QUIKSILVER young guns surf 
https://www.quiksilver.co.jp/young-guns-surf/final

Quiksilver Young Guns Surf 2016 チャンピオンになれました。

本当に皆さん、ご協力、応援ありがとうございました。


RIO WAIDA


お久しぶりです。



少しずつブログを更新しようと思います。


暖かく見守っていただけると嬉しいです。

これからも、応援よろしくお願いいたします。

New Blog



blog3blog1

お久しぶりです。 我が家は何も変わりなく、毎日元気に海に通っております。


今年の大会はすべて終了し、来年に向けて、次のステージに進むために、頑張っております。




これからの時期、きっとバリ島の波情報も気になることかと思います。


波情報のインスタグラムやってます。



チェックしてみてください。


9am #todayswave #baliwaves #balisurfreport

Kaoru Waidaさん(@waida.k)が投稿した動画 -

お兄ちゃんは、フィリピンから帰ってきて



次の日に、フランスへ旅立ちました。



QUIKSILVER PRO 観戦のため、フランス/ホセゴーへ。





まず、バリ島からシンガポールへ


f5




恐らくシンガポールでは、飛行機から降りてないと思います。



そのまま、オランダ/アムステルダムまで12時間以上

f9

f6




アムステルダム/スキポール空港では、荷物は受け取らず、そのまま乗換


簡単に乗り換えられました。






次は、パリ/シャルルドゴール空港へ。


f7




3年前、フランスに行った時のことを考えると、ここが一番の難関だと思い、いろいろと調べました。


前回は、ここからバスに乗って、国内線に乗るために空港移動しました。

それがややこしくて、嫌だなぁって言ってたんですけど

チケット見たら、どうやら空港移動はしなくてもだいじょうぶで

でも、移動しないといけないんですけどね。



荷物を受け取り、バスかな?電車かな?乗って移動しました。



簡単に国内線の所まで行けて、一安心だったのですが…




ここまで、なんてスムーズなんだ!!!って思っていたのですが


ここで問題発生!!!




前は、バリで両替できるお金は、バリで両替してたのですが

最近は、現地の空港で両替するようにしてて

毎回、USドルと円を持っていかせていました。



スムーズに、あとは最後の国内線を乗るだけだ!!! と思ったら

お腹がすいちゃったらしくて


じゃ、何か食べ物買いたくて、両替所を探しましたが


なんと両替所がないって…




そうだよねぇ…



なんで、国際線到着口で両替しなかったの?


っていうか、両替のこと、ちゃんと調べて教えてあげてなかった…母さんの失敗。


誰か一緒なら、荷物見ててもらって、戻って両替できただろうけど

ひとりだから、また荷物持って移動しなくちゃいけないし…

ドル払いもできないって言われちゃったし…



結局、お腹空いてても、のどか沸いてても、買わずに我慢したようです。


あぁ、ごめんね。




ここで、OZと合流だったので、彼らが来るまで約2時間、我慢でした。


でも、空港で両替できなかったけど…この後どうなるのか???


カードを持たせるなりしないとだめですね。


でも、ネットで調べると、トイレとかもお金払わないといけないみたいだし

両替は基本日本の方は日本でやったほうがレートがいいみたいですね。

でも、両替は最低限にして、あとは、基本、カード支払いの方が良いと。







無事に、OZと合流できたのか?よくわかりませんが



最後はパリ→ビアリッツ



f8





その後、連絡なし…


着いたのかなぁ???


確か、ビアリッツからは車で1時間くらいでつくはず…


ちなみに時差は6時間遅れ。


コンセントの形状もインドネシアと同じだよ。





バリにいるとね、わからなくても適当に答えるという典型的なインドネシア人なのですが

外に出ると、ち〜ゃんと質問できるようになってきたお兄ちゃん。


しっかり成長してるね。




母さんも、いろいろ勉強になります。


大会の結果は、R3で敗退。


なかなか難しいコンディションでしたが、

海外の有名選手と戦うという、素晴らしい経験をして、

そして、自分の実力も実感できることができました。



本当に行けてよかったです





今日は、帰路について、残しておきたいと思います。



BlogPaint





行と同様、帰る時も同じ便に乗る選手がいっぱい



飛行機に乗せられるサーフボードに限度があります。


ASCツアーは、パッケージなどが用意されているんです。

スタッフにホテルなど手配とかしていただけます。

もちろん、自分で手配しても大丈夫ですが



それがいいかどうかは、人それぞれですが



飛行機に乗る時に、ボードを優先していただけました。



ラッキ〜!!!



