金融リセット

去年でしたか?

アメリカFRBのトップとイングランド銀行のトップが、8月末に話し合って「中央銀行制度は、終わりにしよう」と、決めた話。

さて、どうやって終わらせるのでしょうね?

ひとつは、ロスチャイルドや、ロックフェラーと言った「我に通貨発行権を与えよ、さすれば、政府もなにも、なにも怖くない」といった国際金融マフィアたちをやっつけ、弱体化させる。

ふたつめ「通貨発行権」というものを、なくして、電子通貨にしてしまう。
通貨、お札がないから「通貨発行利益」が出ない。

今までは、金のなる木があったので、お札は刷り放題だった。

これに、制限をかける。量子コンピューターに通貨量を管理させる。

各国の通貨の価値を合理的に決定し、流通額も決める。

つまり、中央銀行の国際金融マフィアを退治出来たら、世界を民衆の手に取り戻せる。
好き放題されずにすむ。

一握りの連中に荒らしまわられなくて済む。

この企画は、ずいぶん前からあったに違いない。

トランプ大統領の出現も、この企画の流れの中に絶対に必要なことだったのだと思う。

追い詰められたと知ったやつらは、人工ウィルスで、世界中の人々を殺しまくり、ロックダウンで経済を破壊し、ワクチンで殺しまくることを、企画したのだと思う。

その計画を知りながら、あえて、犠牲を覚悟で、それを、実行に移させて、ロックダウンに、乗じて「戦闘活動」もしたのではないでしょうか?

初めのころ言われましたよね。

街に人を出さないのは、ひそかに掃討作戦をやるためだと。

今頃になって、そうだったのかもしれないと、思います。

なぜなら、ニューヨークに行った菅氏が、いきなり、コロナの制限、全面解除を言ったでしょ。

この9月、大きく駒が進んだのですよ。

もう、変異株は、出てこないのでしょう。

なぜなら、人工ウィルスのマフィアが破壊されたからです。

ロスチャイルドが、100年前とも、50年前とも比べようもないほど、傷んでいます。スイスのロスチャイルド当主は、死にました。50歳余りで。

ロックフェラー家にも、強い跡取りはいません。

ロスチャとロックの時代が終わったのです。

コロナは、「疫病」の問題ではありません。政治問題です。戦争が政治問題であるのと同じ。

毎月、新たな変異株をまきちらすから、あらたな蔓延が起こっていた。

それを、止めると、もう、パンデミックは終わります。

元凶が降参して、パンデミックをやめたのでしょう、きっと。

それと、掃討作戦が功を奏して、もう、これ以上、封鎖した暗い町で夜中に、何かしなくてもよくなったのでしょう。

確かに、今年の夏は、去年にもまして、すごい夏でした。

皇居に自衛隊の車か警察車両かが、ぞろぞろ入った。

創価学会本部に警察車両が横付けされた。

やくざ屋さんや、学会の口座が凍結されてお金が下せなくなっている。


前の大戦で、何が起こったかわかりますか?

