2006年12月

2006年12月24日

一年の締めは有馬記念にあり

どうもこんにちわ。

前回の投稿から1ヶ月も経ってました。

大ちゃんラーメン食べ歩き企画は、別に死に企画なわけではなくて続けていく気はあるんです。
やる気はあるのに何故更新しないかというと、実は大ちゃんラーメン2軒目にコソッと行ってたんですけど、その日そこの大ちゃんラーメンが定休日で猛烈にテンションが落ちたからです。

その日は仕方ないんで近くの讃岐うどん屋『金比羅』に入ってうどんを食べたのですけど、この店外から見ると50席はありそうな構えのくせに、ガラッと扉開けて中はいると奥行き2メートルくらいしかねーの。
超駅そば風だし、え、とか思って店出ようかなと思ったけど、もう投げやりな感じだったんで、座って、超ぶよぶよのうどんとカラッカラの天丼のセットを食べました。

わざわざ来て何食ってんだよ、と、すごいテンション下がりましたけど、店のメニューに『鮭フレークごはん 315円』というのがあってちょっとテンション上がりました。

ま、そんなこんなで大ちゃんラーメン食い歩きはひと月かふた月に1回ぐらいで更新していこうと思っています。

そいで今日は大ちゃんラーメンではなく競馬です。
まだ24日なんで「今年最後の」競馬という実感は全然ないけど、とにかく最後の競馬です。
すっきり勝って終わりたいです。

明日、勝負レースはたくさんあるけど、とりあえず有馬記念の予想を。

本命は10番アドマイヤメイン。

今年後半、僕がずっと悩み続けている事柄があります。
それは「何故競馬で勝てないか?」ということです。

ほんっとこれがわからんのです。

ずーっと、ぼーっと、このことばっかり最近考えているのですが、レースの要素を分解する中で単純化された競馬の形として『逃げ馬が1周して、その逃げ馬を抜けるか抜けないか(抜けるのならどの馬が何馬身)』で考えてはどうかと考えているんです。

そいで、今回の有馬記念の逃げ馬のアドマイヤメインが本命になるんですけど、その理由は馬場状態です。

現在の中山の馬場の利を考慮した上で『アドマイヤメインを抜ける馬』を探せば、4番ディープインパクトしか思いつきません。
4−10本線で。

さらにディープインパクトが『アドマイヤメインを抜けない』ケースまであると考えています。

故に、馬券は3連単マルチで4−10から総流しの72点で勝負。
展開が展開なら相手13,14まである。うまく狂えば大口ごっつぁんです。

いつの時代でも、勝って欲しい馬と勝った馬が違う場合の勝ち馬は逃げ馬だ。

people_of_the_sun at 01:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 競馬