同じ飛行機にハワイアンやブラジリアンもいましたが

乗せてもらえない人もいました。


お金払うから! というのもきかず…





14527596_1784765368448532_327755359_n




ということで、ボードとともに、数時間のdelayでしたが、無事にマニアに着きました。


ここで、預けたサーフボードバックと受け取ります。




マニラはターミナルは4つある大きなターミナルのようで



しかも、とても歩いてでは移動できる距離ではなく



でも、無料バスが通っているので大丈夫です。




今回、帰りは


14543408_1784765315115204_1035568847_n



ターミナル3に到着

ターミナル2から出発ということで、移動しないといけません。



私が事前にネットで調べて、細かく教えました。


お兄ちゃんでも簡単に移動できました。


行は、深夜で心配でしたが、帰りは昼間だし、十分にトランジットの時間もあったので安心でした。



この時点まで、バタバタで連絡来ませんでしたが、

無料Wifiで、ここで連絡来ました。



あとは、バリへ〜!!!




多少遅れましたが、バリに無事に着きました。



14470642_1784058068519262_2725022981014745332_n











深夜2時ごろでしたが、バリの到着口は、こんなにも賑やかです。


タクシーもいっぱい待機してます。







フィリピンへの旅は、悪い話しばかり聞いていましたが


何の問題もなく、無事に旅を終えることができました。







心配だったら、ボードチャージも取られず…


ボードが壊れることもなく…



これが、個人での旅だったら、もっと問題が多かったと思いますが…





波は、DAY1だけいい波だったけど



あとは、全然良く無くなかったけど



本当にいい経験ができました。








フィリピンも、バリと同じように、ボードを欲しがっている子が多いようです。


特に、小さめのボード。


欲しいじゃなくて、売ってくれ!!!って言ってくれるのですが

最低限のベストボードしか持っていってなかったので

今回はごめんねって言ってきたようですが

次回は、絶対に余分に持っていってあげるって、お兄ちゃんは言ってました。





また来年…



お久しぶりです。


忘れないためにも、少しメモしておこうと思います。



今、お兄ちゃんは大会参戦のため、フィリピン/シアルガオ島へ行っております。

世界でも有名なスーパーバレルがあるcloud9で大会です。


14438903_955428677918462_740130639_o



いつか絶対に行きたいと思っていたcloud9



地図で見たら、バリ島から3時間半くらいで行けちゃいそうですが

実際は丸1日かかってしまいました。

値段的にも、日本行くより高いです。




バリ島→シアルガオ島っていう方がいるかどうかはわかりませんが

忘れないためにも残しておきたいと思います。


BlogPaint





バリ 

↓ 3時間 エアアジア

クアラルンプール

↓ 4時間 エアアジア 

マニラ
 
↓ 1時間半 セブパシフィック

セブ島

↓ 1時間 セブパシフィック

シアルガオ



飛行機に乗っている時間より、トランジットの方が長いね。


ちなみに、帰りはマニラからデンパサールです。




荷物について


今回は、ボード3本と小スーツケースとリュック

ボードチャージが心配なので、
いつもスーツケースは機内持ち込み可能なものを1つ持っていって
様子を見ながら、いつも預けたり預けなかったりしています。


一番心配だったのは、マニラでの乗り換えでした。

ネットで調べたら、エアアジアはターミナル4に到着
セブパシフィックはターミナル3なので、タクシーで移動しないといけません。

本人は、歩いていこうかなって言ってたけど

いやいや、歩いていける距離じゃないし、深夜移動なので、めっちゃ怖いし…

すごい心配してたら
少し前からすでにシアルガオへ渡っていたお友達から

エアアジアもターミナル3に到着するから、全然大丈夫ですよって教えてくださったので

安心しました。



なので、マニラでのターミナル移動はなし。


マニラで荷物を受け取り、入国審査をして、次のフライトまで待ちます。

マニラのターミナル3はとっても大きくて、24時間活気があるようなので、
トランジットはとても快適だそうです。

シアルガオで両替はできるけど、マニラでした方が良いと言われたので
そこで、US$からフィリピンペソに両替。
深夜でも簡単に両替できました。

もちろん、フリーwifiもあるので、連絡できました。



マニラでまた荷物を預け

セブ島へ。

全てスムーズに進んできましたが、ここで2時間のdelay
ここまで1人でしたが、ここで大会出場の選手が結構いたようです。



って…いいんだけど…

不安が募る…



大会選手がいっぱいいるということは…

サーフボードもいっぱい…



ボードは乗るのでしょうか???



