跳べないペガサスの徒然なる日々

「広く」「浅く」「微妙に深く」をキーワードに、インドアなOTAKU LIFEを疾走するペガサス(←動物占い)が日常を晒すブログ…

September 2013

こんばんは

先日、TEATIMEの「らぶデスFINAL!」の感想をアップしてから、PVがいつもの倍ぐらいになって驚きました。まあ、これまでもエロゲ新作の感想をアップするとPVは増える傾向にあるのですが、平日に即反応してくるとは…。

さて、9月6日(金)に「らぶデスFINAL!」の追加データの第2弾が配信され、どうやらこれでアップデート関連も終わりのようなので、追加の感想などを書こうと思います。

で、前回の記事でHパートで選択できる場所の数を25カ所と書きましたが、すみません、あれ間違いでした。
追加データ第2弾を入れてプレイしているときに、マウスホイールをスクロールしたら次のページが表示され、全部で39カ所ありました。
ちなみに、2ページ目に表示される施設は↓のとおりです。
1


あと、個人的に?だった、「受け」「攻め」のキャラクタ選択画面に表示されていた「衣装選択」が、追加データ第1弾のアップデート「たむたむす〜る衣装の着替えを追加」だということに気づきました。「衣装選択」は、あらかじめ「たむたむす〜る」で選択衣装セットを組み合わせておかないと使えないそうで…。でも、1つの設定でいわゆる「服」は4組セットできても、靴下や下着は1組しかセットできないのは仕様ミスと思われても仕方がないのではなかろうか?
まあ、すぐに脱がせてしまうので、問題ないといえばそれまでですが(笑)。
23







ゲーム本編は、追加データ第2弾の楓と愛美のVSシナリオもクリアして、全アイテムを揃えました。
が、さらなる要素が公開されることもなく、淡々とクエスト選択が続いています。
ちなみにメインで進めているエイルはレベル90に達し、ゲーム全体の難易度を上げても、ほぼ無敵の状態です(笑)。続きを読む

お久しぶりです。しばらく放置していたら9月に入ってしまった…

さて、今回は8月30日(金)に発売されたTEATIMEの最終作「らぶデスFINAL!」の感想です。

TEATIMEとFULLTIMEの解散が発表されて、「残念」というな気持ちと「ああっ、時が来たか…」という思いが交錯しました。キャラクタのモデリングはナイスだけれど、ゲームが重くてかなりの高性能PCじゃないとマトモにプレイできない、という環境から抜け出せずにいたので、ここ最近は新作が出てもスルーしていました。
しかし、「らぶデスFINAL!」が最終作ということで、これまでの感謝の気持ちもあって購入しようと思ったら、公式通販ではあっさりロットアップ。「まあ縁がなかったか…」と思って半ば諦めていたのですが、8月31日(土)に横浜のソフマップに足を運んだら2本だけ残っていたので、ゲットした次第です。

以下、ゲームの内容&感想です。激しいネタバレ有

<3Dアクションパート>
ゲームの基本は3Dアクションで、ヒロインに武器を持たせてモンスターと戦っていきます。ゲーム開始直後にストーリーモードでプレイするキャラクタを選択し、村の依頼受注所でクエストを選択して物語を進めていきます。このクエストには、腕試しのステージ「修練場」のほかに3タイプの展開が用意されています。

1、エイルorロタのストーリーシナリオ
「らぶデスFINAL!」の新ヒロインの物語。これが基本

2、Chapter
さまざまな場所でモンスターや立ちはだかる敵と戦う展開。ただしストーリー的なものはナイ

3、VSらぶデスヒロイン
時空を超えて遭遇した(笑)、「らぶデス」シリーズの人気ヒロインと戦う

03

ぶっちゃけ、エイルorロタのストーリーシナリオ以外は、物語と呼べるシロモノではないです。といっても、エイルorロタのシナリオも「ほとんどオマケ程度」の内容なので、「緊迫!」とか「感動」等々とは無縁です。

では、バトルシーンが盛り上がるのか、と聞かれると、「アクションゲーム初心者にも優しい仕様」と言うしかないです。
0205







最初のうちは武器屋で購入した武器を変えてみたり、同時に多数出現するモンスターを数匹ずつ誘導してボコられないように気をつかいながら戦っていましたが、ロケットランチャーを装備したら、いろいろな小細工が全く無意味になりました。敵が近寄ってくる距離よりも遠距離からロケットランチャーを連発するだけで、ほぼ無傷でステージクリア。片手にロケットランチャー、もう片手に撃ち漏らし対策の剣「小銃兼正」を装備し、保険として魔法「ホーミングレーザー」をつければ、あとは単なるジェノサイドタイムと化しました。
06

そのうえ、「あるアイテム」を装備すると「攻撃した感」もほとんど感じないままステージクリアとなる、ビーターも真っ青の反則技(正規アイテムだから反則ではないのですが)も完備されています。
そうそう、俺はゲームパット(PSコントローラーを繋げるエレコムの「JC-PS101UBK」)を使ってプレイしました。ゲームパットの設定はトップ画面のコンフィグから行えます。
04


ほんと、アクションパートはオマケみたいなものです。まあ、コレを求めているユーザーがいるとは思えませんが…。
というわけで、次はHシーンについてです。
「続きを読む」からどうぞ!




続きを読む

↑このページのトップヘ