荒井千裕*ピアノの音の綴り方TOP

荒井千裕*ピアノの音の綴り方 新着記事

スポンサードリンク

自分の価値を、否定しない

● 自分の価値を、否定しない

image

あなたは、自分にはどのくらいの価値があると思いますか?


  自分なんて、たいしたこと、出来てない・・・
  特に人の役に立ってない・・・


とか、思っちゃってませんか?


あなたは、必要だから、ここに存在しているんだよ。


もしかしたら、誰かが、あなたを嫌いかもしれないけれど、
あなたが そこに居るだけで嬉しい・幸せだ、と思っている人が、いるんだよ。


ないもの・出来ない事を数えるより、

あるもの・出来る事を、数えよ♪



   私は家事が得意じゃない。
   あまり喜んで家事を、しない。


    だけど、家人は、お家が散らかってても全然平気だ。
    私がご飯を作らなくても、
    「やったー!カップ麺が食べられる!」
    と喜ぶ家人が居たりする。


完璧でいる必要が、ない。


世の中には、「奥さんが料理出来ないなら、僕が作る」という旦那様もいれば、

「奥さんが料理出来ないなら、シェフを雇う」という旦那様もいれば、

「奥さんが料理できないなら、外食すればいい」という旦那様も、いる。

いいじゃない。うまく出来てるんだよね。


あ、料理の事だけを言ってるんじゃ、ないですよ。

何においても、そう。


足りないものは、補えるから、大丈夫なの。


「あなた」にしか、デキナイ事が、あるんだから。

「あなたじゃなきゃ!」ダメだ、という相手だったり、

「あなたの文章が好き」だったり、それは笑顔だったり、意外にブスッとした顔が好きで癒されてる人もいるかもしれないし。

 人の嗜好もいろいろだから、決めつけない。

あなたに、価値は、ある!


そして、その価値の大小も、あなたが決められる。


まずは、否定するの、やめようね♪


ピアノも、そうだよ〜!

弾けない自分・出来ない自分にフォーカスしないでね。



今日はこれから東京レッスンです♪
1日スタジオに缶詰。頑張ります!じゃなくて、みんなと楽しみます!

 きっと最後は、声が枯れてしまう。


いつも、ありがとうございます!
皆様も、ワクワクの1日を☆

香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。



**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・水・金曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
本番で演奏するための練習法♪

音の動きの通りに歌う



● 音の動きの通りに歌う

image


例えば、この次に向かって行く時。

「向かって行くのだー!」

という、クレッシェンドのような気持ちで弾いていた、とします。


こんな時が、ちょっと注意です。


「目標に向かって、撃てーーー!」

って、攻撃的になりやすい。
軍隊的と言うか、1コ(1音)ずつ、真面目になっちゃうのん。


じゃあ、そんな状況(次に向かっていきながら)でも、「歌う」には、どうしたらいいか?


それは、音の動きの波の通りに歌うこと。

これが一番 自然だもの。

じゃ、どうすりか?

音の動きの通りに、グルーピングするのです。

「シドレ ドソシ ラミファ ソ」を、

「シドレド」「ソシラ」「ミファソ」と、分ける。

決してそこで「切る」のでは、ありません。

歌う上での、捉え方のお話です。


そして、打鍵もこのグルーピングに合わせて腕を柔らかく回転させながら。

「指先で弾く」と言うよりは、「脇の下」や「背筋」で弾くような感覚でね♪


いつも、ありがとうございます。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。





講座「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性」



ベルギー在住チェンバリストでピアニストの末次克史氏による、
チェンバロとピアノを使った講座を開催します!

12月17日(土)13時から松本記念音楽迎賓館(世田谷区)にて。

事前ご予約、承っております!


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪

東京レッスンや香港教室について、遠慮なくお問い合わせ下さいね。

chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・水・金曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
本番で演奏するための練習法♪

おうち発電所



● おうちを発電所にしちゃおう!

image


「おうち」って、特別よね?

