跳べないペガサスの徒然なる日々

「広く」「浅く」「微妙に深く」をキーワードに、インドアなOTAKU LIFEを疾走するペガサス(←動物占い)が日常を晒すブログ…

カテゴリ: PCゲーム

こんばんは。
本年も放置気味のブログにお越しいただき、いろいろとありがとうございました。

さて、今年最後っぽいブログですが、12月26日(金)発売のイリュージョンソフト「はーれむメイト」について、さらっと感想を書いておきます。※以下「はれメ」で表記。
5
現状のプレイ段階はプロローグが終わって、5人のシナリオが始まったトコロです。ざっくりとした感想では、「いつものイリュージョンソフト」といった感じ。つまりは「かゆいトコロに手が届かないし、全身かゆいトコロだらけ」というレベル。でも「箱」や「リアル彼女」といった核地雷(個人的な感想です)と比べれば、十分楽しめそうです。
そして、やはり「ジンコウガクエン2」はオーパーツだったと再認識しました。

公式HPやきゃらめいく体験版でも感じていましたが、やはりキャラクタ造形がイマイチです。
「可愛くない」わけではないけど、どうも全体的に「人形的な硬さ」があります。そのせいか、キャラクタというようりもボークスのスーパードルフィーがゲーム内で動いているような雰囲気があります。
あと、気になったのが、眉から瞼にかけてのモデリング。肌の塗りの関係などもあるのかもしれませんが、眠る(瞼を閉じる」動作のある人形のように、はっきりと目のオブジェクトが別に配置されているのが分かります。ある程度は3Dモデルの宿命と割り切れるのですが、「はれメ」だけは、残念ながら違和感がぬぐえていません。
ただし、ボディラインのカスタマイズだけはGoodです。胸回り→腰(上部・中部・下部)→腿(上部・下部)→脛、と上半身から下半身への体型の区切りが細かく設定できるので、滑らかなボディラインが作れます。

本編(ストーリーモード)は、相変わらず「とってつけたような」シナリオです。期待していなかったものの、少なくとも現時点では必要なかったのでは?と感じています。肝心のエッチパートについては、「続き」に書きますが、とりあえず処女喪失表現(破血)ナシ&射精アクション(スパイダーウェブ)ナシ、はマイナスポイント。女の子の絶頂と男の発射モーション(体が小刻みに震える)はあるものの、外出しではいきなり「謎の白い液体」が付着します。
そして5回ぐらい女の子をイカせるとアヘ顔になり、これはエッチの種類を変えても継続し、一部の体位ではパターンが通常時から変化します。

さて、他のモードの「オーディション」と「撮影」についてです。
「オーディション」は「女の子をスカウト」と言っていますが、フリーモード(Hと撮影)に使用できる女の子を選ぶ(キャラクター欄に登録する)ことです。ぶっちゃけ、エロ映画や官能小説の「人身売買のオークションシーン」みたいなもんです。しかもスカウトするのに特定の条件(資金が○○なきゃダメ、ストーリーを××まで進めてマネージャー力が高くないとダメ)があるわけではないので、ゲーム的な面白さは皆無です…(その分ラクともいえますが)。
8
「撮影」は、まあ、毎度おなじみの機能です。フリーポーズ(ここでの意味はTEATIMEのIK(インバースキネマティクス)システムのことです)的な操作は追加ダウンロードコンテンツの「ハーレムスタジオ」で楽しめます。
本体に搭載されている「撮影」モードは、「ハーレムスタジオ」の簡略版といった感じです。女の子に指定のポーズを取らせて、背景(ステージやプール)を選択して撮影、という流れです。
9
この中で、ちょっと特殊なのが「撮影スタジオ」での撮影です。
※ここ以降、1時間以上入力した文を飛ばしてしまったので、略して書き直しています。
12
「撮影スタジオ」では、8キー(または9キー)を押すと、デフォルトで「C:\illusion\HaremMate\UserData\bg」フォルダ内にある画像が、白い背景布に順次表示されます。サンプルとして13種類の風景画像が入っていますが、
ここに画像ファイルを追加することで、オリジナルの背景を使った撮影が楽しめます。
で、やってみたのが↓です。
34
「アイドル+撮影=ソフマップ」ということで、例の背景を作ってみました。ロゴを加工し、サイズを調整したら約2時間…。でも、こーゆー無駄で楽しみを見つけられるのが、3Dエロゲのいいところだと思います。
ちなみに、被写界深度などの調整は意外と効果ありそうです。リサイズすると分かりづらいのですが、アップにすればするほど、それらしく見えます。
1213
右の画像は原寸(1920×1080)から切り出したものです。