それまで、羽ぶりのよかった財閥がつぶされ、新興勢力が台頭して、社会の上と下がひっくり返った。

今、誰かさんがやっているのは、その作業ですね。

肥大化しすぎた闇組織の資金を断つ。

大きくなりすぎたものをひっくり返そうとしているのでしょう。

老舗旅館とかも、多くつぶれましたね。

権力は腐敗する。

これから、おそらく自民党がつぶれる。

そして、真子内親王の反乱から、皇居も、無事でいられるかどうか、わかりません。

大きく変わるのが銀行でしょう。もう、不必要になりますからね。

大きくなりすぎたアメリカ帝国も、制限され、世界中から軍隊を呼び戻す。

目まぐるしい変化の季節が訪れると思います。

でも、悪いことではないです。
生き残れればね。

いいですよ、私は18世紀、元禄時代に逆戻りは大歓迎。
もういちど、完全循環型の社会へ。

小さな規模の移動になる。もう、移民なんか入れない。それぞれが、自分たちの土地を守る。


クリックよろしく



この人は初めて見ました。矛と盾 小次郎さんから飛びました。

「誰も教えてくれない社会科」

服部さんのようななまりのある語り口ですが、・・・だから、聞きやすいわけではありません。語り手としての工夫は及川さんには全然及びません。

けど、服部さんが一定の評価を得ているように、この人は、一味ちがう。

非常にバランス感覚が優れていて、歴史的に人類が、どういう流れを営んできたのかを、覚めた目で見つめています。

8月初めから今までのyoutubeを6本見ました。

彼が言うには「世界は18世紀規模の社会に戻りつつある」
経済圏も世界経済圏、ドル一強から、地域経済圏へと、縮小する。

中国インド、パキスタン、(たぶん、東南アジア、極東、ロシアも)このあたりが、互いに流通しお互いの中での経済圏で安定する。

今までの、ロスチャイルド、ロックフェラーのグローバル経済、あぶくのように膨れたドルには、将来性がない。

持続性が無いってことですね。

そこで、それを引き戻すためにコロナをつかった。

国と国の行き来を止め、経済規模を小さくした。

アメリカは、どんどん軍隊を自国へ呼び返す。

もちろん、いまだに世界経済を一手に握って、征服したい連中もいる。

いろんな勢力が戦っているので、特に、アメリカの年度末である9月末に向けては、例年、いろんなことが起こる。

20日国連総会、25日が年度末・・・すると、今年は、きわめて穏便に過ぎましたね。

これは、要するに、金融をめぐる戦争が終わったということですね。

この人が陰謀論者でないわけではありません。

8月、頭上でヘリコプターが騒がしい。意味不明な警察車両や、軍の車両が動き回っている。
なぜか閑静な住宅街に、自衛隊が集まっている。
「トンネルの入り口でもあるんではないですかね」という。

「コロナも、何とか株、ラムダ株、ミュー株などギリシャ文字を振ったやつを、これから、毎月だすぞという計画表までだしてたからね。やる気だったのでしょう。2023年まで、引き延ばす予定だった。

でも、希望的観測かもしれないけど、コロナ騒ぎは、もう終わりです。

来年4月ごろを過ぎると、もう終わっているでしょう。」

裏付けはないものの、「結論」に関しては、私も、この人の思いと同じなんです。

「来年4月で、コロナは終わる」
コロナ騒ぎは「金融リセット」を果たすために仕掛けられた。
これを企画したのはビルゲイツ、グローバル企業などのマフィア、ロスチャイルド、ロックフェラーなどの旧勢力だったが、

それを、逆手にとって、こういう連中を退治することにした。

そして、大方、その退治が終わったので、コロナも終わる。

まあ、問題は日本なんですけど、日本は、いままで、いつも、カモにされました。
日航123便、プラザ合意、311のあとのTPP、なんぼでもカモにされましたね。

だから、この30年間、日本だけが、停滞しているのですがそれでも、滅亡してないって、すごいよね。

まだ、カモにできる、困った時のニッポンなんだろうね。

今度のワクチンも一番たくさん買ったんじゃないの?


え~なにしろ、太田竜さんを皮切りに、陰謀論と言えば、日本が狙われている・・・という感情論ばかりでした。

日本人がものごとを受け止めるときって、論理的に受け止めないで、情緒的に受け止めたとき、わかった気になるからね。


でもね、持続可能な社会でなければ、必ず、ゆすり返しが来る。

地球は、そうやっていままで保ってきたのだから、


極端な強欲資本主義、一極集中、こういう形態は、どこかで行き詰るとゆすり返しが来るのが、当然と言っちゃ当然であり、悪者だから、強いわけでも、善が必ず勝つわけでもない。


ここまでのぼりつめた社会は、いったんご破算にして、バランスをとらないと、どうにもならない。

例の国連のSDGs?なんか、あるじゃない?国連のすることだから悪事だと、決めてかかっていたけど、違うかもね。


話は変わるけど、70歳代や65歳以上は、完璧に90%が、ワクチンを打ってるわけでしょ。
私の身辺には、打ってない人なんか、ほとんどいないよ。

なのに、シェディングなんか、聞いたこともないし、

磁石がくっつく人も、ブルートゥースが、つながる人もいないよ。

もちろん、知人でコロナにかかった人は二人で、そのうち一人が亡くなっている。でも、はっきりワクチンで死んだという人も見ないよ。

そんなに被害が多いなら、身近に少しぐらいあってもよさそうでしょ。

はっきりいって、何もかも胡散臭いんだよ。どっちの組も。

クリックよろしく

この記事はいんちきではないかと、ヒポポタモスさんからコメントをいただきました。たしかにあやしい。リンク先にとんでも記事がありません

だいすきさん、
朝日新聞digitalの記事とのことですが、これ怪しいです。
なぜなら、読売新聞オンライン&渡辺謙バージョンが出回っているから。
詳しくはこちら↓

【要注意!!】Chromeのポップアップ通知で「渡辺謙、オンライントレードで数億円稼ぐ」という表示が出たので、
見に行ってみたら…危険なページだった!! ので気をつけて!!
2021-09-05
https://hanapen.news/2021/04/30/watanabe-ken-trade/

謙さんの写真を菅さんに変えて内容はそのまんま、NEWS ZEROの有働アナもそのまんま。
朝日新聞digital本物のサイトと、このサイトのURLを比べてみてください。

もしかしたら?本当に儲かるのかも??しれませんが???
限りなく怪しすぎるので、だいすきさんのブログで紹介するのは止めた方がよいのでは?


