https://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/64200371.html
大洪水は自然災害と思うあなたへ

白文鳥ピピme物語さんです。(みごとな記事なので転載させていただきます)

私たち日本人は、世界でも類例なきほどにテレビを信じる国民なのです。

ここ何年も、そして今夏も、日本各地が大洪水に襲われているのは、NHKを初めとする各テレビ局による詐欺報道『地球温暖化』が原因で、エルニーニョ現象やラニーニャ現象が起きた故と洗脳されています。

然しネ、英国人の85%は、『地球温暖化』は詐欺であることをご存じなのです。

実は、エルニーニョ現象やラニーニャ現象は、自然ではなく、米国の気象・地震兵器HAARP(ハープ、電離層ヒーター)よって引き起こされるんです。

無論、日本の大洪水も、この米国の気象・地震兵器HAARP(ハープ)によるもので、日本政府や気象庁は無論のこと、各テレビ局も知っており、テレビ局の気象予報士と称する連中は白々しく予報と解説をしています。

以下はこれまでの私の各記事概略

日本の災害:米国特許の気象兵器攻撃 2016/9/20(火) 

「人工的に天候操作できる“気象兵器”の存在は“人工地震兵器”と並んで国際社会と防衛産業の常識。世界の常識を知らない無知な日本人は『現実を直視しない裸の王様』。「見ざる・聴かざる・語らず・考えず」に徹した1億総“思考停止”状態→目覚めよ日本人!」(山崎淑子氏)

アメリカのTV番組が報道した気象改変施設の存在

モニターを見ながら各地のハープ(HAARP)を操作して東南アジアで発生させた台風を更に強烈なものに育てようと操作し、そして日本に向かわせる。更に次の台風も同様に。


国連で1977年、『気象兵器(Environmental Modification Techniques)禁止条約』が採択された。同条約では、環境改変技術を破壊や攻撃などの軍事目的による使用を禁止し、気象制御などの平和目的での使用に限定された。


気象兵器は米国の特許(#4,686,605)で、狙ったエリアにハリケーンや大洪水や地震を起こすことが出来る。

米国が世界各地に設営した電磁波発生基地 X-Band Radar (SBX-1) 
日本にXバンドは青森県と京都府にある。

これらの基地では、HAARPで上部電離層にHF(高周波)信号を送ることができ、低周波は高周波に変調し、その逆も同様、高周波は低周波に変調する。

各基地一か所当たりの電磁波は弱くても、限定したエリアに各基地から一斉に電磁波を電離層に当てると威力を発揮できる。


米空軍次官補証言「気象地震兵器を使ってきた」 2016/9/22(木) 
Air force Testifies DARPA Ran Experiments at HAARP Facility

2014年5月14日、米上院の公聴会で、米空軍副次官補であるデビッド・ウォーカーは、「気象&地震兵器は既に完成しており、それを使用し続けてきている。現在は、別の電磁兵器開発に取り組んでいる」と証言した。

Air Force Testifies HAARP No Longer Needed to Control Ionosphere 5 Chemtrail

米国空軍は、HAARP(ハープ)で、もはやイオン圏5をコントロールする必要がないことをを物語っている
“We’re moving on to other ways of managing the ionosphere, which the HAARP was really designed to do,”
“To inject energy into the ionosphere to be able to actually control it. But that work has been completed.”

HAARP(ハープ)と気象制御は主流メディアや政府関係者による陰謀説と呼ばれてきたが、5月14日水曜日の上院の公聴会で、科学、技術、工学の米国空軍の副次官補であるデビッド・ウォーカーは、この夏、アラスカ州のガコナ(地名)での『3億ドルの高周波活性オーロラ調査プログラムの廃止措置計画』に関連し、リーサ・マーカウスキー(人名)の質問に対し、爆弾回答をした。

「我々は、HAARPが本当にやりように設計された電離層を管理する他の方法に進んでいます」

「電離層を実際に制御できるように電離層にエネルギーを注入します。 しかし、その作業が完了しました。」


脅迫「今度は東京が危ない」①気象兵器とは 2011/11/24(木) 

米軍OSS機密文書「地震を使った対日心理戦争計画」(1944)
新潮45 8月号 浜田和幸著

曰く、 「米政府は第二次大戦の末期から地震・津波兵器の開発を進めてきた。ニュージーランドの沖合いで実施された津波爆弾『プロジェクト・シール』の実施では30メートルを超える津波の発生に成功。日本を降伏させるために、この津波爆弾を使うか、原爆を投下するか検討されたが、精度が高く、効果が大きい原子爆弾が使用された。」

実際、ニュージーランドで研究開発にあたっていたコンプトン博士が米軍の極秘作戦において中心的な役割を担っていた。同博士は、その後もビキニ環礁での核実験を視察し、津波兵器と核兵器の比較検討を継続して行ったという記録が残されている。・・・・・