2時間遅れでシアルガオ島へ着いたはいいのですが






やっぱり…




ボードが着いていない。




だよね。



予想はしてたけど…みんな着いてないって…


みんな着いてないならまぁいいや…



到着した日も、次の日もサーフィンできなかったけど

次の日にはボードも着いたので、安心です。






ということで、バリ島→フィリピン/シアルガオ島リポートでした。


大会中に台風スウェルが届いてくれる予報も出ていて
6ftバレルになるかも〜!!!って。


それは楽しみです。



本当に本当に、あたたかいコメントありがとうございます。


そんな風に読んでくださってくれたんだぁ…と涙がでるくらい嬉しいです。




そうですねぇ…このブログを始めたきっかけは、


いつか、子供たちが大きくなって、ガイドをするかもしれないから
その時のためにも、お客さんが付きやすいようにって思ったのがきっかけかもしれません。


きっと、あの頃は、私の方が波乗りに夢中だったかな。


気が付けば、子供たちはプロを目指すようになり


ならばと、私は海に入っている場合じゃないと思い
ビデオカメラを回し始めました。

私が撮っていない時に限って、子供たちは
「さっきいい波乗ったのに…」って口にするようになり

それがすご〜く悔しくて、なんか子供たちに負けた気がして

私、すごく負けず嫌いだから



それから、ある意味子供達との戦いです。


あなたちに、「さっきいい波乗ったのに…」って絶対言わせないから


絶対撮ってやる〜‼って。




それから、子供達の成長を載せるようになって





このブログは、ある意味、私の本音を書ける唯一の場所でもありました。



私、あまりブログを書いてるって公表してなかったから。
あ、でも、気が付いたら周りの人が結構見てくれてたんだけど


誰が見ているかわからない
だからこそ、本音を書けたこともありました。



ファイスブックとかでは書けない思いとかも、書けたりしました。



文章にすることによって、いろいろ考え込んだり、ストレス発散したりできました。



嬉しいコメントも多かったのですが、時々いただく厳しいコメントも、本当に参考になりました。




そうですねぇ…辞めようと思ったきっかけは



なんか最初の主旨と変わってきたことによって
「こんなことは、載せないでください。読者減りますよ」っていただいたコメントでした。







それから



私も、書き始めると、だらだらと書かないと気が済まない性格で
プライベートなことを書きすぎたときもあって



ある時、そんなどこで入ってるなんて、書かない方がいいってアドバイスいただいて
少し秘密があるくらいの方がいいって言う方がいらっしゃって



そっか…って思ったりもして




正直、うちはサーフガイドをやっているわけではないし、
このブログが金銭に全く関わっていないので、
読者の数とかブログランキングの順位とか、全く気にしていないし、
ここはMy worldだし…って思ったんですけど



でも、一人そう思ってコメントしてくださるってことは
実際は、そう思っている人が、いっぱいいるんだろうなぁ…っておもいました。




真面目で頑固で負けず嫌いで
人にはズバズバきついこと言うくせに、

結構人の意見に左右されやすいし、言われると傷付きやすいし

でも、すごく落ちたり、泣き続けたりもするけど、
結構回復も早くて、自分でもびっくりするくらいで。

まぁ、基本適当な性格だから、パパがいなくても親子3人でバリに住み続けられたわけで




そんなこんなで、すごいスピードでここまで生きてきて



本当にブログをやめようって思ったのは




そんないろんな方のいろんなアドバイスを思い出したり

オリンピックに出たい!!!っていう大きな目標もでき



あと4年



みなさんにとって、あと4年って



あと4年もある?


あと4年しかない?



お友達は、あと4年もあるじゃん!って言ったんですけど


え?私にはあと4年しかないですよ!!!って言ったんです。




そう、私には、あと4年しかないんです。





だから…




このブログを書く時間も考える時間も、ちょっと違うことに使おうと思ったんです。





私の母は…



あまり私を理解してくれていません。

アナログ人間なので、時々電話でしか話をしてないんですけど…



電話をして話をすると、否定されて、未だに怒られてばかりで…



すごいわかるんです。


正論です。



普段は、いつも電話すると怒られて、最後は喧嘩して電話を切ることが多いので

あまり電話をしません。



でも、時々、私がつぶれそうな時に、それが喝にもなり、
わざわざ怒られたくて電話をするときがあります。




私は、アスリートはいくら個人競技でも、チーム戦だと思ってます。

だから、私も頑張らないと…って思ってるんですけど

だからこそ、子供たちに厳しくもなるんですけど




母は、



子供たちが頑張ることで、あなたが頑張るんじゃないですよ!!!

