北海道「食」日記

札幌在住の「ぺんぱら」の食道楽日記。
Mi diario de la gastronomia en Hokkaido(スペイン語)  Il mio diario di gastronomia in Hokkaido(イタリア語)

IMG_6059IMG_6078今夜はイルピーノで泡を飲みながら送別会を開いていただきました。 先日の北海道地震では我が家は被害はほとんどありませんでした。ですが、同じ札幌市内でも東区にあるひで吉さんのアパートは激しく揺れたようです。15丁目通りはいたるところに陥没ができました。ひで吉さんはコレクションのシャンパンの瓶が悲惨なことに! そんな大変な地震を乗り越えたアンドレクルエのルクロのマグナムボトルを飲みながら、美味しい料理をいただきました。牛すじ肉の煮込み、たこのアヒージョ,ローストポーク、ピザ、大胆なサンマのスパゲッティなどなど美味しく完食です。ご馳走様でした。ひで吉さん、純子さん、川端さんほんとうにありがとうございました。スペシャルな夜でした。
IMG_6069IMG_6066IMG_6062
IMG_6060IMG_6063IMG_6067
IMG_6077IMG_6076IMG_6075

IMG_6055スペイン語講座に参加できるのは残り4回!しっかりと勉強しよう!それと金曜日のお昼ご飯も残りわずか!札駅近くのお気に入りのランチを食べ尽くさないと!というわけで今日はおにぎりのありんこで豚汁どおにぎり!明太子と昆布のおにぎりをいただきました。美味しく完食です。ご馳走さまでした。

IMG_6038今夜は以前住んでいた菊水の居酒屋家風卯にやって来ました。長年にわたってお世話になりました。最後になるかもしれないので、心置きなく美味しいものを食べましょう!刺身の盛り合わせ、秋刀魚の刺身、鮭のちゃんちゃん焼き、いくら丼、牛乳の天ぷら、鍋焼きカレーと欲望の赴くままにいただきました。美味しく完食です。ご馳走さまでした。どうもありがとうございました。いつか、また来ますね。
IMG_6042IMG_6044IMG_6050
IMG_6045IMG_6041

IMG_6029お昼ご飯は山岡家のラーメン。癖になる味のラーメンをいただきました。美味しく完食です。ご馳走さまでした。

IMG_6021今夜は私の師匠の小川先生と橘君が私の送別会を開いてくれました。大通の居酒屋まるひらに夜七時にやって来ました。ビールを飲みながら、刺身の盛り合わせ、ホッケのちゃんちゃん焼き、鳥の炙り焼きなどなど美味しくいただきました。いろいろお話しも出来てとても楽しかったです。最後に稲庭うどんをいただいて、美味しく完食です。ご馳走さまでした。小川先生、橘君どうもありがとうございした。
IMG_6023IMG_6022IMG_6028

IMG_6009IMG_6008アパート選びは昨日でほぼ結論が出ました。今日はのんびりできるかな?と思ったのですが、新生活を始めるにあたり必要不可欠なものの購入準備にヤマダ電機に行くことにしました。洗濯機やエアコン、パソコン回線などの準備です。ヤマダ電機の店内に入って一番最初に気になったのは乾電池!乾電池が山積みになっているのを見たら心がときめいてしまいました!地震の影響ですね!結局乾電池は買いませんでしたが、エアコン、パソコン回線などの交渉に非常に時間がかかりました。 ヤマダ電機を出たのは3時過ぎ。まだお昼ご飯を食べていません。5時前の飛行機で札幌に帰るので4時までにはチェックインをしなければいけません。先ずは中部国際空港に行くことにしました。3連休の最終日で混んでいる空港でチェックインを済ませるともう3時50分!私は飛行機に一番最初に乗るので4時25分には搭乗口に行かなければいけません。都合30分でお昼ご飯です。早く食べられものということでカレーショップのオリエントキッチンへ行きました。相方はカレーライス、私はどてカツライスを食べました。急いで完食です。美味しかったです。ご馳走様でした。 急いだけど、搭乗開始には少し遅れました。でも無事札幌に戻ることができました。札幌に戻ると空気は爽やかだけど、少し寒いね。

IMG_5996朝の飛行機でセントレアへやって来ました。そのまま名鉄で一宮来ました。半日かけて新しいマンションを探しました。5件のマンションを見ました。私は第一印象で決めるタイプなので、パッと見るだけ、相方はじっくり見ていました。5件見るともうクタクタです。 で、夜は親友のやえさんと一緒に一宮駅前の居酒屋炙り一丁で夕食です。お店は不動産会社の担当者に教えてもらいました。生ビールを飲みながら、トンテキ、串焼き、コブサラダ、味噌煮込みなどなどいただきました。美味しく完食です!ご馳走さまでした。やえさんありがとうございました。
IMG_5992IMG_5993IMG_6001

このページのトップヘ