荒井千裕*ピアノの音の綴り方TOP

荒井千裕*ピアノの音の綴り方 新着記事

スポンサードリンク

スコット「一晩中」

● スコット「一晩中」

8483689582_53966c51e0

Temple by night by tomasz.cc

イギリスの作曲家、シリル・スコット(1879-1970)。

1912年に出版された「英国のメロディ」は、3曲から成っています。

今日はその第1曲”一晩中”を、お送りします。





もうここ何年かは、一晩中起きて、
誰かと語り合ったり、
朝まで飲み倒したり、
或いは、何かに夢中になったり、

  なんて言う事は、なくなりました。


でも、一晩中と言うのでしょうか、
夜通し、まだ外が真っ暗な時に、

「語らう」
「飲む」
「読む」
「創る」

とか、そう言う事に夢中になっている時間は、
キラキラしていて、好きです。好きでした。


でもね、一晩中起きてると、
次の日が1日、丸儲け・・・じゃなくて、
丸切り、使えなくなっちゃうんですよね。






お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。

ヘラー「天使の声」

● ヘラー「天使の声」

7543084912_d787f895ba

Celestial Voices by Difusa

ハンガリーの作曲家でピアニストのステファン・ヘラー(1813-1888)。

「25の旋律的練習曲」から第9番”天使の声”。




「天使の声」で想像するのは、

地に足が付いていない感じ・・・

例えば、芯の通った声は、
地に繋がってる感じがする。

地のエネルギーに共鳴するような。


でも、「天使の声」は、
その逆で・・・


空へ(宙へ)飛んで行く感じ。
空に共鳴していくというのか、
溶け込んでいく感じがする。


それで、地上にいる私たちの波長が、
なんかホワホワ?した時に、
周波数が合う時があって、

それで、何かを感じたり、
メッセージを受け取ったり、
するのかも、しれない。


チョ〜っと(いやかなり)
この演奏は、地に足が付いちゃった感じでしたね。





お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。

耳を澄ませれば、聴こえてくるものがある



● 耳を澄ませれば、聴こえてくるものがある

image


耳を澄ませてみよう。

そうすれば、普段、無意識で過ごしている時には
聴こえないモノが、聴こえてくるだろう。

普段、気にもならない、
気にもしないコトが、
気になるかも しれない。


それこそが、その時の自分に必要なメッセージだ。


時に、自分だけの 静かな時間を持とう!

静かな、ゆったりした時間の流れの中で、
深呼吸して、
目を瞑る。

頭の中から自分の思考が
まるでロケットの如く、
宇宙へ飛び出して行くように


足の裏から 物凄い勢いで
根っこが生えて、長く伸びて、
それが あっという間に地球の中心まで辿り着いて、
地球の軸に根を絡めるように


そんな事を瞬時に想像してみる。


呼吸を止めないで。

大きく、大らかに、豊かに。


ほら、耳を澄ませてご覧。

もう、答えはそこに現れている。


心の目は、閉じないでね。



大丈夫。

大丈夫、全て うまくいく

大丈夫、私は出来る

大丈夫、もう既に、出来ている!


自分を信じて、
自分に魔法(良い暗示)を かけちゃおう!



今日も、ワクワクの1日を☆





お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。

どんな時も、心を込めて

● どんな時も、心を込めて

3155189681_84a081ae66

20081218 Denpark 04 (Heart's night) by BONGURI

いつも、どんな時でも、
たとえ練習でも、
練習じゃなくて、
ふと目の前の、短いフレーズを弾いてみる時も、

心を込めて触れる
心を込めて紡ぐ
心を込めて送り出す、

と言う事を、忘れたくない、
忘れてはいけない、と
思わされた、古塚真紀子先生の記事です。






真紀子先生、ありがとうございます。



今日は、「奏法」の記事はお休みです。
しかし、明朝発行するメールマガジンでは、
「過度な緊張を解く方法」について、お話しします。

メールマガジンはこちらです





お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。

ヘラー「舟歌」

● ヘラー「舟歌」

7965998918_b493259142

Barcarole by lucac4

ハンガリーの作曲家でピアニストのステファン・ヘラー(1813-1888)。

「25の旋律的練習曲」から第8番”舟歌”。

ちょっと、他の「舟歌」とは雰囲気が異なります。


どんな所を、どんな舟が航行しているのだろう?
どんな時間、どんな波の状態で?

どんな情景が浮かぶでしょうか?









お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。
スポンサードリンク
Copyright (C) 荒井千裕*ピアノの音の綴り方. All Rights Reserved.