mag201809-3.jpg


カレイド・スコープさんによるとねhttp://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-5713.html


去年の秋ごろから、アメリカの掲示板に、しばしばQの投稿があり、

内容は、アメリカ大統領を操ってきたのは「ディープステイト」だった…というモノなんだそうです。


そこで、アメリカ社会の中で「ディープステイト」という名称が市民権を得て、

これまでの「共産主義と民主主義」「社会主義と自由主義」「右翼と左翼」と言った弁証法的な対立構造が、いまや「表の世界:深層政府」になっているのだそうです。


そして、トランプこそ、ディープステイトを相手に戦う戦士だ!という、嵐のような声援になり、


マスコミは、おろか、グーグルや、ツィッターなどのソーシャルメディアまで、ディープステイト側として、糾弾されています。


かくて、アメリカは、表のアメリカと深層アメリカに二分され、まさに内乱状態。


表の連中が糾弾するシンボルは「小児性愛」悪魔教。

これによって、アメリカの興奮はバチカンに飛び火する王家をも焼き尽くすかも。


こういう熱狂の中にあるらしい。


でもね、カレイドさんは、「そういうけど、旗手であるトランプ、お前だって13歳をレイプしたじゃないか。」


この現象を簡単な「いいもん対わるもの」とは、とらえない。


そもそもトランプって何者?


そりゃあ、そうよね。

ああまで、盤石だったディープステイト国家アメリカに生い立って、無事に商売に成功して、そして、大統領選挙に出るには、彼自身ディープステイト側でなければ、ありえない。


これは、常識中の常識、基本中の基本。


ならば、トランプの本当の目的は、何だろう?


どうやら、カレイドさんに言わせれば
「大イスラエルの建国」らしいよ。


地中海からサウジあたりまで広がる大イスラエル帝国・・・あれかな?ダビデとソロモン時代の地図かな?

イスラエルへの厚遇、
シリアへの意味不明な態度。

アイラブ イスラエルと何度も叫んでいたし。

こうなると、私らは、ようわからへんね。
キリスト教、ユダヤ教。イスラム教の争いもピンとこない。
日本では宗教戦争は本来存在しないし。

しかし・・・すると、北朝鮮への親しみも、このへんにあるのか?

だったら、311の闇なんか、暴かれるはずはないわ。イスラエルが、相当悪さをしているもの。

あの土足にマカロン事件も、うちらの国でも、頭の悪さでは最高峰のがやられているから、相手の悪意もなにも、ピンと来ないで「珍しいですねえ、感動しました」みたいだったんだろうね。

本来なら、その靴を相手の顔にぶつけて当然なのに。

もう、これ以上馬鹿を外に出すのはやめていただきたい。
ロシアでも、プーチンは「何しに来たんだ?まあ、くれるというんだから、もらっといてやるけど」て感じでしょ。

恥ずかしいねえ。
情けないわ。


そのうえ、利用されるんでしょう?
金だけならまだしも。

Qが、日本の闇もいじってくれないかなあと、多少期待していたけど、イスラエル問題なら、むこうでやってね。

北朝鮮はたしか、イスラエルと親しかったねえ。

いまだに、日本がイスラエルのほんものだから、満州にフグ帝国を作るなんて言ってるんじゃあ、足をすくわれる。

そうか・・・ここか!
安倍首相が撃たれるポイント


プーチンにもやられた!

弱みを見せながら、ロシアにすがりつくから、完全に足元を見られて「島の返還はあとまわしで、まずは、和平条約」と提案される。
つまり、北方4島は永遠に帰らない。
これを飲まなければ・・・ギロチンか

こたつぬこ @sangituyama 13 時間13 時間前

プーチンが強気に出てくる兆候は、①北方領土付近での大規模な軍事的示威行動②大幅な遅刻③お互いをファーストネームで呼ばなくなった④記者会見の質問なしなどいろいろあったはずですが、安倍さんは総裁選向けに「うまくいっている」というアピールを優先しました。そこをプーチンにやられたわけです