神戸の社会問題

神戸市ではごみの焼却で発電してるはずですが・・・

————————————————————————
    
実に年間約80万トン、100年以上! 海外からゴミを大量に輸入し続けるスウェーデン。その驚きの使い道って?
引用元)
(前略)
実際に、ノルウェー、イギリス、アイルランド、イタリアなどから年間約80万トンものゴミを輸入しています。満員状態のジャンボジェット機が約350トンですから、実に2,285機分。
(中略)
スウェーデンがゴミを海外から輸入している理由、それはズバリ、エネルギーのためなんです。

エネルギー先進国として知られるスウェーデンは、総エネルギー供給源の中で、水力、風力、太陽光などの再生可能エネルギーが占める割合が、57%。日本が12.2%であることに比べると、その違いがよくわかります。しかも2040年までに、それを100%にすることを目指していると、スウェーデン政府は公表しています。(
出典元

スウェーデンでは、年間200万トン以上のゴミが家庭から排出されていますが、埋め立て処理されるのは、たった1%。残りの99%は、半分がリサイクル、半分がゴミ処理場にて焼却され、電力に転換されているのだそう。現在では、このゴミの循環による発電で25万世帯もの電力をまかなっているそうですが、国内から出るゴミの量では足りなくなり、わざわざ海外からゴミを輸入するにいたった、という訳です。
(以下略)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

環境局に知人が多かったころには、あれこれ情報があったのだけど・・・

神戸市のごみの焼却炉って、一基500億円ほどするって、聞いたよ。

それで、もう、エントツからは、粉じんはおろか、煙も出ない、見事に二酸化炭素と水にしてしまう。ずべてを!
凄いんだよ!って聞いたから。

「なんで、もっと大きな声で宣伝しないの?」と聞き返すと

500億円という金額がね・・・どうも談合がらみ?川崎と三菱かな?住友かな?なんか、つっこまれたくない感じがしたわ。

それと、高い煙突の先から、少しみえている「白いガス」は「水蒸気」なのに、「煙突から白いものが出てるやんか!有害なんと違いますか?」という苦情の電話が入るので、いちいち水蒸気です!というのも面倒で、煙突の出口に「水蒸気を消す装置」をつけて水蒸気さえ見せないようにしている。

ゴミと言うと、やれ、ダイオキシンがーと言われるので、ともかく、騒ぎが起きないように、じーっとしているんだって。

この話は10年も前のことだけど。

その後、神戸市では、プラスチックは燃えるゴミですキャンペーンを始めた。
それまでは、燃えるのに「燃えないゴミ扱い」だった。

はなはだしきは「サランラップ」まで、「燃えないゴミ」扱いだった。


焼却炉が熱くなりすぎるから…という理由で、ラップをはがして「燃えないゴミ」に入れなければならなかったのに!!

突然、ポリバケツも、おもちゃのプラスチック製品も全部「燃えるごみ」ラップなんか、言うに及ばない。

今でも、ポリバケツは「燃えない」と信じ込んでいるよ、うちの夫は。
違うって、そもそも燃えるか燃えないかっていうと「燃える代物」なのに、燃えない扱いしてただけ。

それが、「燃える扱い」になった。

スェーデンじゃないけど、ゴミが減ってね…不況続きで・・・焼却炉が・・・台所の水ゴミばかりで、燃えにくくなった。
で、重油をかけないと燃えない。

燃えないから発電も出来ない。

そこで、盛大にもやすためにプラスチックを入れることにした。石油製品だから。

でないと、発電もうまくいかない。

それでも、全市4か所ぐらいにある大型焼却炉のすべてが稼働しているかどうか・・・?私は知らないわ。
数年前でも半分しか稼働してないみたいだったもの。

ゴミが足りなくて。


発電に関しては政治的なものもありそうに思う。

関電とのからみやら、原発とのつなひきやら。

だから、あ!ゴミがあるじゃん!そうだ。発電しよう!という筋書きにならない「利権でがんじがらめの世の中」なんだと思う。
クリックよろしくお願します 

神戸がいよいよ

https://dot.asahi.com/ad-native/2018/2018031300052.html
[PR]世界を目指すIT企業が集結 神戸から熱いメッセージを発信!

