c2631b63.png独学LinuxさんのページでXBMCの記事を見つけ、
Ubuntu上にもインストールできるようだったので、リポジトリを追加してインストールしてみました。
XBMCはWindowsのMediaCenterみたいな感じのソフトで、画像はもとより大方の音楽ファイル、動画ファイルも再生できるようです。

XBMCのLiveCDが起動しなかったパソコンでも条件次第では動くようです。
(うちのノートではLiveCDで起動できませんでした。)

<XBMC Media Center のインストール>
Synapticを起動し、設定>リポジトリから以下を追加します。
--------------------------------------------------------------------
deb http://ppa.launchpad.net/team-xbmc-hardy/ubuntu hardy main
deb-src http://ppa.launchpad.net/team-xbmc-hardy/ubuntu hardy main
--------------------------------------------------------------------

追加したらSynapticを終了して端末を起動してください。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install xbmc


これでインストールが完了します。
起動は アプリケーション>サウンドとビデオ>XBMC Media Center です。

<日本語化>
まずフォントを用意します。
TrueTypeフォント(拡張子ttf)のもので、日本語が表示できるものが必要です。
IPAモナーフォント(IPAMonaPGothic)がオススメです

まず、フォントをarial.ttfにリネームします。
リネームしたフォントを/usr/share/xbmc/media/Fonts/にコピー(上書き)します。
この操作には管理者権限が必要なので $ sudo nautilus を実行してでてきたウィンドウを使ってください。

XBMCを起動したら Settings>User Interface から
(1)Look and feelのSkin fontsをArialに設定、
(2)RegionからLanguageをJapaneseに(必要に応じて-Charsetも"Japanese(Shift-JIS)"に)設定します。

これで日本語化は完了です。

XBMC(XBoxMediaCenter)はもともとXbox用に開発されたものらしく、Linux版の他にもXbox版、LiveCD版、Mac版、Windows版があります。
今のところはまだBetaですが、動作も滑らかでかなり使いやすいです。