March 31, 2007

MONTBLANC121

001
MONTBLANC 121です。
今から15年以上前、アメ横のフレンド商会さんで入手しました。
最近は、シャッターが閉まりっぱなしですが・・・
当時、一緒にモスクワ五輪のBPも購入したのですが、
見つからない・・・



002
ペン先はMですが、パーカーや国産のそれより
長めでしなり感があり書きやすい!



004 かすかに 121 の彫が・・・
汚れたままの写真で失礼しました。





006ペン先を横から見るとこんな感じ・・・


pen0608 at 22:05|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!万年筆 

March 20, 2007

最近のラインナップ

最近のラインナップから・・・

3-1
ヘンミの計算尺ケースを加工したペンケースに三本収納




3-2
上から順に
KOH-I-NOOR HARDTMUTH
versatie5205
OHTO PROMECHA1000/0.5
プラチナ万年筆    となります。


,亘楸織好灰垢念柄姐愼し、主にwork中のなぐり書きや発想用に使用中
△藁免療垢嚢愼。回転式スライド芯カバーを繰出す時間が、深い思考時間を醸成
は古文具店で購入。金ペン先Mで定価7千円は時代のなせる業か
 (購入価格1,500円で 付属のインクカートリッジの製造年は1980年)



pen0608 at 23:06|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!万年筆 

December 20, 2006

NTカッター D−S

NTカッターD−Sです
NTカッター 1

クリスマスを前に、このような暗い写真をお見せすることを深謝いたします。



NTカッター 2あーこの手の製品に弱いのです。NT社さん感謝します・・・
1にシンプルな形、2に質感・・・3に価格? この美しさで手ごろな価格です。



NTカッター 3NTカッターD−Sを“NTカッターでーす”と読替えインプットしているのは小生だけでしょうか?
ちょっとしたカット作業や、筆箱からおもむろに取出し・・・注目度満点です!

pen0608 at 21:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!カッター 

December 13, 2006

Bic 12Colored Sharp Pencils KNOCK'N

BIC999
Bic 12Colored Sharp Pencils KNOCK'Nです。
昔懐かしいスチールケース。




BIC90
あるわあるわ・・・全12色のノック式!





BIC92
1本ごとに可愛いトレードマークが入ります





BIC93
勢ぞろいの図





BIC97
ごらんいただきありがとうございました・・・

December 12, 2006

KOKUYO TZ-3225A 、B、 C 、D

KOKUYO TZ-3225A 、B、 C 、D

KOKUYO の製図テンプレートTZ-3225A 、B、 C 、Dです。
それぞれ英字、カタカナ、ひらがな、数字を記す役割を持ちます。
儚くPCにその役割を追われた製図器具のうち、存在の憂いを強く感じさせる中のひとつです。
何に使うか・・・考えるだけ野暮ですね・

December 11, 2006

KOKUYO TZ-PSP1005

TZ-PSP
KOKUYOの製図カテゴリーであるTZシリーズ。
その製図ペンシル TZ-PSP1005です。
《PRO》とあえて記することがアマっぽくて好感がもてます。
それにしても・・・似ているなぁ・・・何に?


October 18, 2006

HEMMI計算尺/CONCISE計算尺

HEMMI計算尺計算尺とは、a×b=c が成り立つとき、log a+log b=log c(a、bは正数)この対数の性質を利用して、すみやかに掛け算や割り算を行うことができるのはもちろんのこと、乗除計算をはじめとして、比例・平方・立方・三角関数・対数などに関する計算が簡単にできるよう工夫された科学器具です。


cun
1970年代頃まで、理工学系設計計算や測量などの用途に利用されていたが、関数電卓の登場で市場がなくなり、1980年頃には生産が中止された。2006年9月現在、コンサイス社製の円盤状の計算尺は、オンライン販売で購入可能であるが、ヘンミ計算尺社製の棒状計算尺は入手困難である。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



pen0608 at 23:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!尺系 

October 16, 2006

プラス 電動芯研器 LP−1

PLUS1プラス 電動芯研器 LP−1・電池式
箱を激写(死語?)
さしこむだけでスイッチ・オン
箱が黄昏ています・・・


PLUS2同じく裏側
先ほどのレッドホルダーといい、このコンパス系といい
平研ぎもできる新機能・・・平研ぎって???


PLUS3
上からの図
通常研ぎの丸穴と平研ぎのグラインダー部分が見えます



PLUS4本体の黄色はとても味わい深いそれです。
自分を頼りにする機器を優しく迎え入れます・・・


October 13, 2006

秋といえば・・・

PENDY秋というのに風情無く・・・
ナショナルPENDYでシュルル・・シュルル・・
と今日も深か削り




DUXでも、やっぱり文房具好きは・・・
手動でガリリガリリと・・いかなくちゃ





SAYAいずれにせよ、短くなったら補助軸のお世話に・・・
探せばあります、万年筆型や金色軸やセルロイドを使ったものなど・・・


pen0608 at 22:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!鉛筆 

October 06, 2006

三菱 Hi−uni 3050/ 0.3mm 

三菱Hi-uni 3050 1
三菱 Hi−uni 3050/ 0.3mm です。
背景のノートはお馴染みの・・・
まだ、2007年版のスケジュールは未入手。
DAIGOのCB101で十分か?
ところで、このMP、カーボン軸で3千円と高級!


三菱Hi-uni 3050 2いかにも「製図用です」とでも言いたそうな面構え。
軸の下部に0.3mm印が四つも刻印されているなど、
メーカーのこだわりと差別化、そして想いが
伝わってきます。グリップの刻みも程よく使い込んだ感じで
使ってストレスを感じさせません。併せて、この部分と
カーボン軸の軽さが程よい低重心を成立させています。


三菱Hi-uni 3050 3何か、『がしっと』インパクトのあるHi−uni表示です。
H颪龍洞化文字は一般的なのでしょうか?






三菱Hi-uni 3050 4とどめの一枚。一見すると茶色軸ですが、光線の加減で木目調の味わいが・・カーボン恐るべし!ちなみに本シリーズは、
1,000円の廉価版(結構、グリップは荒削りでいい感じ)
2,000円の普及版(プラスチック軸)
3,000円の高級版(カーボン軸)
5,000円の超高級版(カーボン軸+先端ノック式)
となっています。