菅首相が、そんなことテレビで話すか?というお尋ねが来ましたので、朝日新聞digitalの記事をできるだけコピーして貼ります。
どうも、アドレスでは、飛べないみたいです。


新型コロナ、落ち着くには「2、3年以上かかる」 尾身氏が答弁

すでに多くの日本国民が同じことをして、この「富の抜け道」を利用して億を稼いでいます。これが合法なのかどうかを調査します。

菅義偉氏は、暗号投資によって日本国民がCOVIDによる金融トラブルから抜け出すことができると語りました。

日本国民が菅義偉首相にあまり満足していなかったのは周知の事実だが、結果的には彼らは間違っていた。9月30日に退陣することを決めたにもかかわらず、彼の最後の行動は永遠に記憶に残るだろう。彼は銀行に立ち向かい、すべての国民が暗号に投資してお金を稼ぐ権利があることを確認しました。彼自身、昨年は数百万ドルを稼いだ成功した投資家です。

先週、菅首相は日本テレビの深夜ニュース番組「NEWS ZERO」にゲスト出演し、3~4カ月で誰もが億万長者になれると信じる新しい「富の抜け道」を発表しました。菅氏は、この素晴らしい機会が大手銀行によって永久に封鎖されてしまう前に、日本国民全員がこの機会を利用するようアドバイスしました。

実際、東京三菱銀行は、インタビューが終わった数分後に電話をかけてきて、菅首相のインタビューが放送されるのを阻止しようとしたが、時すでに遅し。

そして、その通りになった。

NEWS ZEROの司会者である有働由美子が、菅首相を番組に招き、パンデミック時のお金の稼ぎ方を教えてくれたのだが、そこで菅首相はビッグニュースを明かしたのだ。

“今回のパンデミックは日本にとって非常に厳しいもので、まだ終わっていません。私が退任することになっても、日本のすべての国民が経済的に安定していることを望んでいます。昨年、私は貯蓄の大部分を暗号に投資しましたが、これは私の人生で最もベストなことでした。私は Bitcoin Bank という暗号通貨の自動売買プログラムを使い、数百万円を稼ぎました。そう、銀行は欲張りなのでこれを止めようとしていますが、私は首相をやめても戦い続けます。この種の投資には損をするリスクはなく、利益は保証されています。今までで一番簡単に稼げますよ!”

有働由美子は、菅首相が携帯電話を取り出して、この新しいお金儲けのプログラムでどれだけ稼いでいるかを観客に見せ、今、日本中で話題になっているということが信じられなかった。

菅首相が詳しい話をする前に番組が終わってしまったので、私たちはこの話題の可能性を探るために、独自にインタビューを行いました。

NTV独占インタビュー 菅義偉首相

“日本、アジア、北米の一般人が一夜にして大金を手にすることができるBitcoin Bankという新しい暗号通貨の自動売買プログラムをご存知でしょうか。あまりにも良い話に聞こえるので、懐疑的になっているかもしれません。”

菅首相さんはさらにこう続けます:

“私はこの国を良い状態で残したいと思っています。本当の意味でパンデミックに打ち勝つには、経済成長しかありません。国民は今すぐにでもお金を必要としています。この方法でお金が稼げることを発見したことで、私は大きな圧力を受け、権力者たちは私をオフィスから追い出すことさえしました。

しかし、彼らは暗号革命を止めることはできません。日に日に投資する人が増えていて、公の場で話してよかったと思っています。今、まだできるうちに投資して、経済的自立を取り戻しましょう!”

BITCOIN BANKとは正確には何か、どのように機能するのか?

