前川前次官の会見見ました

後藤謙次氏が「こんなことは、前代未聞」と評したけど・・・そう、

誰が、どう聞いても、前川氏が言っていることは筋が通っている。
しかも、「証人喚問を受ける」と言っている、どこに出てでも話すと。

ところが、政府が逃げ回っている。
逃げている人々は、おしなべて顔色が悪い、義家氏も、文科省の関係らしい「文書は知らない。見つからない」と、真っ黒な顔をして、暗い目で答えていた。


そういうしかないところに追い詰められているのは、明らかだけど・・・・文科省はいつまで、嘘をつき続けるのか?文科省が国民の信頼を失うのが悲しいと、前川氏は結んだ。


文科省もだけど、政府も内閣府も、総理大臣も、信用なんか、とっくにゼロだから。


読売新聞までが、信用をとことん落とした。
前川元次官の印象操作をするためにいかがわしい場所に出入りしていたと大きな記事を書いた。
だれが、リークしたのか?

官邸だな。
読売よ、もともと信用なんかなかったけど・・・官邸の犬に成り下がったか。


今の日本は前代未聞のありさまだ。

官邸も、大臣も議員も官僚も。あきらかな嘘をつき続けている。

いつまで嘘を言い続けるのだろう。

うそつきは泥棒の始まり・・・

泥棒が国家の中枢を握ってしまった。

恐ろしいことだ。

このまま押し切って、反対をする虫けらを叩き潰そうとしている。

おそろしい。

 動画の冒頭部分はご覧ください。文科省の前川喜平前事務次官が、「総理の意向」文書は本物だと証言しました。この証言は実に大きい。当時の文科省の事務方トップの証言ですからね。これを怪文書として葬り去るのは、どうやら無理のようです。
 日刊ゲンダイによると、あべぴょんは、広島加計学園の監事を務め、報酬を受け取っていたようです。引用元では、加計孝太郎氏は安倍首相に、“年間1億くらいに出している”というようなことも書かれています。こうした状況下で、加計学園の獣医学部新設が、異例のスピードで認可されたわけです。
 どうやら、この加計学園問題は、森友学園と同様に祭り状態になっていくと予想されます。日刊ゲンダイは、“加計学園問題は、もはや堤防決壊寸前”としていますが、堤防決壊に向けて、今後も次々と証拠が出てくると思います。
 自分たちは、白紙領収書OK 。仲間が女性を暴行しても罪に問われない。しかし、お前らはキノコ狩りも許さない、という政権なので、さっさと消えてもらうのが一番なのです。多分、誰がやっても、今よりも悪くなることは無いと思われます 。
(竹下雅敏)
クリックよろしくお願いします 

「本籍地を移す」ということ

私の本籍は、結婚前は大阪市東区安土町(現在は中央区)、結婚後は夫の実家の愛知県にある。

今の住所に家を建てたとき、夫の父親は「おまえたちも住まいが確定したのだから、本籍をその住所に移しなさい」と言ってきた。


そもそも、私たちが結婚したとき、主人の父には旧民法の頭しかなかったから、戸主である自分の「家」に「嫁」をもらったと考えて、「息子が結婚したので」と役場に届けに行った。


そして、落胆して帰ってきた・・・「家に嫁が増えると思ったのに、息子が独立して、反対に家族が減った・・・」

そのとき、父は、私たちには何も言わないで、勝手に本籍を自分の住所にしてしまったの。

それも、どうかと思ったけど。
新居を構えたから「本籍地を移せ」と言われて、関西人の私は、椅子から転げ落ちるぐらいびっくりした。

「おとうさん・・・自分が、何を言っているのかわかっているの?」
「おまえたちも、一生その家に住むのだから、本籍を移しておいた方が便利じゃないか。戸籍謄本が必要な時わしが代わりにいってやったけど、その必要もなくなる。」


「便利?そんな問題じゃない。」私は、ついに、言いにくいことを口に出した。
「おとうさん、戸籍を移すと被差別部落だと思われるのよ。」

「部落?なんのことかわからん」

岐阜の山奥には部落はないのか・・・私は絶句。
やがて父はいらいらして、部落かなにかしらんけど、ともかく、本籍を移してくれ」と譲らない。

私は、途方に暮れて友人に相談した。
「だめよ、本籍だけは絶対に動かしちゃダメ。うちなんか、滋賀県に本籍があるけど、今は、そこには家なんか残っていない。道路になっている。でも、絶対に動かさないよ。」

本籍地は動かすな・・・これは関西、近畿の鉄則。

さては、近畿圏だけだったのか?

岐阜や愛知にはないのか?