※2014/12/30/09:00追記
朝起きて、ソフマップ背景を少し手直ししました。1枚目は「ハーレムスタジオ」でピントや被写界深度をいじったものです。「ハーレムスタジオ」のほうが微調整が効きますが、お手軽なのは本体の撮影モードです。
14

15


あとはエッチシーについて簡単に。
「続きを読む」へ
続きを読む

こんばんは。

仕事帰りにアキバに寄って、ソフマップに行ったら売っていたので買ってきた。
イリュージョンソフトの「ジンコウガクエン2 アベントディスク」を。
5

本当は「アベントセットII」をダウンロード購入するつもりでしたが、DVDトールケースでの販売&パッケージデザインが妙に企画モノのAVっぽかったので、レジに持って行ってしまいました。

で、追加性格&髪型は置いといて、とりあえず既存のキャラにベストを着用させてプレイ開始。
そしたら何と、ベストのおぱんつは紐パンじゃないですか!
着替えさせてた時は気づきませんでした。
しかも挿入時は、片方の紐だけ外した状態、ときたもんだ。

これだよ、これを待っていたんだよ…。
イリュージョンは、やればデキル子だけど、基本アホの子なんだよ…。
ナゼ、最初から紐パンを導入しなかった。
ナゼ、ブレザーの時に紐パンを導入しなかった…。
「ひょっとしたらブレザーでも紐パンにアップデートしたのでは?」と、即1日を終わらせて着替えを確認しちゃったよ。モチロン、無駄足だったけどね。

ということで、ウチの指定服はベストになりそうです。
取り急ぎご報告まで。続きを読む

ほとんど1ヵ月ぶりの更新です。

何だかダラダラ?という感じで過ごしていましたが、先日、12月12日(金)発売予定のイリュージョンソフトの新作「はーれむメイト」を予約しました。
相変わらず、とってつけたようなストーリーが用意されているのが、却って不安にさせてくれます。
一番のウリであるハーレムプレイは、微妙な気がしていますが、キャラクタカスタマイズ機能と撮影グラビア機能だけで、そこそこ楽しめるのではないかな?と思っています。
期待度が低ければ、プレイ時のSAN値減少幅も小さいでしょうし(笑)。

ちなみに購入動機のナンバー1は、予約特典の「すくぅ〜るメイト 由芽セット」です。
予約を入れた後、久しぶりに「すくぅ〜るメイト」を立ち上げてプレイしてみましたが、発売から7年も経っていたとは…。由芽役の声優・中家志穂さんも、今になって再び由芽の声をあてるとは思いもよらなかったことと思います。

「すくぅ〜るメイト」は、イリュージョンが声優さんの名前を全面に押し出してプロモーション展開した最初の作品だあった気がします。
1

5人のヒロインの声優さんは、今でもメイン級の方々ばかりです。
あと、3Pとかレズプレイとか、意外とHシーンは充実しているので、アニメ調スキな人なら、現役として使えるかも?

閑話休題

その1
Lipoバッテリーを導入した電動ガンですが、相変わらず撃つ機会がありません。
なのに、Aimpoint COMP M2タイプのドットサイト(もちろんレプリカvee.)を買っちゃいました。
23


COMP M2のレプリカが多くのメーカーから発売されていますが、これは香港に本社があるG&P製です。
G&P製のアイテムは、自分でもいくつかのパーツを購入したことがあり、また、購入者のレビューを見ても「価格の割には良品」ということでした。ただし現行のラインナップからは外れているようで、ネットで最安値の店舗を調べてみました。また調べているうちに、ブースターアイテム(倍率アップ。一般的なドットサイトは無倍率)「2X マグニファイヤー」があること、COMP M2のレプリカの大半はハイマウントがセットされている(G&Pはローマウント)、という点も購入動機に追加されました。画像のSIG SG550に取りつけたCOMP M2レプリカには「2X マグニファイヤー」を装着し、さらに別途購入したバトラーキャップを付けています。

