跳べないペガサスの徒然なる日々

「広く」「浅く」「微妙に深く」をキーワードに、インドアなOTAKU LIFEを疾走するペガサス(←動物占い)が日常を晒すブログ…

April 2008

きょうペガサスは、攻略ー!
でも、シラセは、我慢するはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「シラセ」が書きました。

ブログネタ
美少女ゲーム に参加中!
FULLTIMEの「エロ医3D」ですが、ダメだ…、飽きた。というかツマラン。

俺はファーストプレイの場合、基本的にいちばん最初に紹介されるヒロインを狙うので、今回だとナースの美綾になるのだが、見事に攻略失敗。
失敗の理由は、よくわからん。毎日ヒロインの出現位置を全部チェックしながらプレイした。
診察モードとHモードでもちゃんとイカセたハズだし、BADENDを回収後、直前の診察シーンのセーブからやり直したのだが…。
「EXTRA」の「オートプレイモード」を確認すると、序盤のイベントシーンを押さえていなかったので、どっかに抜けがあった模様。

というか、「エロ医3D」って攻略に失敗しても、そのまま他のヒロインとの話に続くのね。普通は個別ルートに入ると他のヒロインに浮気できず、攻略失敗のBADENDに進むのだが、うーむ。2週間分のプレイがパーになった。

その後、そのまま可南狙いに切り替えてプレイしたら、今度はエンディングにいった模様。スタッフロールが流れた後、今回もそのまま次のキャラに進めるようになったが、もう飽きた。

えっと、このゲームは「全員同時攻略」が原則のようです。しかも、毎日ヒロインを変えて、5人のヒロインが1巡したら同じパターンで2巡目…、というようにプレイしていかないとダメっぽいです。ふたりのヒロインが混じった3Pもあるし、ハーレムENDが用意されているので、その辺を考慮しながらプレイしないと面倒なコトになるみたいだ。

ヒロインの出現場所は曜日固定っぽいのに、特定のイベントは全く別の場所で発生するみたいだし、日常イベント会話は毎回同じ。いい加減飽きるって。しかも場所を探ると大半が「誰もいないな…」ばっかりで、そのたびにマップ読み込みの「LOADING」画面を見るハメに。「スカ&ハズレ」の画面を見るために1回約10秒ぐらいの「LOADING」を何度も見ていると、ゲームを続ける気が萎えてきた。

そして、これは自分にとっては予想外だったのだが、ヒロインをグリグリ動かす「診察モード」「Hモード」は、最初の1、2回だけなのね。その後はムービー風の「オートプレイモード」を延々見ることに…。いや、「Hモード」では、回数をこなすたびに体位や衣装が次々に増えていく、と思い込んでいたので、この展開には呆然。全然面白くない…。
はっきり言って体験版で満足できる程度のレベルだった。しかもアングルに問題ありで、トイレでの座位では、男目線のカメラアングルを取ると便器の水洗器の陰が入ってしっかり女の子が見えない!という事態も…。俺はどーすればいいのだろうか?

シナリオも、「ヒロインを堕としていく」感じが薄かった。凌辱&背徳感はなく、ふたりのヒロインをプレイする限り、「テキトーに言いくるめられて、なし崩し的にH」な展開だったので、全然淫靡な盛り上がりが感じられなかった。

そして極めつけは、声優さんのHボイス…。エロさ皆無で、「あーっ、あーっ」って言ってるだけ。全然喘ぎ声に聞こえなかった。ボイスの抑揚や艶、陰影のなさには哀しみがこみ上げてきた。H中のセリフもほとんどなく、洋モノポルノの女優の演技ばりの単調かつツマラナイHが続きます。リアルタイムHでも「オートプレイモード」でも同じで、こんなエロさのないHボイスは久しぶりだった。

ということで、もはや他のヒロインをプレイする気力がない&時間のムダなので、セーブデータを拾うことにした。
セーブデータ PC
でググるとイチバン最初に示される老舗のエロゲセーブデータ保存サイト様(迷惑がかかると申し訳ないので、サイト名と直リンは避けさせていただきました)にアップされていたので、こちらからDLさせてもらいました。

最後に。
購入検討者は、必ず体験版をプレイしてから判断すること。
操作感覚(データの読み込み時間とかキャラの動き)は製品版と体験版で違いがほとんど感じられなかったので、これから判断してください。
そして、「よっぽどヒロインに興味&思い入れ」がない限り、俺はオススメしません。
操作が重くて「LOADING」に時間がかかっても、「らぶデス2」のほうが作品として(シナリオは一部?だったが)ずっと満足できた。

