【競馬まとめ!ペケマル】編集長のblog

競馬情報まとめサイトの編集長 [ペケ田マル男] の競馬日誌

菊花賞のある「法則」を発見! 日刊スポーツ・泉コンピの予想ははたして!?

◆競馬関連の複数媒体の予想情報をデータとして分析し、独自の手法で数値化!!
◆指数情報すべて無料! 競馬情報まとめサイト【競馬まとめ!ペケマル】は↓こちら

pekeバナー




こんにちは。ペケ田マル男です。
というワケで、今週もまたまた、日刊スポーツ・泉コンピ氏による予想の時間であります! 泉コンピ氏とは、【ペケマル指数】を扱う当ブログで【日刊コンピ】を駆使した予想を披露しようという、大胆不敵なナゾの男でありますが、今のところ苦戦続き……。今回の対象レースである菊花賞で起死回生の一発をカマてほしいところでありますが、今週水曜日の記事「でもね菊花賞は自信ありますよ。期待していてください。ある「法則」をみつけちゃったんです。ニヤリ」と自信満々だった「法則」とははたして!?

ちなみに、元祖(?)の“ペケマル予想”は明日のスポナビブログをぜひぜひご覧くださーい!!

盛り上がる秋のG1! 哲三もコンピも日刊スポーツの【極ウマ】でチェック!


そんでもって、↓泉コンピ氏はこの人であります。ついにドデカイ赤鉛筆の効果が出る日が来るのでしょうか?
泉コンピ

■日刊スポーツ・泉コンピ予想(菊花賞)■

この前はペケマル編集長に迷惑をかけてしまいました(前回の「泉コンピ・自慢と反省」を参照してください)。飲み過ぎちゃったからなー。なんにもおぼえていません。

ごちそうになったこともおぼえていません。あれ、じゃあごちそうになっていないのかも。たぶんそうだ。ついでに言うと秋華賞がハズレたこともおぼえていません。

あれ、じゃあハズレていないのかも…嘘です。

ハズレちゃいました。いやー、雨さえなければね。馬場ですよ、馬場。でも、コンピ指数(※)って馬場のことも考慮されているのかな?

どうなんだろう? 枠順は考慮されていると思うんですよ。枠が決まらないと指数が出ないんだから。あーいろいろと知りたいことがあるんだよなー。今度弊社のMデスクに聞いてみよっと。日刊コンピの秘密って、たぶん誰もが知りたいと思うんですよね。はい、次回以降に期待ということで。

さて、先週のG1、秋華賞を勝ったのはクリストフ・ルメール騎手でしたね。「じゃあその前のG1(スプリンターズS)は?」と聞かれて、ミルコ・デムーロ騎手だよと最近競馬に興味をもったという女子に教えてあげたんですが……、

女子「ふ~ん。JRAに外国人の騎手っていっぱいいるの?」
泉コンピ「いや。一年を通して乗れるのは2人だよ」
女「は? どういうこと?」
泉「まぁいろいろあるんだよ」
女「じゃあ日本人の騎手は何人?」
泉「うーんJRAだとざっくり150人くらいじゃないの?」
女「そんなにいるの!?」
泉「障害のレースしか乗れない人とか、まだG1に乗る資格がない人とかいるから平地G1だともっと少ないけど…」
女「たった2人に対して150人…」

2人しかいない通年免許を持った外国人騎手の活躍が相当ショックだったらしいです。

で、ちょっと調べてみたんですが、秋華賞が終わった時点を過去3年で比較してみると……、

◆フェブラリーSから秋華賞までのG1勝ち数◆
2015年=13レース中、日本人10勝、外国人3勝(うち1勝はエアロヴェロシティのZ・パートン)
2016年=13レース中、日本人9勝、外国人4勝
2017年=14レース中、日本人7勝、外国人7勝

外国人騎手は年々勝ち星を増やし、今年はここまでイーブン。もしも大阪杯がG1じゃなかったら逆転されちゃってましたよ。あ~ぁ。こりゃデムーロ、ルメール両騎手がいなくなった後のことを考えると頭が痛いなぁ。なぜって、馬券がもっと難しくなっちゃいますから。ん、大昔に戻るだけか??