その2
秋葉原のゲームセンター「Hey」に、月に1、2度、足を運んでいます。目的はタイトーのレースゲー「バトルギア4 Tuned」と、バンプレストの縦シュー「超時空要塞マクロス」の2つ。「バトルギア4 Tuned」は、今となっては超弩級Cをレースモード(レベル10)でのプレイしかしていませんが、レース中は頭をカラッポにできる、自分にとって最高のゲームです。「マクロス」もリリース当時(1992年)によくプレイしましたが、1コインでの1週目クリアは1度だけだったと思います。当時も6面(全7面)で終わることが多かったのですが、ここ最近、ボスのゴル・ボドルザーまで行けるようになってきました(でも7面での無駄死に多過ぎ)。敵の出現・攻撃パターンを思い出して、かつそれに対処できるように操作するのは、年寄には難儀ですが、頑張ってます。

で、9月から「Hey」ではなぜか「タイムカード」が用意され、先着300人に配布されていたので、「タイムカード」で出社管理(笑)しています。
4

個人的には「タイムカードを持っていても何の特典もナイ!」というのがイイ感じなのです。そして17日に行ったら、タイムカードの更新告知がなされていたので、早速2枚目のタイムカードに更新してきました。ちなみに更新期間は11月15日までのようです。
1


続きを読む

こんばんは。
やっと、ブログに費やせる時間が確保できました。

前回のブログアップの後もイリュージョンソフトの「ジンコウガクエン2」を結構な頻度でプレイしていたのですが、7月25日(金)に発売されたtone work's の「星織ユメミライ」を、たまたま7月27日(日)に購入したため、そちらをプレイしていました。何となく前評判を聞いていて、「ふーん」という感じだったのですが、偶然、ソフマップ横浜店で特典付きの店頭在庫に遭遇したので買ってみた、というのが事実です。で、9月に入って「星織ユメミライ」をコンプリートしたので、「ジンコウガクエン2」に復帰しました。

そうは言っても、8月29日(金)には、当たり前のように「ジンコウガクエン2 アベントセット」をDL購入しました。ほとんど休眠状態だった「DL Site.com」のアカウントを発掘し、帰宅後にさっそくインストール。アベントのボリュームと価格を考慮すると、正直「人工少女3 はんなり」のときよりも割高には感じましたが、追加衣装のブレザーが欲しかったので、手に入れました。
1


個人的は「ブレザーにはまっすぐのネクタイ」派なので、蝶ネクタイ固定仕様はちょっと残念なのですが、ブレザーはセーラー服よりもカラーバリエーションがつけやすい気がしますし、先生の衣装もスーツ的な流用ができるので概ね満足しています。ただ1点を除いては…、と、その理由については、ちょいエロネタ入るので、「続き」に記します。

と、その前に。
「ジンコウガクエン2」のオマケ機能?に「sound」フォルダ内の各性格フォルダにwavファイルを入れておくと、カラオケボックスで再生される」というものがりますが、この機能がかなりお気に入りです。
性格に応じた声優さんの歌声をゲットし、oggファイルに変換したものをフォルダに入れてカラオケに誘っています(説明ではwavファイルとありますが、oggファイルでも再生されます。oggの方がデータサイズが軽いので、使用時にはこちらがベターかと思います)。
「ジンコウガクエン2」には、それなりに名の通った女性声優さんが参加しているので、別作品のデモムービーやオープニングテーマ、キャラソンなどを調べてみると、そこそこ歌声を見つけることができます。同じ人がダメでも「とてもよく似た声質の声優さん」まで拡げると、ゲーム内で充実したカラオケライフが楽しめます。
ちなみにイチバンのオススメは、「然」役の御苑生メイさんが歌う、蛇ノ道ハ蛇ソフトの迷作(というかこのブランドの作品は、ほとんどが迷作!?)「狂った教頭No.2 〜この支配からの卒業〜」の応援歌「制服純情 〜先生とわたし」です(笑)。「制服純情 〜先生とわたし」は、女子学生と男の先生(歌声は水野 咲さん)のデュエットソングなので、カラオケボックスにめっちゃマッチしています。そして「妙にいい歌」なのもポイント高いです。
6

願わくば、会話シーンのバストアップで歌ってほしい…。




続きを読む

こんばんは。
また微妙にブログを放置してました。北海道旅行で2つほどネタを書こうと、画像をアップロードしたものの、何だか記事を書くのが億劫になってしまい…。しかも、6月4日には40万Hitを達成したのにスルーという体たらく…。いろいろすいません。