ということで、これから「らぶデス2」のあゆみと琴センパイに会いに行ってきます。
口直し、口なおし…。

ブログネタ
美少女ゲーム に参加中!
FULLTIMEの最新作「エロ医3D」が4月25日(金)に発売された。

メーカー通販は4月24日(木)着だったので、早速ファーストインプレッションを。ただし、まだ1キャラ目のうえ、事実上2日間分のシナリオしかプレイできていないので、Hシーンと「unzip」をメインにした斜め書きになります。
1







エロネタなので18歳以上の人のみ、続きを読むへGO!続きを読む

きのうあでりーが、ぺんたんは告知したかった。
それできのうあでりーが、タイトルに追加したかったの♪
だけど、無料ダウンロードを着脱したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「あでりー」が書きました。

きょう、ぺんたんはレギュラーキャラっぽいダウンロードしないです。

*このエントリは、ブログペットの「あでりー」が書きました。

ブログネタ
エロゲ に参加中!
北海道のエロゲーメーカー「テックアーツ」の新ブランド「Techarts3D(TECH3D)」の処女作で6月13日(金)発売予定の「3Dカスタム少女」の体験版が4月14日(月)に公開された。

細かい話は後日記すとして、さらっと感想だけ。


「3Dカスタム少女」は、元TEATIMEのスタッフで、アニメ調3Dキャラモデラーの第一人者・MA@YA氏が参加しているカスタムエッチシミュレーター。簡単に説明すると、「らぶデス」風のヒロインで「人工少女」のキャラクタカスタムが楽しめる作品。公式サイトを見る限り、ストーリーらしきものは無く、キャラ作成とHに特化したタイトルのようだ。処女作ということで開発期間がずいぶん長く、リリースされるのが不安だったが、体験版をプレイする限り杞憂に終わりそうだ。

で、さらっと本題へ。
操作方法は体験版のマニュアルがキチンとしているので、悩むことはないと思う。体験版では画面の表示サイズは1024×768の固定。AAなどの設定もできない。というか、低スペックのPCでもプレイできる動作環境なので、あえて細かい設定項目を省いている可能性がありそうだ…。

12






体験版では、セーラー、ナース、ア○ミラ、ベスト、スク水、がデフォルトで用意されており、女の子もそれぞれ異なる姿で設定されている。カスタマイズ項目は、目の形や髪型(前後)、メガネに衣装、小物(ネコ耳とか首輪)などなど。基本的に「カスタムアイテム項目(パレット)」からアイコンクリックで「タイプ選択→カラー選択→決定」していく。
あと、胸の大きさがスライダーで変更できるが、最小でも「フツーのバストサイズ」なので、貧乳スキーは残念さんだ(自分含む)。

女の子と衣装のカスタマイズが完成すると、お触りorHが可能になる。
お触りは通常の立ちポーズでも体験でき、キスのほか、胸、下半身タッチ、頭と首筋へのツンツンなどができる。モーションはどれも結構エロイ。
3






体験版のHは、「股を開いた床座り」と「騎乗位」の2種類。体位変更はパレットを開いてアイコンを選択する仕様なので、実際にプレイしていると面倒に感じる。あと、「何かしらの変更」を行う際に、「パレットを開いて操作」となるのがシステム的にはマイナス。服の着脱にショートカット(キーボードの1〜0への割り当て)などが欲しいところ。
ちなみにHアクションを「AUTO」の状態にしておけば、腰を振りながらパレット操作が行える。この辺のシームレス?度はOKだけど、やっぱりパレットを開かずに体位や衣装の変更は行いたい。
4






あと操作系では、ヒロインへの「ズーム(視点前後)」が右ドラッグ、「中心あわせ(視点上下左右)」がホイール、というのがダメ。イリュージョン系の操作に「あわさない」ようにしているのだろうが、実操作でも感覚的にも使いにくい。これは修正するか割り当て変更の機能が欲しい。

このテの3Dゲームは実際にプレイしてナンボのものなので、まずはプレイ!

ただ、個人的には「よく動くしカスタム度も高いが、どーも地味…」な感じが否めません。手堅くまとまっている分、作り手の情熱みたいなものがイマイチ伝わってこないというか…。いや、処女作という点を考えれば「素晴らしい!」と言えるのだが、「ゲームの楽しさ」みたいなものを感じにくいのよねぇ。

あでりーはスタートするはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「あでりー」が書きました。

シラセは、今期イチオシ診察するつもりだった。

*このエントリは、ブログペットの「シラセ」が書きました。

↑このページのトップヘ