2017年03月05日

めまぐるしい









 







基本的には一つの事に集中したいタイプ。   

というか、あれもこれも今やるなんて基本的に無理な性格なのだ。


だから何故か今年になって、あれもこれも同時進行する事を選択した自分にぶっちゃけ驚いている。 


当然の事だけど、忙しい。

でも、忙しいとはなんかちょっと違う。



めまぐるしい!



そう、めまぐるしい!!


こっちの言葉のがピンとくる。


しかも、ひとつの事をやってるともうひとつの事が後回しになる。(当たり前)


で、また別の事をやってると、後回したもうひとつの事はやっぱり後回しになってる。。。



やってもやっても終わらない。(当たり前)


5月からのワークショップの準備が早々に始まった。

ワークの相方(と勝手にわたしが思ってる)はっちゃんは、ここのところずっと担当の先生とのやり取りに追われている。いろいろ相談も入る。

ふたりで頭を付き合わせ作戦会議。たまに舞台監督のきよちゃんも一緒に。



ほんとはこういうのもワークショップチームみんなでやった方がいいんだよね〜。



わかっている。わかっているけど、待ってたらどんどん次の事が押し寄せてくる。

メールの着信や送信の宛先に『八郎』の文字がずらっと並んでいる。
ああ今年も春がやってくるな〜と季節を感じたりもしている。(笑)



ゴールデンウィークのサンエードー公演も稽古も本格的に始まった。


台本はほぼ完成してるけど、若干の手直し&付け足しをしなくちゃいけない。
手直しつけ足しまだ全然できてません。。

ごめん。。。
来週までには必ずやろう。。


それから


某劇場主催の『ファシリテーター講座』をひと月に渡って受講中。


講座仲間み〜んな演劇関係者。
超超超〜濃いww

けど、現場実習なんてのもあってなかなか興味深い。やったことのないお年寄りの現場の体験もできたりなんかして。

いまは来週の実習に向けて、同じチームの人たちとLINEで打ち合わせしたりなんかして。

なんかすごくいい。こういうのも。



しかしまあ、ほんとにめまぐるしいのだ。


なんだか毎日毎日手帳を開いては「忘れている予定はないか?」と確認してる日々。  


コドモ発射プロジェクト『なむはむだはむ』のチケットを買ったことはすっかり忘れていた。

この間突然思い出し、びくびくしながらチケットを確認したら来週だった。

よかった。。



時間があったら、いま一番行きたいのは映画館!!


サンエードーの台本が上がるまで映画禁してたんだけど、あとは手直しだけだからもう解禁してるはずなのだけど。。


まだ全然見に行けてないよ。。。。 


映画見たいな。



pekozundoko at 19:25|PermalinkComments(0)

2017年01月18日

ひとり芝居

ひとり芝居。

演出協力(?)というかたちで11月くらいからちょこちょこと稽古に顔を出してました。



同世代だし、元後輩だし、即興も一緒のとこでやってたりするのでそこそこ気心も知れている。



で、最初に「演出やらない?」と声かけてくれた時に



「シリアスな芝居みたい」「学ランきてほしい」「少年犯罪ものでどうだろう?」


と図々しくもリクエスト出しました。




たぶん、そういう芝居をやるとすごく光るような気がしたから・・。


ずーっと前にいちど彼がやった役で、ものすごーく光ってたのを目撃したことがある。たしかテロリストの役。


あの時のアレが見たい!!!


その時はたしかそんなにシリアスな印象でもなかったけれど。。


でも、あの時の



うわー!すんごくいいじゃん!!


って、あのカンジをもう一回見たいのだ!!




わたしは稽古場で前から見て、好きなこというだけで、相当イラっともされたけど



でも、本人の実力と持ち味と努力で




すごくいいの出来てます!!!


3ステージで終わっちゃうなんてもったいないなあ・・。



いや、ほんといい芝居してる。

昔見たあのカンジ、また目の前で繰り広げられてる。



最後のワンステージ



1月22日の17時30分開演
千歳船橋です。





pekozundoko at 22:27|PermalinkComments(0)日々悶々 

2017年01月09日

メモ 2017.01.08





折れないこころと大きな愛でね!
 


がんばれじぶん!!(笑)


 


pekozundoko at 00:04|PermalinkComments(0)メモ 

2017年01月03日

リトルプリンス 星の王子さまと私

Netflixで視聴

原題  the little prence
監督  マーク オズボーン
2014  フランス   1時間46分


★ストーリー★ 

勉強ばかりの孤独な少女が引っ越してきた先で仲良くなった隣の老人。老人は、むかし砂漠で出会った王子さまの話を少女に聞かせる。やがて老人が病いに倒れ、少女との別れが近づくとき、少女は老人が庭で修理していた古い飛行機に乗りこみ、星の王子さまを探しに冒険の旅に出る。



実はわたし、原作の『星の王子さま』大好きで、この映画、非常に不穏な匂いがする印象があり(後日談とか言ってるし。。)避けて通ってきました。


が、お正月の退屈さに負けてついにNetflixで見つけてポチッと。。


良かった!! 

