生活

国会で堂々と嘘をつかれることが困る

先日、神戸市青少年センターの定例パトロールに出ました。

いや、別に、どこを歩いても、そもそも青少年に出会わないし、まして悪さをしている子になんかであったことないです。でも、近隣の生徒指導の先生とか、警察の青少年係とか、青少年センターの人たちとか、あと、私のような民間とかが、一緒になって、年間5回程度、地域を歩きます。


実際、歩く先もないんですよ。北区には繁華街なんかないし、パチンコ屋も減ったし、いっても、若い子はパチンコなんかしてないし、ゲームセンターに行っても、誰もいないし。

ときたま、困った子たちが出回ることがあるけど、夜中なのよね。
そういう場合は真夜中から明け方だから、我々にはカバーできない。

それでも、定期的にこれを続けるのは「お役所仕事」だとか、とりあえず「やりました」と、お茶を濁している、と、批判する人もあるし、それも、当たらずと言えども、遠からずだけど。

各地域で、防犯。非行防止の眼を光らせている大人たちが、こうやって、歩きながら、情報交換をして、信頼関係を築き、ネットワークを組むことは、見えない抑止力になると私は信じてる。

何かあると、その人間関係で情報が走る。
私は、一応、自分の小学校区にはつねに目を光らせているし、人脈を広げている。
それで、ちっぽけな異変も拾えるよ。

なにかあるとすぐに動くよ。

この前も、同じ日に、2本「名義貸し詐欺」の電話が地域の高齢者の家に入った。
ちょうど、年末の防犯シーズンだったから、警察による防犯講習会の開催と、同時に、電話のかかった家にいってもらって、「録音機能つきの電話」に変えてもらった。

こういうひとつひとつの作業は、すべて人の手をへるので、そこに、いくつもの信頼関係の糸がめぐらされていく。こうやって、地域は強靭になる。

そうしなければいけないの。
「あいさつ運動」・・・あいさつは、大切だと思う。
でも、ここを通る人は皆、互いにあいさつしましょう・・・というような、とってつけたあいさつ運動が、功を奏すのか、あるいは、受け入れられ発展するのか、私は疑問に思っている。

それよりも、もっと、根本的なあいさつ運動は「コミュニティ内に人間関係を構築すること」それは「イベント」を通してやる。

何かを一緒にやって、顔見知りになったら、その後、出会った時、あいさつとか会釈をするでしょう?
知らない人に、機械的に「おはよう」は言えなくても、知ってる人なら「ああ、知ってるよ」という顔になるでしょう。

小学生に形として「あいさつ」を教えるのと、地域のおとなが、あいさつできるようにするのとは、やり方が違うと私は思うよ。

だから、私は、公園を大切にして、公園で、みんなが集まりやすいようなイベントを企画する。出会いの場を作る。出会って、しゃべれば次あったとき挨拶ぐらいする。

親しくなっておけば、なにか、連絡するのもしやすい。
何度か見かけるだけでも違う。

これは、根気のいる仕事だ。
ぱーと派手にやって、すぐにやめるのでは何の効果もない。最低10年は続けないといけない。細くても長く営々と続けるすぐに実ることを期待してがっかりしてはいけない。

知らない間に、芽吹いて、幹がのび、枝をはやすものだ。
花が咲いて、果実になるには時間がかかる。

こうやって、地域を守り、子供たちを守ろうと、一生懸命やっているのに・・・
「国会で、あないに嘘をつかれてはなあ~」
パトロールで歩きながら、どちらともなく愚痴になる。

「子供たちに、嘘をついてはいけませんと、どうやって教えたらいいんでしょう?」
「政治家は、澄ました顔で嘘がつけないと出来ない仕事なんでしょうか?」

困るのよね。
うそつきとは、一緒に仕事ができないのよ。
信頼関係を構築するのには時間がかかる、それを継続するには、さらなる努力が必要だ。

それなのに、相手がうそつきだとわかると、それで、全てが消える。

私は、うそつきとは仕事をしない。
私に対して攻撃的な人ぐらい平気だけど、うそつきはダメだ。

誰とも、なにもできないよ、嘘つきは。

人として、最も大事なことのひとつなのよ。

和をもって尊し、どころじゃない。
まずは、正直。、

本当に、困るのよね。
不正蓄財ぐらい、どうでもいい。
嘘をつかないでほしい。

子どもたちのお手本にまでなれとは言わないけど、「ああなってはいけません」というのだけはやめてほしい。
国の偉い人をあしざまにいう事すら、子供の前ではやってはいけないこと。