さて、本題
タイトルどおりイリュージョンソフトの新作「ジンコウガクエン2」をプレイしております。
00

発表から間もなく公式通販で予約したものの、なるべく事前情報を入れずにプレイしようと思い、スルー気味にしておりました。また公式通販予約特典の追加性格「曹」や追加データの公開も発表されていたので「きゃらめいく」の体験版も、操作に慣れる程度で中断しました。
で、金曜日の夜からボチボチとプレイ(金夜はほぼ徹夜、土・日は空き時間を使って合計10.5時間ぐらい)していますが、うーん、エンディングを迎える気配がないので、レビューや攻略といったボリュームには達していないのものの、現状での感想などを記しておきます。
ちなみに前作「ジンコウガクエン」は未プレイなので、シリーズでの比較はできません。

以下、「ジンコウガクエン2」に関するネタバレが含まれます。ネタバレが嫌な方は本ブログから退出願います。
また、ネタバレ等に関する苦情等は一切受け付けません。





間もなく本文を再開します。





まずは「ジンコウガクエン2」初回のプレイなので、あんまり考え込まずに進めようと思い、クラスには自分の分身となるプレイヤーキャラクタ(男)と、大きな購入動機である性格「尖」の北見六花さんのボイスヒロインのみを「きゃらめいく」で作成し、他のキャラはデフォルトで用意されているキャラクタをランダム設定で追加しました。
01

ちなみに名前は「北見なずな」。名前の由来については完全スルーということで(笑)。

ゲームの基本は、仲良くなりたいキャラクタと会話し、好感度を上げていく恋愛シミュレーションです。会話相手は名簿から選択すれば、オートでその相手に向かっていきます。クラスの最大人数は20人で、プレイヤーキャラクタ1名と先生1名、他のクラスメイト18人、で学園生活を送ります。キャラクタは任意で男女の人数を配分できるので、某ラノベの主人公のように「自分以外の学園メンバーや先生はすべて女性」や、「男子校」でのプレイも可能。そして、異性間のエッチ関係だけでなくレズやホモのワールドが展開されます。ただし風の噂によると「男×男」は直接描画がなく、暗転してエチ後のシーンにジャンプするそうです。
0203

マップの移動先は画像のとおり。イベントはほとんど学園内で展開され、「カラオケに行こう」や「食べ物屋に行こう」といったイベントでは、駅前マップにあるお店に入ります(ただし、ほとんどは文字のみのイベントです)。最大人数でプレイすると、結構カオスな人混みになりますが、低ポリゴン表示のキャラクタなので、まあ快適にプレイできます。自分のPCは春先にグラボをGeforce GTX750に換装したので、最高画質の設定でも問題なく遊べています。

さて、プレイをスタートしたものの、「きゃらめいく」の段階で北見さんの性格を生真面目系にし過ぎたせいか、はたまた「尖」の基本性格設定が気難しいためか、お話しても全然仲良くなってくれません。というか、1日というか1ターンでどの程度の回数の会話をすればいいのか見当がつかなかったので、猛烈にアタックし続けたら嫌われてしまいました。しかも更衣室に突入していまい、こんなハメに…。
05

キャラへの会話は、朝の通学時間(始業前)、昼休み、放課後(部活前)、放課後(部活後=帰宅)、という1日に4回ある自由時間に行えます。1回の自由時間はそれなりに長く設定されているので、ひとりにつき10回ぐらいの会話選択を行い、かつ他のキャラクタ元への移動やステータスアップの自主練(勉強する、運動する等)などを、それなりにこなすことができます。また、それなの行動が不要なら、一気に時間進めるスキップボタンもあります。

そんなこんなでプレイしていると、元気でちっちゃカワイイ金野さんからアプローチを受け、「WHITE ALBUM2」の春希君の如く、心の本命がいるのに他の女の子と付き合う事態になりました。いや、北見さんとラブラブになる状況が難しいと感じた段階で「このプレイを捨てる!」という選択肢もあったのですが、それも何だかなぁ~と思い&、いい加減エッチシーンが見たくなった(この段階できゃらめいくを含め6時間ぐらい経過)のでプレイを継続しました。
07
04

