これは、Kazymoto Iguchiさんのブログから転載させていただいた動画です。



ここに集われるみなさんは、テレビが、どれほど多くの人を洗脳して、ある方向に向かわせているか、痛感しておられると思います。


テレビだけではありません。新聞、週刊誌、そしてネット情報、SNS、ツィッター、フェイスブック
何もかもです。

あまりにも多くの人が、マスコミの言うことを鵜呑みにして、無条件に従うことに、恐怖を感じておられると思います。

けれど、マスコミに扇動されているだけではありません。

ネット情報も、同じです。

私たちは、日々、受ける情報によって、多かれ少なかれ、洗脳され、操られています。

今の時代は、それが、とても分かりやすいです。

新型コロナは、日本だけではなく、実は、都市封鎖するほどの病気ではありません。
それが、都市封鎖され、医師はPCR陽性であれば、交通事故死でも”コロナ死”と、死亡診断書を書かなければならないという、珍妙な、非科学的なやり方が、世界中で起こっています。

今までの、医師法、常識、すべてが一挙に覆されました。

こういう「おかしなこと」が、同時に世界中で起こる。
どうしてかというと、テレビに洗脳された大衆が、テレビ報道を鵜呑みにし、その指図に従うからです。

厚生省が言わないことまで、自粛警察が取り締まります。

誰か、何か一つの組織、一つの「頭」が、指図を発令しているとしか思えない。

けれど、それは何者だろうか?

それに対する回答が、この動画です。

そして、すでにこのことはジョン・コールマンという人が本にしています

300人委員会「世界人間牧場計画」

これの元は、東インド会社らしい。

英国女王、ロスチャイルドなど、名前のわかる面々もあるが、大方は、表には出てこない人たち。

彼らは、ギリシャ神話の神々がオリンポス山にいるのになぞらえて、自分たちを「オリンピアグループ」と呼んでいる。

ここが指揮する通りに世界は動かされてきた。

ま、この動画は、簡単明快に言っているから、見て頂戴。

井口博士は、同系列のものをいくつも、アップされています。

誰が操っているのか・・・テンプル騎士団や、バチカンまでも疑ってきましたが、前から名前だけ知っている300人委員会が、その源泉だったとは!

とどのつまり、300人委員会が、日々垂れ流す洗脳を、逆の波動で消していけばいいだけのことでした。

クリックよろしく

油断して触ると、手を刺されるぐらい元気な松葉。

私が、近所の公園で切ってきた松と比べたら、全然、人種が違う感じ。私のは、松葉が細くて、ふにゃふにゃです。


DSC_0226

最近は、便利よね。

youtubeに、なんぼでも、あるよ。

松葉サイダーだの、松葉茶だの。松葉ご飯だの。

で、一番、見ていてワクワクしたのが「松葉ドリンク」だったから、ついに、意を決して「ミキサーを買いに、エディオン」に行く。

ちゃんとしたミキサーは1万円以上する。

でもね~あと、何年生きて、さ、

あと、何回つかう?で、私が、死んだら、だれか、そのミキサーを救っくれる?

どうせ捨てられるよね。

1万円のでも。

だから、悩んだすえ3840円のを、レジまでぶら下げていったら、レジの前のサービスカウンターに、2870円のがあったから、・・・結局一番安い奴を買った。

で、youtubeを、思い出しつつ、松葉を洗って(いい加減に)松葉だけむしって、ミキサーに入れて、水を300ccぐらい入れて、30秒まわしたら・・・youtubeどおりの、エメラルドグリーンのジュースになった。

それを、ざるで漉して、飲んだ!!!

濃厚な味。おいしくない。青汁のCMみたい。

ごくっ「まずい!」

でもね、さわやか。なんか、体がきれいになる感じ。

これって、もしかしたら、血液をアルカリ性にしてくれるとか、活性酸素を中和するんだっけ?