今回、菊花賞と外国人騎手に関する、ある「法則」をみつけちゃいました。それは……、

菊花賞過去5年で「外国人騎手が2人以上騎乗している場合、数値にかかわらず、コンピ指数上位の方が馬券になっている!」というもの。

2012年 2着I・メンディザバル=スカイディグニティ「66」、M・デムーロ=アーデント「43」
2013年 外国人ジョッキー1人
2014年 外国人ジョッキー1人
2015年 3着C・ルメール=リアファル「76」、M・デムーロ=ワンダーアツレッタ「49」
2016年 1着C・ルメール=サトノダイヤモンド「78」、M・デムーロ=ジュンヴァルカン「50」、F・ヴェロン=イモータル「40」

ねっ! ということで今年の外国人騎手はおなじみの2人。注目の指数は……、

M・デムーロ=キセキ「71」
C・ルメール=アルアイン「66」

はい、問答無用で軸はキセキに決定!

この時点で半分当たったようなもんです。

あとは過去5年で毎年どちらか、または両方連対している1枠と2枠を中心に流せばOK!

馬券ですが、まずは馬連で13‐1、2、3、4と13‐11、12、15、16の8点。
3連複はちょっとひねってフォーメーションで13‐3、4、11、12‐1、2、3、4、5、6、11、12、15、16の30点。
合計38点で勝負!


ちなみにキセキに騎乗するM・デムーロ騎手は日刊スポーツに連載している「ミルコ魂」でこんなことを記しています。

「騎手は結果でしか感謝を表せない。だからこそ、強いライバルたちがいても、負けられない。信じてくれる人たちのためにも、全力を尽くします」と。

信じてますとも! 神様、仏様、コンピ様、ミルコ様! 今回こそはビシッと決めますよ!

※コンピ指数とは…日刊スポーツが独自で、各レースにおける馬の能力を数値化して順位づけしたもの。満点は90で最低は40。そのレースで90に近ければ近いほど、その馬の連対する確率は高くなる。逆に指数1位でも60台や70台前半の指数は、それだけ2位以下の馬たちとの力差がない接戦といえる。コンピ指数は、週末の日刊スポーツの競馬面、日刊スポーツ公式競馬サイト「極ウマ・プレミアム」に掲載。また、マルチコピー機を利用した「コンピ指数重賞攻略ガイド」「コンピ指数コース攻略ガイド」を併用して楽しむことができる。

盛り上がる秋のG1! 哲三もコンピも日刊スポーツの【極ウマ】でチェック!

以上であります。

ではでは、明日も頑張りましょう、そうしましょう!!

なお、メインレース限定の“ペケマル予想”(笑)は、開催日にも更新しているスポーツナビのブログでアップ予定! 当ブログで毎週掲載していたカテゴリ「私の買い方」「先週のまとめ!」については、こちらに引き続き掲載しておりますので、↓よろしければぜひぜひぜひ!!

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/pekemaru/

◆競馬関連の複数媒体の予想情報をデータとして分析し、独自の手法で数値化!!
指数情報すべて無料!
 競馬情報まとめサイト【競馬まとめ!ペケマル】は↓こちら
pekeバナー




↓競馬ブログランキングにも参加中です。よろしければ、クリックをぜひぜひぜひ!!
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

日刊スポーツ・泉コンピの参戦3週目! 秋華賞の予想結果はどうだった?

◆競馬関連の複数媒体の予想情報をデータとして分析し、独自の手法で数値化!!
◆指数情報すべて無料! 競馬情報まとめサイト【競馬まとめ!ペケマル】は↓こちら

pekeバナー




こんにちは。ペケ田マル男です。
というワケで、今週もやります、日刊スポーツ・泉コンピ氏の自慢と反省。【日刊コンピ】を駆使したナゾの男こと、泉コンピ氏が予想を披露するようになってから早や3週。そろそろ結果を出したいところ、反省ではなくガツンと自慢してほしいところではありますが、はてさて、どんなモンでしょ?

いよいよ秋のG1! 哲三もコンピも日刊スポーツの【極ウマ】でチェック!


ちなみに、この人が泉コンピ氏。ドデカイ赤鉛筆はちゃんと活かされているのでしょうか(笑)。

泉コンピ

というワケで、毎度おなじみ(?)の“異種指数対談”でありますが、今回は居酒屋でやったりなんかしております(笑)。ではでは、どうぞ~!