でも、そうせざるをえないのが、どういうことか。

本当に、困る。

すでに、世の中がぐずぐずになっているのを随所で感じるモノ。


やのっち(。・ɜ・)d @_yanocchi0519 4 時間前

役人が、利権政治屋の都合に合わせて、公文書を書き換える国なんて、もはや国ではない。もう国民は何も信用していない。安倍一味の口から出る言葉は、全て嘘に聞こえている。公文書を書き換えるような国は、選挙の票も書き換えるし、安倍の支持率も書き換える。

クリックよろしくお願いします

源泉徴収を取り返す

申告しないと返してくれないものね。

でも、申告の方法がわからなかった。

なんか、何年も前から相当損した気がする。

でも、3,4年前から、ちゃんと税務署にいってるよ。

4年前は、長い列に並んで、用紙に書き込まなければならなかった。
次の年は「パソコンに打ち込んでください。わからなかったら教えますよ」と言われて、教えられるまま打ち込むけど、自分がなにをしているのかわからなかった。

2年前は、インターネットで申告書を作れたので簡単だった。
ところが、昨年は、自宅で申告しようとやってみたけど、まずは、パソコンがwindows10ではなかったのと、マイナンバーカードを取得していないのと、カードリーダーを持っていないので、断念して、ぎりぎりになってから税務署に行った。

そしたら「来年は自宅で申請して下さい」という丁寧な説明書をもらった。
だから、今年は、自力で取り組んだよ。


出来たっ!
マイナンバーカードが無くても、コピーをとればよかった。


わずか1万円余りだけど・・・どこの誰が、ただで1万円くれるのよね?


本当は、税務署に行って「お宅の佐川さんだけど」と一言嫌味を言いたかったので、少々心残りだけど。
クリックよろしくお願いします

冬季オリンピックは、もともと日本は苦手でしたよね

私の世代だと
猪谷選手ぐらいかな・・・最初のヒーローは。


それから、札幌オリンピックの時、日の丸飛翔隊と言われたすごいジャンプを一生懸命見た記憶があります。

あれは、浅間山荘事件と同じ年だったはず。


フィギュアスケートで、のしてきて・・・


昨夜はスピードスケートを見ていましたけど。


体格においてはるかに劣る日本選手が、あんな大きな外国選手に勝てるだなんて・・・すごい。


なんでも、最近は日本の電化製品も、中韓に負けているとか、技術もどうだとか・・・

そりゃあ、浮く日もあれば沈む日もあるさ。


けど、日本選手の活躍ぶりを見ていると、どのオリンピックでも、あらゆる不利な条件をかいくぐり、わずかな可能性の扉を開く人々に・・・ほんとうに、感銘を受けますね。


やっぱりなあ・・・違うよね、日本人。


だって、昨夜のスピードスケート…出てくるのは、軒並み白人、それも北欧の人ばかり。


それなのに、日本女性が2位と3位をとった・・・


ああいうの見ていると、がんばろうって思いますね。

政治家には最低の人間しか送っていないけど、日本人全部がダメなんじゃない。

男がだめなら女があるさ・・・


まだ、頑張れる。


クリックよろしくお願いします

家貧しくて、孝子いずる

私たちは、日本を裕福な国にしようとして、一生懸命働いたのです。

そして、ようやく飢え死にする人の出ない、ほぼ社会主義国家のような国を創り上げたのだけど・・・

経済をバブル化されてしまい。

裕福さに、はしゃいで倫理も道徳も札束の前では無力・・・という空気がみちみちて、なにが幸せなのか・・・物質の豊かさの前に、心の豊かさを失っていきました。

油断すると、一転して、貧乏になる・・・その時には、精神力さえも失っているから。ひどいことになる。

これは、苦労して苦労して爪に灯を点して、築き上げた身代を、息子の代で享楽し、孫になると、全てを失う・・・お金があるから、許され、怠け、・・・そして、そのだらしなさで資産を失った後は、もう、立ち直る智慧も力もない・・・のと同じ。