金野さんに告白してエッチをどんどんしていったら、強烈なラブラブを受ける展開になりました。そんな中でも性懲りもなく北見さんに話しかけると、今度は金野さんが会話に割り込み、凄いヤキモチを焼かれることに…。さらに、身近なところでカップル(ノーマルカプ、同性カプはお構いなし)が出来上がっては別れる(やることだけはヤッテる)、というリアルであったら人間不信がさく裂しそうな出来事が続発しています。
06

キャラクタ同士の友好度や個々のステータス(エッチ済みの回数やカップルで行ったHプレイの種類・回数等)は、「お地蔵さん」に行くと確認できます。

で、金野さんとの恋人関係をキープしつつ、北見さんへのアプローチを続けるには、金野さんが「この泥棒猫!」と思う女の子を北見さん以外にするのが得策と思い至り、何度か遊びに誘ってきた長沼さんを口説き、現在二股を続けているところです。
08

長沼さんは既に4人のクラスメイトと関係をもっていました。そして後ろの方が嬉しい性癖でした。

正直、ひとりの女の子とだけ付き合い続けることを限定してプレイすると、同じイベントの繰り返しになってしまい、飽きがきます。リアルだったら極悪非道すぎな感情ですが、「ジンコウガクエン2」の本質は、「めちゃくちゃな恋愛観の学園生活を送る」「どいつもこいつもやりまくり」ということだと断言し、自分の行動を正当化することにしました。

自分はこのままプレイするつもりですが、とりあえずエッチ全開で楽しみたいのならば、プレイヤーキャラクタの性格設定をラノベの主人公的な「オレ強ぇ〜!!」状態にし、かつ他のキャラクターの性格を明朗系、人格の貞操観念を「低い」、にするのがいいようです。但し、自分以外のクラスメイトとも関係を持ちまくる「寝取られ」への耐性が必要な気がします。

あとは、プレイヤーキャラクタを作成する際に、ハイレベルのステータスが設定される通称「キラカード」になるまで、「きゃらめいく」を繰り返すのがいいと思います。
16

「キラカード」は、「きゃらめいく」でキャラクタをセーブする際にランダムで設定される。いわゆる「公式チート」なものとなり、自分の感覚では出現率が0.5%〜1%ぐらいだと思います。

今日のところまででは、結構楽しめています。
本腰を入れて考えすぎてプレイするよりも、「恋愛脳&肉欲学生のカオスを楽しむ」という感じのほうが、より楽しめる気がします。

あと、エッチ関係については、ちょっとだけ「続き」のほうで取り上げます。
ではオヤスミなさい…。続きを読む

みなさん、こんにちは。
本年もロクに更新しないブログにお越しいただき、ありがとうございました。

いろいろなゴメンナサン&数時間早いお年玉? という訳でもありませんが、テックアーツ3D「3Dカスタム少女」のmod「WHITE ALBUM 2」の峰城大付属の制服を、「跳べないペガサスのアップローダー」にアップしました。
みほん1


アニメ見て、PC版をプレイした「WHITE ALBUM 2」ですが、やっぱり最後までかずさ&CCのヒロイン・小春がお気に入りでした。で、Hシーンの制服姿がかなりツボっていたので、カス娘で再現したいな…、と作り始めました。
が、とにかく時間がナイ、取れない…。
ノーマルの制服は12月のアタマには完成したのですが、半脱ぎバージョンに予想外の時間を費やしてしまいました。帰宅後の平日夜の作業ははかどらず、週末は体調不良やらモチベーションDown等々、全然進まない状態が続き、クリスマス前の連休&昨日、そして今日のニコ生の「ソードアート・オンライン一挙放送」をながら見しながらの作業で、何とか形にした次第です。それにしても「アインクラッド編」は何度見ても面白い。

小春は、髪型や下着まで手を付けたかったのですが、基本パターンで断念してアップします。
みほん4


あんなこんなで、Bullet(バレット)の「3D少女 カスタムエボリューション」まで手をのばせない状態ですが、久しぶりにカス娘のmodを作って、改めて「3Dカスタム少女」の基幹システムの「シンプルイズベスト」さの素晴らしさを感じました。

modの不具合等のチェックは一応しましたが、問題があればコメント欄にメッセージをお願いします。

[ダウンロード認証キー]は「続き」にあります。

では、来年も宜しくお願いいたします。続きを読む

こんばんは。
11月18日(金)に発売されたテックアーツの新ブランド・Bullet(バレット)の処女作「3D少女 カスタムエボリューション」が土曜日の朝に届きました。