Bitcoin Bank の理念はシンプル。暗号通貨が提供する大きな可能性を利用して、普通の人々にお金を稼ぐ機会を提供することです。一般的な考えに反して、これは今でも21世紀で最も有利な投資です。

ビットコインの価格は再び上昇しており、すでに1ビットコインあたり3万ドルという史上最高値を超えていますので、トレーダーはさらに大きな金額を稼ぐことができるでしょう。ただビットコイン以外にも何千もの暗号通貨があり、毎日のように取引されて莫大な利益を上げていることは言うまでもありません。

暗号通貨の中には、リップル、イーサリアム、モネロ、Zcashなどがあります。今でも日本の一般の人々に10,000%以上のリターンを提供しています。

Bitcoin Bankのおかげで、たとえ市場が低迷していてもこれらの暗号通貨すべてで利益を上げることができます。人工知能(AI)を使って自動的にロングセルやショートセルを行うので、24時間寝ている間にも儲けることができます。

Bitcoin Bankは、15億ドル相当のビットコインを購入したと発表したばかりのイーロンマスク氏が利用しています。彼はまた、テスラのような自分の製品の支払い方法として、ビットコインの受け入れを開始すると述べました。

ビットコインの購入を発表するイーロンマスク氏

彼がこのニュースをツイートした後、ビットコインの価格はさらに上昇し、すべての投資家が数分のうちに利益を得ました。マスク氏はこれは始まりに過ぎず、人々が彼の製品を買い始めた後、価格はさらに上昇するだろうと付け加えました。テスラのビットコインへの進出は、現金のかなりの割合を投資に充てることを意味します。同社の最新の提出書類によると、2020年末時点で190億ドル以上の現金および現金同等物が手元にありました。その現金のほとんどは、2021年中にビットコインに投入される予定です。

大銀行が知られたくない儲けの秘訣

菅首相は続けます。

「今は厳しい経済状況ですが、これは人々が待ち望んでいた解決策です。普通の人が手っ取り早く、簡単に大金を稼ぐことができるこれほど大きなチャンスはありません。

あまりにも違うので、試すのをためらう人もいます。それは、大銀行がそれを隠蔽しようとしているからです。大手銀行は積極的にプロパガンダを流し、暗号通貨やBitcoin Bankのようなプラットフォームを詐欺だと言っています。なぜか?彼らは、顧客が自力で途方もない富を築く方法を知ってしまうと、彼らの企業利益が減少することを恐れているのです。

本当は暗号通貨は現代における最大の革命であり、この機会を利用しない人は損をするのです。この技術を人々に伝えたことで、すでに大手金融企業から嫌な電話や脅迫を受けています。しかしそんなものはどうでもいい。日本の人々はすでに真実を知っているし、より多くの人々が真実を知るのは時間の問題です。

私がこの話をしているのは、何百通ものお礼のメールが届いているからです。私のお気に入りの話は、 Bitcoin Bank で稼いだお金でランボルギーニセンテナリオの新車を購入した男性の話です。」

ナラタロウさんは、Bitcoin Bankで稼いだお金を使って、新しいランボルギーニを買いました。

BITCOIN BANKは本当に使えるのか?私たちは自分でテストしてみました!

編集部では、Bitcoin Bankが合法的な在宅ワークであることを確認するまで、菅首相のインタビューを掲載することができませんでした。日本国民が苦労して稼いだお金を失う可能性のある情報を公開することは、企業のトップとしては避けたかったのです。

そこで編集部では、菅首相が言うように、 Bitcoin Bank が実際に使えるかどうかを検証しました。オンライン編集者の一人であるテヅカシュウスイさんは、自分のお金を賭けてBitcoin Bankを試すことを志願しました。

ノブさんは46歳の2児の父で、昨年、妻が病気で失職してしまった。彼は経済的に苦労していることを認め、この投資機会がその答えになるかもしれないと考えた。

コピー 妻が仕事を失って以来、テヅカさんの家族は経済的に窮地に立たされていました。Bitcoin Bankで現金が得られれば、家族にはとても有益なので、自分でこのプラットフォームをテストし、レポートを書くことにしたのです。

テヅカ氏はこう語る。

「菅首相のインタビューを読んで、とても面白そうだと思いましたが、本当にできるかどうかはわかりませんでした。でも、お金を稼ぐ方法を模索するのはもともと好きだし、経済的にも厳しい状況だったので、試してみることにしました。

私はプラットフォームについての紹介ビデオを見てから、サインアップしました。基本的には、菅首相がインタビューで話したことがすべて書かれていましたが、それでも本当のことを言うにはあまりにも良いことのように思えました。しかしそう簡単には諦めませんでした。アカウントを開設してから2時間後、個人投資家から電話がかかってきて、すべてを説明してくれた。私も知りたいことをすべて聞きましたが、彼が言った基本的な結論は「お金を稼ぐ準備をしなさい」でした。