■日刊スポーツ・泉コンピ予想結果(秋華賞)■

「もうね、自動券売機にマークカードを突っ込む直前までどうしようか迷いましたよ。今なら間に合うって。手が震えてね」

泉コンピ あ、こっち、こっち! 編集長遅いですよ~。先に始めちゃってますよぉ。
ペケ田 それは何を飲んでるんですかね?
泉コンピ カシスウーロンです。
ペケ田 えっ、いきなりカシスウーロン?
泉コンピ はい、カシスウーロン大好きなんです。基本的にお酒そんな飲めないんで。苦いでしょビールとか。
ペケ田 苦いって、お子ちゃまじゃないんだから(笑)。
泉コンピ あ、編集長は生中ですか。一気に3つも注文しちゃうんだ。
ペケ田 ふふふふ。
――生ビール3杯がテーブルに届く。
ペケ田 ドリャ~~ッ!
泉コンピ うわっ! ビアジョッキを3つ同時に口元に! これがホントのかけつけ3杯か~って、すごい飲みっぷりですね。店の人がこっち見てますよ。
ペケ田 グフッ、ゲホッ、ゴボッ……。
泉コンピ あ~あ、無理して飲むから……。
ペケ田 人間、ウケてなんぼですからね。
泉コンピ 全然ウケてないですけど(笑)。あ、焼き鳥どうぞ。砂肝とナンコツ。大嫌いなんですよ。
ペケ田 あらま、もったいない。
泉コンピ もう税金と同じくらい大嫌い。あと歩きタバコをする人と同じくらい。まあいいや。
ペケ田 では、そろそろ泉コンピの「自慢と反省」の時間ということで。
泉コンピ 先週の秋華賞、ズバっと当てちゃいました~。
ペケ田 いやいや、本命は小生と同じくアエロリットだったでしょ?
泉コンピ えっ馬券じゃないですよ、原稿の最後に「やべー今回もダメかな」って書いたでしょ。
ペケ田 そんな自慢はいいから(笑)。
泉コンピ もうね、ビシッとダメでした。雨で馬場が悪くなったでしょ。なんか嫌な予感がねぇ。アエロリットって今まで稍重の桜花賞が自身のもっとも悪い着順だったじゃないですか。
ペケ田 なるほど。
泉コンピ だから京都の馬場がどんどん悪くなっていくのをみて…(秋華賞は重馬場で7着)。もうね、自動券売機にマークカードを突っ込む直前までどうしようか迷いましたよ。今なら間に合うって。手が震えてね。でも、シュッと、すっごい早さで吸い込まれていっちゃいました。
ペケ田 なははは。
泉コンピ はぁ…。はい、ハズレ馬券。5800円も使っちゃいました。

秋華賞ハズレ馬券

「でもね菊花賞は自信ありますよ。期待していてください。ある「法則」をみつけちゃったんです。ニヤリ」

泉コンピ いやね、みなさんにちょっと言い訳させてください。なんかこう予想と馬券が当たらないと、なんだコンピ指数(※)なんてやっぱり当たらねぇじゃんかって思われかねないじゃないですか。でもね、そうじゃないんです。
ペケ田 そうじゃないと言いますと?
泉コンピ いいですよね、今日は。お酒入っちゃってるし。
ペケ田 はあ。カシスウーロンですけどね(笑)。
泉コンピ 実はね、ここだけの話、予想原稿って金曜日の夜にペケマル編集部に送っているんですよ。でね、今回の馬場は仕方ないですけど、コンピ指数を使って予想するのってオッズもけっこう重要なファクターになっていて、「コンピ・オッズ差」とか「オッズ断層」とか「コンピ指数と単勝オッズの法則」とかいろいろあるわけですよ。
ペケ田 へえ、そうなんですか。
泉コンピ で、なるべく正確なオッズを知ることが必要で(マルチコピー機で購入できるコンピ重賞ガイドではレース30分前にJRAのホームページなどで確認することを推奨)、原稿を書いているときは、そこがちょっとね…。
ペケ田 ちょっとと言いますと?
泉コンピ ほら、印だけじゃオッズが読めないレースもあるじゃないですか。そこをね、ちょっと加味していただけたらって。当たらないのはコンピ指数のせいじゃないんです…だから、(泉)コンピのことは嫌いになっても、(日刊)コンピのことは嫌いにならないでください!
ペケ田 あっ、また言ってる(笑)。
泉コンピ はい、またです。これけっこう気に入っちゃってて。
ペケ田 はあ、そうですか。
泉コンピ まあ当日のオッズが確認できない方もいるわけじゃないですか。土曜日に仕事前、サッとWINSでG1の前売りを買うしかないって方とか。そういうときに参考になるような、そんな予想が提供できたらって思うんですよ。
ペケ田 なんだか「自慢と反省」じゃなくて「反省と言い訳」になってるような気が(笑)。
泉コンピ もちろんゆっくり時間をかけて予想する方は、日刊スポーツみて、極ウマでいろんな予想コラム読んだり、コンピ重賞攻略ガイドを使ってみっちり考えてもらって。…だから、 (泉)コンピのことは嫌いになっても……。
ペケ田
 もういいから(笑)。
泉コンピ  あ、もういいですか。しつこい? 来週も使っちゃダメ?
ペケ田 ダメ!
泉コンピ あ、ダメですか。じゃあわかりました。封印します。もう二度と言いません。金輪際。一生。じっちゃんの名にかけて。ばっちゃんの名にもかけて。ひいじっちゃんの名にも……。
ペケ田 ゴホン、ゴホン。
泉コンピ あ、しつこい? カシスウーロン2杯ですっかり酔っぱらっちゃいました。ヒック。
ペケ田 え~っ、もうですか(笑)。
泉コンピ そうそう、でもね菊花賞は自信ありますよ。期待していてください。ある「法則」をみつけちゃったんです。ニヤリ。
ペケ田 ホントかな~?
泉コンピ ということで、お勘定お願いしますね。ヒック。
ペケ田 こらこら。
泉コンピ では、ばいなら。ヒック。
ペケ田 ばいならって、斉藤清六かよ(笑)。