経済の持続的成長を目指し、IT産業等の集積や起業家の育成支援を進める神戸市。この街に今、優れた才能が集まり始めている。久元喜造神戸市長と、昨年、神戸市に拠点を構えたChatWork株式会社の山本敏行CEO 、株式会社モノビットの本城嘉太郎社長が、神戸市の可能性を探った。
左:本城嘉太郎( ほんじょう・よしたろう)<br />株式会社モノビット代表取締役社長。1978年、兵庫県神戸市生まれ。2005年にモノビットの前身となるゲーム会社を創業。ネットワークゲームの開発に着手。13年からモノビットリアルタイム通信エンジンの販売を開始。17年、日本初のゲームAI 専門会社モリカトロン設立、代表に就任<br />中:久元喜造( ひさもと・きぞう)<br />1954年2月、神戸市兵庫区生まれ、高校時代までを神戸で過ごす。東京大学法学部卒。1976年に旧自治省に入り、総務省選挙部長、自治行政局長などを歴任。2012年11月、神戸市副市長。13年11月から第16代神戸市長に就任<br />右:山本敏行( やまもと・としゆき)<br />ChatWork 株式会社CEO。1979年、大阪府寝屋川市生まれ。中央大学商学部在学中に米国ロサンゼルスでEC studio を創業、2004年に法人化。11年、ビジネスチャット「ChatWork」の販売開始。12年、現社名に変更、シリコンバレーに米国法人設立

左:本城嘉太郎( ほんじょう・よしたろう)
株式会社モノビット代表取締役社長。1978年、兵庫県神戸市生まれ。2005年にモノビットの前身となるゲーム会社を創業。ネットワークゲームの開発に着手。13年からモノビットリアルタイム通信エンジンの販売を開始。17年、日本初のゲームAI 専門会社モリカトロン設立、代表に就任
中:久元喜造( ひさもと・きぞう)
1954年2月、神戸市兵庫区生まれ、高校時代までを神戸で過ごす。東京大学法学部卒。1976年に旧自治省に入り、総務省選挙部長、自治行政局長などを歴任。2012年11月、神戸市副市長。13年11月から第16代神戸市長に就任
右:山本敏行( やまもと・としゆき)
ChatWork 株式会社CEO。1979年、大阪府寝屋川市生まれ。中央大学商学部在学中に米国ロサンゼルスでEC studio を創業、2004年に法人化。11年、ビジネスチャット「ChatWork」の販売開始。12年、現社名に変更、シリコンバレーに米国法人設立


(以下 略)

いいでしょ!
神戸は、こうでなくっちゃ。

いつも、明日の方を向いていたい。

やっとよ!
まともな市長を迎えることができて・・・うれしいよ。

本当に、ひどかったものね。

失われた・・・10年、20年が神戸にもあった・・・

特に、震災の後の落胆はひどかった。
本当に、神戸から「希望」という言葉が消えた。

前を向くことも、上を見ることもできなかった・・・

あげくM市議が陰の市長・・・なんだ。あの時代は。

ようやく賢い人が、市長になってくれた。
新しい神戸は4年前に始まっていたのだけど、

あまりにも、落胆がひどかったので、誰も期待しなかった。

去年秋口に異変があったよ。

神戸市をとりもどしたんだよ。Zからさ・・・

嬉しいね。
なかなか大変だったけど、久元さん、やったね!!

嬉しいな。


クリックよろしくお願いします

「神戸とは何か?どんな役割があるのか?」 国際政治の分析と予測さん

こういう文章を国際政治の分析と予測さんに、発見して、わくわくしてしまいました。


http://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/b60a304c0b80a5460d6b57a899e18c9b
 「神戸とは何か?どんな役割があるのか?」という問いを私は皆さんに投げかけたい。
神戸は大輪田泊という良港を有し、それ故に近代資本主義の発祥の地である宋との貿易港として平清盛の時代に繁栄した。福原京が神戸に設置されたことからもわかる様に、源頼朝が介入しなければ、神戸は日本の首都として繁栄を極めたことだろう。その時日本は、中国文明に開かれた、中国文明の一員となっていたに違いない。現在の日本は、本土では失われてしまった儒教・元号などの中華文明の神髄を今も維持する中華文明の真の中心なのだ。これからの神戸は中国を中心とする東アジア文明圏の日本入国者の玄関口となり繁栄を極めるに違いない。