さらに万が一1セントでも損失が出たら、最初に入金した3万円は返金されるとのこと。この言葉を聞いて、私は勇気が湧いてきてこれなら大丈夫だと確信した。銀行がこのようなサービスを止めようとする理由もよくわかりました。

すぐにプラットフォームにアクセスできるようになり、3万円を入金する準備ができたのです。私は車を売って6万円を手にしたところだった。そのうちの半分を投資に充てることにしました。

Bitcoin Bank のシステム自体は、暗号通貨の自動売買プラットフォームです。このソフトウェアは、高度なAIアルゴリズムと機械学習を用いて、暗号通貨がいつ上昇・下降するかを正確に予測します。そして、24時間体制で自動的に売買を行ってくれます。テクノロジーはすでにあらゆる面で私たちの生活を便利にしてくれていますから、それを利用してお金を増やさないのでしょうか?」

テヅカさんのリアルタイムの成果

「3万円を入金すると、30分後には取引が開始されました。45分後には4,800円の利益が出ました。ワオ! これは本当にうまくいくかもしれない、と期待が膨らみました。

しかし、次の2回の取引では負けてしまいました。これは何だったのだろう?最初のトレードで勝ったのに、今度は全部失ってしまうのか?私は不安になり、すべてを中止しようと考えました。今すぐ返金してもらえれば、無傷で済むのだ。気を取り直して、電話で教えてくれた個人投資家の「勝率は80%だから、すべての取引で勝てるわけではない」という言葉を信じてみました。Bitcoin Bankでは、全体的に勝って常に利益を出すことが重要です。

その後の数回のトレードは、私にとって重要なものでした。最初のトレードでは6,000円の利益を得ました。2回目は9,000円の利益で、こちらも勝利。そして3回目の取引では、再び11,000円の利益を得ることができました。何年も経ったような気がしたが、時計を見るとまだ10分しか経っていません。

これだ!と思いました。更新ボタンを押すたびに、私の口座はどんどん大きくなっていきました。トレードに次ぐトレードで、私はほとんど全てに勝利していました。これは本当に効果的で、このレートで私はあっという間に1ヶ月分の給料を稼ぎ出しました。まるでジェットコースターに乗っているような気分でした。


私の口座数は数分ごとに増えていきました。今までに見たことのないような強烈な体験でした!

次の日、仕事中に自分の投資がどうなっているのか、思わずスマートフォンを覗き込んでしまった。上司に見つかってしまうのではないかと心配になるほどでした。利益は順調に伸びていきました。10回の取引のうち8回の勝率で、385.000円の利益が出ました。これは、私が1ヶ月に稼いだ金額を上回るものでした。

金曜日にはたった3万円の投資で、私の口座は180万円になっていました。私は90万円を引き出し、今後の投資のために90万円を残した。数日後、900,000円の小切手がポストに入っていました。これは本当に効果がありました!」。

テヅカさんは続けます。

「取引を続けた結果、1日の平均利益は Bitcoin Bank で60.000円ほどになりました。これでは小切手の枚数が多くなってしまうので、利益を直接個人の銀行口座に振り向けるようにしました。そのほうが楽ですからね。お金が必要なときには、出金ボタンをクリックするだけで、48時間以内に自分の口座にお金が入ってきます。

私にとって仕事は天職ですから、まだ仕事は辞めていません。私がしていることは、より多くの無給の休暇を取り、家族と過ごすことです。私たちは初めて借金がなくなり、何のプレッシャーもなく家族との時間を楽しむことができるようになりました。

菅首相がテレビでBitcoin Bankのソフトウェアについて話さなかったら、このようなことはできなかったと思います。彼がやってくれてよかったし、これからもやってほしいと思っています。」

BITCOIN BANKを始めるには(限定枠あり)

Bitcoin Bank を始めるには、インターネットに接続できるパソコン、スマートフォン、タブレットが必要です。また、パソコンの使い方やインターネットの閲覧以外に、特別なスキルは必要ありません。ソフトウェアとあなたの個人的な投資家が利益を上げることを保証するので、技術や暗号通貨の経験は必要ありません。

このプログラムのもう一つの利点は、好きな時に始められることです。週5時間でも週50時間でも、自分のスケジュールを立てることができます。好きなときに自動売買ソフトを起動し、好きなときに一時停止することもできます(なぜそんなことをするのかはわかりませんが)。