※コンピ指数とは…日刊スポーツが独自で、各レースにおける馬の能力を数値化して順位づけしたもの。満点は90で最低は40。そのレースで90に近ければ近いほど、その馬の連対する確率は高くなる。逆に指数1位でも60台や70台前半の指数は、それだけ2位以下の馬たちとの力差がない接戦といえる。コンピ指数は、週末の日刊スポーツの競馬面、日刊スポーツ公式競馬サイト「極ウマ・プレミアム」に掲載。また、マルチコピー機を利用した「コンピ指数重賞攻略ガイド」「コンピ指数コース攻略ガイド」を併用して楽しむことができる。

いよいよ秋のG1! 哲三もコンピも日刊スポーツの【極ウマ】でチェック!

以上であります。
泉コンピ氏の次の勝負は菊花賞! 今週末に予想を発表する予定ですので、乞うご期待!!

なお、メインレース限定の“ペケマル予想”(笑)は、開催日にも更新しているスポーツナビのブログでアップ予定! 当ブログで毎週掲載していたカテゴリ「私の買い方」「先週のまとめ!」については、こちらに引き続き掲載しておりますので、↓よろしければぜひぜひぜひ!!

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/pekemaru/

◆競馬関連の複数媒体の予想情報をデータとして分析し、独自の手法で数値化!!
指数情報すべて無料!
 競馬情報まとめサイト【競馬まとめ!ペケマル】は↓こちら
pekeバナー




↓競馬ブログランキングにも参加中です。よろしければ、クリックをぜひぜひぜひ!!
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

日刊スポーツ・泉コンピの秋華賞予想! 【日刊コンピ】使い手の本命は!?

◆競馬関連の複数媒体の予想情報をデータとして分析し、独自の手法で数値化!!
◆指数情報すべて無料! 競馬情報まとめサイト【競馬まとめ!ペケマル】は↓こちら

pekeバナー




こんにちは。ペケ田マル男です。
さあさあ、本日もやってまいりました! 【ペケマル指数】を扱う当ブログに、【日刊コンピ】を駆使したナゾの男こと、泉コンピ氏が本家・日刊スポーツから大胆不敵に乗りこんできて、早や3週目。今回はどのレースを予想するのかと言いますと、モチのロンの秋華賞。そろそろ大爆発の時は来るのか、それとも!?

ちなみに、毎度おなじみ(?)の“ペケマル予想”は明日のスポナビブログをチェック、チェーーーック!!

いよいよ秋のG1! 哲三もコンピも日刊スポーツの【極ウマ】でチェック!


で、↓この人がウワサ(?)の泉コンピ氏。キャッチコピーは、「コンピを愛し コンピに愛された男! と勘違いしている男」とのことであります。
泉コンピ

てな感じで、今週もぜひぜひご覧くださ~い。

■日刊スポーツ・泉コンピ予想(秋華賞)■

先々週の馬券はガミ、先週はゴミ。それでもめげずに予想しますよ!

