文殊菩薩

不幸を呼ぶ英首相リズ・トラス

20221006

リズ・トラスの演台をよく見ると、二つに引き裂かれた英国国旗、その間には「英国を動かせ」と記されているではないか。


これは、英連邦の大分裂がスタートするという暗号で、オーストラリア・カナダ・ニュージーランドの英連邦脱退に帰結しそうだ。

世界経済フォーラムから派遣されて、英首相となったリズ・トラスだが、この女性の役割は英王室と英連邦の解体である。

彼女がエリザベス女王に会いに行った三日後に、女王は突然に逝去したが、リズ・トラスが引導を渡したようなものだ。

ユダヤの目指す世界政府樹立には、いまだに大きな力を持つ英王室と、英連邦の広大な領土は邪魔になるのであろう。

野崎晃市(48)

(転載おわり)
全く基本的なことを忘れていました。

グレートリセットとは、今までの仕組みを全部取り払い、歴史をゼロに戻して、ユダヤの目指す世界政府を樹立することでした。

ということは、英連邦も邪魔者。

トラスは、これを破壊するためのエージェントだった。
女王に会いに行った、直後の女王の死って、もしかして、殺した?

あるいは、本物はとっくに死んでいるんだけど、・・・「いつまで、演技をつづけるつもりかよ~」と、引導を渡した?

いくら老衰でも、老衰だって、1日では死なないよ。4日はかかる。


クリックよろしく

最近、紙が、劣化したのに、やり替えないで、ベッドの下から、落ちてしまったのを、そのままにして、いい加減に扱っていたことを、申し訳なく思っています。

この前、誰かに「ください」と言われて、どうせなら、印刷してみようと思って、パソコンの下と、寝床に、置きなおしたら、疲れ方が違う。

いろいろ楽になりました。

何より、寝つきがよくなって、熟睡出来ます。

あらためて、滝山様に、感謝です。

ただし、私にスカラー波ってなに?とは聞かないでください。知りません。

5Gとの関係も、聞かないでください、知りません。

パソコン版で見ると、右欄にメッセージボードがあります。そこから入って、メールアドレスを書いてスカラー波よけが、欲しいと書いてくだされば、気づき次第添付して送ります。


クリックよろしく

東京地検が電通本社ビルに捜査に入った。電通の裏帳簿を没収した。マスコミ業界の終わりの始まりだ。
画像

TOYOTAが?撤退
画像

TV局なんか、3社になると書いている人がいたけど

じゃあ、まずいのはフジTV?

テレビ朝日も、統一教会に甘いと言って、評判が悪い。今日の午後は、一生懸命、ロシアが戦争で負けていると、刷り込もうとしていた。

戦争は、戦闘だけじゃないんだよ。戦争は政治なんだ。経済でもある。なんちゅう、偏見と近視眼。

朝日放送も、あぶないな・・・

最初にこけるのは毎日だと思っていたけど、意外にしぶとい。

クリックよろしく









(転載おわり)
日本では、ワクチン接種者の海に浮かんでいるようなものだから、

こんな話、なかなか難しいよね。

もう、4回目の接種券がこなくなっているし。

相当な数を廃棄して、残りは、貧困国にプレゼントするとかいってたから、さすがに、4回目は打たないんじゃないかな?