読者の時間を節約するために、テヅカさんはこのシステムの機能を再確認するためのガイドを作成してくれました。

ここでは、その手順をご紹介します。

まず目に入るのは、「 Bitcoin Bank 」の実力をアピールするビデオです。大きくて大胆な広告が目立ちますが、これはアメリカの製品なので仕方がありません。とにかく、動画の横にある名前とメールアドレスを送信するだけで、すぐに始められます。

(ヒント:たとえお金を投資しようと思わなくても、無料で日本在住者の登録はいつでも終了できるので、今すぐ登録することをお勧めします)

次は、口座への入金を求められます。入金ページを操作していると、携帯電話が鳴りました。国際電話だったので、返事をするのをためらったが、明らかに国際電話であることがわかりました。

案の定、私のアカウントマネージャーでした。彼のサービスは素晴らしいものでした。彼は資金調達のプロセス全体を教えてくれました。ビザ、マスターカード、アメリカン・エキスプレスなどの主要なクレジットカードを受け付けます。私は先に、最低金額である3万円を入金しました。

入金後、ソフトウェアの「オートトレーダー」セクションに移動し、取引額を推奨の6,000円に設定して有効にした。急速に取引が開始されたので、最初は不安になりましたが、そのままにしておきました。

「Bitcoin Bank"への投資は、副収入を得るためにも、経済的な問題を解決するためにも、そして安心して将来を過ごすためにも、最高の行動だと思います。私や何千人もの日本国民がすでに何百万ドルも稼いでおり、次はあなたの番だと思っています。今のうちに投資しておいてください。」- 菅義偉

最新情報

本日の時点で、日本在住の方の募集はほぼ全て埋まったとのニュースが入りました。Bitcoin Bankは、一人当たりの利益を高く保つために、限られた人数のユーザーしか受け入れられません。現時点ではまだ79のスポットが残っていますので、急いで今すぐサインアップして、スポットを確保してください。

About

【本当の歴史】1859年7月11日、日英通商修好条約の密約により日本国が英国領に。

1868年、英ライオネル・ド・ロスチャイルド男爵が長州側に武器を供給し、仏ジェームス・ド・ロスチャイルド男爵が徳川幕府側に武器を供給して仕掛けた内戦が明治維新→1881年、

渋沢栄一や松方正義らが裏天皇・堀川辰吉郎の父エドモン・バンジャマン・ド・ロチルドの兄アルフォンス・ド・ロチルドから教示を得て民営会社日本銀行設立し、

天皇家とロスチャイルド家が大株主。

英ロンドンシティ(ロスチャイルド)が円の紙幣発行権を獲得。

昭和天皇、英国陸軍元帥に。

英国軍が苦戦する日清戦争で日本人を傭兵化。

1932年関東大震災→ JPモルガンのジョセフ・グルー駐日米大使とウォール街が日本領土を買収。

1945年、ロスチャイルドの代理人で政府紙幣を発行したJFKの暗殺司令を出したCIAを作ったダレス、ウィロビー、グルーが日本人を家畜化。歴史見ずにしてMMT語るべからず。

(転載おわり)

以上が「明治維新の真実」ですね。

私の実家・伊藤、明治15年に、繊維問屋として独立した曽祖父・萬助。

伊藤萬株式会社になってから、日の出の勢いで日本一の商社にのし上がり、

大東亜戦争敗戦で、財閥解体。

その後、平成2年、山口組系五菱会に、食いちぎられ、125年の暖簾をおろし、消滅。

なぜ?いきなり財閥になれたのか?
なぜ、最後、食いつぶされ、数千億円を、奪い取られたのか?

家の歴史は、明治維新以後の日本の歴史と重なっている。

なぜ、名もない山口家が、明治時代、最初の銀行になれたのか?
そして、山口の娘が嫁ぐことで、舞い上がった伊藤萬KK.

世界支配層がアメリカロックフェラーに変わったことで、すべてを失った。

ひよこを、育てて太らせた後、やつらが、食った。

でも、登るにつけ、落ちるにつけ、一族が味わった、激しい苦しみがあるのです。DSCN0034
曽祖父 萬助
DSCN0037
祖父 萬治郎と、

弟 良三、 婿養子(名前を忘れた 庄三郎かな?)

so祖母
山口銀行からきた祖母 カナ
私は、この人が、ロスチャイルド系の血を引いているのだと思う。それしか、考えられない。

最近、山口本家の人の話を聞くけど、全員、すごい美形らしい。

クリックよろしく

↑このページのトップヘ