土曜日・日曜日の「遊びタイム」をソコソコつぎ込んでプレイしたので、さらっと感想などをまとめます。
ゲームは、AIによって自律的に行動・生活する「3D少女(以下:エボ子)」と一緒に過ごす「3Dリアルタイムカスタムエッチライフシミュレーター」。エボ子は、外見や衣装をパーツごとに変更することができ、好みの容姿の女の子を作成し、
自宅や商店街、病院、海岸などの「街」を歩き回りつつ、エボ子とエッチなことを楽しんでいきます。
同様の作品では、イリュージョンの「人工少女」シリーズがあり、自分もかなり遊び倒しました。

さて本作ですが、テックアーツ3Dの「3Dカスタム少女」の流れを汲む要素が多いので、何かと比較されています。まぁ当然のことなので、今回の感想でもその辺がメインになりますが、自分の最大のポイントは
「身長スライダーが、やっとリアルになった!!」
ことです。
あ、この辺は後述にて…。
では、つらつらと。

日常パート

基本的に、エボ子は、ふつうの人の毎日の行動をとっています。
歯磨きしたり、料理を作ったり、テレビを見たり…、と「ひとりで行動」しているので、プレイヤーキャラ(主人公)が隣にいても、話しかけてくるようなことはありません。
D02D03

主人公がエボ子に近寄ってアクションをとると、膝枕や頭なでなで、手を繋いで一緒に移動(実際は主人公の後ろについてくる)などが楽しめます。
C01D01

日常パートの行動ですが、数時間もプレイしていると、物足りなさを感じてきます。1日の想定時間が長いせいか、次の行動まで間延びしたように思えることが多いです(特に料理)。あと、料理を作っても主人公の分を作ってくれないのは残念…。独り言や会話のパターンもそれほど多くなさそうで、「女の子とのやりとり」を楽しむには、もっと多くの表現が欲しいところ。
またNPCが1エリアに数人しかおらず、最大でも1画面にはエボ子、主人公、NPCの3人しか登場しません。なので全体的に寂しい雰囲気になっているのも気になりました。

あと移動方法ですが、主人公はマウスカーソルを指した位置に歩いて(走って)いくという仕様のためか、マップ埋めのためのプレイで3D酔いしました。ちょっと前に紹介したティータイム「らぶデスFinal!」や多くのPC用3Dゲームで採用されているWSADキーによる移動ならば3D酔いをしないのですが、今回は途中で胸がムカムカしてきました。そういえば、マウスベースの移動はイリュージョンの「@ふぉーむメイト」でも採用されていたはずですが、どちらかといえばご遠慮願いたい操作方法です。
※追記:2013/11/18のver1.03アップデートでWASD移動に対応しました

このほか、エボ子や風景などはカメラモードで撮影できますが、カメラモードの使い勝手・機能は「3Dカスタム少女」のほうが上だと言えます。「3Dカスタム少女」には画面の傾きやフィルター機能などがあり、キーボードの「PrintScreen」で即座に撮影できました。しかし本作では、「カメラボタンを押す」→「視点がリセットされてアングル、ズームを決める」→「撮影ボタンを押す」となり、サクッと撮影できないのが残念。またメニュー画面(カスタムパーツの選択画面)なども撮影できません(これはたぶんシステム的な問題かと)。

エボ子のカスタマイズ

エボ子のカスタマイズ方法は、「3Dカスタム少女」に準拠しています。大きな違いは、髪の毛の色の組み合わせが統一されている点(前髪が銀で後髪が金、などが不可)、デフォルトのカスタムパーツ数が「3Dカスタム少女」より少ない(髪型に「3Dカスタム少女」で実装されていたものがなかったり、服のカラーバリエーションの数が減っている等)、などで、この辺は今後のアップデートに期待したいところです。

反面、パーツには長ズボンやロングスカート、着物(袖付)、ハイヒールなど、「3Dカスタム少女」には実装されな
かった衣装があり、また私服のデザインも洗練れている感じなので、デフォルト状態の見た目では本作の方が可愛さアップしています。身体の色にも日焼け系のほか、グリーンやグレーがあり、トンガリ耳パーツなどでファンタジー系の亜人種も気軽に作成できます。あと、銃や刀剣類、SFチックな衣装パーツ(脚部スラスターやバックパック)、ガスマスクといった「変わり種」のアイテムも、それなりに揃っています。
C04C02


