Penguin Parade Project

まずはパイルからマーリンマリーナに移動して給油、の筈でしたがマイケルさんのCARMINAは給油岸壁の10メートル手前でエンジン後進が利かず!
セールで対岸まで行ってアンカー。
IMG_20170626_133218
スロットルハンドル部分を分解、修理しても駄目。30年使った部品の磨耗が原因! 
IMG_20170625_174210
翌朝、シドニーから来ているジェフにケアンズの船用品関係のお店に連れて行ってもらい、修理、中古品/新品購入の可能性を当たってみました。
IMG_20170626_085625
ジェフのクルマで10軒ほど周った結果、新品の在庫は無い、中古で代替え出来る品は見付からない、アルミニウムダイキャストの部品に肉盛りできる業者は無い、新たに部品を作成するには2週間数百ドルという条件になる。
IMG_20170626_113217
さてどうするか? 昼ご飯たべながら考えましょう。
通販で買うか?選択肢は絞られてきました。
IMG_20170626_141652
「歯車の磨り減った部分をエポキシパテ埋めする」座して待つことを潔しとしないタイプなのねぇ、マイケルさんは。

三人で夕食。明日シドニーに戻るジェフから、キャベツ、カリフラワー、玉ねぎ、
が提供された。「夜はタンパクはあまり摂らないんだ。ご飯なんか、いいねえ。」ジェフの嗜好は分かった。
でも肉とチーズが好きなマイケルに温野菜マヨネーズでは酷というもの。思案の挙句マイケル艇調理長の私はひらめいた!『ポトフを作ろう』
これが大好評!

残念ながらパテ修理は失敗に終わり、フランスにいる奥様から「修理なんかしてないで新品にしておしまい」と言われ、マイケルさんは部品購入を決意。明日には届く、といったことでポートダグラスには行けずじまいでした。シャンシャン。





 

7/1にケアンズを出るまでにあとまだ二週間あります。
船の整備も急を要するものは無くなってきていて、やっておけば良かった的なものをばらばらと片付けている状況。
ハッチの日除けは、吸盤で取り付けたアクリル板に絵を描くことにします。とりあえずはいつもの漫画。もっと緻密な絵でないと日除けなならない。。。
IMG_20170617_110742
船のシフトを手伝った夕方 ジョクに呼ばれて「ワイン飲んでいけよ」「それ、明日じゃないの?」
「明日は明日、今日は今日」
マイケルを誘って二人でお邪魔すると、あら!彼はスコットランド人なのにフランス語が堪能。
もちろん英語も、、ってか、よく喋る。
「嫁さんが三人いて子供は9人。嫁はフィジーとニューカレドニアにいる。孫は何人だったかな、、。
今じゃ70過ぎたが若いときは陸軍にいたんだ。落下傘部隊だ。小型機なら操縦できるぞ。ベトナム戦争にも行った、あれはひどい戦争だったなぁ。マレーシア独立戦争にも行ったぞ。ニュージーランド軍の指導もした。たくさんの応募者から選抜されたんだ。
スコットランドには何ヘクタールもの土地があってその中に教会が二つある。新しいほうが400年前のものもので古いのは1200年になるかなぁ。。そっちはドイツ軍の空襲で屋根が焼けてしまって壁しか残ってない。俺はスコットランド人だからバグパイプ吹けるぞ、ほら」 ピーヒャラピー。

シドニーから来たジェフ、ニュージーランドのブラッド、フランスのマイケル、日本の私が、ジョクのボートでワインパーティー。みんな70過ぎの爺さんだけど、元気は良い。
IMG_20170618_114823
 数えてみると18個のキーが無感。開けて裏側を掃除しようとしたら、完璧にシールされてる。このシールを剥がしたら、今以上に悪くなることは必至。うぅむ手詰まり。

昨夜、いつものようにマイケルさんと夕食たべていると彼が面白いことを言う。
「ジョクはスパイじゃないか?あんなに一人で喋る奴は変だ、何かを隠すために話でごまかしでるんじゃあないか。軍隊経験者がスパイとしてリクルートされることはよくあることだ。」
そういえば、中国でビジネス成功させたり、インドネシアで収監されたり、奥様がたくさんいたり、なにかおかしい。
そういえば 私達へのアプローチは強引だったし、船の入替えしてこちらが丸見えになってる。
IMG_20170622_130908_1
マイケルさんにプロパンガス入れてもらい、わたしが彼のopenCPNのAIS接続やってあげる。二人とも『ホーンブロア』のファンだった。趣味が同じで持ちつ持たれつ。彼が今週末出て行ってしまうのがなんとも残念!
 