(そして、付記)

【コメント追記】  
神戸商工会議所の要望通り、阪急神戸線を王子公園から新神戸・三宮経由で神戸空港に乗り入れる計画と見る。元来関西新空港は神戸沖が最も適切な立地とされてきた。しかし、そこにベクテル社が地震兵器を埋め込むのを予想し、あえて阪神大震災の後まで神戸空港建設を先送りしたのだろう。関西空港は長距離線と貨物線中心の空港となり、神戸空港が日本の玄関口として繁栄を極めることになる。平清盛の時代のように。そして、空港と新幹線駅に直結する阪急神戸線沿線は超高級住宅地として君臨することになろう。夙川・芦屋川・岡本・御影あたりの地価は下落せず、目黒区あたりを上回るかもしれない。


(転載おわり)

神戸にとって、もっとも悔やまれることは、国際空港を神戸沖に作れなかったこと。
関西空港に譲ったことだと、神戸では言われています。

この宮崎市長の失敗が、神戸市の命運を断ってしまった。

デモ…本当にそうなのだろうか・・・

私は、二つの相反する疑問を持っている。
1973年宮崎市長二期目の選挙・・・彼は、それまで要望し続けてきた神戸沖空港を「反対する立場にまわって選挙に出た」

なぜだろう?
表向きは、1970年万博のころから、にわかにうるさくなった「公害」(この言葉は、このころ誕生した。それ以前の”こうがい”とは”鉱害”の意味だった。)背骨の曲がった魚、イタイイタイ病、PCB汚染、大気汚染・・・このため、空港を推進しようとすれば「公害反対運動」で、やられる・・・だから、建設省が認可を降ろしたにも拘わらず、推進派の立場を180度変えて、反対の立場になった。

あれは、本当だろうか?

公害が唯一の理由だと言うのは?

そうではなくて、関西経済を勃興させるのを、嫌う外圧に押し切られたのではなかろうか?
神戸沖に見事な空港ができて、新幹線新神戸駅とがっちり結ばれれば、神戸市は、国内最強の都市になるであろう。

そういう強い都市を出現させてなるか!と、ユダヤが考えた・・・としたら、
日本が、二度と立派な国にならないように、つねに働いてきたユダヤが・・・東でも大空港を二分し、関西でも空港を二つ作り、分割して力をそぐ…それが、彼らの計算ではなかったか?

けれど・・・ここに、国際政治の分析と予測さんは

「どうせ、ベクテルは、穴を掘って、地震でつぶす予定だから、

だから、それに感づいた日本側が、取り下げた・・・と、書かれている。

そうかな?

どうせ、つぶすつもりだから、全てをベクテルが勧めたと、考えられないだろうか?

だから、大震災をやってしまうなり、事後二日ぐらいで、笹山市長に「神戸空港を建設する」と、発表させた!

まだ、火が燃えている。
まだ、がれきの下から生存者が掘り出されている。
まだ、被害の全貌も見えないのに、

笹山!おまえは人でなしか!そういう非難がばんばん浴びせられた。

はたして、笹山さんが、自分の頭で決心して発表したのだろうか?

取り下げた宮崎さん、持ち上げた笹山さん・・・背後に動くベクテルの影。

国債政治の分析と予測さんは、いつでも、ユダヤの力を過小評価されている気がする。

そう簡単に、消えてはくれないでしょう。

にも拘らず・・・トランプに先立って、神戸市では「キングメーカー」の望まない人が、市長になった。
久元さんは、そういう人だと私は見ています。

ディープステイトが、指名しなかった人が、神戸市長になりました。

だから、神戸市婦人団体協議会の専務理事は、落胆の末、没したのです。
暴かれるのが、恐かったんじゃないの?
証拠は、彼女の胸の中にしかないから。
消えるしかなかった。

書類とか、その他は全部廃棄しても、彼女の記憶だけは、廃棄できない。

そうなると、前の日までぴんぴんして、自力で歩けて、食事もおいしく食べられた人が、翌日帰らぬ人になった。その日は、宮崎市長の命日の前の日だったのは、とても、臭う感じですね。

