戦前の日本人の最大の敵が「鬼畜米英」ではなく、まさに国の中心の天皇と、その財閥だったと、・・・私に憎まれ口をきいて「やれ、自民党支持者」だの「裏切り者」だのいう、あなたたち


本当に天皇こそ敵だったと、理解しているのであれば・・・今の日本人の敵が誰であるか、理解できるはずなんだけど。

中国でもない。朝鮮でもない。敵は国内にいる。アメリカでさえない。

現在の安倍自民を担ぐ「財閥」でしょう?企業ともいえるし、昔のよしみで企業に絡みついている貴族や皇族もあるかもしれない。

つまり、今の日本でおいしいところを押さえている連中ですよ。

彼らがトロイの木馬となって、朝鮮を引き込み、中国を引き込み、アメリカを引き込み、ロシアを引き込み、自分たちだけ、肥え太っているのです。


日本を作り替えるためには、ここを破壊しなければならない。

明治以後、いくつもの戦争や政策で、過去を破壊して来ています。

しかし、それは1%の金持ちが99%を搾取するための作り替えでした。

そして、現在、生活が苦しいと言うけど、苦しいのは99%であって、1%には、ますますお金がなだれ込んでいる。

あるところにはあるんですよ。

東京に人口が集中するように、

地方は、まったく無人の空き家になるのに、東京には人が溢れるように、

マネーもまた、あるところにはあり余るほどあるけど、ないところにはからっきしない。

それは、こういう仕組みを作られてしまったからです。

ここを破壊しないと、
まわるものも回らない。


そのために必要な破壊とは、大恐慌なのかもしれない。


いまだに「民主党はだめだけど、自民党なら、まだまし」と思いこまされている愚直の民をたたきなおすためには、本当に、地を這うようなありさまにならなければ、目が覚めないと思う。

小泉新次郎さんには、最高のお嫁さんじゃない?やがて、総理になるだろうし。なんて、たわけたことを、一般人が言っている間は、ダメです。

これから何が起こるかわからないけど、ドイツでは5日分程度の水と食料の備蓄を!と、国家が国民に呼びかけているそうです。

大混乱が起こり、ATMが止まり、流通が止まっても5日程度で、混乱は収まり、社会の作り替えが始まるだろうと言う見通しなんでしょうね。

10月から消費税があがる。
やっぱり、選挙が終わったら、アメリカから農作物が、どっと入ってくる。
どうやって、生き抜いたらいいのかわからないありさまになるでしょう。

その上、ドイツ銀行の破たん・・・リーマンショック以上の破壊が起こる。
今の日本で消費税なんかあげている場合ではないのに、
あげるという安倍総理の行く手は、暗雲でしょう。

山本太郎さんが、大いに隆盛を誇るでしょう。
マスコミは、思ったほど、小泉シンジロウの結婚をもてはやさない。

あまりに計算づくな感じが嫌われているのかも。

こうして、音を立てる破壊の後に、山本太郎が出てくるのだと思う。

それ以外に、完璧に張り巡らされた利権の網を破る方法が見つからない。

組合の専従を破壊した神戸市長は、過去の利権の闇を破ろうとしているのだと私は、思うのだけど、濁り水になれた年寄り・・・特に老人クラブの連中は「市長を換えてくれ」と騒いでいる。

私が、老人クラブと縁を切った理由の一つがこれだ。
それぞれが、過去のおいしかったことにしがみつくのだけど、

それを手放さなければ新しい時代は来ないと思う。

クリックよろしくお願いします