ジェフさんの船を見学。入り口のドア交換、発電機移動、ボートダビッド強化、GM6気筒メインエンジンは停止不能(吸気停止で止めている)、ソーラーパネル追加、ほか足の踏み場がないくらい散らかっている。よくもまぁこんなにあっちもこっちもやり掛けているものだ。
「72歳で癌だから何もしていないと死ぬことばかり考えてしまう。この船にはやることがたくさんある。だから良いのだ。」 シドニーの家の修理もあるし、シドニーには別のヨットがあるジェフさんは、ホント忙しそうでアイディアに溢れている。
ビミニの修理していた私がパーツが合わなくて悩んでいると「コッチの長いビスを持ってくりゃ良いじゃん」
「腐食したアルミニウムは酢で拭いてジンクペイントをスプレーすれば良いぞ。ほらこれを使え!」

これまでコクピットではGARMINでナビしていたのですが、オーストラリアの先GARMINの電子チャー卜が買えない。買えない理由はGARMINが販売中止してしまったから。インドネシアからはNavionicsで行くことにします。
と、言う訳でNavionicsを入手。使い方に慣れることと、タブレットの防水をちゃんと考えなければならない。
どうやらNationscsって奴は、ネット購入したあと一旦ダウンロードしないとオフラインでは使えない仕様。
VodafonのデータSIMにアドオンを入れないと、、。ケアンズの無料WiFiは、図書館が200MB制限、シャングリラホテルはスピードが遅い、ってことで自腹切ってダウンロード。週末特価で4GBブーストが3$也。


7/1にケアンズをでてダーウィンを出るまではアマ無線で送信できない。カーペンター湾で陸から遠く離れたらまぁ話は別かもしれませんが、ねぇ。
受信だけですがダーウィンまでの無線運用を計画しておきましょう。たぶんケアンズをでたら、ポートダグラス、クックタウンの先には町がないのでインターネット接続が出来ない。ヨーク岬で僅かに可能性あるか?
気象情報をゲットしたいので、運用時刻と周波数を取りまとめ、無線機にメモリ。試しに数日聞いてみて耳を慣らす。

気象FAXは、位相ズレが発生するので同期タイミングを長くして調整したり、受信FAXをペイントで切り貼りしたりと涙ぐまシイ努力をしてみたけど、はかばかしくない。それとFAXは出力が日本の1/5しかないので受信信号が怪しい=キレイに見えない。
ソロモン諸島からケアンズのようにHFでWindty 見て教えてもらうこともできないので、がんばって英語音声の気象情報を聴くしかない。

ZMH286 NZヨットマンの集会所。登録しておくと、その方面の気象情報を貰える。

VMC/VMW  Australiaの気象FAX、HFの気象放送。

トーレス海峡(990KHz AM)、ダーウィン(657KHz AM/105.7kHz FM )のラジオ局


明日6/25、からマイケルさんの船に乗ってポートダグラス。ヨーク岬で出国してインドネシアに行くマイケルさんとはポートダグラスで別れて、わたしは火曜にバスでケアンズに戻るのです。
 

