二日前ですか、自衛隊をホルムズ海峡に派遣すると言いだした。


この台風被害のおかげで、関電騒ぎも、忘れられ、愛媛県の加計学園事件も忘れられ、


吉本興業との不適切な関係も、はるかむかしのこととなり。


よろしおまんなあ・・・・


しかも、みんなが見てない隙に、戦争の火種をまく。


もう、やけくそやねえ。


自分がやられるのなら、国家も一億国民もみんな道連れにしてやるという勢い。


アメリカでは、ウクライナとの癒着が、明らかになりつつあるらしいけど、問題を起こしたのはトランプ大統領ではなく、民主党のバイデンの息子と、ペロシの息子。


クリントンのメールの解析も終わって、いよいよ司直の手が迫る。


で、アメリカで追われている連中の一味が、日本で、日本の破壊と、日本人の虐殺に拍車をかけだした。


丸腰の市民は、この攻撃にどう堪えればいいのか?

このまえ、事前に恐怖を煽ったために死者数が極小になったことを、教訓に、警告なしの大雨で来るかもしれない。

邪悪な政府を持っているのだから、何があってもおかしくない。

アメリカで、本当に大量逮捕がはじまると、最後の巣窟は日本列島になる。

悪あがきの限りを尽くすでしょうね。

この前の三重県の大雨は京大のハープでしょう?

長野の雨の時、県のかなり南に怪しい電磁波の照射が有ったみたいだけど。

千葉県の柏のバンドレーダーは、あまりにも有名になりすぎて。

こんななか、山梨のキャンプ場で行くへ不明になった御嬢さんは、どうなったんだろう?

茨城の犯人がわからない殺人事件も。

gesara・・・正直言って、私は、これを信じたことはありません。

でも、本当にこれが10月22日即位礼で、発表されるなら・・・まあ、夢のまた夢だよね。

日本が貧乏国になるのは、まあ、よしとして、気象兵器で命まで採りに来るのは許されない。

クリックよろしく