日本は「東方の巨大な実験場」!?:ヒットラー予言の新人類誕生物語!


ヒトラーは、片腕の側近ブレーンであったハンス・フランク
日本は「東方の巨大な実験場」!?:ヒットラー予言の新人類誕生物語!_e0171614_14565447.jpg

にこう言ったという。
「よろしい、では解説してやろうハンス。私が言った未来に現われる『永遠の未成年者集団』というのは、もちろん、死ぬまで大人になりきれない人間たち、ということだ。

そんなことは、厳しい正常な社会ではありえない。だからそうなる背景には、甘やかされた異常な社会が当然ある。その中で、同じように大人になりきれない親に、愛玩動物のように育てられるため、子どもも成人しても真の大人になれないのだ。

「しかしハンス、じつはそれだけじゃない。私が本当に言いたかったのは、そのことではない。

未来社会には、そういう『永遠の未成年者集団』が現われる一方で、幼いときから大人の思考と感情を持った人間たちも現われるのだ。信じられないだろうが、彼らは胎児のときからさえ、そのように教育される。5つか6つで一人前の理屈と判断力を備え、13、4歳にもなれば、並の大人を指揮するほどの力を持つようになる。

つまり両極端ということだ。肉体が大人で感情が幼児のようなグループと、肉体はまだ青春期にまでいかないのに、思考と感情が大人を超えるグループ……」

「しかもハンス、それは人間の発育状況だけじゃないのだ。人類と社会のあらゆることが、未来には、そのように両極端に分かれてしまうのだ。

たとえばカネだ。一方には腐るほど大量のカネを持ち、広く高価な土地を持ち、労せずして限りなく肥っていく階級が現われる。貴族とか新しい中産階級とか言ったのはその意味だ。

だが少数の彼らが現われる一方、他方の極には、何をどうやっても絶対に浮かび上がれない連中も現われるのだ。

それはカネだけの問題でもない。より正確にいえば、精神の問題だ。限りなく心が豊かになっていく精神の貴族、精神の新しい中産階級が現われる半面、支配者が笑えと言えば笑い、戦えといえば戦う『無知の大衆』『新しい奴隷』も増えていくのだ。

人間だけではない。国もそうだ。恐ろしく豊かな、労せずして肥っていく国が現われる。他方、何百年かかっても絶対に払いきれないほどの借金をかかえ、水一杯すら容易に飲めない国も現われる。

気候もそうだ。とほうもない旱魃や熱波におそわれる国と、寒波や洪水におそわれる国が出る。災害におそわれつづける地域と、楽園のような地域、人っ子一人いなくなる荒地と、無数の人間が鼻をくっつけ合って生きる都会とが分かれる。

愛もそうだ。特定の男女にだけ、愛と肉体の快楽が集中する。一方、一生に一度の真の愛も快楽も得られない男女も増える。要するに、土地や金や支配力を得る者は、ますますそれを得、支配される者はますます支配されるだけになる。そうだハンス、それが未来なのだ。私の見た未来だ。未来はそうなるのだ……」

それは1989年だ。そのころ実験は完成する。人間は完全に2つに分かれる。そこから引き返せなくなる。そうだハンス、その完成と更に新しいアプライゼ(スタート)の時期が1989年4月に来るのだ。」






転載おわり)
なるほどね。
そういう見方をすれば、とてもよく理解できます。

なんで、日本に原爆・水爆・地震爆弾・原発事故・さまざまな災難が継続して起こるのか!

てっきり、日本人が狙い撃ちされていると思っていました。

それも、理由の一つだと思うけど、理由は一つだけじゃない。阪神淡路大震災も「スパコンつぶし」だけが目的じゃない。

いくつもの目的を一発で果たそうとしたのだと思う。

え~?!

それにしても、ヒットラーの予言によると、その過酷な実験場から新人類が突然変異で現れる?
それが、日本?

そうかも、スポーツ選手にも超人的な子たちがいるし・・・この前、たしかテレビで見た男の子は、数字が好きで、10歳になるかならぬかで高等数学を解いていたよ。

政治家界隈には全然だけど、科学とか芸術文化の方面に、びっくりするような子供は現れている。

この予知夢に従って、ヒットラーはユーゲントをつくったのか?!

日本から救世主が現れる・・・という論調は、あちこちで見るよね。そして、みんななんとなく、そうかも?っておもってませんか?

クリックよろしく