ペンションいち・まる・いち本日のログ

ペンションいち・まる・いちのスタッフが、伊豆大島の海洋状況を毎日ご紹介するブログです

ドライスーツSP(2ダイブ)&2ビーチダイブ(1泊2食付き)
通常¥59,000がなんと¥35,000

透明度が良くなっていました!

10月20日(月) 天気:晴れ 気温:24℃ 風向き:北西
本日も気持ちよく晴れましたね。風も弱く穏やかな海況です。
月曜ですが、秋の浜には多くのダイバーが集まっていましたね。

<秋の浜> 水温:22℃ 透明度:15m 波高:0m
秋の浜の透明度が回復していて、気持ちよく潜れましたね。
浅場ではイロカエルアンコウが定位置で観察できました。
PA200555

深場ではネジリンボウ、ヤシャハゼが観察できます。まだ水温が高いので元気に泳いでいますね。
PA200578

際ではミノカサゴが観察できました。鰭を広げている姿は綺麗ですね。
PA200573

他には、イボイソバナガニ、ガラスハゼ、ヒラマサ、クダゴンベ等が観察できました。
浅場ではウミウシカクレエビが観察できます。綺麗なエビなので人気者ですね。
PA200574

ジャパピグもいまだに観察できていますね。

透明度がいまいちです

10月19日(日) 天気:晴れ 気温:21℃ 風向き:北東
本日はいい天気ですが、北東の風が吹いていて秋の浜には波がありました。
西側のポイントは穏やかですね。

<秋の浜> 水温:22℃ 透明度:10m 波高:1m
秋の浜では浅場でオレンジ色のイロカエルアンコウが観察できました。のそのそ移動する姿は可愛らしいですね。
PA190516

正面ではニセボロカサゴがお気に入りらしい定位置で観察できました。同じ場所で観察できるのはありがたいですね。
PA190518

他には、イボイソバナガニ、ガラスハゼ、クダゴンベ等が観察できました。
水深を上げていくとアカオニナマコにウミウシカクレエビがくっついていました。2個体いましたが大きさが全然違いますね。綺麗で人気のエビですね。
PA190533

<ケイカイ> 水温:22℃ 透明度:10m 波高:0m
ケイカイは穏やかですが水中はやはり濁り気味ですね。
沖では中層をトビエイが泳いでいました。しばらく周りをまわってくれましたね。
PA190509

砂地ではカスザメが隠れています。他には、アデヤカミノウミウシ、テングダイ、コロダイ等が観察できました。

久しぶりに穏やかな週末になりそうですね。

10月17日(金) 天気:晴れ 気温:22℃ 風向き:北東
本日はいい天気で穏やかな海況です。荒れていた秋の浜もようやく落ち着いてきて、何週間ぶりかの穏やかな週末を迎えられそうですね。

<秋の浜> 水温:22℃ 透明度:13m 波高:0m
秋の浜は少し白濁りしています。水温は22℃で安定していますね。
深場ではヤシャハゼが元気にホバーリングしていました。
PA170479

アサヒの根では、キンギョハナダイが群れていて綺麗ですね。
クダゴンベも定位置で観察できました。
PA170483

水深をあげていくとシロタスキウミウシが観察できました。似ている模様のウミウシが多いウミウシです。
PA170486

浅場ではクロスジウミウシ、コロダイyg、ツユベラyg等が観察できました。

ニタリが出ているとの情報もありますので中層からも目が離せませんねww

本日は晴天なり!

10月16日(木) 天気:晴れ 気温:21℃ 風向き:北東
昨日は、丸一日強い風と雨が降っていて、寒かったのですが、今日は晴天で気持ちの良いお天気ですね。
秋の浜にはいまだウネリが残っていましたが、徐々に静かになってきました。

<秋の浜> 水温:22℃ 透明度:15m 波高:1m
秋の浜は日が差し込んで綺麗な水中でしたね。
沖ではアオリイカがたくさん群れています。編隊を組んで泳いでいる姿は綺麗ですね。
中層ではイサキ、タカベが群れていますね。
際ではクダゴンベが定位置で観察できます。
トサカには、スケロクウミタケハゼがたくさん観察できるようになりましたね。
PA160432

岩の上にはイガグリウミウシが観察できました。いつみても面白い形のウミウシですね。
PA160456

段落ちでは、ミノカサゴygが観察できます。まだ透明感のある可愛らしい個体ですね。
PA160466

岩の隙間にはヒレグロコショウダイygが観察できます。ヒラヒラ泳ぐので撮影には、忍耐力が必要ですねww
PA160477

台風明けの大島

10月14日(火) 天気:晴れ 気温:26℃ 風向き:南西
昨夜から台風が通過していった大島ですが、朝にはからっと晴れて暑いくらいの陽気になりましたね。
秋の浜にはウネリが残っていましたが問題なく潜れましたね。

<秋の浜> 水温:22℃ 透明度:20m 波高:1m
秋の浜は少し白濁りしているものの日が差し込んでいて、綺麗な水中でしたね。
アサヒの根では、久しぶりにマトウダイが観察できました。あまり動かないお魚なので被写体に最適ですね。
PA140391

砂地ではヤシャハゼがホバーリングしていました。水中が明るいせいかかなり近寄れましたね。
PA140362

他には、ハナオトメウミウシ、ヒレナガネジリンボウ、ハリセンボン、アオリイカ等が観察できました。
浅場では、かなり揺れていたので早々にエグジットしました。

台風接近してきましたが潜れましたね!

