跳べないペガサスの徒然なる日々

「広く」「浅く」「微妙に深く」をキーワードに、インドアなOTAKU LIFEを疾走するペガサス(←動物占い)が日常を晒すブログ…

August 2006

ブログネタ
.気になったニュース に参加中!
8月21日(月)に「銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)」の一部改正が施行された。
今回の改正内容は、エアソフトガン(6mmや8mmのBB弾を発射するコッキング式エアーガン、ガスガン、電動ガン等のエアガン)の発射パワーに法律による上限を設定し、この上限をオーバーし、かつ現在の空気銃に設けられているパワー以下の発射能力を持つエアソフトガンを「準空気銃」として所持を禁止する、というもの。改正銃刀法の詳細は警察庁のWebサイトに掲載されている(現在はトップページの「新着情報」よりpdfファイルで公開)。

改正銃刀法を要約して説明すると、施行後に所持できるエアガンは「20度から35度の気温環境下で水平にBB弾を発射して銃口から75cmと1m25cmの間を移動する際に、BB弾発射時のパワーが0.98ジュールを超えないもの」に限定される。銃刀法に違反しているかのチェック(測定)では、「20度から35度までの間で0.98ジュールを超えるパワーが1回でも測定されたら違反」となる。測定は複数回行われることが推測されるが、「20度と35度で規定値を超えなくても、27度で規定値をオーバーした」「10回行ったの測定うち、1回だけ規定値をオーバーした」という状況でも「準空気銃」の所持と認定され、銃刀法違反となる。なお「準空気銃」所持違反の罰則は「1年以下の懲役または30万以下の罰金」。

この改正銃刀法は、すべてのエアガンに適用される。店頭で販売しているもの、ユーザーが所持している(たとえ現在使用せず、部屋の隅にしまってあるもの)もの、例外なく適用される。

だだし、8月21日(月)の施行時点より「準空気銃」の法律が適用される訳ではなく、改正された法律の周知及び、既存エアガンを「準空気銃」以下のパワーに落とすの為の改修期間として、2007年2月20日(火)まで法律適用の猶予期間が設けられている。

では、どのエアガンが「準空気銃」に該当するのかは、自分で調べるしかない。エアガンの業界団体である「日本遊戯銃協同組合(ASGK)」と「日本エアースポーツガン協会(JASG)」では、公式サイトに、それぞれの団体所属のメーカーで所持していても問題ないエアガンと、パワーダウンの改修が必要なエアガンのリストが掲載されている。ただし、両団体ともリストに掲載されているのは過去5年間に製造、販売されたエアガンのみとなるが、まずはここでチェックすることが一番簡単だ。

「日本遊戯銃協同組合(ASGK)」Webサイトはこちら
「日本エアースポーツガン協会(JASG)」Webサイトはこちら

そして、リストに記載されていないエアガンや、銃やメーカーの名前がわからないものは、パワーの弾速計測器を入手してチェックする。弾速計測器はエアガンショップに設置されていたり、市販されている(多くは1万円以上。高価格の理由はもともとが実銃用のため)。大手ショップの「L.Aガンショップ」や「NODA-YA」などでは弾速計測器の通信販売も行っている。また「ASGK」では9月3(日)に東京・浜松町で開催する「ASGKフェスティバル2006」で簡易弾速測定器(紙を何枚貫通したのかでパワーを計測するタイプ)を有料入場者に進呈する(入場料は大人500円。18歳未満は入場無料だが500円を支払えば購入可能)。弾速計測器による計測ができない場合は、エアガンを再度組み立てできないように細かく粉砕して破棄する、というのが安全な処置となる。

改修対象のリストに記載されているエアガンを所持している場合、自分でパワー減の改造を行う(コッキング式の場合、スプリングを短くしてパワーダンウンを行う等)か、製造メーカーにエアガンを配送して改修を依頼する必要がある。メーカーへエアガンを送る方法には、ショップ経由での依頼と自分での宅配便等での配送などがある。自分で配送する場合は多くのメーカーが配送時の送料はユーザー負担、改修費とユーザーへの返送は無料、としているケースが多い。

エアガン業界は既に廃業したメーカーなども多く、そして旧いエアガンなどで特にエアタンクを使用したモデルには、ハイパワーで発射できるタイプも少なくなかった。これらの機種への対処は「ASGK」でも検討中とされているが、エアタンク接続時の発射状況で「高圧エアの注入防止機能」が組み込まれていない機種は、個人的な意見として所持し続けることが難しいと考える。

