https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=164048
18/6/4 フルフォード情報英語版:NATOがその防衛から手を引いたイスラエルの取り崩しが差し迫っている

昨日、めずらしくデイサービスで「安倍さんがトランプと会った」と言う話題になりました。
私は、横で聞いていました。

話を起こしたのは88歳の女性です。前の戦争を経験しています。
話し相手は68歳・・・戦後世代です。

「トランプに拉致被害者を返すよう言ってほしいと安倍さんは言ったらしいけど・・・返ってくるかねえ」
「本当に、北朝鮮はめちゃくちゃな国やからねえ。」

「安倍さんも、たいがいなもんやで」
「え?安倍さんが?」

日本国内はぜいぜいこんなもんでしょう。

考えてみればもっともな、テレビは断片的にしか流さない・・・そこでは、前後のつながりなしに「私や妻が関係していないことがはっきりしました」(キリッ)というのを、流す・・・そういうシーンしか見ない愚民は、そこしか知らない。

ひたすら、北朝鮮は悪魔の国だと思う。

テレビしか見ないと、こうなるよね。
それでも戦前世代は、「騙された経験」があるから、少しは斜めから見る。

そういうわけで・・・なぜ「シンガポール」なのか?
そもそも、金ジョンウンとは何者なのか、
トランプは何と戦い、何を勝ち取ろうとしているのか・・・

こんなことは、全然考えていないんだよね。

絵づらだけ見て「この豚め」とか「トランプあほそう」とか言ってるだけ。
うちに一人いるから、よくわかるわ。

フルフォード情報の中に、前からわけのわからなかった「金」の話があります。
アジアの王族だか、なんだか・・・
金塊の持ち主がいて、この金塊がFRBの「信用」の元になっている。

で、この金塊が騙し取られたとか、実は、日本の天皇が持っているとか、100年後に返却しなければいけないのに、返してくれないとか、いや、あいつは、にせものだったとか・・・

この話にシンガポールは、からんでいるんですよ。

ケネディ暗殺の真相の中に出てくる話でね。
「紙幣発行権利」かなんかを、スカルノが相続して、ケネディと力を合わせて、ユダヤ金融資本の中央銀行をひっくり返そうと画策した

このため、ケネディは暗殺され
インドネシアではクーデターでスカルノは地位を追われた・・・

つまり・・・
今、現在起こっていることは「世界の覇権争い」

中国は、習さんを永遠の独裁者として、世界覇権を狙っている。
プーチンだって、降りる気はない。世界覇権までは無理でもユーラシア大陸の極東部分と組んで、覇権の一端に食い込もうとしている。

片や、これまでの覇王だったヨーロッパは、EU分裂の危機にあり「王手をかける」状況にない。
EUとユーロ通貨圏の崩壊は誰も止められない
EUは現在、多くの国で大きな経済的・政治的問題を抱えています。
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-5593.html

白人のもういっぽうの雄、アメリカが手を挙げる。

これからの世界を握るその「三種の神器」といえば「金融」を握ること。

なにを根拠に紙幣発行権(仮想通貨も同じ)を持つか・・・ここで、再び「アジアの金塊」が、浮かび上がるってわけか?

だから、シンガポールなのか?

トランプがシンガポールに乗り込むのは、なにも、ジョンちゃんが目的ではなかったのか。

環太平洋の覇王を名乗るために、この場所を選んだのか!!!

英国が、日本軍によってこっぴどい敗北を喫したシンガポール。

ずっと、私は気にかけているのだけど、イスラエル・・・ネタニヤフの終わりが近いらしい。

イランとの協議からぬけたアメリカは、イランが「こうなりゃ、イスラエルにミサイルをぶち込むぞ」と言っても「イスラエルのためにNATO軍を出さない」と言い切った。

もう、秒読み段階に入った。

アメリカ国内でも、今までのハザール勢力への粛清は続いているらしい。

サウジアラビアで政変があった様子だから、イスラエルの味方はいなくなったも同然。

この局面でトランプは日本に向かって「プルトニウム保有」にけちをつけた。

日本のプルトニウムは、アメリカ戦争屋経由で北朝鮮にも行ってたし、イスラエルにも行っていたみたいね。

つまり、にこにこと安倍氏の手を握りながら「おまえ・・・承知せえへんぞ」と凄みをきかし、急所を攻めた。

つまり、目を奪われる「何千億ドルのなんじゃかんじゃ」だとか、「拉致被害者がなんじゃらかんちゃら」という尾ひれは重要ではなく・・・トランプが安倍氏を呼びつけたのは、世界覇権をアメリカ・グノーシス派がにぎるために、今後いっさいハザールに近づくんじゃねえ!ぞと、念をおしたのでしょう。

おまえ、くそ、プルトニウムをこれ以上流したら、承知しねえぞ!

ここんとこが、着目点でしょ。

そして、シンガポールを制して、金融の覇権を握る・・・そういう筋書きなのかもね。

新幹線で、被害に遭った尼崎の人は、外資系の会社で何をしていたのだろう。
「だれでもよかった」と犯人が言っていると、いち早く、報道された時「くさい」と、感じました。
違う気がする。「誰でもよかったんじゃない」
狙われた・・・
「助けてくれた」と最初に襲われた女性が言ったというけど、それ以外の証言は無い。

38歳と言えば、一人前の仕事を出来る年齢だ。

数か月前から準備しないと出来ない犯行だから。
米朝会談にぶつけてやったことは間違いなかろう。

日本国民の目を今激動している世界から目をそらせたい。

よほど、政府にとって都合の悪いことが世界で進行しているのでしょう。

まあ、いいわ。完全に孤児になれば・・・いずれ、破たんする。

最悪まで行けば、世界も日本も、底を打って、そのあと、登りそうですね。

この前は、灘区の財務省関係の人が「自殺」の報に、はらわたが煮えくり返ったけど。
関西人としては、今回の尼崎の人のことを思うと、はらわたが煮えくり返る騒ぎじゃない。
堪えがたい。


クリックよろしくお願します