ずっと前から、サル痘は、あった。

同性愛者なんかに、流行しているみたい。

すでに、ワクチンもできてるし、飲み薬も注射もある。準備万端。

ペンシルベニア州の研究所から天然痘のウィルスが発見された。

サル痘という名前だが、猿とは関係ない。

「次は、コレだよ」と、やつらは表明しているものね。


しかし、なんだろうね?

もっと前なら、本気でだまされたんだけど、今回のパンデミックもサーズの段階で見抜いたし、

彼らが、何を仕掛けてくるのか、かなり多くの人が見抜くようになっています。

隠れていた悪が、表面に出てきたのはいいことかもしれません。

うちの福祉センターでも、以前から「見えない鎖がかかっていたのだけど、見えないから、みんな気づかなかった。今回、鎖をかけたから、真実が表ざたになりました」

世界は、握れば一点。開けば宇宙です。

つまり、うちのセンターのDSが浮かび上がったのです。
これは、いいことなんでしょうか?

私は、今にもつぶされそうです。浮かび上がって、襲い掛かってくるのだから。なりふり構わず。そして、それが、今の世界の姿だと思う。

クリックよろしく