さらに、一期でひっくり返す予定が、二期目に向けて、盤石になった。
選挙前の8月、このころから、実弾が飛ぶと言う時期に、

隠し資金を管理する”後継者”が、追放された。
この資金は、市長選挙のための資金だそうだから、工作資金が使えなくなった。

久元市長、大盤石の勝利。

”後継者”解雇。

なんと、神戸市内でのCIAの動きが封じられた。
このことと、長田の発砲事件が無関係だとは私には思えません。

ちょっと、風が通るようになった気はする。
また、久元さんの権力が、盤石になっている。

なにしろ東大出でしょ・・・そこらの私大のバカボンとは違う。賢いもの。頭がいいってことは、全方位にいいわけで、一度に把握する情報量が広範囲に多く、計算速度が、ずば抜けて速い。

最初の兆しは、空港へのアプローチだ。
関西の空港を一元化する。

これをうまく果たせたとき、関西は再浮上する。
大きくなりすぎて機能不全に陥りそうな東京をしのぐかもよ。

東京都知事のひどさをみれば、誰だって江戸末期の将軍家を思い出すでしょ。

だからと言って、大阪府知事に任せておいたら、安心ではないところが、味噌だよね。

2025年から、東京の人口まで減り始めるそうだ。

人口が減るって、どういうことか、いっぺん味わって御覧。
凄いよ。
つぎつぎお店が店じまいする。
大型店がつぶれる。

それが起こるんだよ。

けど、東京以外の都市には、すでに経験とノウハウがある。

さあ、神戸は再浮上できるか?

やっぱりしてほしいよね。
でも、その前に、神戸を建て替えないと。

クリックよろしくお願いします

神戸市各区の新年の集い

毎年、神戸市では区ごとに「新年の集い」というのを催すようです

もちろん、商工会関係のモノもあるだろうし、いくつもあるでしょうね。
行政は、人に何かをきいてもらわなければ前に進めない仕事をしているのですから。

市の外郭団体のようなところにいたとき、
年が改まると、局長さんから課長さんまで、あいさつ回りに来られる。
4月年度が改まると、あいさつ回り。

公務員て、挨拶するしか仕事は、ないのか?と思ったものね。
結果、挨拶するしか仕事は無いって思ったわ。
つまり「イエス」と返事してもらわないと仕事にならないから、日ごろから「イエス」をもらえるように、頭を下げて回る。何かあった時に「イエス」と言ってもらえるように。

「反対」「反対」と言われると、まったく手も足も出ないからね。

肝になるのがせんじ詰めれば人間関係なわけです。

企業なら、儲けたらいいわけですね。資本主義ですから。
金にものを言わせて相手をねじ伏せられる。
公務員には、そういう決め手がないのです。

というわけで、区役所は各町内の「顔役」に案内状を出します。
参加費は安くないです。4500円だけど、立食パーティの内容は、金額に引き合わない。

それでも、私が、出来る限り参加するのは、もともとは農村歌舞伎を進めるため、地元の顔役と顔つなぎするためでした。

ところが、近年、農村からの参加者が激減してしまったのです。

これは、ある意味、農村地帯であった北区に、新興団地が立ち並び、新興団地の人々の人口が増え、農村の地位が相対的に低下した・・・

かつては、連合自治会長は、村の人に決まっていた、昔の農村時代の権威が生きていたけど、それが、急速に薄れた。
かつては、大地主である農村を頼りにしていた行政側が、新興団地に目を移した。