そのかわり、赤ちゃんから、打つ気みたいだから、子供を守らないと。

4回目を打つ人が、いないおかげで、最近、シェディングに苦しんでない。

心からいいものだと信じて打った人には、「害がある」なんていわずに「よかったですね」と、言ってあげることにしているという方がいました。

「いいものだ」という信念で、被害が消されるかもという、切ない祈りです。
非接種者から、接種者への。

けれど、葬儀屋さんも、ワクチン以後、とても葬儀が多いと、言われるようだから、個々はともかく、総体で見れば、やはり、ワクチンが原因だとしか思えないですね。

ワクチン被害は「即死」とばかりは限らず、全身のさまざまな後遺症だから、本当に困りますね。

ちなみに、うちの主人は、この夏から、ごそごそっと、やせて、がりがりになりました。

夏バテかと思いましたが、暑さが去っても、はかばかしくありません。

例の帯状疱疹の後から、食事が進まなくなっています。
食欲がわかない。食べられない。

とどのつまりは、免疫が、破壊されて、大小さまざまな不調が出ているのかと思いますが、
主訴は「食欲がない」

やせ方が、尋常ではないので、病院に行くと言いますが、何科を受診したらいいのやら。
ワクチンを打った時から、覚悟はしてるよ、私は。

他でも、帯状疱疹から、食事ができず、激やせしたという話を聞きました。今年の春、つまり、ワクチン3回目から2,3か月後、ものすごく帯状疱疹が多かったようです。

クリックよろしく

日本や世界や宇宙の動向

10/6-その1 対立する2つのニューワールドオーダーはどちらも人類の奴隷化に通じています。

対立する2つのNWOグループを証明する最も有力な証拠
SWIFT vs BRICS+
一帯一路
お金の流れを追ってください。
現代の世界はお金を中心に世界が回っています。
そして、お金を世界貿易を支配することは世界支配と世界征服の要です。
大英帝国による植民地の略奪・・・旧大国・・・BRICSと一帯一路
現在、イギリスの世界帝国金融システムは初めて真の脅威に直面しています。
世界は戦時中です。しかし今回は、軍事衝突で勝利を獲得することはありません。
なぜなら今回の戦争は世界の金融を支配するための戦争だからです。
対立する2つのNWO金融システムが大規模な戦争を準備している中で米国と西側諸国はもう一つの大きな脅威に直面しています。
世界的生産力のある天然資源保有国は旧大国に背を向けています。そして消費国には競争力がありません。少なくとも生産能力を再構築しなければなりません。しかしそれは何年もかかるかもしれません。我々のリーダーらは何も再構築していません。彼らはそれを全て解体しています。そしてロシアは彼らがそうするのを助けています。

(転載おわり)

つまり、英米のグローバリストが鬼なら、プーチンと中国は蛇ですよ。

行きつく先は、どっちかに食われるだけですよ・・・という記事です。

・・・・考えてみれば、それは、言うまでもなく

たとえば、第二次世界大戦の連合国と枢軸国と、どっちかが、黒でどっちかが白でしたか?というと、どっちかが、正義で、どっちかが悪ってことはないんだから。

英仏戦争でも、どっちかが正義ですか?とか、無いし。

当たり前と言えば当たり前なんよね。

田中宇さんは、もう、ず~と前から「多極主義者」だから、もう、待ちかねたようにプーチンの勝利を心待ちしているけど、

こんなに待っても、実現しないんだったら、そろそろ、あきらめてもいいころには違いない。

まあ、それにしても、とどのつまりは、莫大なマネーを保有している連中の奪い合いに、我々は、巻き添えを食ってるだけで、

いっつも、細かい被害に会っているけど、どさん!!と地獄に落ちるような顛末は「上層部」に起こる。
みてなきゃ仕方がないね。

ただ・・・仏教徒としての私は、国家の持つ「徳力」を、測ってしまう。

英国は、あまりにも植民地の有色人種を苦しませた・・・だから、このまま、衰退して、200年後には世界の、片田舎よ。

先輩のスペイン・ポルトガルを見なさい。トラデシヤス条約で地球儀に、縦線一本引いて、世界を二つに分けて、分捕りあったのよ。

今、地図をごらんなさい、ポルトガル!あのちっぽけなポルトガルがだよ。

500年前はそうだったんだから。

スペイン無敵艦隊を破った英国が、その滅びの列に並ぶのよ。子分どもを連れてね。

それと比べたら、ロシアの方が、まだ、ましでしょう。
中国は、どうかなあ。
故事に見ても、万人単位で敵を殺しているから、あんまり、よくないよね。

けど、直近の500年で見れば、英米が悪いね、有色人種を2憶は殺したというもの。

アメリカは、先住民虐殺の罪をまだ、償っていないし。

日本は、あれこれいちゃもんを付けられて、被害者になりっぱなし。
お金は、ものすごい盗られてるよ。

それに、台湾にダムを作ったり、半島にインフラ整備したり、戦後も、アジアで井戸を掘ったり、アフガンに運河を掘ったり、
今、中国製品がよくなったのも、日本から指導に行ったからだしね。

そうすると、借り方より、貸し方が多いのは、日本の方でしょう。

審判の日、そういう貸借が整理される。

ときどき、そういう局面が、来るよ。

こいうとき、人間の知恵ではどうしようもないことが起こる。


21世紀初頭、多かれ少なかれ、今は、そういう時期だと私は思っている。

1920年、大恐慌。結局、あの時、覇権国イギリスは、アメリカにお株を取られた。

2020年代、そのアメリカが、露中にお株を取られる。


だから、どっちが正しいとかいうのでなく、これが歴史の流れなんだと思う。

ああ~奴隷にされる!なんて、叫ばないことよ。「言霊」を大事にしないとね。
あしたという字は「明るい日」と、書くのよ。
あしたは、必ず明るい日なのよ。


アメリカ悪者論。
やれやれ!もっとやれ!因果はめぐる

クリックよろしく

↑このページのトップヘ