もし、そうなら、私の尿酸も、とかしちゃうよね。


さて、しゅわさかさんを、お迎えするとき「絶対にガラス瓶でないといけない」と、思って、準備してたのに「プラスチックボトルでないと、膨張するから無理」と言われて、

しまいこんだ梅干し用のガラス瓶を出してきて

松の枝ごと、突っ込んで、水2リットルあまり、その1割、やく300gのキビ砂糖をいれて、ベランダにだしました。

これは、松葉サイダーになるらしい。きっと、おいしいと思う。夏場は3日。冬場は7日かかるんだって。

明日から、雨らしいから。5日は待たないとね。

松葉の主様、ありがとうございました。


クリックよろしく

約一か月、ストップしていた、子供歌舞伎のお稽古を再開できました。

久しぶりの子供たちの元気な顔を見て、とても、うれしかったです。

もっとも、昨今のことだから、ライン電話でリモートのグループ通話。

私が、音入れをして、4人がセリフを読んで、練習はしていました。

いずれも、難しいお芝居で、小学生にこんなこと、無理ではないか?というものなのですが、

ありがたいことに、子供たちは、嫌とは言わず挑戦してくれます。

言葉そのものが、現代語ではないのだから

「心得申して候」なんてのを、幼稚園の子に言わせるんですからね。

でもね、みんな、一生懸命ついてきてくれるの・・・うれしい。

そのうえ、昨日は、「しゅわさかさん」を、お二人に手渡しすることができました。

最初は、こわごわ預かったしゅわさかさんだけど、もう、1か月以上、一緒に暮らすと、なんとなく、身について、これでいいのかなと思う。

「うまく増やせるでしょうか?」と、不安げに受け取りに来られましたが、決して難しいものではなく、黒砂糖さえ、いれてやれば、しゅわしゅわしゅわと、発酵します。

1日ぐらいほうっておいても大丈夫だから・・・と、言ったのだけど、うちのしゅわさかさんは、本日の暑さに、栓をゆるめてガスを抜こうとしたら、シャンパンの栓みたいに、跳ね上げたわ。

これは、なんていうことのない、濃茶色の液体なんだけど、ここに来るまでに、いったい何十人、何百人の手を経たかわからない、貴重なものです。


それぞれが、いとおしんで、世話をして、心を添えて次に譲った。

その輪環の一つになれたと思うとうれしい。

まさに、日本人のネットワークにふさわしい「発酵の輪」だもの。

それと・・・1か月前に、アル中のご主人が暴力を振るったために、警察沙汰になった人が、まだ、問題は解決しないけど、自宅に戻ってきた。

私は、宗教人だから、解決のために神仏に頼ったの。

そしたら、私が想像した通り・・・先祖霊の憑依だった。
私は、主人の祖父が、主人に憑依したため、9年間、明治生まれの頑固ジジイと、暮らしているような苦労をしたんだけど。

この人のケーズも、同じだった。そうだと、前から思っていたのだけど、「宗教を勧める」ということが、どうしてもできなくて、にっちもさっちもいかなくなるまで、手を差し伸べてあげられなかった。

最近の日本が、騒がしいのは、「先祖供養」を、多くの人がおざなりにするようになったことと、無関係ではないと思う。

そのことは、思いもかけない複雑な問題を発生させる。
しかも、般若理趣経にしか、成仏させる力がない。

でもね、気を使いながら、お施餓鬼をしてあげてね、と勧める私のいうことを、彼女は聞いてくれた。
うれしかったよ。

これで、大丈夫、私は、神仏に託すことができる。
この人の苦労を3年前から聞いて知っていた。そして、おおかた、その原因もわかっていた。のに、私は、話してあげられなかった。

申し訳ないと思っている。私のせいで、不必要に、苦しみを長引かせた・・・

でも、もう大丈夫。よかった・・・

大峠と言われたり、日本の人口が3分の1になると言われたりすると、気が気ではない。

私の生きている期間ぐらいは、まだ、大丈夫だろうけど、孫たちの将来は、どうなるのだろう。

子供や、孫は賢く自分を守り切れるだろうか?