そマイケルさんから資料を借用して航海計画を立てます。
昨夜は45FTケッチ、マイケル 艇でピザたべながらマルケサス、タヒチ、フィジー、バヌアツ、ニュージーランドの話。パナマから5年もかけてる。ってかフランスでたのが1979年って、時間感覚がすっとんでる70歳。
_20170531_194119
 ケアンズからトーレス海峡までは、これでいこうと思います。ありがたやマイケル情報。
openCPNにルート入れて詳細確認してみましょう。
IMG_20170603_123542
 早いものでもう6月。スマホのシムを一ヶ月更新しにセントラルステーションへ。
途中のレンタカー屋さん。派手な塗装でいかがなもの?ではあるけど、一日19$は安い。空港までのタクシー代よりも安い。
IMG_20170603_130435
 週末の市場。つい買っちゃうんだよね~。
IMG_20170603_132254
右奥の白い建物に日本大使館。
IMG_20170603_132551
ラーメンはここが人気のようです。
いつも行ってるスーパーのちょっと先。
でも、故あって外食断ちしてるので、見るだけね。
IMG_20170604_115407
ポートバイザー取り付けました。3Mの両面テープで取り付ける仕様ですが、接着面をキレイにするのに手間がかかる。なんせシリコンべったりだったから。
IMG_20170605_073325
これで少々の雨でも窓を開け放しておくことができます。熱帯の必需品ね!
IMG_20170607_103541
この金物が緩んで屋根がグラグラしていたので締め直し。
IMG_20170607_103550
ジャイブイージーのブームへの固定がイマイチだったので、やり直し。
IMG_20170607_103603
上陸用ボートは、ずうっと浮かべておくと水垢が付くので、使わないときはできるだけ吊り上げておきます。毎日のことなので手早くできるように専用のスリングを作成。スピンハリヤードで一点吊りです。
IMG_20170607_103623
ボートで上陸して買い物とシャワー、それだけで数時間が過ぎます。航海計画とこれから先の入国手続き、、ヨットの外回りにはまだまだ細々したやる事が沢山ある。
そんな毎日ですが隔日でマイケルさんと夕食、情報交換と親交を深めています。
IMG_20170622_090324

iTunes接続のため無料WiFiを探す旅にでます。ポッドキャスト聞きたいものね。

P6091520
ひさびさにマスト頂上まで上って滑車やワイヤに異常がないかどうか確認。
P1010001
マイケルさんはいつもお忙しそうに船のメンテをしている。
こっちも同じ。

P1010009
6.11はケアンズでアイアンマン/トライアスロン大会。国内のトライアスロン大会にでたことはあるけど海外のアイアンマン観戦はこれが初めて。

Jetstarのエイドは生バンド演奏。

アイアンマンのバイク、1位と2位は一人旅。3位は激戦。
3.9キロ泳いで、180キロ自転車漕いで、そのあとフルマラソン走って、トップの選手は8時間でゴールしちまうんだから驚きです。
ゴールするたび「あなたこそ本当のアイアンマン」そりゃあそうだ。
ゴールしたばかりの日本人選手に「お疲れ様でした」って握手したら、その手の冷たいこと!死人の手です。

http://www.sailindonesia.net/news/entries.php
セイルインドネシア登録完了!
面倒なインドネシアの入国手続きでも、みんなで渡れば怖くない。参加艇リストを見るとウチがいちばん小さい。インドネシアラリーは、Darwinを7/29に出て東チモール、クパンで集会。そこから先は、ざっくり経由地が決まってるけど各自すきなように行ってちょうだい、というもの。

ランドリーで、ギャラクシーのジョンフィリップスに会った。「ミッシェルの友達」「あぁマイケルね」一緒にセイル2インドネシアに参加するのですと。
セイル2インドネシアはニュージーランドの協会が主宰していて、インドネシアのDebutから出発する。
あら、参加艇リストをみるとセイルインドネシアよりもセイル2インドネシアのが断然多いのね。


船に戻る途中で呼び止められ「こんどシフト手伝ってくれ」とのこと。アイルランド人ジャックJock。ワインが代償。
午前中ジャックのシフトを手伝って、午後から昼寝していたら、伊藤さんからのメッセンジャー電話で起こされた。
電話のあと外を見たらセーリングしているヨットがあちこちに。そういえば今日は水曜日。 ワグス WAGS(Wednesday Afternoon Go Sailing) の日。ケアンズヨットクラブのメンバーはセーリングのあとビール🍺 学校も水曜の午後は休みになっていてスポーツしましょうの日のようです。 







このページのトップヘ