跳べないペガサスの徒然なる日々

「広く」「浅く」「微妙に深く」をキーワードに、インドアなOTAKU LIFEを疾走するペガサス(←動物占い)が日常を晒すブログ…

カテゴリ: BOOK

ブログネタ
最近読んだ本 に参加中!
 久しぶりに読んだ小説は、元NHKのワシントン支局長・手嶋龍一氏の「ウルトラ・ダラー」。北朝鮮が偽造した本物と見分けがつかない精巧な偽100ドル紙幣、通称「ウルトラ・ダラー」にまつわる謀略をイギリスのBBC東京特派員(本当は英国情報部のエージェント)・スティーブンが解き明かしていく、という物語。今冬の発売時から新聞や雑誌の書評で取り上げられ、評判が高かったので読んでみた。まあ、この手のジャンルは嫌いじゃないし。

 ストーリーは、過去と現在が入り混じって展開される。とくに序盤は、偽ドルの発見と、過去に東京で起きた日本人印刷工の行方不明事件やアメリカのドル印刷工場での紙原料盗難、スイス製高性能印刷機の消失事件、グラビア印刷技師の行方不明事件、がスピーディに語られていく。そして、日本通のスティーブン(といっても映画「ライジング・サン」でショーン・コネリーが演じた「エセ日本通」とは違い、日本文化や風習に馴染んでいる)が、日本国内はもとよりロシアやパリにまで飛び、「ウルトラ・ダラー」の流れを追いかけていく。

 国際的な内容だけに登場人物は多く、さまざまな職種の人物たちが絡んでくる。そして、この作品は「ノンフィクションで書くとさまざまな問題が起こるので、小説というスタイルを取った」と言われている。私は小説に登場する人物のモデルとなる実在の人物はほとんど分からないが、日本の官房副長官や偽札判別機製造会社の社長、確かに「リアルにいそう」な雰囲気が漂っている。そして少しずつ偽ドルの流通ルートの解明や、なぜ北朝鮮が偽ドルの製造を行っているのか、が描かれていく。確かに、いくつかご都合的な展開(偽札判別機の社長と某女性の関係や、スティーブンが飛行機で重要人物の隣に座る)などはあるが、小説として見る分では問題ない範囲だと思う。また物語終盤でのパリの謀略戦は緊迫感とともに、映像化しても面白そうな
内容になっていた。

 と、全体としては概ね満足したものの、どうしても気になり、そして「まあいいや」と自分で納得させることができなかったことがある。正直、自称「ガンオタ」であるがゆえ気になることなので、普通の人は全く気にならないポイントだと思う。
間違いなくネタばれになるので、知りたい人はそれを覚悟で「続き」を読んでほしい。ただし、重箱の隅をつついてこの点を問題にしている訳ではない。続きを読む

ブログネタ
小説・アニメ・コミック・ゲーム等 に参加中!
 「エロゲーよりもエロい!」と一部で話題のPS2「キミキス」のプレイがひと段落したところで、お気に入りの妹・菜々のムックが発売されたので、早速ゲットしてきた。

 ムックのタイトルは「エンターブレインムック キミキスex.2」。ムックというか誌面部分はほとんどオマケで、「菜々フィギュア」と「キスまくらカバー」がウリのはずだが、「オイオイ…」のデキにヘコんだ…。
060901

いや、「微妙なデキ」という噂は聞いていたが、「菜々フィギュア」と「キスまくらカバー」のポイントの外し具合が無念すぎる…。この画像(クリックで拡大)からでは、どの辺に問題があるのかは分かりづらいと思うが、税込2,800円はボリ過ぎだよ。まあ、気になる人は続きを読んでくれ。続きを読む

↑このページのトップヘ