思いのほか良かった!!

とくに前半。 


老人が少女に王子さまの話をするいわゆる「劇中劇」のパートは全てストップモーションアニメ。

それ以外の、老人少女などの現実世界パートはCGアニメーション。


この『ギャップ』がいい意味で王子さまの世界に観客を巻き込んでくれます。


CGアニメのパートは言わずもがな目の中の微妙な動きまで表現されてて、少女の感情などがよくわかる。

逆にストップアニメーションの王子さまパートは動きとか瞬きとか声で観客のイメージを刺激してくれる。


で、ですね


このストップモーションアニメがほんとに素晴らしいです! 








こんなテイスト。 


走ったりしゃがんだり瞬きしたり眠ったり、星の王子さまの世界観とすごく合ってて見ていて楽しい!!王子さま以外の登場人物もみんないい感じ!!


ただ。。

老人が少女に王子さまの話を語るのが主に前半なので、総集編みたいにものすごくかいつまんで星の王子さまのストーリーが紹介されるので、原作好きとしては


え?

もうこの場面いくか??


みたいな気持ちにはなった。。


もう少し長くやってほしかったなあ〜。まあ、物語がこれだけではないので時間の関係上アレなのか。。。


しかし!!

とにかく、王子さまパートのストップモーションアニメだけでもこの映画、見る価値あります!!


そして


このストーリー、このわたしですらわかる非常にかんたんな構造なので、せっかくくだからちょっと分解してみようかなと思います!! 


お受験生活の孤独な少女が引っ越し先で隣に住む変わり者の老人と出会う。

少女は老人と仲良くなり、勉強もそっちのけで、飛行機を直している不思議な老人のする星の王子さまの話に興味を持つ。

(問題が起こる。物語が動き出す)
星の王子さまの行方について納得がいかず老人を責める少女。老人が病いに倒れ病院に運ばれる。

(エンディングに向けてのさらなる展開、ストーリー上のピーク)
星の王子さまを探しに、老人の飛行機に乗り込み空に旅立つ少女。

(結末、結果)
少女の変化。エンディング。



わかりやすいやないの!!(笑)



ぶっちゃけ

少女が飛行機に乗って大人たちに出会う冒険シーンはわたしは少し退屈な印象でした。 

いちばん盛り上がるはずのシーンが、ちょっとなあ〜と。。
冒険から帰ってきた後のエンディングは良かったけど。


やはり原作好きなだけに、後日談みたいな事には興味がないからなのかなあ?

あと、

星の王子さまってすごく寓話的で読みながらこれは何のことだろう?と自分に置き換えて読むお話なんだけど、


え?

それ、言葉で言っちゃうん?

原作そこまで具体的に書いてあったっけか?

と思った台詞があって、すごく気になるので原作読み返してみようと思います〜。

★★★★☆





pekozundoko at 10:33|PermalinkComments(0)2017 観たもの雑記 

2016年11月29日

苦楽しい


劇団のワークショップの旅が10月でおわり、東京でゆっくりと〜なんて言ってるのは一瞬だった。

『芸術の秋!創造の秋!祭りだわっしょい!!』


とにかくわたしはいまお祭りの真っ最中だ


先輩のワークのお手伝いで長野県の上田に行ったり、都内の小学校でワークをやっていたり。。


まあ、その辺は毎度の事だけど

そんでもってその隙間に、知り合いの俳優さんがやるひとり芝居の台本の構成と演出にも携わったりしていて。


いちばん優先しなくてはならないサンエードーの台本もまだ手付かず。。
12月半ばまでには絶対に上げないと!!


それなのに、『3回講座で短編戯曲を完成させる』というワークショップにも参加してしまっている。
ものすごい短期間で課題をクリアしなければならないという。
時限爆弾が目の前に置かれているみたいな日々


基本的には『一個集中型』なので、いつもだったら絶対に一気にいろんなことをやらないタイプなんだけど。。

自分がどうなっていくのか、乗り切れるのか?自分で自分を追い詰めてみたくなってしまった。。なぜだ?


はあ〜〜やめておけばよかったな。。


なんてしょっちゅう思ったりもするけれど、手をとめてなんていられない。


とにかくひとつづつ、一歩づつ、目の前に聳え立つ何かと取っ組み合ってクリアしていく感じ。




でも

意外にものすごく楽しんでいたりする

まだまだゴールはとおいけど。。


実はもう一つ創作することにチャレンジしようとしている。

まあ、それはとりあえず1月に入ってから。



手帳が「宿題クリア計画帳」になっている



なんか苦しいけど楽しい!!



苦楽しい!!!



ドMなのだろうか?



最近気づいたことは

『わたしは苦楽しくないと全然生きてる気がしない』という事。



それってやっぱドMだよねえ。。






pekozundoko at 20:23|PermalinkComments(0)日々悶々