの木」などの主題歌や「豆腐や」「金魚や」「火の用心」などの音風景が聞けます。


こいのぼりげんきにおよげこいのぼり
作/今関信子 絵/福田岩緒
出版/大日本絵画

行事の由来絵本の中の一冊です。
端午の節句が男の子の節句になったのは武士の時代で、武家では家紋ののぼりと中国の魔除けの神であるしょうき様を描いた旗を立てるのが一般的だったそうです。
一方、町人の家では、のぼりを立てることは許されませんでしたが、のちに(江戸時代の中期ごろ)これに代わるものとして鯉のぼりが立てられるようになったということです。

屋根より高い鯉のぼりは、最近ではなかなか見られなくなりましたが、子どもたちが鯉のように元気に育ってほしいという願いは変わりません。


peekaboo_ehon at 14:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)絵本紹介