こうして、循環していくのです。

一つの家が、永遠に栄えることはないです。

日本は、傲慢だったと思います。
アフリカでは飢え死にする子供たちが沢山いるのに、日本では、まだ食べられるものを捨てている・・・

そういわれても、じゃあ、誰か赤道を越えて、このあまった食べ物をアフリカへ届けてちょうだいと、言うわけにもいかず。

申し訳ないと思いながら、廃棄の山。

だから、ここへきて、かつての低開発国が、のしてきて、日本は、ぼろぼろ・・・と言われても、これも、因果応報かと思う。

でも、昔から言われたことわざ、
家貧しくて、孝子いずる。

今の二世議員たちは、この反対ね。

裕福だから、ろくでもない。

こういう連中のせいで、日本中、貧しくなった。

でも、これは、本当は、チャンスだと思う。

真剣に助け合って生きていかなければ、滅亡してしまう。国が消える。

それは、させないぞ!という、気持ちが立ち上がる。

貧しいから、工夫する。
なけなしのモノから、有意義なものを作り出す。

日本人が底力を発揮するのは。追い詰められたときだ。

こうなってこそ、本領を発揮する。

今の世の中だって、だらしないひとしかいないんじゃいよ。

隠れているけど、凄い人たちは、います。

マスコミがもてはやさないと、存在していないように見えるけど。

いや。
なかなか、こんなもんじゃない。

追い詰められ、貧しさに落とされてこそ、立ち上がるものもある。

私の教団にだって「世のため人のため、正しく道を貫け」という神仏の言葉にまっすぐ向かう人々が何万人もいます。
寒の季節には高野山で、冷たい川に身を浸し、祈りこめる人々がいます。
神さまの前で禊をする人々がいます。
滝にかかり祈る人がいます。

時代の変遷に振り回されず、貫き通す「まこと」は、列島に満ちているのです。
こんな国、めったにありません。

キリスト教は、滅亡の瀬戸際に瀕しているようです。
イスラム教では幸せになれない。

http://quasimoto2.exblog.jp/238276090/かずもと井口先生の記事です
「時を守り、場を清め、礼を正す」
これが、日本の教育の根幹。これが日本の底力。

各々方、負けるまいぞ。まけるまいぞ。耐えて生き延びましょうぞ。



クリックよろしくお願いします

一時代が、終わろうとしている

今度、株価が暴落したら 、リーマンどころじゃないと、マスコミは言っているらしい。
それなのに、日経平均が700円下がった翌朝、株やから電話。株を買って下さいという。

「は?なに言ってるの?今みたいな時期にだれがかうもんですか。私の想像よりは、早く下がったけど、乱高下するでしょう。素人が、動く時じゃない。他を探して。」

あんたたちは、私のような素人の小口の株主をだまして大口の客に奉仕することぐらい知っているよと、この前言ってやったのにね。

よっぽど追い詰められたのでしょう。

案の定、反発したけど、やらせだからね。信用できない。

市場という概念さえ、変わってしまうかもしれない。通貨さえ、どうなるか分からない。

今は、激動の時代です。

今、私は、東京にいます。
新幹線から見た霊峰富士は、崇高でした。
けれど、以前畑であった一面に太陽光発電の、黒いパネルが、張り渡されていて、私は、不吉な気持ちがしました。
農業を捨てるには、それ相応の事情があるでしょう。太陽光発電にするにも事情が、あるでしょう。

けど、なにか不健全な国策を感じてしまいました。
クリックよろしくお願いします

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
プロフィール

pegasus2011

タグクラウド
QRコード
QRコード
メッセージ

管理人に非公開メッセージが送れます。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