私が、頑強に本籍地は動かさないというので、周期的に父と争いになった。

「部落だと思われるのよ、お父さん」
「それがどうした?」

「部落のない土地」で、生まれ育って「差別を見聞しなかった人にはわからない感覚」だということが、やがてわかってきたけど・・・


主人の父は、本籍地なんか引越しをするたびに移したらしい。
何の抵抗もない。


なんという違い!

何年も続いた本籍地を変えろ論争の末、ついに父は私に言ってはならない言葉を言った。
「なんで、そんなにここに本籍を置いておきたいんや。この家をとる気か?」

私だって、愛知県なんかに本籍を置きたくなかったよ。不便で不便で。
無断で置いたのお父さんでしょ。
でも、一旦決めたら、永遠に変えられないのが関西の鉄則なの。

それでも「この家が欲しいんか?」とまで言われたら、私も頭に来たよ。
「わかった。変えるわ」そう言い放って、区役所に行った。

「本籍地を変更するにはどうしたらいいですか?」
「え~っ」戸籍係が目をむいた・・・やっぱり、関西人だわ。
「なんで、本籍を変えるんですか?止めときなさい。第一、あなたの年齢なら本籍地を変えたら、運転免許証から、ポスポートから、すべての本籍を変更しなければならなくなりますよ。あなただけでなく、息子さん、娘さんもですよ。」

真顔で止めてくれる戸籍係の表情から、パスポートの問題ではないと感じられたよ。

「でも、父が強引に・・・家をとりたいのかまで言われたら・・・。それと、戸籍謄本をとりに行けないし遠くて」

「大丈夫、だまっていたらいいんです。
戸籍謄本は800円をそえてその役場に申請したら送ってくれますから、お父さんに頼まなくてもとれます。悪いことはいわないから、本籍地を移すのだけはやめなさい。」

こうして、父に向かっては本籍を移したことにして、内緒でそのままにした。

本籍がそこにあるからと言って、父の家に何の権利があるでなし。

やれやれ、ほっとしたけど、

部落問題がない地方では、本籍地を変えることとこの問題には何の関連性もないのですね?

関西では、住所を見ただけで被差別部落だとわかるから、本籍地を転々とさせて素性を消してしまうことが、流行り、結果、本籍地を一度でも動かした人は=部落、という烙印を押される。

今は違うけど、当時、その烙印を押されると、就職、結婚すべてに災いした。

そういうことを、岐阜の山奥で生まれた父は、いくら言っても理解しなかった。

クリックよろしくお願いします 

[人」がいない

なにゆえの安倍一強かというと、なにより「人」がいない。

人口減少の世の中って、本当に恐ろしいと思う。
「人」がいない。


一応頭数はあっても、責任を託せる人がいない。
支える人がいない。

実践できる人がいない。

「出来る人」「わかる人」が、いない。

「最後まで走りとおせる人」がいない。

面白そうだと、ちょこっと参加してきて、すきなだけかきまぜて「どんなもんだい」と、いい気になって、去っていく人ならいる。

でも、どういう状況になろうと、どんな風が吹こうと、最後まで支え通してくれる人は、なかなかいない。

せめて、何の役にも立たない枯れ木も山の賑わい程度でも、踏みとどまってくれる人の方が、まだしもありがたい。
でも、「枯れ木」じゃね・・・


価値観が変わってしまったのかな。

崇高さ・・・潔さ、正直、責任感・・・公平さ、・・・こういったことを大切だと思わなくなったからかな。

結局は、日本には、本当の宗教教育がなかったことが、100年を経て、社会の大崩壊を招いたのかもしれない。


新渡戸稲造は「日本にはキリスト教が無いのに、なぜ、日本人は道徳的なのか」というアメリカ人の妻の質問に答えるために「武士道」を書いた。

当時の日本には「武士道」という「道徳観」があった。
明治は遠く、江戸はさらに遠い。


武士道は、大東亜戦争で、最後の花を咲かせ、散っていった。

こうして、日本列島から「道徳」が消えた。

もしかしたら、彼らには日本をキリスト教化しようという「親切心」があったのかもしれないけれど、日本は、「一神教」を受け付けなかった。

それにしても、私が昭和26年に通った幼稚園はキリスト教だった。しかも、建物は古かった・・・戦前から、あったのねキリスト教の幼児教育。

私が、根っこに持っている「平衡感覚」は、もしかしたら、東灘区岡本の「ひかりの園」幼稚園で得たものかもしれない。

クリスマスごとに生誕劇をやっていたけど、普段の幼稚園生活でキリスト教の話は無かった。
園長先生は男性でたぶん牧師だった。
日曜日ごとに「日曜学校」があり、行けば、当時の日本にはつくれなかった上質紙の美しいキリスト教の天使や聖母の絵を描いたカードがもらえた。

