ブログネタ
年末年始の過ごし方は? に参加中!
我が家の雑煮は丸餅に白味噌。
典型的な関西風。

150103_0955~01昆布とカツオで出汁を取ります。

予めお米を入れた水で茹でておいた
輪切りの大根をいれ、
柔らかく透き通ってきたら、
白味噌を、続いて餅を入れます。

餅が柔らかくなったら出来上がり。
青のりをトッピング。
実にシンプルで簡単。

今年は彩りに金時人参を入れてみました。

問題は、白味噌がなかなかちょうど良い濃さにならないこと。
もう少し、もう少しと足していくうちに、
どんどんケースの中の味噌が減ってきます。

ちょっとドロっとするくらい入れると、
ほんのり甘く、かつ程好い旨みが出てきますが、
これでは塩分は相当なものだろう。

近年、動脈硬化に要注意、と言われ続けている身としては
旨みは残したままもっと味噌を減らしたいところ。

減塩の王道、濃い出汁取りを試みました。

お正月用のお雑煮は、いつも大鍋に昆布をいれ、
水を張って、煮立ったら花かつおを投入し、
三が日分の出汁を纏めて取りますが、
今回、花かつおを1袋、丸々放り込みました。
従来の倍ほどになります。

あっという間に黄金色の出汁に変身。

かつおを取り出すのがちょっと手間ですが、
だしの濃さは従来とは比べ物になりません。
かつおをケチってはいけないのです。

白味噌の量も、今までの2/3程度で十分に美味しい。
コクのある白味噌雑煮が出来上がりました。

やはり、「減塩のためには出汁を濃く」は正解です。

お雑煮に限らず、この出汁作戦で塩分対策をやってみよう。
1年後の人間ドックが楽しみです。