万年筆とヌルリフィルの部屋|Pen_Saloon

万年筆と紙が好きで万年筆専用の紙ヌルリフィルを開発したペンサルーンのブログです。当ブログでは万年筆や紙に特化した情報を配信しています。

聿竹が(なるべく)毎日、万年筆や紙のことを書いておりますが、たまに寄稿いただいた記事を掲載しています。 寄稿したいネタ随時募集中です。

友人から聞いた話です。
友人の友人は頂き物のスーベレーンのボールペンを捨ててしまったと。
インクを使いきり、インクを交換するということに思い至らず、とのことのようです。


その話を聞いて、かつて私がやらかした捨ててしまったエピソードを思い出しました。
詳細はこちら
http://blog.livedoor.jp/pen_saloon/archives/1071183673.html

PSX_20180621_220551


私自身そうだったのですが、500円しない筆記具だと割りと多く使い捨ての筆記具も多いためにボールペンの類いは使い捨てのものだと中学生くらいまでは思い込んでおりました。


続きを読む

第四回万年筆文芸部オフ会in万年筆談話室

B325GoMCUAAmPZk

日時:8月25日(土)11:00~
会場:万年筆談話室
   東京東京都港区三田1-10-10 三田グリーンハイツ 209号室



まだまだ暑い日が続きますが原稿用紙をふやかしてしまっていませんか?
万年筆文芸部の部活動の第四回目のオフ会のお知らせです。
ゆるっとした内容ですが、会場で書いたり読んだりしてみたいと考えています。

内容(仮)
・自己紹介・自己作品紹介または書きたい意気込み紹介
・文芸部発足記念イベント用の作品を書こう! あるいは内容の相談も!
イベント詳細はこちら
 http://blog.livedoor.jp/pen_saloon/archives/1071822080.html
・感想交換会

今回は終日開催ですので会場でのプロット作成や執筆なども実践して空気感を部員の間で共有したいと思っています。
執筆道具を持ち込みましょう!
文芸ってなんやねん!!
どない書いたらええねん!
そんな方にもストーリーテリングを丁寧に指導!
感想交換会も楽しいですよ!
また、愛用の万年筆の不調も会場で直せるかも!?

持ち物
・愛用の万年筆

※あれば
・過去作品
・愛用の原稿用紙
・その他執筆時に使うもの等


お申込み方法
(1)Twitterで聿竹に参加する旨をお伝えください。
  リプライでもDMでも構いません。 
  https://twitter.com/itsutakedemboku
(2)タイトルを「万年筆文芸部参加希望」として、ペンサルーンにメールしてください。
連絡先:pen.saloon【アットマーク】gmail.com

申込締め切りは特にありません。
当日連絡なし参加でも遠慮なく。
PSX_20180701_230209

上記、よろしくお願いします。

参加者は6名、眞踏珈琲店の二階で盛り上がりました。

PSX_20180814_233406
PSX_20180814_233430
PSX_20180814_233446
写真は会場で撮影したプロシオン。
盛り上がりのあまり他の写真を撮りそびれております。

本質は創作系の話に花が咲く一方で、最近万年筆を使い始めて、コンバーターの扱いを聞きたい、ということもあって見えられた方もいらっしゃいました。
万年筆文芸部らしくてええぞー。

話の中で、写真やイラスト作品も発表したいとの要望がありましたが無論歓迎!

次回の文芸部は8月25日(土)に開催予定です!
会場の方に連絡して確定次第すぐに詳細をまとめますのでしばしお待ちください!

次は終日開催を目論んでおります!
都合のいいタイミングで来て、好きなだけ滞在!

自由登校期間のようなゆるゆる部活動になる見込みです!
お楽しみに!

先般より告知しております万年筆文芸部の部活動in眞踏珈琲店も第三回。
PSX_20180708_224556

http://blog.livedoor.jp/pen_saloon/archives/1071837573.html

最近下記のような問い合わせがありました。

Q1:文字書きではない人も参加していいの?

Q2:発表作品は手書きに限る?

Q3:万年筆で書かないとダメ?

興味を持っていただけて嬉しい限り!


それぞれ回答します。

A1:イラストの方も漫画の方もご参加歓迎! 書道作品を公開している方も俳諧の方もいらっしゃいます!
参加条件はただただ、文房具が好きであることと創作が好きであることのみ!

A2:デジタルでも可。というか小説なんかだと1校目は手書きでいいとしても赤入れに赤入れを重ねて、しかも発表作品まで手書きで清書限定、となると死人が出かねない苦行になりかねないのです。
そのため完成品の形式を縛るような決まりはありません。

A3:万年筆に限定はしません。サークル名が「万年筆文芸部」なので誤解を招いてしまい申し訳ないのですが、A2の延長と同じで作品の形式を縛る決まりはありませんのでご安心ください。



そのほかご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせたください!

このページのトップヘ