なんていってみてもやっぱり現実的に財布の中身が減ってくるとトホホってなりますな。3日間開催が終わったと思ったら、もう競馬ですか…。来月頭にも3日間開催があって、その初日には大井でJBC競走ですよ。

「馬券は20歳になってから ほどよく楽しむ大人の遊び」

なんていってギャンブル依存症を注意するコピーをつくっても、3日間開催やら有馬記念が終わっても重賞を組む日程とかこれはもうね、お菓子の家に住まわせておいて、糖尿病に気をつけましょうなんて言われているのと同じですよ。このレースは買う、買わないというはっきりとした信念が必要になってきますね。

そういう意味では秋華賞はどうなんでしょ?

難しいです。オークス馬はいないし、桜花賞馬も信頼できそうにない。だからといってローズSの勝ち馬もどうよ?

迷うなぁ~。困ったなぁ~。買うのやめようかな~。

いや、そんなときこそ日刊コンピ指数(※)を使おう!

はい。今週もやってまいりました泉コンピのコンピ予想。よろしくお願いします。

まず秋華賞過去5年のコンピをみてみると、勝ち馬はすべて指数1~3位から出ています。今年は…、

指数1位「81」=アエロリット
指数2位「68」=ファンディーナ
指数3位「65」=リスグラシュー

この3頭の中に勝ち馬がいるのではないでしょうか。

次に出目。秋華賞の舞台は京都の内回り2000メートル。直線が短い分、ロスなく進める枠が有利なのか、

2012年 7枠→1枠→1枠
2013年 8→1→7
2014年 3→2→6
2015年 8→5→3
2016年 4→2→7

毎年内めの1~3枠が出現しています。

では過去5年で11頭も馬券になっている指数1~4位で、1~3枠に入った馬の成績は?

2012年 指数2位=1枠→2着、指数4位=1枠→3着
2013年 指数1位=1枠→2着
2014年 指数1位=2枠→2着、指数2位=3枠→1着
2015年 該当なし
2016年 指数2位=1枠→4着、指数4位=2枠→2着

マジか! 毎年馬券になっていたんかい! 16年のジュエラーの4着さえなければ複勝率100%やないかい!

今年は…指数1位が1枠!

ということで、馬券は…アエロリットから!

3連単1着付けのフォーメーションで、1→16、7、14、4、10、15→16、7、14、4、10、15 の30点と3連複1頭軸で1から16、7、14、4、9、10、6、15へ28点。合計58点で勝負します。

ちなみに秋華賞は今年で22回目。過去21回で外国人騎手って何勝していると思います?

正解は未勝利。そもそも騎乗数自体が少ないんですけどね。

じゃあ今年も勝てない? そろそろ勝つ頃? 日本人ジョッキーにチャ~ンス!

って実はアエロリットの横山典弘騎手も未勝利でした…。

やべー今回もダメかな。それではまた~。

※コンピ指数とは…日刊スポーツが独自で、各レースにおける馬の能力を数値化して順位づけしたもの。満点は90で最低は40。そのレースで90に近ければ近いほど、その馬の連対する確率は高くなる。逆に指数1位でも60台や70台前半の指数は、それだけ2位以下の馬たちとの力差がない接戦といえる。コンピ指数は、週末の日刊スポーツの競馬面、日刊スポーツ公式競馬サイト「極ウマ・プレミアム」に掲載。また、マルチコピー機を利用した「コンピ指数重賞攻略ガイド」「コンピ指数コース攻略ガイド」を併用して楽しむことができる。

いよいよ秋のG1! 哲三もコンピも日刊スポーツの【極ウマ】でチェック!

以上であります。皆さんのご健闘を祈りますです、ハイ。

なお、メインレース限定の“ペケマル予想”(笑)は、開催日にも更新しているスポーツナビのブログでアップ予定! 当ブログで毎週掲載していたカテゴリ「私の買い方」「先週のまとめ!」については、こちらに引き続き掲載しておりますので、↓よろしければぜひぜひぜひ!!

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/pekemaru/

◆競馬関連の複数媒体の予想情報をデータとして分析し、独自の手法で数値化!!
指数情報すべて無料!
 競馬情報まとめサイト【競馬まとめ!ペケマル】は↓こちら
pekeバナー




↓競馬ブログランキングにも参加中です。よろしければ、クリックをぜひぜひぜひ!!
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
プロフィール
  • ライブドアブログ