だから、もっと優しくしてあげなさいってって言うんです。



その通りですね…



わかってるんですけど…ね。




全て私のわがままな考えの押し付けだと思うんですけどね…




でも、ここまで周りに否定されながらも、自分で貫き通している限り


中途半端ではいられないって思いもあるので




とにかくあと4年


もちろん、オリンピックで出れる可能性も少ないけど


金メダルなんて、夢の夢だけど



でも、一生に一度しかないチャンスかもしれないから




とにかく、あと4年は子供たちのサポートに集中したいと思ったんです。








子供たちの夢はCTに入ること!!!ですけど


心のどこかで、入れないかもなっていう思いもあるんです。

それを言ったら、それじゃダメでしょって言われたんですけど




でも、昔は、本当に勝つことだけを考えていたら、勝てない時のイライラ度がやばいんです。


本人たちは、ただただそれだけに向かって突き進んでほしいけど
100%頑張ってても、絶対に入れる保証なんてないから

だから、

その時のための挫折感とかを最小限に抑えるためにも


心の余裕を親は持っていないといけないと思うし

一緒になって、親子で挫折しちゃったら、親の意味ないですから…

サポートする方はさ、いろんな方法やいろんな道を常に考えていないとなって思う。


そう考えるようになって、私も心がすごく軽くなったんです。



これ負けたら?すぐ次はこれしないと…みたいな…


前は、負けたらその結果だけにまとわりついてたから…


こうやって、子供の成長とともに、私も成長しないといけないわけで





だから




あと4年しかないって思ったら、考えることも、やらないとけないことも本当に多くて…



それをブログで残していきたいけれど



そこまで時間がなくて…



という次第であります。








いただいたコメントを見て、本当はやっぱり続けようかなって思ったんですけど


実際、今日もこれを書いてる時間も、ものすごい時間を費やいしているので
もっと、頭良かったらいいんですけどね。

なんせ、単細胞なので、いくつもいくつもできないし…


とりあえず、しばらくは、ちょっとお休みしたいと思います。




子供たちは、FBやinstaguramも毎日UPすることを仕事だと思って、やってくれてるので


そちらを覗いてくださるとうれしいです。




これからも、応援よろしくお願いいたします。








このブログもなんだかんだとずっと続けてきたけれど




ここで、1つ区切りをつけようと思います。





いろんな思いが入り交じっております。




2008年11月から書き始めたんだぁ…




なかなか毎日書けないけど、良く続けてきたなあ…




自分を褒めたいと思います。




そろそろブログタイトルとも合わなくなってきたし




ブログを書くという時間を、少し違うことに集中したいと思います。




私の新たな出発です。



もしかしたら、ちょこちょこ書くかもしれないし、未定です。



このままこのブログは残しておきます。



私の今までの子育て日記でもあったから…






本当にいつも皆さんありがとうございました。



昨日は、先に出かけた子供達



母さん、クタで用事を済ませて、そのままビーチへ


1111 (1)




ところが…




子供たちの姿がない


どういうこと???


メッセージしたら


波が悪いから、、サーフィンしないで帰ったと…




私の中で、あり得ない…



私は、時間とお金を使って海まで行ったのに、何もしないで帰るなんて、絶対にあり得ない。


うちの子供たちは、わがままだ


第一、波は悪くない。むしろいい波。



確かに人は多い



でも、何もしないで帰るなんて、絶対にあり得ない!!!



私は、子供たちに家でタイドチャートとライブカメラと波予報を見て、
自分たちで行くポイントを決めさせている。


ちゃんと調べれば、ほぼ波を外すことはない。


サーフィンできる時間も限られているから、

自分たちでそこでサーフィンをすると決めたら、実際に良くなくても絶対に入ってほしい。

っていうか、入らないとだめ!!!



波が良くないから、入らない???


ホントあきれてしまう。



だから、大会でなかなか勝てないんじゃん!!! って言いたくなる。



その時、すでに17時半。

いますぐ来い!!! 




あぁ… また、鬼になってしまった。




でも、時は必ず進んでいる。

練習した時間の分だけ、絶対に上達するから。






結局18時から真っ暗になるまで、やらせました。










うちの子供たちは、自分で自分が頑張っていると言う。



でもさ、頑張るってどういう意味???


ちょっと勘違いしている部分がある。






あなたにとって、頑張るってどういうことですか???










お兄ちゃんは今日から1週間、大会遠征です。


14012063_1762212460703823_304289011_n




今朝は3時起きだったから、あまりぐっすり眠れなかった。













































先日、スポンサーさんのCarveさんとQuiksilverさんとPadma Boysさんが、


おめでとうBBQパーティしてくださいました。


png1116




本当にありがとうございます!!!




こういうのが慣れてないせいもあり、恥ずかしがり屋のお兄ちゃんでした。


誰かのパーティだったら、全然平気なのに


自分が主役になると、タジタジです。




もっとしっかりしてほしいですが、


まぁ、それもお兄ちゃんのいい所なのかもしれません。






私も盛大にパーティしたいのですが


これからがスタートだと思うので、いつかいつか本当に夢が叶ったら


やらせていただきたいと思います。





本当にありがとうございました。







夕方、ビーチに行きました。



1111 (1)



ビーチブレイクだけど、リーフみたいにポイントブレイクみたいだから、ちょっと人多め


そしてちょっと早い


けど、それがいい練習になる〜!!!





↑このページのトップヘ