只今、pemkではスタッフを募集中です。
正社員、アルバイトどちらも募集中です。

土日祝日勤務可能
10:00〜20:00までの勤務ができる方。
そして、手に職を付けたい方。
元気で明るい方をお待ちしてます!

詳しくは、0886240261(担当:藤原)まで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、求人をするたびに自分が今までしてきた花の仕事の事や
花の仕事に全く知識も無く飛び込んだ頃の事、そして今のpemkがある事のありがたさをつくづく思います。

私は今年で花の仕事を初めて18年。
まだたったの18年ですが、これはまさに天職との出会いだったと思ってます(笑

私は花の仕事に就く前は、グラフィックデザインの仕事を2年していました。
高校もデザイン専攻の高校を出て、グラフィックデザインの専門学校にも行きデザイン事務所に就職しました。
私が就職した頃、ちょうど本当にデザインの現場がデジタル化されつつある真っ只中でした。
上手くデジタルの波に乗れなかった私は、ここで挫折してしまったのです。
3か月間何もせず、挫折した悔しさから抜け出せず過ごしていました。
少し元気を取り戻した私は、自転車で(その頃まだ高松在住でしたので)商店街を毎日のように宛ても無く走っていました。
みんな働いてるのに、私は何をしてるんだろう・・・って思いながら。

私は体を動かして、手を使って、頭も使って物作りしたい!!そしてクリエイティブな仕事がしたい!!
そして、単純にいくつか候補をあげました。
ケーキ屋さん?花屋さん????とりあえず自転車で街を走って、求人しているショップがあればそこに決めよう!面接を受けよう!と。
それがたまたま花屋さんだったのがきっかけでした(笑

何も知らず何もわからず面接に合格した私が入った花屋さんは、とっても有名なフローリストさんのいる花屋でその冠婚葬祭の部署に配属になりました。
とにかく、暑いし水は腐ると臭いし。キツイ!2日働いて、長かった髪をバッサリ、ショートに切りました。
その時点でもう、花の力や先輩たちの仕事に魅了されていたんでしょうね・・wwwこの仕事に長い髪は邪魔!!(笑)それだけの気持ちで。
それから2年。花屋というお店での仕事がしたいという気持ちが強くなって異動を願い出ましたが、上手くいかずそのときに運よく新店で社員募集をしている花屋さんを見つけ、そこに行くことに。
それまでの裏方仕事とは180°違う仕事。
これまた0からのスタート。覚える事の多さ、お客様が望んでいることを形にしていく難しさ、店づくりの楽しさ本当にいろんな事を先輩から学びました。

帰りに本屋へ行き手に取った花の本は全て読み、育てた事の無い花苗は家で全て育ててみて初めて本当の育ち方を知り、夢中でした。

楽しくて仕方なかったと思います。
先輩に怒られたり、注意されたり、失敗したり、クレームを受けたり・・辛い瞬間もたくさんあったはずだけど、それがまた1つ自分を前へ上へと導いてくれたんだろうな・・・・と今は思います。

そして、自分の中で花屋というもののあり方やお客様とのコミュニケーション。
街の中での花屋の役目や、今どういう事が必要なのかを考えていくと自分でやりたい、自分でやらなきゃ!という気持ちでいっぱいになり
pemkも11年になりました。

私がいつも思っていることは、花は1つのツールである事。
そして、花を作る私たちもまたツールである事、それも使い勝手が良くスイスイと動いてくれるツールであるべきだと。
花を贈る人がお店に来て下さる事が多い。ということは花を介して気持ちを伝える為に花というツールを選んでpemkに来てくださっている。贈る側、贈られる側どちらも満足して欲しいから情報は聞けるだけお伺いする。
花は厳選して仕入れる。季節感、色合わせ、おススメしたい物。
そして、1番大切なのは【まごころ】
1つ1つの仕事に、まごころを込める。
気持ちと気持ちを繋ぐ大切なものにまごころは絶対欠かせないアイテム。
それは経験やスキルではなく、人としての大切なところ。

pemkは特別じゃない。変わった花ばかりでもない。有名なデザイナーがいるわけでもない。
普通の花屋。
でも、心が通い合う人間が集まったからここまで来れたんだと本当にみんなに感謝感謝感謝。
みんな心がきれいなスタッフばっかり。
だから私はpemkが大好き。
一生懸命協力して、物を作り上げる事に妥協しない姿勢がみんな一緒だからpemkは特別なんだと思う。
これは自慢です(笑)

花を贈った方、その花を手にした贈られた方。その贈られた方が、ショップカードやシールを見て来てくださる事があります。その時のうれしい気持ちって表しようがないくらいの喜びです。
この仕事をしてて良かった〜・・・って。

ということで、端折りながらも花屋の仕事について熱く語ってしまいました

今はブライダルシーズン真っ只中。お店は至らぬ点も多々ありますが、日々スタッフ全員頑張ってます。

先日、クライアント様へドレス合わせ用のアーティフィシャルブーケをたくさん納品させて貰いました。
これも真心込めてます。
『どのドレスがいいんだろ・・・』『かわいいドレスだけど似合ってるかな〜・・・』って不安な気持ちになる人もたくさんいると思います。
手に花を持つだけでなんとなく、ピリっとイメージが出来て来たりしますよ!
アーティフィシャルフラワーじゃないと表現できないようなブーケもあるので、是非楽しんで持ってみてもらえたらな〜・・・と。
不安な気持ちなんて吹き飛ばして!笑顔になれたらな〜って。

PB-8

PB-7

PB-4

PB-3

P1013091

P1013090

P1013089


1つ1つの花にしっかりとワイヤーをかけて作ったしっかりしたブーケなので、たくさんの花嫁さんたちの力強い味方になれると信じてます。