viとは、geditやkwriteなどとおなじテキストエディタです。
違うところは、端末内で起動できること
viをつかうと、GUIを起動せずにテキスト編集ができるので、かなり便利です。
でも、結局はコマンドで操作しなきゃいけないから。。というひとも、
viのコマンドを少しだけおぼえておけば大丈夫です。
それでも困ったら、
$ vi --help
$ man vi
などでコマンドを確認するといいでしょう。
VineLinuxの場合は、
$ jman vi
で日本語でマニュアルが表示されるかもしれません。

一般的に、
$ [コマンド] --help
$ man [コマンド]
でそのコマンドの使い方を見ることができます。
(manはmanualのman)

1.viを起動する
$ vi [ファイル名]
$ sudo vi [ファイル名]
指定した[ファイル名]がない場合は、新規作成として起動します。
管理者権限が必要な場合には、いつものように"sudo"を前につければOKです。

2.入力と終了と保存
viには編集モードとコマンドモードの2つのモードがあります。
起動してすぐの状態では、コマンドモードになっています。
"i"をタイプすると、編集モードに移ります。
(insertのiと覚える)

追記:コマンドモードとなっていたので編集モードに訂正しました。

[Esc]をタイプすると、コマンドモードに移ります。
(編集モードをEscape)
コマンドモードで以下を入力して[Enter]で、それぞれの効果があります。
":q!"(変更を保存せずに終了[すぐにquit])
":w"(変更を保存して続行[write])
":wq"(変更を保存して終了[write and quit])

編集モードに戻るときは"i"をタイプします。


とりあえずこれだけ知っていれば、少しくらいは使えます。
他の機能も、いろんなサイトに載っていますので、参考にすると知識も増えると思います。
viはとても便利なコマンドなので、ぜひ使えるようになりたいです。
(自分も使いこなせてはいませんが・・・)

追記:viをつかったことがなかったひとは、この機会にいろいろとコマンドを調べてみるといいと思います。ここにあるコマンドだけでは、正直なところ実用には耐えないので・・・