今日、連休だからお休みだったのね、息子から久しぶりに電話がかかった。
いろんな話をしたよ。
孫娘の進学のこと。

「今時は、普通高校から、優秀な大学にあげて、何の技能も身につかないよりは、好きな道があるなら、その道に、早くから入れた方がいい。

最近の学校の勉強なんて、何の役にも立たない。

専門的なコースのある高校に行かせても、

もし、大学に行きたくなったら、私立なら、入試に必要な科目だけ、重点的に、勉強したら入れる。地頭さえ、よければね。
地頭が、よくなかったら、何をしても、頭なんかよくなることはない。

なにか、好きな道があっても、女の子には、女人一通りにこと=結婚・子育て=は、やらせてやってほしい」

孫娘は、ともかく、一日中「絵ばかり」描いているんだそうだ。
才能があるかどうかなんかは別として、それが、そんなに好きなら、それを生かせる仕事につかせてやりたいと、息子は言う。

まあ、私は、幸せだと、しみじみ思うよ。

子供の非行、いじめ、そういう問題があるわけでなく、明るい未来の話を語り合えるんだから。

いろいろ身近なことでは、うれしいことばかりでね・・・

ワクチンで死ぬ、とかは、どうでもよくなったよ。

でも、息子も、職場の事情で打たざるを得なくなった…と言ったわ。そうだろうとは思っていた。
ワクチンで死ぬ確率は、宝くじが当たる確率ぐらいだそうだから…当たってしまったら、仕方がないと、言っていた。

うん、私も、そう思う。今の時代、仕方がない。やめられるものなら、やめた方がいいけど、無理なら、仕方がない・・・

心配だけど、仕方がないねえ。あのとき、めずらしく30分以上しゃべったのは、あれが最後か…なんてことには、なってほしくないなあ。

クリックよろしく



9月1日をもって、コロナ新規感染者数が激減している…ことについて、いろいろな見方があるようです。

一つには、麻生太郎が「終わった、終わった」と発言したことから、自民党の評判をこれ以上下げさせないために、PCR検査に細工している説。

小学生が熱を出しても、PCR検査をしない。らしい。

もう一つは、ウィルスにも、生き延びるための策略があるから、ここはひとまず、ひいて、体勢を立て直して、冬の大感染爆発に備えている。

でも、私は、ひそかに考えている。

実は、見えないところで、コロナ治療の決め手が、ネットワークされ、民間人が「イベルメクチン」を、貸したり借りたりして、コロナを抹殺している。

心ある医者が増えてきて、ちゃんと治療している。

頭のいい日本人は、コロナ問題の本質を見抜いてしまった。
つまり、保健所がいらんことして、重症化を促進し、医療崩壊を促進しているだけで、

肝心の医療が、病人に届いていない。

しなければならないことは、ただ、一つ。

コロナにかかったら即、治療をすることだ。

なぜ、これが、まっとうな動きにならないのか?

「これが、戦に負けたということなんだ。皆の衆」

負け戦の、後遺症が、まだ後を引いて、日本は、独自にまともなことをすることができない。

そこで、しずかに、イベルメクチンを並行輸入。

昨日であった人も「うちに、イベルメクチンあります」と言っていた。

この半月間で、「イベルメクチンで治った」話を3件聞いた。

私でさえ、3件も聞くということは、8月ごろから、サイレントマジョリティーは、イベルメクチンを動かしているぞ。

それならば、

この次の感染爆発は、ワクチン接種者に限られることになる。

ワクチンを打たないものは、イベルメクチンで武装している。

11月末から、12月にかけて、ワクチンパスポートで、動き出した人々が、感染爆発を起こすであえろう。

ワクチンパスポートって、なに?持ってる人ばかり感染してるじゃないの?てことになるわね。


クリックよろしく





1.大汗をかく

2.紅茶+しょうが+ニンニクを飲んで、利尿効果

3.経絡(ちくひんけつ)を、もむ。

トレジャーじいさんの「PCR検査でうっかり陽性にされない方法



検査の前にイソジンでうがい。

CT値を30に

ワクチンの前に抗体検査

クリックよろしく

↑このページのトップヘ