聿竹年萬がほぼ毎日使っている一番の愛用万年筆、「プロフェッショナルギア ブライヤーキャップ×エボナイト漆塗り」名前長いこの万年筆。
image
聿竹年萬のブライヤーエボナイトを見たことある方ならば一度は自慢されているはず。

こちらブライヤー部分に施されていたクリアコーティングを剥がしており、アマニ油、イボタ蝋で磨いております。

ひょんなことから元の状態の同じモデルが聿竹の元に加入しました。
PSX_20180129_022236
右がクリアコーティングあり。
左が聿竹磨き。

なんというか、このモデル安くはないし、廃盤になって久しいのにまさか二本目が私の元に来てくれるとは……。
ニブは神様の作った長刀で、先日のインクは飲み物氏のオフ会でいただいた青藍を入れて使っております。

まだ新しい方は手に馴染んでおりませんが、しっかり使い込んでいきたいですね。