エボ子の声は、「3Dカスタム少女」の女の子と同じ声優さんです。自分は、この声優さんの声が大好きなので嬉しい。なので、ぜひとも会話パターンをもっと増やして欲しいし、場所にあった会話パターン(洞窟や拷問部屋なら恐がる、みたいな変化)もあれば尚よろしい。またNPCは別の声優さんのようですが、ちょっと自信ないです。

そして、個人的にイチオシなのが身長スライダーと体型スライダー。
「3Dカスタム少女」と異なり、本作ではエボ子の大きさがリアルに変化します。下の画像は、同じ位置でスライダーを変化されたものです。左の画像は左のエボ子から「身長小・体型細」「身長小・体型太」「デフォルト」「身長高・体型細」「身長高・体型太」で、右の画像は身長小と身長高でのパイズリでの身長差を写したものです。
S03S02

エッチシーンで主人公を非表示にすると、身長スライダーの恩恵はあまり感じられないのですが、日常パートでのデートでは、かなりキテます。特に身長小のエボ子は、(21)な人たちは満足できるではないか、と思います。
C03


さて、自分の感想ですが「意外と遊べるかな」というところです。正直、移動先ではNPCとの数少ない会話ぐらいしかイベントがなく、あとは空間や部屋があるだけなので「移動する」という行動に意味を見出しづらい点は残念です。ぶっちゃけ現時点では「移動」の意味が「違う場所でエッチする」しかないので、面倒という気分が大きいです。
でも、エッチの種類・パターン(ひとつの体位での異なるアクション※キスしながらとか抱きつく等)も「3Dカスタム少女」より少ない(と思う)のに、それでも楽しめています。あとはアップデートや追加要素でどこまで伸びるか?、に期待しています。

以下、ちょっとしたエッチ関連のネタと、行きづらい場所については、よりネタバレ要素が強いので「つづき」に追記します。

続きを読む

こんばんは。
約2週間ぶりのブログです。さらっと近況まで。

先月購入したLeaf「WHITE ALBUM2(introductory chapter+closing chapter セット版)」を今週日曜日にコンプリート。いや、長かった…。ほぼ音声スキップせずにゲームをプレイしたのは何年ぶりだろうか…。
とにかくプレイし応えのある作品でした。登場人物の好き嫌いはともかく、噂どおり「プレイ期間中はほかのことが手つかずになる」状態でした。
感想等は機会があれば書こうと思いますが、かなり気になったのが、Hシーンでの主人公・北原春希の喘ぎ声の甘さ加減がハンパなかったコトですかね(笑)。基本的には、「ほぼ未経験なのに攻めまくり」なスタンダードなエロゲ主人公なのに、「受け」にまわるとメチャクチャ艶やかなお声と吐息を披露してくれます。とにかく強烈な印象を植え付けられました。

で、ここからが本題。
「closing chapter」に登場するサブヒロイン・杉浦小春の「真面目さ、素直さ、一途さ」、そして「自分で考えて問題に立ち向かう強さ」に参ってしまった(基本的に義妹・後輩キャラには弱いのだが)ので、ちょっと作業を始めてみました。
1

2


とりあえずエンブレムの位置関係を決定しないとマズイので、その点の確認とスカートのチェック柄の状態を確認したところ。まだまだ先は長い感じですが、アニメ版が終わるまでにはケリをつけるつもりです。


あと、Bullet「3D少女 カスタムエボリューション」はアマゾンで注文したら、配送予定日が11/16(土)〜11/18(月)予定になってしまった。まあ、konozamaを喰らわなければよし、といった感じです。

では、おやすみなさい。

こんばんは

先日、TEATIMEの「らぶデスFINAL!」の感想をアップしてから、PVがいつもの倍ぐらいになって驚きました。まあ、これまでもエロゲ新作の感想をアップするとPVは増える傾向にあるのですが、平日に即反応してくるとは…。

さて、9月6日(金)に「らぶデスFINAL!」の追加データの第2弾が配信され、どうやらこれでアップデート関連も終わりのようなので、追加の感想などを書こうと思います。

で、前回の記事でHパートで選択できる場所の数を25カ所と書きましたが、すみません、あれ間違いでした。
追加データ第2弾を入れてプレイしているときに、マウスホイールをスクロールしたら次のページが表示され、全部で39カ所ありました。
ちなみに、2ページ目に表示される施設は↓のとおりです。
1