卒園を前にして園長先生は、私たちに話しかけた。
「あなたたちは、これから小学校にあがり、大人になっていくけれど。いくつになっても忘れてほしくないことがあります。

キリストは”汝、左の頬をうたれなば、右の頬も差し出せ”と言われました。
これはね、他人からひどい目に合わされても、仕返しをしないということです。

ひとから嫌な目に合わされても、けっして仕返しをしないように。
このことを、忘れないでください。」

このときのことが印象的だったので、私は、白い漆喰で作られた聖壇のアーチのデザインと、先生の真面目そうな無表情と紺の背広を覚えている。

子ども心に、とても不思議な話を聞いたと思った。

おとなになって、大東亜戦争のことを知った。
園長は、日本を負かしたアメリカに仕返しをするなと言いたかったのだろうか、
幼い私は「園長の言葉」に”偽善”を嗅ぎ取ったのだと思う。

結局「格好をつけた偽善」が、キリスト教の印象として残った・・・聖書も読んだし、教会にも行ってみたけど、信仰しようとは思わなかった。

日本人をキリスト教にするのは不可能だと思う。偽善であることを子供でも見破るのだから。

そもそも原日本人はシャーマニズムだった。
自然界のすべての存在に神が宿ると信じ、
「綺麗か汚いか」だけ、その感覚だけを頼りに
「ケガレ」を嫌い、
「きれい」であろうとした。

ところが、やがて、ずるい日本人が発生しだすと、社会を取り締まれなくなったんだって。
シャーマニズムでは。

そこで法律とか罰則が必要になって、
法とか戒律を成文化している仏教が必要になった。

だからといってシャーマニズムを捨てなかったところが、日本の不思議なところで、聖徳太子が「三宝を敬え、三宝とは仏法僧なり」と、いかにも仏教徒のような言葉を17条憲法に残しているけど、神社も等しく敬えと書かれている。

聖徳太子は日本の宗教として神道と仏教を並立する方法を編み出し(死後の世界・葬式・は仏教にやらせる・・・生きている人の楽しみ・婚礼・初参り・は神々に)扱う世界を棲み分けて、
社会の縦糸、横糸とした。

これが崩れたことで、人が劣化したのかもしれない。

これが崩れる前に「住環境」が、変化した。
仏壇と神棚をまつる広さが無くなり、大家族が無くなり、先祖への思いが薄れた。

田舎から都会に出て行き、村の祭礼が廃った。

こうして、これまで「自分はどこそこ村の何のなにベエの息子」と言うように、地縁・血縁で自己を自覚したものを、村を失い先祖を失って「無名」になった。

だから、先祖の顔を立てることも、村人に顔向けすることも、故郷に錦を飾ることもなくなって・・・人は劣化し「人」がいなくなった。

日本社会から優れた人がいなくなった。
日本社会が優れた人、大物を生み出せなくなったのは、この理由だと思うけど、

でも、じゃあ、西欧でさえ、こぢいさい指導者しか生めなくなったのは何故かな?

オバマや、サルコジ、・・・どれも、これも、こぢいさかった。

しかし、ここへきてプーチンが現れたら、トランプ。

全然いないわけじゃないんだ。

じゃあ、日本にもいるのだろうか?
どうかな・・・公教育が滅びた今、確かな家庭教育を保持する家はあるのだろうか?

個人情報保護法によって、じつは在日・・・ということがばれなくなって、ますます、日本人がアイデンティティを自覚できない環境になっている。
情勢は悪い方に動いている。

歯止めは無いのかな。
あるとしたら、やっぱり宗教かな?

私が、嵐に向かって立つのは、先祖に顔向け出来るためだけど、逃げないのは、はっきりくっきり背後に「神々の守護」を背負っているからだもの。
同行二人。

私は、常に神々と仏とともにいる。
教団での地位は低いけど、
自分が確かな守護を受けていることを知っている。
神々の守護とは、正しきを全うさせ、
間違いに手を染めさせない。

してはいけないことは「できない」から、「できること」は、やってもいいんだと思う。
しなければならないことなら、どんなに時間がかかろうと、道など無いように見えようと、必ず到達できる。

だから、私は恐れないよ。

してはいけないことは、どう取り組んでも出来ない。
しなければならないことは、必ず到達する。

しなければならないことは、どんなに辛くてもやり通すしかない。
神さまにはね、ものすごいパワーはあるのだけど、それでも、人間にしかできないことがある。
そこにある、机をこっちへ運ぶ作業とかは神さまにはできないんよ。
言葉をもって語ることも、神様には出来ない。
だから、人は、人のやるべきことをやる。