そこに、農村の高齢化と疲弊が拍車をかけた。

だから、もう、こういう場に、以前ほどは農村からの参加が無い。

昨日であった人々は、世代交代していた。
あんなにながらく自治会を仕切っていた人々が、代替わりして私の世代になっていた。
隣町だけど、驚いたわ。

けど、希望が持てた。
うちだって、出来るかもしれない。

かつて、その一帯は「ナントカ革命」の旗印の素、創価学会さんのしきる地域だった。これが、くずれつつある。

時代の波は、やっぱり、何もかもを変えていくね。

市長が第一、ちがう。

こういう町の顔役を集めて、市長が顔をだし、選挙の票を確実なものにする雰囲気は、神戸市株式会社、あるいは、神戸一家みたいだった。

人情でつながれている。

そこが、確かに変わったと思う。
そして、それが村人が来なくなった理由でもある。

トップが変わると、組織の末端まで変わるものだ。

だから、新年のつどいも、変化した。

参加総数が激減していると、思う。
神戸市行政につながることで利権を得る人が、減ったからだ。

例によって議員さんが次々紹介される。
行政は市会議員に愛想を振りまいておかないと面倒くさいからね。
でも、以前のような関係では、もうないと思う。

最近ではかつての村岡市議のような権威を振り回すような物言いでは、録音されてしまってひどい目に合うからね。

人と人との関係が、ひたすら希薄になる。

「最近の人は、自分さえよかったらいいと考えている。その親が自分さえよかったらいい子供を育て上げる。その子が、次の世代を産む・・・だから、世間は筋金入りのエゴイスト集団になってしまった。」そういうもと自治会長と、私は意気投合したけど、

なにか、解決策があるわけではない。

小学生を集め、無償で何かを教えて、私は、私の心を誰かに伝えようとする。
もしかしたら、10人のうち、一人ぐらいは、大人になって私のマネをしてくれるかもしれない。
ひとりでもあれば、ゼロよりましだろうと思う。

けど、そこで考える、もしも、志をもった一人を育てたとする・・・その子の周辺には、今よりさらにエゴイストになった集団が存在する。

すると志のある子は、今の私より、さらに苦しむことになるのではないか・・・

さきほどの彼の町で、今年からお地蔵様のお祀りをやめたという、「まさか、あなたじゃないでしょうね?」と質問すると、彼は言った。
「お地蔵様に手を合わせるのは、宗教じゃないんだよ。文化だ。民俗文化なんだよ。やめたのは、僕の後の自治会長だ。彼への反発もたくさんあるんだよ。」

さりとて、失われて行っているんだよ。
感覚的に。

「僕らは田舎の子だから。村全体で、村の子どもを育てるのが当たり前だった」

そういう感覚が、町から失われ、私たちは「日本であったもの」を、失って行っている。

これは、仕掛けられたものなのだけど、誰も気づかない。

このことに気付くことが、一番大事だと思うけど、もう、遅いか?
遅すぎるか?

人と人とが信じあえる世の中。
取り戻すのは、不可能か?

私は、宗教団体の中にあってさえ、一人一人の「人間性の変質」への対応が、どれぐらい大変かと思っている。

かつては教祖の権威、見えない神仏の罰を持ち出すまでもなく、人々の心の中に畏怖があった。
今では、権威をせせら笑い、罰なんか無いと言う。

実際、世の中全体が貧病争の苦しみから、物理的に解放されているから。
かつてのライ病患者が村々から追い立てられ、最後の思いで神仏にすがるようなせつない状況がなくなったから。

おおむね、神様も仏様もいらなくなった。
医学だの科学だのを信奉していたら大丈夫だと思われている。

こうして「畏敬をはらう相手」も不要になったし、畏敬をはらえるような神々しい人物もいなくなった。

宮崎市長時代.ワンマン宮崎氏は、神戸市民にとれば神だった。
だから、市民は、市長にあえるこういう場に来たがった。

今は、神様もいなければ、神のような人もいない。

みんな平等、ごったまぜ・・・でも、本当にこれでいいのだろうか?
いいはずないだろう?と思う。

ただ・・・生まれつき人の持っている「良心」というものがある。教えられなくても感覚的に感じる美醜がある。だから、案外、変わりそうで変わらないのかもしれないね・・・

クリックよろしくお願いします

トライやるウィーク第3日

今日は、女子中学生が二人くるだけの、らくちんな一日でした。

午前中は、平均年齢80歳のフォークダンスの仲間に入れてもらって、ヨーロッパの格調高いリズムを一緒に刻んでいた。

「なにか、仕事はありませんか?」と、尋ねられるので、別に用事らしいことのない私は困ってしまう。

今までの二日間は、どこに行ってたの?
「お寺です」
「無動寺さん?」

「暇だったでしょう?誰も来なくて」
「いいえ、けっこう、人が来ました。ネットで”寺 有名  人いない”で、検索すると一番に無動寺が、引っかかるので、参拝客は多いそうです。」