あと、個人的に?だった、「受け」「攻め」のキャラクタ選択画面に表示されていた「衣装選択」が、追加データ第1弾のアップデート「たむたむす〜る衣装の着替えを追加」だということに気づきました。「衣装選択」は、あらかじめ「たむたむす〜る」で選択衣装セットを組み合わせておかないと使えないそうで…。でも、1つの設定でいわゆる「服」は4組セットできても、靴下や下着は1組しかセットできないのは仕様ミスと思われても仕方がないのではなかろうか?
まあ、すぐに脱がせてしまうので、問題ないといえばそれまでですが(笑)。
23







ゲーム本編は、追加データ第2弾の楓と愛美のVSシナリオもクリアして、全アイテムを揃えました。
が、さらなる要素が公開されることもなく、淡々とクエスト選択が続いています。
ちなみにメインで進めているエイルはレベル90に達し、ゲーム全体の難易度を上げても、ほぼ無敵の状態です(笑)。続きを読む

お久しぶりです。しばらく放置していたら9月に入ってしまった…

さて、今回は8月30日(金)に発売されたTEATIMEの最終作「らぶデスFINAL!」の感想です。

TEATIMEとFULLTIMEの解散が発表されて、「残念」というな気持ちと「ああっ、時が来たか…」という思いが交錯しました。キャラクタのモデリングはナイスだけれど、ゲームが重くてかなりの高性能PCじゃないとマトモにプレイできない、という環境から抜け出せずにいたので、ここ最近は新作が出てもスルーしていました。
しかし、「らぶデスFINAL!」が最終作ということで、これまでの感謝の気持ちもあって購入しようと思ったら、公式通販ではあっさりロットアップ。「まあ縁がなかったか…」と思って半ば諦めていたのですが、8月31日(土)に横浜のソフマップに足を運んだら2本だけ残っていたので、ゲットした次第です。

以下、ゲームの内容&感想です。激しいネタバレ有

<3Dアクションパート>
ゲームの基本は3Dアクションで、ヒロインに武器を持たせてモンスターと戦っていきます。ゲーム開始直後にストーリーモードでプレイするキャラクタを選択し、村の依頼受注所でクエストを選択して物語を進めていきます。このクエストには、腕試しのステージ「修練場」のほかに3タイプの展開が用意されています。

1、エイルorロタのストーリーシナリオ
「らぶデスFINAL!」の新ヒロインの物語。これが基本

2、Chapter
さまざまな場所でモンスターや立ちはだかる敵と戦う展開。ただしストーリー的なものはナイ

3、VSらぶデスヒロイン
時空を超えて遭遇した(笑)、「らぶデス」シリーズの人気ヒロインと戦う

03

ぶっちゃけ、エイルorロタのストーリーシナリオ以外は、物語と呼べるシロモノではないです。といっても、エイルorロタのシナリオも「ほとんどオマケ程度」の内容なので、「緊迫!」とか「感動」等々とは無縁です。

では、バトルシーンが盛り上がるのか、と聞かれると、「アクションゲーム初心者にも優しい仕様」と言うしかないです。
0205







最初のうちは武器屋で購入した武器を変えてみたり、同時に多数出現するモンスターを数匹ずつ誘導してボコられないように気をつかいながら戦っていましたが、ロケットランチャーを装備したら、いろいろな小細工が全く無意味になりました。敵が近寄ってくる距離よりも遠距離からロケットランチャーを連発するだけで、ほぼ無傷でステージクリア。片手にロケットランチャー、もう片手に撃ち漏らし対策の剣「小銃兼正」を装備し、保険として魔法「ホーミングレーザー」をつければ、あとは単なるジェノサイドタイムと化しました。
06

そのうえ、「あるアイテム」を装備すると「攻撃した感」もほとんど感じないままステージクリアとなる、ビーターも真っ青の反則技(正規アイテムだから反則ではないのですが)も完備されています。
そうそう、俺はゲームパット(PSコントローラーを繋げるエレコムの「JC-PS101UBK」)を使ってプレイしました。ゲームパットの設定はトップ画面のコンフィグから行えます。
04


ほんと、アクションパートはオマケみたいなものです。まあ、コレを求めているユーザーがいるとは思えませんが…。
というわけで、次はHシーンについてです。
「続きを読む」からどうぞ!




続きを読む

↑このページのトップヘ