「準空気銃」の対象となるエアガンは、一説には80万〜100万挺とも言われている。そしてこの対象エアガンには上記業界2団体に非加盟の「デジコン」社製も含まれる。同社のエアガンを所有するユーザーは、特に注意してほしい。ちなみに「デジコン」社のWebサイトは存在しないよう(私自身は発見できなかった。知っている人がいたらコメント等に記入してほしい)だが、パワーダウンの無料改修を行うので同社や購入したショップに問い合わせをしよう。

私が気にかけているのは、ハイパワーで名を馳せた「デジコン電子(デジコン)」社製エアガンがエアガンに詳しい「マニア」にだけでなく、同社製のエアガンと知らずに一般人(あえてこの表現)が所持している可能性が高いこと。私の記憶では、数年前に新聞や雑誌等の広告の通信販売で「デジコン」製のエアガンが販売されていたと思う。この手の方法で購入したユーザーは、自分が銃刀法の違反対象となるエアガンを所持していることに気がついていないと思われる。「デジコン」のユーザー登録がどのようなシステムになっているのかは、私が同社エアガンを未所持のため不明だが、過去にはユーザー登録がうるさくなかった時代(「デジコン」に限らず「JASG」も設立初期は店頭でのユーザー登録がおろそか(実体験)だった。「ASGK」は加盟メーカーにユーザー登録を任せており、この登録は任意)もあり、改修への連絡が徹底されないかもしれない。

改正銃刀法施行のニュースはテレビや新聞でも大きく報道されておらず、いくら警察庁や業界団体、メーカ、ショップが告知活動を行ってもその情報が届いていない、という事態になりかねない。

私自身は、これまでに20〜30挺のエアガンを所持し、銃器専門誌「Gun」誌を15年以上購読・愛読している「ガンマニア」だ。自分のエアガンをすべてチェックしたが「準空気銃」に該当するエアガンは持っていなかった。ただし、安全リストに掲載されているエアガンでもパワーがありそうなモデルに関しては、改めてチェックするつもりだ。それにしても、改正銃刀法の施行という時期にあわせて発売された「Gun」を含む3つの銃器専門誌のうち「コバットマガジン」と「アームズマガジン」がこの問題を大きく取り上げなかったのは、一体どういうことなのだろうか。この2誌は立ち読みしかしていないので、私が記事に気がつかなかった、と信じたい。


改正銃刀法の施行を知らなかった」では済まないので、エアガンの所有者はすぐにチェックするように。

ブログネタ
アーケードゲーム に参加中!
お気に入りの業務用レースゲーム「バトルギア4」のアップデート版で11月末稼動予定の「バトルギア4 Tuned」のロケテストを実施しているので、早速プレイしてきた。なお「バトルギア4 Tuned」の詳細は過去ログを参照してほしい。

ロケテストの実施場所は、渋谷(TAITO STATION渋谷)、秋葉原(秋葉原Hey)、高田馬場(TAITO STATION高田馬場)、そして香港!の4箇所。期間は8月31日までの予定らしい。

ちと長くなりそうなので、興味のある人は「続き」へGO!


続きを読む

ブログネタ
時をかける少女 に参加中!
久しぶりに都内に用事があったので、時間をつくって映画を観てきた。
作品は各所で話題のアニメーション映画「時をかける少女」。テアトル新宿の朝イチの回に足を運んだが、上映開始から1ヶ月以上経つのに7割〜8割の入りだった。

いや、確かに評判が高いわけだ。この作品は「面白い」というよりも「爽やか」だった。そして夏にピッタリの物語で、とても満足した。

物語の原作は筒井康隆の小説「時をかける少女」となっているが、映画の内容はその物語の後日談、というか原作のヒロイン・芳山和子を叔母にもつ都内在住の女子高生・紺野真琴が体験する青春ストーリー。真琴は、ひょんなことから過去に遡ることができる能力「タイムリープ」を得て、その能力を思うがままに使い出したことから、遊び仲間の2人のクラスメイト、津田功介と間宮千昭との関係が微妙に変化していく…、といった展開になる。

うーん、内容を細かく説明するとネタバレ全開になるので、詳細は伏せます。この作品は予習せずに観た方が絶対に面白いです。ちなみに公式サイトの情報ぐらいならネタばれになりません。
序盤は笑えて、中盤はハラハラして、そしてラストは「じーん」となりました。