「へ~?それは、失礼をしました。
で、そこで、何をしたの?落ち葉掃き?」
「はい」

「一休さんみたいに、縁側を雑巾がけして、走った?」
「はいっ」

「へ~さすがやねえ」

さて、今日の地域福祉センターのプログラムは「介護予防の”あんしんすこやか教室”カラオケクラブ」だ。
第二週なので、管理栄養士さんの栄養指導。
「体の調子を整える。ミネラル、ビタミンなどをとるために大切な食品のお勉強です。
ま・ご・わ・や・さ・し・い」

さあて「ま?」は・・・「まめ!」
「ご?」  胡麻!
「わ?」  わかめ!
「や?」  やさい
「さ?」  さかな
「し?」 しいたけ
「い?」 いも!

みんな、よくできました。

あんまり出来がいいので、栄養士さんは、あんまり話すことが無かった。

「これからの季節、ノロウイルスに気を付けて。手洗いをこまめに。居酒屋のトイレとかは、危険です。消毒のためには、1リットルの水に漂白剤を小さじ一杯程度入れて薄めたもので、拭きあげてください」

このあと、ティータイムとカラオケの時間。

「中学生は、もう帰っていいよ。あとは、大人の時間だから。」
「でも、活動は3時までですから。」

「あんたち、演歌なんか聞いても面白くないでしょう?」第一、おばさんたちは、下手な歌を聞かれたくないし。

でも「いいです」といって、動かないから、仕方なく、いてもらった。

実は、グループの中に、ひときわ下手な人がいるのね。
音をはずしまくる。

なんで・・・あんなに下手なの?と、先輩に聞くと「あの人、右の耳も左の耳も、ほとんど聞こえてないらしい」聞こえないんじゃ、歌えるわけないよね・・・・

けど、彼女は、底抜けに明るい。
なにごとにも、頓着しない。
元気だ。
そして、日焼けた茶色い肌に、くしゃくしゃの髪だけど、茶色い目がかわいい。
73歳のくせに、かわいい。

二人の中学生は、すぐに、彼女のかわいらしさに気付いた。
彼女も、中学生と目が合うと、にこっと笑って、おどけて見せた。
すると、その笑顔が面白くて、箸がころげても笑う中学生の笑いが止まらなくなった。

それから、二人は目と目を見交わし、笑い続けた。

おばあちゃんが、こそこそと、中学生の似顔絵を描いた。
中学生もくすくす笑いながら、彼女の似顔絵を小さく描いた。

おばあちゃんは、指で眼鏡をつくって、中学生をあやした。
中学生が、さらに笑い転げる。

「なんで、こんなに歌が下手かというと、あの人、ほとんど耳が聞こえていないの」と、耳打ちしたので、この子たちは、このおばあちゃんが「障害をもっている」と知っている。

でも、ころころ笑って、中学生の目線にまで降りてくるこの人を、二人とも大好きになった。

後片付けを終えて、会館を出ると、二人は、まだ、その人につきまとって「手芸作品」を見せてもらって感心していた。

「明日も来ます。」
「明日も、カラオケだよ。楽しくないでしょう?」

「いいえ、楽しかったです。」そう元気に言って帰って行った。

今まで、トライやるウィークを取り仕切ったことが無かったので、気付かなかったけど、これは、なかなかいいものだと、今日も思った。

中学生の子どもの祖父母は、せいぜい70歳ぐらいだ。

それよりもっと、年上の人が、元気に笑って、踊ったり、歌ったりしている。

しかも、くそみそに下手でも、ひるまないで楽しそうに笑っている。
耳が聞こえなくても、全然暗くならないで、底抜けに明るい。

そういう年寄りと接触することは、この子たちにとって、とても、貴重な経験になったと思う。

人間、頑張って生きていかなければならないけど、現実に、こんな風に明るく生き抜いている人たちがいる!

その姿に、ただ、接するだけでも、貴重な体験だと思うの。

クリックよろしくお願いします 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
プロフィール

pegasus2011

タグクラウド
QRコード
QRコード
メッセージ

管理人に非公開メッセージが送れます。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