10月13日(月) 天気:雨 気温:20℃ 風向き:北東
今夜には台風が通過するようですね。
朝から冷たい雨が降り続いていますが、何とか潜ることができました。

<秋の浜> 水温:22℃ 透明度:15m 波高:1m
秋の浜は風の影響で波がありました。水中も少し揺れていますね。
沖に出るとイサキ、タカベが群れていますね。それを追ってヒラマサが泳いで行きました。
PA130323

正面ではニセボロカサゴが定位置で観察できました。よほどこの場所がお気に入りなのでしょうね!
PA120269

中層ではアオリイカが群れていました。
水深を上げていくとミノカサゴygが観察できます。まだ透明感があって可愛い個体ですね。
PA120277

浅場ではハコフグygが観察できました。大きめの個体でしたね。
PA130339

台風が近づいています!

10月11日(土) 天気:晴れ 気温:21℃ 風向き:北東
台風が心配される大島ですが、今日は問題なく潜れました。
北東の風が少し吹いていて水面は波がありましたね。

<秋の浜> 水温:22℃ 透明度:10m 波高:1m
秋の浜は微妙に白濁りしていていまいちな海況です。水温はまだ22℃ありますね。
深場ではヒレナガネジリンボウ、ネジリンボウが定位置で観察できました。
PA100222

キイロウミウシが数個体固まって産卵の最中でしたね。
中層ではヒラマサが相変わらずウロウロしています。他には、イソバナカクレエビ、イボイソバナガニ、ガラスハゼ等が観察できました。
水深を上げていくとイソコンペイトウガニが定位置で観察できます。大きな個体でずっと同じ場所にいますね。
PA110257

段落ちではジャパニーズピグミーシーホースが定位置で観察できました。

明日もなんとか潜れそうですねm(__)m

静かな秋の浜

10月10日(金) 天気:晴れ 気温:24℃ 風向き:北東
台風が徐々に近づいてきていますが、秋の浜は静かな海ですね!
微妙に白濁りいていますが、快適に潜れますね。

<秋の浜> 水温:23℃ 透明度:10m 波高:0m
浅場ではナンヨウハギygが台風後も観察できました。よく吹き飛ばされずに残りましたね。
PA100191

沖に出ると大きなヒラマサがクリーニングを受けているようで、かなり近寄っても逃げませんね。
PA100210

近くではニセボロカサゴが定位置で観察できました。
深場ではヤシャハゼ、ヒレネジ、ネジリンボウが観察できます。元気にホバーリングしていますね。
PA100233

近くではハワイトラギスが観察できました。トラギスの中では綺麗な種類ですね!
PA100217

梯子のパイプにはカエルウオが入り込んでいました。久しぶりにみた光景ですねww
PA100248

だいぶ涼しくなってきましたね~

10月9日(木) 天気:曇り 気温:23℃ 風向き:北東
本日も北東の風ですね。10月らしく涼しい一日でしたね。
微妙なウネリが残っていますが、どこのポイントも問題なく潜れますね。

<秋の浜> 水温:23℃ 透明度:10m 波高:1m
秋の浜にはいまだにウネリが残っていますね。水中も少し揺れています。
正面ではニセボロカサゴが観察できました。久しぶりに観察できました。
PA090177

沖ではヒレナガネジリンボウ、ネジリンボウ、ヤシャハゼ等が観察できました。
深場ではクダゴンベが定位置で観察できました。
PA090186

他には、マダラタルミyg、チシオコケギンポ、イボイソバナガニ、スケロクウミタケハゼ、シロタエイロウミウシ等が観察できました。
浅場では、ジャパニーズピグミーシーホースがいまだに観察できますね。2度の台風に耐えきった個体ですね!!
相変わらず探し出すのは困難ですが・・・ww
PA090189

台風後の海

10月8日(水) 天気:晴れ 気温:22℃ 風向き:北東

台風が過ぎ去って、ようやく海も落ち着いてきました。いい天気ですが、10月ともなるとだいぶ涼しくなってきましたね。
<秋の浜> 水温:23℃ 透明度:13m 波高:1m
秋の浜は少し白濁りしていました。水温はまだ23℃ありますが、上がってきてから肌寒く感じますね。
沖に出ると、目の前を大きなヒラマサが横切っていきます。ホンソメワケベラにクリーニングを受けているようでゆっくり泳いでいました。
PA080149

正面ではマダラタルミygが観察できます。小さくて可愛らしい個体ですね。ヒラヒラ泳いでいるので撮影は難しくこんな写真しか撮れませんでしたww
PA080142

段落ちでは新たなフリソデエビが観察できました。鮮やかなブルーが目をひきますね!!
PA080150

近くではミアミラウミウシが観察できます。不思議な形と多彩な色で人気のウミウシですね。
PA080158

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