そしてこの映画では「アニメーション」による表現の魅力が詰まっていた。
もしも同じ内容で実写化した場合、生々しさが出過ぎてここまで爽やかな映画にならなかったと思う。
真琴をはじめとするキャラクタたちの「瑞々しい清涼感」をはじめ、抜けるような青空と柔らかな雲、美しい夕焼け、丹念に描かれた街並み、それらの映像が本当に心地よかった。
それに真琴が「弾けている」シーンでは画面いっぱいに楽しげに動いているし、心情を語るようなシーンでは、キャラクタと風景が一体化するような「引き」のカットやじっくりと語りが描かれる「静」の情景で表現されている。このメリハリのある画面構成も作品に集中できた一因だと思う。

とにかく優れた青春映画でした。
真琴のイラスト(公式サイトのトップ画像)に惹かれた人ならば、きっと満足できる作品だと思います(僕が劇場に足を運んだポイントは、まさにこのイラストでした)。
そして、自宅のDVDじゃなく、劇場で観る価値のある作品です。




きのう、サンの飛行機みたいな実在したいなぁ。
ただしサンが東京に登場したかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「あでりー」が書きました。

ブログネタ
エロゲ に参加中!
2週間待ったぜ!イリュージョン

以前ブログにアップしたSexyビーチ3体験版の追加データ「いたずら大好きパッチ」のダウンロードが始まった。

公式の通信販売を利用しててホントに良かった…。
何せメール会員(サイトからの無料メルマガ登録)では、配信が8月11日(金)になっちゃうし。
今回の「いたずら大好きパッチ」を導入すると、
(1)「マーメイドパープル」と「ホワイトスノー」の水着でブラの中に手が入れられる
(2)「ホワイトスノー」でオイルを水着の胸の部分に塗ると、オイルを塗った部分が透ける
(3)「マーメイドパープル」でブラの谷間の紐をひくとおっぱいポロリ!(←ポロリというよりもボロン、といった感じ)
というプレイが楽しめるようになる。
相変わらずのバカっぷりが最高だ!
まさに夏真っ盛り

で、さっそくプレイ画像をUP!
「いたずら大好きパッチ」でのオススメプレイは「ホワイトスノー」の半透け水着の中に手を入れて乳揉み。
おっぱいポロリによるバエルの「爆乳ボーーーン」よりも、半透けのほうがセェクスィィィ!だと思う。

まあ微妙にH画像なので「続き」からどーぞ。
あと、ゲーム内からタイトル画面に戻ると前の「日焼け」がボディに残る(これはノーマル体験版の機能)なので、小さいお友達はこの画像(全部クリックして拡大)でガマンしてね♪

sb305sb306








続きを読む

史上最悪の試合をテレビで観た。
プロボクシングWBAライトフライ級王座決定戦。

元々、俺は亀田親子の態度が気に入らなかったからフアン・ランダエタ選手を応援していた。
社会人というか、人として最低限のマナーや礼節を持てない人間を応援する気は全然なかったので、ランダエタ選手に声援を送っていた。

俺は日本人選手が挑戦する世界戦の中継ぐらいしかボクシングの試合を観ないけれど、今回は初回にランダエタ選手がダウンを奪った後、中盤までは互角に近い戦いだったと思う。(亀田興毅は手数、ランダエタ選手はいい当たり、という感じで)
8ラウンド以降はランダエタ選手が優勢になり、10ラウンド以降は圧倒していたと思った。

でも「亀田もよくやった」という気になって判定を待っていたら、あの結果。

どー観ても負けてるだろ。
ミッキー・ロークのネコパンチ以上のイカサマ試合だ。
今日の試合は「プロボクシング」じゃなくて「愚弄ボクシング」。
2名のジャッジを買収でもしたのか?

今日以降、絶対亀田兄弟の試合は生で観ない。
判定で負けることが有り得ないことが分かった以上、対戦相手が勝利するにはKOしか
ない。そして、その日がすぐに来ることを切に祈る。

まあ、TBS以外のマスコミ、まともなボクシング関係者、そして日本中の大半の国民が今回の亀田興毅の勝利に疑問や疑惑、有り得ない、と思っている事実だけが救いだ。

ニュースページやらにリンクを張ろうかと思ったけど、意味ないから止めた。
誰もが「おかしい判定」と思っていることを、当人やトリマキ連中はどう思っているのやら…。

それにしても、今年いちばんの不愉快な夜だ!

明け方、ないからテレビなどなりようもなかった風物詩をツマラしないダメさ加減だった
ほんとにお疲れ様
中居じゃなくて若手お笑いとかが司会をしてたら、収拾つかない崩壊現場になってただろうに…


以下、コーナー別の感想
と、ペガサスは考えてるはず。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「あでりー」が書きました。

↑このページのトップヘ