先日家族受けのよかったおかずを作りました。
無題

まんまるのリースみたいな形がかわいいから作ったんですけど、
これ、基本は豚のしょうが焼きなので大学生の息子が「これ、いいじゃん。ごはんのおかずにばくばく食べられる♪」と感想をいいました。
また作りたくなったら作れるように記録に残しておこ~っと。

大人ももちろん小さなお子さんでも食べられます♪

メニュー名は「トンデリング」というそうで、私は「豚deリング」と文字を充てさせていただきました。
*「ぶたでりんぐ」ではなく、「トンデリング」と読みませう。


まみ~’s キッチン  豚deリング

材料はこれだけ。
調味料に塩、こしょう、しょうゆ、みりんがあればできます。
高級食材は不要の家計にやさしい、それでいてみんながよろこぶおかずさんです♪
1


2


ポイントはたまねぎです。
あの丸いリースの形は玉ねぎに豚肉を巻いたものなので、まずは玉ねぎを輪切りにします。
3

このとき、包丁は研いでおいたほうがいいです。
あまり切れない包丁は逆に怖い。
玉ねぎのカーブがきついところを切るときは包丁が滑ったりしないように注意しました。


こんなふうに玉ねぎをリース状にします。
輪が大きく取れるのは真ん中の玉ねぎです。
端に近づくにつれ、輪の大きさは小さくなります。
4


この日は初めて作ったのでけっこう“リース”をこさえましたが、実食後、息子は「大きいから3つで満足」といいました。
大人男性はいちばん大きく取れるリース3つ分くらいでよいようです。
たとえば小さなお子さんなら、小さめなリースにしてあげるとちょうどいい量になるでしょうか。


このあとは豚肉に塩、こしょうして、1枚ずつ玉ねぎリースに巻いていきます。
直径が大きなリースだと、豚肉が1枚半以上必要でした。
この辺の手順はあとでご紹介するレシピ動画にあるので、興味ある方はそちらで具体的に見てくださいませ♪

フライパンで焼きます。
ばら肉は脂が多いし、テフロン加工のフライパンということもあり、私は油をしかずに焼きました。
無題


焼き色が両面ついたら、しょうゆ、みりん、酒、しょうがで煮絡めます。
1


おいしそうな照りもでて、できあがり~♪
レシピではキャベツの千切りを盛り合わせていましたが、この日は別皿にサラダをたくさん用意したため「豚deリング」だけをお皿に盛り付けました。
無題


まずこの形状を見て、「なに、これ~、かわいい~」ですよね。
で、一口かじると、「これ、中になにが入ってるの?」って質問が飛んでくると思います。

家族団らん、会話のはずむおいしい食卓♪

玉ねぎがほんのり甘くて、これまたいい感じでした。


◆「トンデリング」っていろんなところでレシピ紹介されているようです。
私が参考にさせてもらったのはこちらの動画メニューでした。
https://www.kurashiru.com/recipes/8f013f91-5062-41ea-a933-eb7da7fedf0e
無題

動画では玉ねぎリースに豚肉を巻きつける工程がよくわかります♪


また作って食べよう~、っと☆