宗教教育は必要かもしれないね。
でも、ただしく受け止められる人は少ないものね。
偽善者になるのは簡単だけどね。

クリックよろしくお願いします 

フルフォード情報~プエルトリコ破たん

◆ 米政府の倒産と仏大統領選、混迷する欧米体制

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2017/05/09 VOL414≫

 

【 プエルトリコ破産問題 】

未来の歴史学者たちは、2017年5月を「歴史の重要な分岐点」として記録する
ことになるかもしれない。先週3日、ワシントンD.C.に本拠を置く「株式会社
アメリカ」の倒産が一気に現実味を帯びてきた。これからジワジワと、その影響
が世間にも表れてくるはずだ。

それについて、大手マスコミは「5月3日に米自治領プエルトリコが破綻手続き
を裁判所に申請した」ということのみを伝えている。しかも、それを2013年に
ミシガン州デトロイト市が「連邦破産法チャプター9」に基づいて破綻手続きを
した時のように、あくまでも「一都市の財政破綻」という程度の論調で報じてい
るが、デトロイトの破綻とプエルトリコの破綻とでは、まるで意味が違う。

デトロイト市はアメリカ政府から独立した地位を持つ州の管轄下にあるが、
自治領であるプエルトリコの場合はアメリカ大統領が元首であり、ワシントン
D.C.の直接管轄に置かれている。何より、プエルトリコの負債総額はデトロイト
の破産時の約4倍。プエルトリコの破綻は、そのままワシントンD.C.の倒産
へと繋がっていく。

このプエルトリコの破綻問題については暫く裁判や交渉が続くことになるだろ
うが、債権者たちは間違いなく「保有するプエルトリコ債の損失負担」を求めて
アメリカ政府に取り立てを始める。現在、アメリカ政府は「連邦債務の借入権限」
を2017年9月末まで延長することで現状を維持しているが、ここにきて「株式
http://benjaminfulford.jp/

(転載おわり)


プエルトリコの破たんのことを、ニュースではあまり大きく取り上げていないけど、本当は、ずいぶん大変なことだと思うよ、私は。


ブラックホールをかかえたようなものだものね。
トランプは、借金を遺産にもらったようなものでしょ。


それもあって、しきりに武器を売ったり、おどしたりすかしたり、日本から巨額資金をゆすりとったりしているのね。

まあ、アメリカさんに倒産されると、実際みんな困るからね。


大きな船が沈むときは、大きな渦ができて、周りも巻き込まれる。

だから、みんなで助けようとしているのだろうけど・・・

これは危険だと思う。

なにが来るのかは、わからないけど、いったん、ガラガラポンにならないと、始まらない世界経済の引き金を引くと思う。


でも、いずれガラガラポンだから。ガラガラポンが来たら、再生できるのだから・・・だから、なんとなく、楽観的なのかな・・・

フルフォード情報によると、ワシントンにはもともと支配していた「アメリカ株式会社」派と、ペンタゴンの良識派が角を突き合わせている。
では、トランプ大統領派と言うと、どちらかにつくのではなく、この二つのうち、勢いのある方に載せられているのだそう。

そして、目下はペンタゴン良識派の方が勢力がある。

もう、トランプはだめだ追い詰められているという声は大きいけど、声だけで相手を追い落とせるわけはない。
なによりも「もう、アメリカが一人勝ちしてありとあらゆる無法をふりまくのは、まっぴらだ」という世界の気分が、すべてを導いていくのでしょう。

ということは、日本の安倍政権も、ここまで良識のある人々に見抜かれては・・・
戦後レジームがどうしたこうしたと自身が、言った通りになりそうですね。

自民党政治の大崩壊の予兆か。

クリックよろしくお願いします 

黒の中振袖をこしらえたの

1495615961714

古着の留袖をいくつか手に入れてね・・・一枚100円だったんだって。それを私が譲ってもらって、本当は、洋服に仕立て直すつもりだったけど、今回、もう一枚の留袖のすそを縫い直して、留袖の袖の下に縫いつけ、長くしたの。

弁天小僧の黒の振袖は、決まりの柄があるけど、でも、この袖にも、白波があるから、あんがいぴったりかもね。
奇跡のように、色調が似ているでしょう。

まだ、袖裏にひいろの裏地をつけなくっちゃならないし、片方しかできてないから、そのうえ、すそを解いて、「ふき」という、綿でふくらませたすそをつけなければ出来上がりません。

まだまだ出来上がらないから、明日はお目見えできないわ。

帯は、一重の帯を二つに切って、片方は胴にして、片方はだらりの帯にした。

これが、日の目を見るのはいつになるかなあ・・・

クリックよろしくお願いします   
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