今、住んでいる「おうち」に満足していようが、不満があろうが、「おうち」に夢を持っていようとも、

やっぱり、今 住んでいる「おうち」は、特別な存在です。

だって、そこは「帰る場所」であり、「休息」をとって「充電」する場所。

つまり、自分をパワーアップさせる場所なのですから。


よく、「おうちをパワースポットにしちゃいましょ」と言われる。

同じ事かもしれないけど、私はこう言う。

おうち発電所☆


エネルギーを循環させて、いつもキレイにリフレッシュして、リチャージしましょ♪


いつも、ありがとうございます。
今日もワクワクの1日を☆

香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。



**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪

東京レッスンや香港教室について、遠慮なくお問い合わせ下さいね。

chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・水・金曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
本番で演奏するための練習法♪

指使いは、次に向けて考える

● 指使いは、次に向けて考える

2016-09-23-10-32-29

東京レッスンのリピさんから質問が飛んできました。

Q・画像の3小節目の左手の和音、「ファソシレ」の指使いは、どれがオススメですか?

A・下から「5421」が良いかと。


Q・でも、その前の「ソシレ」を「531」で取ってるので、瞬時にパパッと変えるんですね?

A・二つ、方法はあるけれど・・・(以下後述)


画像の1小節目が「ソドレ」なので、これは「521」で取りますね。

すると、2小節目「ソシレ」は「531」で取るのは、自然な事です。
 「ソ」と「レ」という共通音があるのですから。
 共通する音は同じ指で弾くのは、易しいですね。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


画像3小節目の「ファソシレ」を「5421」で取るなら、2小節目の「ソシレ」を「421」で取る、というのも、アリです。


方法は二つある、と書いたのは、こうです。

1、画像2小節目「ソシレ」は、「531」で取る。
 4音目の付点4分音符を弾いている時に、次の「ファソシレ」を弾く「5421」の指を、それらの鍵盤に寄せていく(前もっての準備をしておく)。

 すると、小節が変わる時に、間を空けずにパッと移動できます。


2、画像2小節目の「ソシレ」4音弾く間に、そのどこかで指使いを「531」から「421」に変えてしまう。

 同音連打で「321 321」などと指を変えて弾くような、そんな感覚です。
 こちらも方法1と同じで、前もって準備をする、という点では同じです。


指使いを考える時、指使いで迷った時、考える必要があるのは、

「その次に弾く音(音型)は、どんな指使いで弾くのが自然だろうか?」

ということ。
それに合わせて、修正していきます。


ご参考までに。






講座「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性」



ベルギー在住チェンバリストでピアニストの末次克史氏による、
チェンバロとピアノを使った講座を開催します!

12月17日(土)13時から松本記念音楽迎賓館(世田谷区)にて。

事前ご予約、承っております!


お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・水・金曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
本番で演奏するための練習法♪

時々、見上げてみる

● 時々、見上げてみる

4870638386_de87313b72
Looking up the redwood.... by Ulrich Burkhalter

目の前のことに向き合って、黙々とこなしていくのは大事。

まずは目の前のことを、きちんとやろう!


だけど、時々、見上げてみようか。


外を歩いていたら、ふと見上げてみて。


歩いている所やお天気や、その時の気持ちで、見え方は変わってくる空。

どんな空でも、それはとても大きくて、吸い込まれるような、包まれるような、エネルギーが降り注いでいるような、不思議な感覚になる。


もう一つ、見上げてみましょ。

今、向き合っている事、それから、目標にしている事、ちょっと見上げて、もうちょっと先を見てみる。


ついこの前までは、そこまでは見えなかったり考えられなかったことが、もしかしたら今は、ウーーーーンン!と手を伸ばしたら、届きそうな気がする、かもよ?


時々、見上げてみましょ。


いつも、ありがとうございます。
今日もワクワクの1日を☆





講座「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性」



ベルギー在住チェンバリストでピアニストの末次克史氏による、
チェンバロとピアノを使った講座を開催します!

12月17日(土)13時から松本記念音楽迎賓館(世田谷区)にて。

事前ご予約、承っております!


お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・水・金曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
本番で演奏するための練習法♪
スポンサードリンク
Copyright (C) 荒井千裕*ピアノの音の綴り方. All Rights Reserved.