1945年人口津波実験成功の記事 2016/2/18(木) 
Tsunami bomb' tested off New Zealand coast
ニュージーランド沖で試験された「津波爆弾」
The Telegraph (英国電信)
By Jonathan Pearlman, Sydney2:50PM GMT 01 Jan 2013Comments708 Comments

ジョナサン・パールマン 、 シドニーにより、14:50 GMT 2013年1月1日

The tests were carried out in waters around New Caledonia and Auckland during the Second World War and showed that the weapon was feasible and a series of 10 large offshore blasts could potentially create a 33-foot tsunami capable of inundating a small city.

第二次大戦中にニュー・カレドニアやオークランドの近辺の水域で実験が繰り返された。そこで分かったことは、この津波兵器は実現可能で、沖合いで10発の大きな爆発を続ければ33フィート(1フィート30.48cmで約10m)の津波を起こす可能性があることが分かった。10mの津波と言えば、小さな都市を水浸しにするに足るものである。

Experts concluded that single explosions were not powerful enough and a successful tsunami bomb would require about 2 million kilograms of explosive arrayed in a line about five miles from shore.

専門家の結論は、1発の爆発では力が足らず、津波爆弾を成功させるには海岸から約5マイル沖合いで、約2メガトン(2 million kilograms)の爆弾が一列に並べて爆発させられなければならないとしている。

(注)3・11で、地震が三連発起きた理由がここにあるのです。


今秋の大洪水は米国の気象・地震兵器HAARPによるもの 2015/9/13(日) 

彩雲はHAARP(ハープ)によるもの 2015/9/14(月) 
彩雲画像の一部抜粋





チリ地震前

四川省地震前



(その他)
大震災の記憶:目次

(転載おわり)

私が、ふたたび気象問題に関心を持ったのは、ここ1か月ぐら空にケムトレイルの筋を見ないからです。
トランプ大統領が禁止したという情報を頂いたので、検索しました。

そして、このサイトに行きつきました。

トランプ大統領がボーイング社の機内を視察したのは、就任まもなくで、ボーイングの景気もよくしてやるぞと、持ち上げただけで、ケムトレイルをやめろと言った記録は無いのだそうです。

それでも、アメリカでも、日本でも、その写真を根拠に「トランプがケムトレイル禁止令をだした」という噂が広まりました。

現実にケムトレイルが最近見当たらないと言うネット情報もあるけど、まだまだ、ますますひどいと言う情報もあります。

その中で、気になったのは、「最近のケムトレイルの形状が変化している」と言うモノです。

人間と言うモノは、手に入れた技術を、それがたとえ悪魔の技術であっても手放したがらないものです。

だから、ケムトレイルをやめたのなら、不思議なことだとにわかには信じられなかったです。

どうも、曇り空の雲の上で撒いていたり、すぐに消えて見えなくなるタイプのものに変えたか、

気象改変の悪巧みだけは、止めてはいないみたいですね。

日本国内にもXバンドレーダーがたくさんある・・・と、聞けば、日本政府が気象庁を使って、日本国内に気象災害をばらまいているのか・・・と、暗澹たる気持ちになります。

また、中国沿岸から放射される電磁波があると聞けば、中国も悪魔かと思う。

けど、どうやら、気象改変兵器は米国が特許を持っているらしい。

そりゃあ、そうでしょう。

そして、当然、核兵器の特許だって、アメリカさんがもっているに決まっています。

ここまで悪さをする国が、原爆の特許だけ日本に盗られているなんてありえません。

何が!地上起爆説だか!
国際情勢全般を見てから言ってほしいわ。・・・その「日本凄い」の合唱、うざい。

アメリカが世界中の気象改変をやってる。

日本の台風のコースももちろん。
もっとも、アメリカのどういう勢力がやっているのか、よくわからないけど。

この前の15号もだし、今、北上中の17号だって、すべての台風、大雨は気象改変のなせる業だから。

悪魔の発明だと思うよ。

この罰当たり目が!

罰が当たるときには、地球人類を全部巻き込む・・・

セオリツヒメの怒りが地球を覆うと思うよ。

アメリカ・・・終わったな。

おまけ
𓉤箱コネマン𓁷 @HAKOCONNEMAN 9月22日

1/10【 とは❓
1891年人工降雨特許
1927年人工雲特許
1947年クラウドシーディング特許
1961年JFK、気象兵器の平和利用を訴える
1963年ジョンソン大統領「気象を操る者が世界を操る」
1967年ベトナム戦争ポパイ計画現在まで人工津波、病原菌散布など。全10篇是非ご覧下さい。